ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ステークホルダー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ステークホルダー」に関する情報が集まったページです。

あるべき広告戦略とは:
CMに登場したタレントが話題になったのに、大手企業の幹部が“がっかり”した理由
売り込み色の強い広告や、派手さで取り繕った広告は消費者に見透かされる。筆者は、広告戦略において“本質”が求められるようになったと指摘する。具体例とともに今後の目指す姿を考える。(2022/1/19)

世界中に潜在的な市場:
BABYMETALプロデュ―スの舞台裏をKOBAMETALに聞く メタルとダンスをいかにして融合させヒットに導いたのか?
日本のエンタメビジネスの常識を変えたBABYMETAL。プロデュースしたKOBAMETALさんにプロデュ―スの裏側について聞いた。(2022/1/18)

悲観的に捉えるな:
BABYMETALのプロデューサー「KOBAMETAL」に聞くライブエンタメビジネスの展望
BABYMETALをプロデュースしたKOBAMETALさんにコロナ禍のライブ・エンタテインメントビジネスの展望を聞いた。(2022/1/13)

なぜITツールを入れても成果が出ないのか:
PR:デジタルワークプレースを「形」だけで終わらせない秘訣
オフィスとテレワークを柔軟に使い分けるハイブリッドワークの導入を目指す企業が増える中、一連のデジタルツールでコミュニケーション効率を高めるデジタルワークプレースに注目が集まっている。これを実現するための要件とは何か。(2022/1/5)

PR:世界有数の売り上げを誇るIT商社が日本で仕掛ける「脱ハコモノ」化 6つの秘策とは
ITの売り方が変わりつつある。地方中小企業もIaaSやSaaSにシフトする中、従来型ビジネスモデルのIT商社がこの先も成長するために必要なのは何か。(2022/1/11)

2021年BUILT年間記事ランキング:
【年間記事Top10】2022年1月フルハーネス政省令が完全施行、建設業の働き方改革など
前年から続く、新型コロナウイルス感染症のまん延防止措置に伴う、労働環境の変革を促す流れが継続し、現場でも遠隔での業務をはじめ、Web会議や現場管理アプリに代表される各種ITツールの導入、ワークプレースの多様化など、withコロナに即した働き方が業界内の裾野まで浸透し、日常に定着したともいえる1年でした。また、一時は開催も危ぶまれた東京オリンピック・パラリンピックも無事に開かれ、五輪特需に沸いた建設需要も一段落。大都市圏での新築マンションや大規模再開発はまだ残存するものの、今後は国が掲げる国土強靭化計画に基づく、“防災・減災”や“インフラ老朽化対策”が需給のメインとなっていくのではないでしょうか。2021年にBUILTで公開されたランキングTop10の記事を紹介しながら、関連する年間トレンドも振り返ります。(2021/12/28)

「COP」を通じて考える日本企業の脱炭素戦略(前編):
「COP26」の“前と後”を読み解く――日本企業が知っておきたい気候変動の潮流
気候変動に対する世界的な危機感の高まりから、その開催に大きな注目が集まった「COP26」。では今回の「COP26」、そしてそれ以前から続く世界の気候変動に関する大きな流れについて、日本企業は何に注視し、どのように事業戦略に落とし込んでいけばよいのだろうか。「COP」の概要や他国の取り組みをもとに、そのポイントを解説する。(2021/12/27)

トヨタの例:
ESGに対する企業の取り組み 企業の重要課題は社会の重要課題である
多くの企業がさまざまなESG項目の中から特に重要なESG項目を特定している。トヨタ自動車など、主要企業の取り組みを確認してみよう。(2021/12/27)

導入事例:
東急建設が“仮囲い”に現場での取り組みを示す「脱炭素」「廃棄物ゼロ」「防災・減災」のアイコン掲出
東急建設は、工事現場の仮囲いに、「脱炭素」「廃棄物ゼロ」「防災・減災」の実現に向けた各現場での取り組みを示す合計33個のアイコンを選択して掲出する。(2021/12/23)

一から分かる! テスト自動化(1):
基礎から学ぶ、テスト自動化――導入時に見極めたい、コストの損益分岐点
ソフトウェアテストにおける選択肢の一つとして候補に挙がるのが「テスト自動化」だ。本連載では、テスト自動化に取り組みたいけれどノウハウがない、過去に導入していたがうまくいかなくてやめた人に向けて、テスト自動化の「あるある」な失敗事例とともにどうすればうまく取り入れられるのかを解説する。第1回は「テスト自動化とは何か」と「導入時に注意すべきポイント」について。(2021/12/23)

ITとセキュリティをシンプルにする全体最適化:
PR:境界防御の“壁”の有効性が薄れる一方、社内にはセキュリティ対策の障害となる組織的な“壁”がある――どう突破すればよいのか
「新常態」におけるセキュリティ変革を考えるオンラインセミナー「ITmedia Security Week 2021冬」が開催された。セミナーでは、ゼロトラストやSASEのポイントと、新しい時代に向けてITとセキュリティを全体最適化するアプローチが多数紹介された。(2021/12/23)

製造業IoT:
画像IoT基盤「FORXAI」が切り開く、コニカミノルタの成長担うインダストリー事業
コニカミノルタは、新たな事業成長の核となるインダストリー事業の概要と、その一角をなす画像IoT(モノのインターネット)ソリューション事業について説明した。(2021/12/21)

ICT:
IoTセンサーと3D都市モデルを活用した防災サービスの開発をスタート、応用地質ら
東京海上日動火災保険と応用地質は、IoTセンサーで取得したデータと3D都市モデルを活用し、台風や集中豪雨などによる浸水被害を見える化する防災サービスの開発をスタートした。今後は、高度な流体解析技術やリアリティーのある可視化技術を取り入れて、データ活用の高度化を目指す。さらに、自治体から地域住民への効果的な防災情報の伝達や企業からステークホルダーに対する災害リスク説明を効率化するリスクコミュニケーションツールの開発を進める。(2021/12/21)

海外医療技術トレンド(78):
「欧州NIS指令2」で注目される医療機器メーカーのCSIRT/PSIRTの役割
本連載第33回で取り上げた「欧州NIS指令」だが、現在、改訂版の施行に向けた作業が急ピッチで進んでいる。(2021/12/17)

異色のCMOが語る「共感」の絶大な効果:
優秀なマーケターを引き寄せる組織の作り方
インクルージョンの理解は共感力につながる。今回は、パラシャール氏とR/GAが共感力を高めるために実践していることについて語る。(2021/12/15)

脱炭素:
シーメンスが供給網のカーボンフットプリントを共有可能にするソリューション
シーメンスは2021年11月22日、製品カーボンフットプリントに関連する情報を照会、算出、送信するソリューションを開発したことを発表した。サプライチェーン上のCO2排出量を正確に把握することで、カーボンニュートラル達成に向けた取り組みを支援する。(2021/12/13)

NEC森田社長を直撃【前編】:
NEC森田社長に聞くDXを推進する「3つのキーワード」 指針は「長期利益の最大化、短期利益の最適化」
NECがデジタル化の波に乗って飛躍しようとしている。その旗振り役である森田隆之社長にインタビューした。(2021/12/10)

「アステラスメディカルネット」刷新プロジェクトに学ぶ:
DX遅れまくり業界における挑戦 アステラス製薬が“脱プロモーションサイト”に向けてやったこと
DXが遅れがちなヘルスケア領域だが、顧客(医療従事者と、その先にいる患者)のニーズに応える必要はある。どこから変革に着手し、どう進めるべきか。「アステラス メディカルネット」刷新プロジェクトの事例に学ぶ。(2021/12/9)

研修とは“真逆”のアプローチ:
研修で不正は防げない!──「コンプラなんて他人事」の社員を変えるものとは
研修を実施し、社員のコンプラ意識を向上させる──多くの企業が実施しているコンプラ施策だが、これだけでは、不正を必ずしも防ぎきることはできない。社員を変える、研修とは“真逆のアプローチ”とは。(2021/12/8)

CASE時代の自動車セキュリティセミナー:
PR:セキュリティ対策を自動車の製品開発プロセスに取り込み、定着させるには
自動車業界のサイバーセキュリティ対応が義務化され、自動車メーカーだけでなくサプライヤーも含めた取り組みが急務となっている。ツールや外部組織、既存のフレームワークなどをうまく活用することが、製造業のセキュリティ戦略のカギを握る。(2021/12/6)

Gartner Insights Pickup(235):
サイバーセキュリティプログラムの有効性を証明する4つの指標、「CARE」
「CARE」フレームワークを使って、組織のサイバーセキュリティプログラムの信頼性やディフェンシビリティを証明する指標を作成する。(2021/12/3)

企業の成長は「ポストコンサル採用」がカギを握る〜採用力を高める4つのステップ
取り巻く競争環境が厳しさを増す中、多くの企業で既存事業のビジネスモデル再構築や新規事業の立ち上げなどの大規模な変革が必要不可欠となっている。(2021/12/1)

PR:ハイブリッドワーク時代のファイル管理・共有に企業はどう向き合うべきか “プライバシーザムライ”が斬る!
(2021/11/25)

意志と覚悟の構造改革 脱丸投げ最前線:
PR:エディオンが語る「ITの主導権を取り戻す契機となったクラウド移行プロジェクト」とは
大手家電量販店チェーンのエディオンは、複数基幹システムのクラウド移行を1年で完了した。同社はIT戦略における主体性の欠如という課題にどのように向き合い、ITベンダーと協力体制を築いたのか。(2021/11/19)

PR:AIは“放置”で賢くならない ビジネス活用で気を付けるべきデータガバナンスと運用の掟
(2021/11/18)

2023年度下期までを目標に:
東芝が3社に分割へ、デバイスとインフラサービスを分離
東芝は2021年11月12日、東芝本体からデバイスとインフラサービスの両事業をそれぞれ分離し、計3つの独立会社に分割する方針を発表した。東芝本体は東芝テックとキオクシアホールディングスの株式を管理する会社となるが、キオクシアの株式については、約40%保有する全株を売却する予定だ。同社は2023年度下期までに2つの新会社の独立および上場完了を目標としている。(2021/11/15)

Weekly Memo:
Salesforceが強調“信頼ファースト”のデジタル戦略 Slack買収も生きる5要件とは
社会や企業の在り方に変革が求められつつある中で、「信頼を生み出す企業」になるためには何が必要か。セールスフォースが「5つの要件」を打ち出した。その内容とは――。(2021/11/15)

製造マネジメントニュース:
東芝がインフラサービスとデバイスを独立分社「解体ではなく未来に向けた進化」
東芝が、インフラサービスとデバイスの事業を分離独立し、3つの独立会社に分割する方針を説明。東芝本体には東芝テックとキオクシアを残し、エネルギーシステムやインフラシステムなどをインフラサービスカンパニーに、半導体とHDDなどのデバイス系の事業をデバイスカンパニーに移管。2023年度下期を目標に2社の分離独立と上場を完了させる。(2021/11/15)

ベンチャーに学ぶ「知財経営の実践的ヒント」(3):
自社技術を知ってもらうために知財を使ってできること
貧困解決を目指すFinTechサービスを支える技術を保有し、知財ポートフォリオ形成による参入障壁構築を進めるGlobal Mobility Service。同社の知財戦略と知財活動からビジネス保護に使える知見を紹介する。最終回は知財を起点に国際的なビジネスマッチングを加速させる。(2021/11/15)

不透明:
東芝分社、価値向上へ「脱・総合電機」 社員反発も
東芝が12日、会社を3分割する方針を発表した。企業価値を高め、機動的な経営を実現するのが主な狙いだが、総合電機の看板を下ろすことには社員などの反発も予想される。(2021/11/13)

普及の後押しになるか KDDIらが"都市連動型のメタバース"に向けコンソーシアムを発足
KDDIらは4社共同で都市連動型のメタバースの利活用に向けたガイドライン策定を目指す「バーチャルシティコンソーシアム」を発足した。自治体や管轄省庁と連携し、仮想空間と実在都市を相互的に発展させる計画だ。(2021/11/12)

Gartner Insights Pickup(232):
データとアナリティクス戦略への支持を獲得するための6つのステップ
データとアナリティクス(D&A)の価値をステークホルダーに納得させるには、D&Aがどんなビジネス成果をもたらし、ステークホルダー個人にどんなインパクトを与えるかを伝える必要がある。そのために役立つ6つのステップを紹介する。(2021/11/12)

PR:持続的なDXを成功に導くための「絶対条件」とは? KADOKAWA×テレビ東京の特別対談
(2021/11/15)

モビリティ×デジタルは何を創造するか:
トヨタとNTTが「ウーブンシティ」で目指す未来
トヨタが建設中の「ウーブンシティ」はどのような街になるのか。トヨタとNTTが考えるスマートシティのあるべき姿とは。(2021/11/11)

急成長中のSansanに学ぶ、B2B SaaS開発組織の広げ方 3度の体制変更を経てたどり着いた答え
オンラインで名刺交換できるSaaS「Sansan」。年々売り上げを伸ばす同サービスだが、事業拡大に伴い開発組織も大きくなることから、組織の編成を何度も変えて対応しているという。業績を伸ばすSansanの開発組織は、これまでどのように編成を変えてきたのか。(2021/11/10)

突然のM&A その時、人事がキーマンになる:
買収する企業、される企業 2社の社内制度をどう融合? 人事がやるべきことリスト
M&Aで異なる2社を統合していくにあたっては、さまざまな社内制度や仕組みをどう折り合わせていくかが問題になる。双方の企業の了解を取り付けながら調整していくために、人事責任者にはどのようなアクションが求められるのか、解説する。(2021/11/8)

PR:“攻めの姿勢”だけでいい? 「半導体製造装置」大手メーカー、東京エレクトロンのデータ活用術
(2021/12/1)

サプライチェーンの観点で考える 中小企業がセキュリティ対策を怠ってはいけない2つの理由
近年、大規模なサプライチェーン攻撃が増加傾向にあるが、この問題は大企業だけが気を付ければいいというわけではなく、むしろサプライチェーンの一環を担う中小企業こそ関心を持つべきだ。中小企業がサプライチェーンセキュリティを怠ってはいけない2つの理由を解説する。(2021/11/1)

「営業サポート」も今は昔:
PR:間接部門からデータドリブンの拠点へ 企業と営業組織を強くする「オペレーション」の可能性
DX推進と顧客満足度向上という2つの課題へ対応するための注目キーワード「オペレーション」とは一体何か? かつて「営業のサポート」と目されることも多かった同領域が今、注目を集めている。そこで本記事では、HubSpot Japanが開催したイベント「Ops Day 2021」内のパネルディスカッションを通し、「可能性の宝庫」ともいえるオペレーションの実態や今後の展望について解説する。(2021/11/11)

宮田健の「セキュリティの道も一歩から」(66):
セキュリティの重要性を経営層に理解させるには?
「モノづくりに携わる人」だからこそ、もう無関心ではいられない情報セキュリティ対策の話。でも堅苦しい内容はちょっと苦手……という方に向けて、今日から使えるセキュリティ雑学・ネタをお届け! 今回は、経営層へのセキュリティ対策アピールに最適な「サプライチェーンにおけるセキュリティリスク」についてお話しします。(2021/10/29)

2022年に注目すべき「12のIT戦略」とは? コロナ禍やSDGsへの対応を支援
ITRは、企業が2022年に注目すべき「12のIT戦略テーマ」とそれらに関する「36の将来予測」を発表。企業のIT戦略企画に有用な提言をまとめた。(2021/10/27)

3つの視点で提言:
企業が注目すべき12の戦略テーマとその提言内容をまとめた「ITR注目トレンド2022」をITRが発表
ITRは、2022年に企業が注目すべき「12のIT戦略テーマ」と「36の将来予測」を発表した。「企業変革」「データ高度活用」「テクノロジー革新」の3つの視点で提言を取りまとめており、「ITR注目トレンド2022」として公開している。(2021/10/27)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
「イノ推五輪の書」は単なるお題目ではなく、DX組織に対する行動判断基準の明示――ANA イノベーション推進部 野村泰一部長
コロナ禍の影響を大きく受けているが、変革のチャレンジを続け、いくつもの成果をあげつつある。ANAのDXへの取り組みと、新しいテクノロジー活用を生み出す環境作りとは。(2021/10/26)

オーストラリアで一般化した処方箋の完全電子化【前編】
「電子処方箋」が直面、“完全電子化”を阻害した要因とは?
オーストラリアでは、ある電子処方箋交換サービスがほとんどの薬局で利用されている。ただし導入当初は、完全な電子化を実現するまで至らなかった。それはなぜなのか。完全電子化を目指した道のりは。(2021/10/21)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
インフラ、データ、組織・プロセスの3つの戦略により全社一丸で進める正攻法のDX――東京海上日動システムズ 小林賢也常務
現在、DXにチャレンジしている東京海上グループ。ユーザー系IT企業である東京海上日動システムズでは東京海上日動火災と共に、DXを一過性の活動にしないために、インフラ構築、プロセス整備、組織の整備、および人材育成を戦略的に推進している。(2021/10/20)

どう克服すべきか:
縦割りの大企業が「イノベーティブな企業風土」に変わるには コンプライアンス経営4つのポイント
大企業になればなるほど、企業内の組織の縦割りの考え方が無意識のうちに根を張り、強固になりがちだ。健全な企業風土のために、コンプライアンスの観点から満たすべき4つの条件とは。(2021/10/18)

海外医療技術トレンド(76):
日本の一足先を行く米国のコミュニケーション重視型医療機器サイバーセキュリティ
本連載第69回で欧州連合の医療機器サイバーセキュリティ政策動向を取り上げたが、今回は米国の最新動向を整理してみたい。(2021/10/15)

Gartner Insights Pickup(228):
ソフトウェアエンジニアリングチームの有効性を高める3つの方法
チームの有効性を高めるには、権限の付与や重要なスキルの習得支援、サーバント(支援型)リーダーシップに注力することだ。(2021/10/15)

「デジタル化」「電子化」はもはや企業の“必修科目”か ガートナーが国内を対象にした調査結果を発表
ガートナーは、日本のITリーダーを対象にしたデジタルビジネスへの取り組みに関する調査結果を発表した。コロナ禍以前と比較して多くの日本企業が「ハンコレス」や「ペーパーレス」といったデジタル施策に取り組んでいることが判明した。(2021/10/14)

新・たばこビジネス【前編】:
フィリップ モリス インターナショナルCEOを直撃 IQOSをいかにして日本市場に訴求したのか?
「煙のない社会」を提唱し、10年以内に日本国内の紙巻たばこの販売から撤退を目指すフィリップ モリス インターナショナル。(2021/10/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。