ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「武雄市」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「武雄市」に関する情報が集まったページです。

自然エネルギー:
サトウキビと燃料電池で発電、エンジンの2倍の発電効率
九州大学などの共同研究グループはベトナムのエビ養殖上に、サトウキビなどの搾りかすから製造したバイオガスと燃料電池で発電を行う実証プラントを建設。発電効率53%を記録した。(2018/2/26)

高校のない町にネットの力で新たな教育環境を 「N高」と連携した「Nセンター」、地方に開設
通信制高校「N高校学校」と連携したネットを活用した教育拠点「Nセンター」が全国3カ所に開設する。高校のない地域に高校相当の教育を届け、キャリア教育や進路選択に関する情報も提供する。(2016/5/27)

渋谷区、タカでカラスを撃退する実証実験 ゴミ散乱、渋谷の現状を訴え
路上のゴミに群がるカラスをタカが追い払う実証実験を、東京・渋谷区が実施。(2016/3/17)

R25スマホ情報局:
デジタル教科書導入 賛否分かれる
教育の場でのデジタル化が進む中、文部科学省が全国の小・中・高校にタブレットを「デジタル教科書」として導入する方針であることが判明。ネット上では賛否が大きく分かれています。(2016/3/9)

「佐賀県を巡るアニメーション」に下野紘、早見沙織、東山奈央、島崎信長の出演が決定
佐賀が本気だしてきた。(2016/1/20)

「佐賀県を巡るアニメーション」をポニーキャニオンが制作中 監督は西村純二さん、脚本協力は岡田麿里さん
佐賀県文化課が企画。(2015/12/28)

Meet Recruit:
情報処理力から情報編集力へ 「東京都で義務教育初の民間校長」を務めた藤原和博が語る、教育環境のパラダイムシフト
18年間勤務したリクルートを退社し、義務教育初となる民間人の中学校校長になった経歴を持つ藤原和博氏。現在は教育改革実践家として、自らが提唱する正解がない答えに向き合うための教育を軸とした「よのなか科」を、講義、著書、『受験サプリ』などで発信。リアルな教育現場を知る藤原さんに、日本の教育環境の変化や今後求められる教育の在り方について伺った。(2015/12/25)

有田町と武雄市を舞台に「佐賀を巡るアニメ」 監督は西村純二さん、脚本協力は岡田麿里さん
地域の魅力をアピールするアニメ作品「佐賀県を巡るアニメーション」のPVが公開された。本編2本は3月に公開予定だ。(2015/12/24)

水曜インタビュー劇場(藤原和博さん):
本を読む人は何を手にするのか 日本に“階級社会”がやってくる
「これからの日本は『本を読む習慣がある人』と『そうでない人』の“階層社会”がやってくる」という人がいる。リクルートでフェローとして活躍され、その後、中学校の校長を務められた藤原和博さんだ。その言葉の真意はどこにあるのか。話を聞いた。(2015/12/2)

金曜インタビュー劇場(藤原和博さん):
今からでも遅くない? 年収200万円と800万円の分かれ道
サラリーマンの給料が減っていく――。このような話を聞くと、不安を感じる人も多いのでは。人口減少などの影響を受け、大幅な経済成長が見込めない中で、私たちはどのように仕事をしていけばいいのか。リクルートでフェローとして活躍された藤原和博さんに聞いた。(2015/11/13)

セキュリティクラスター まとめのまとめ 2015年10月版:
「4万人のボランティアが守る東京オリンピック」?――セキュリティクラスターの反応は
2015年10月は特に大きなセキュリティインシデントは発生しませんでした。しかし「図書館」に「東京オリンピック4万人ボランティア発言」と話題は尽きることなく……(2015/11/12)

スピン経済の歩き方:
「本を愛する人」からTSUTAYA図書館が嫌われる理由
TSUTAYA図書館に対する「排除ムード」が広がっている。かなり強いバイアスのかかった「ネガ情報」が横行しているが、筆者の窪田氏はこの流れに違和感を覚えるという。なぜなら……。(2015/11/10)

金曜インタビュー劇場(藤原和博さん):
7割が「課長」になれない中で、5年後も食っていける人物
「いまの時代、7割は課長になれない」と言われているが、ビジネスパーソンはどのように対応すればいいのか。リクルートでフェローを務められ、その後、中学校の校長を務められた藤原和博さんに聞いた。(2015/10/30)

新連載・金曜インタビュー劇場(藤原和博さん):
転職に成功する人、失敗する人――どこに“違い”があるのか
景気の影響を受けて、転職の求人数は右肩上がり。「自分もそろそろ……」と思っている人もいるだろうが、“転職で成功する人、失敗する人”にはどのような“違い”があるのか。リクルートでフェローを務められ、その後、中学校の校長を務められた藤原和博さんに聞いた。(2015/10/23)

小牧市の「ツタヤ図書館」計画、契約解消の方向へ 住民投票で反対多数
10月4日には住民投票の結果、反対が賛成を上回っていました。(2015/10/20)

小牧市“TSUTAYA”図書館、白紙撤回へ CCCが契約解消の方針表明
愛知県小牧市の新図書館計画で、カルチュア・コンビニエンス・クラブが契約解消を進める方針を表明。(2015/10/20)

Tポイント・ジャパン 北村氏に聞く(後編):
Tポイント×ソフトバンクのシナジー効果は?――モバイル連携と今後の課題を聞く
IT系サービスとポイントサービスの連携が強まってきており、その波はモバイル業界にも押し寄せている。Tポイント・ジャパン北村副社長のインタビュー後編では、ソフトバンクとの連携やふるさとスマホなど、モバイル関連の話題を中心に聞いた。(2015/10/19)

カドカワがネットで学べる「N高等学校」を来春開校 川原礫・いとうのいぢが教え、刀鍛冶・マタギ体験も可能
生徒全員にメルアド、Slack、GitHubのアカウントを発行。全日制高校と同じ卒業資格を得られる。(2015/10/14)

スピン経済の歩き方:
“TSUTAYA図書館”にNO! 「新図書館整備計画」の反対運動が増えている理由
“TSUTAYA図書館”が住民に「ノー」を突きつけられた。愛知県小牧市がカルチュア・コンビニエンス・クラブに運営を委託する図書館をめぐって住民投票が行われ、「反対」が「賛成」を上回ったのである。ただ、結果は接戦。最終的に勝負を決したものはなんだったのか。(2015/10/6)

小牧市“TSUTAYA図書館”賛否問う住民投票、反対多数に
愛知県小牧市がCCCなどに運営を委託する新図書館計画の賛否を問う住民投票は、反対多数という結果になった。(2015/10/5)

小牧市の“ツタヤ図書館”建設計画、住民投票で反対多数という結果に
どうなる?(2015/10/5)

旧約聖書「出エジプト記」が旅行ガイド? 海老名市立図書館の配架がちぐはぐすぎて不安視する声
これがほんとの聖地巡礼。(2015/10/4)

武雄市教育委、図書館の選書についてコメント 安全対策のため図書購入費削る
蔵書購入が「図書館らしくない」と批判されていた件で、安全対策が緊急に発生したため、中古本の購入により図書購入費を減額したと説明している。(2015/9/12)

CCC、武雄市図書館の蔵書についてコメント 1630冊を再度選書へ
追加納入した蔵書に、10年以上前に出版された実用書など図書館らしからぬ書籍が含まれていたことが問題になっていた。(2015/9/11)

CCCが武雄市図書館の選書に「反省」 一度も借りられていない蔵書1630冊分を新たに寄贈
不良在庫を押しつけたのではないかと指摘されていた。(2015/9/11)

10年以上前の実用書やグルメ本……武雄市図書館の選書にCCCが「反省」 増田社長名でコメント発表
武雄市図書館に納入した蔵書が批判を浴びたことを受け、CCCは増田社長名で「より精度の高い選書を行うべき点があった事を反省している」とのコメント発表した。(2015/9/11)

武雄市図書館が新たに購入した蔵書リストが話題に ネットでは「まるでTSUTAYAの在庫処分」と批判も
運営を民間企業に委託したことで「公設TSUTAYA」とも揶揄されている同図書館ですが……。(2015/8/12)

スマホで地域活性化目指す「ふるさとスマホ」、CCCグループが設立 社長に前武雄市長の樋渡氏
スマートフォンを利用した地域活性化事業を展開する「ふるさとスマホ株式会社」をCCCモバイルが設立。前佐賀県武雄市長の樋渡啓祐氏が社長に就任する。(2015/7/29)

「かたいインフラ」から「やわらかいインフラ」へ:
CCCモバイル、新会社「ふるさとスマホ」を設立 「TONE」と「Tポイント」で地方創生促進
CCCモバイルは、スマホを通した地方創生を推進する子会社「ふるさとスマホ」を設立した。代表取締役社長には、前佐賀県武雄市長の樋渡啓祐氏が就任。カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)の企画力と、CCCグループが持つ「TONE(トーン)」や「Tポイント」の連携を軸に、地方創生につなげる事業展開を目指す。(2015/7/29)

杉山淳一の時事日想:
なぜ人が集まる? 2014年に人気上昇した都道府県を鉄道目線で斬る
なぜ今年は四国が盛り上がらなかったんだ……。皆は四国へ行かずドコへ行ったのか? その手掛かりを見つけた。2014年に楽天トラベルで最も予約実績を伸ばした都道府県ランキングが発表されたのだ。さて、1位はドコだ?(2014/12/19)

窪田順生の時事日想:
世界最速! 「リアルタイム文字おこしサービス」で日本の未来が変わる?
モバイル型情報保障サービス「e-ミミ」をご存じだろうか。沖縄県うるま市にある株式会社アイセック・ジャパンが提供しているこのサービスを見て、筆者の窪田氏は驚いたという。何がスゴいかというと……。(2014/11/11)

87%が満足と回答、反面利用者増で問題も――武雄市図書館アンケート
カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が指定管理者となり、2013年4月にリニューアルオープンした武雄市図書館。利用者が望む改善点とは。(2014/8/20)

東京国際ブックフェアリポート:
読書で人の脳は耕される――立花隆氏、東京国際ブックフェアで講演
東京国際ブックフェア初日。評論家・ジャーナリストの立花隆氏による基調講演が開催された。(2014/7/7)

佐賀県武雄市の公立小学校、プログラミング教育を導入 DeNA、東洋大が協力
佐賀県武雄市がDeNAと東洋大学と共同で、小学1年生へのプログラミング教育の実証実験を行う。(2014/6/26)

教育ITニュースフラッシュ
成績上がると「Ponta」がたまる? 明光義塾が新サービス
徳島大学がコンテナ型データセンターを導入した事例から、教育機関で広がるプログラミング教育の動きまで、注目の教育IT関連ニュースをお届けします。(2014/6/27)

au WALLETの“ここ”が知りたい 第3回:
「au WALLET」はどれだけお得? おサイフケータイや他社のポイントサービスと比較してみた
「au WALLET」で気になるのは、つまるところ「どれだけお得なのか」ということ。そこで今回は、おサイフケータイと比べたときの利便性と、他社のポイントサービスよりどれだけお得なのかを検証した。(2014/6/11)

教育に生きる人間から、社会を創る皆さんへ:
嘲笑から知恵は生まれない
とある事象だけを見て、問題だと騒ぐのは簡単です。知見が深まるのは実態を知ろうとする姿勢があるとき、知恵がつくのは問題解決に取り組むときです。(2014/6/9)

講師1人で授業を作る時代は終わった:
PR:ITの力で“理想”の教育が生まれる?――「MOOC×反転学習」が実現する新しい学びのカタチ
教室で静かに講義を受ける授業は10年後には消えるかもしれない。ITの進化は教育にも大きな変化をもたらそうとしている。誰でも自由に。時間や場所を選ばずに。世界でも最先端のトレンドを取り入れたオンライン講座が日本でも始まるのはご存知だろうか。(2014/3/24)

教育ITニュースフラッシュ
武雄市の小学生が使うのはiPad? Windows 8.1端末? それともAndroid端末?
佐賀県武雄市が「反転授業」で利用するタブレットは何になったのか? 東京大学宇宙線研究所が導入したシステムとは? 主要な教育IT関連ニュースを紹介する。(2014/1/31)

「ご当地EC革命」 全国の特産品を「Yahoo!ショッピング」で販売 自治体が商品を“キュレーション”
全国の自治体と連携した特産品の販売が「Yahoo!ショッピング」でスタートした。まずは陸前高田市など19の自治体が参加。今後、国内の全自治体・約1700の参加を目指す。(2014/1/15)

日本マイクロソフト、中小企業向けの「Windows XP 移行対策セミナー」を各地の商工会議所で開催
日本マイクロソフトは、商工会議所と連携した中堅/中小企業向けの「Windows XP 移行対策セミナー」の開催を発表。XPサポート終了までに全国20カ所以上での実施を予定している。(2013/12/9)

新人研修にも反転学習を:
新入社員の即戦力化に時間がかかるワケ――スマホ世代に有効な教育とは?
平成生まれの若手社員に「打たれ弱い」「ハングリー精神がない」「競争心が薄い」。そう思ったら企業側はまず彼らを理解し、効果的な教育環境を整える必要がある。(2013/11/15)

出版業界ニュースフラッシュ 2013年10月第3週
出版業界で先週起こった出来事をまとめてお届けする週刊連載。10月第3週は、数社から決算関連の発表、そして復刊ドットコムの累計投票数が80万票を超えたことなどが発表されています。(2013/10/22)

出版業界ニュースフラッシュ 2013年10月第1週
出版業界で先週起こった出来事をまとめてお届けする週刊連載。10月第1週は、CCCが運営する武雄市図書館がオープン半年で来館者50万人突破したことなどが話題になりました。(2013/10/7)

絶対に達成する技術:
「共感」は緊張を和らげ、「質問」は達成を後押しする
共感とは、相手の緊張を和らげ、こちらの質問を受け入れてもらえる状況をつくるもの。質問とは、相手の中にある答えを引き出すために行うものです。(2013/8/15)

絶対に達成する技術:
「いいね!」は、ときにあなたの成長を止める
目標達成に必要なのは「気軽な共感」ではありません。量ではなく、質を重視したフィードバックをし合ってください。お互いの目標達成に関わり合うことこそが、チームの価値です。(2013/8/13)

絶対に達成する技術:
悩んだら上司ではなく、隣の部門の先輩に話してみる
「ナナメの関係」は無責任です。しかし、だからこそ目標達成へ気付きを与えてくれるものです。「縦の関係」の直属の上司や先輩だけでなく、「ナナメの関係」で相談できる相手を見つけましょう。(2013/8/8)

絶対に達成する技術:
「チャック、開いてますよ」と言える人が成長する理由
言いたいことを本音で言い合える場こそが「学び合いの場」になります。苦手な人を敬遠してはいけません。価値観の違う人と触れ合うと、自分だけでは不可能な創造性を発揮できます。(2013/8/6)

絶対に達成する技術:
孤独は、目標達成の最大の敵
目標を達成しようとしている姿を公開すると、続けられるだけでなく、周りの人からの影響を受けることができます。1人だけで努力するよりも、ずっと大きな効果を得ることができるのです。(2013/8/1)

絶対に達成する技術:
ダイエット成功のカギは「達成できないスパイラル」から抜け出すこと
多くの人は一度はダイエットに励んだことがあるでしょう。しかし、続かなかったり挫折したりと、結果として失敗に終わる人もいます。前回は5つの理由のうち3つを紹介しました。今回は、ダイエットが失敗する、残り2つの理由を説明します。(2013/7/30)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。