ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「トークン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「トークン」に関する情報が集まったページです。

Googleが「Gemini 1.5 Pro」をアップデート、軽量版「Gemini 1.5 Flash」もリリース
米Googleが5月14日(現地時間)、マルチモーダル生成AIモデル「Gemini」のアップデートについて発表した。「Gemini 1.5 Pro」のコンテキストウィンドウを100万トークンから200万トークンに拡張。高速な応答が可能な軽量モデル「Gemini 1.5 Flash」もリリースする。(2024/5/15)

ロングコンテキストウィンドウの持つ強み:
GoogleのLLM「Gemini 1.5 Pro」は最大100万トークンのロングコンテキストウィンドウに対応 どう役立つのか?
GoogleがリリースしたGemini 1.5の強みの一つに、ロングコンテキストウィンドウがある。Googleが実装したロングコンテキストウィンドウとは何か、そしてこの機能が開発者にどのように役立つのか。(2024/3/14)

Google、「Gemini 1.5 Pro」限定リリース コンテキストウィンドウは100万トークン
Googleは、生成AIの次世代モデル「Gemini 1.5」を発表した。動画なら1時間、音声なら11時間、コードなら3万行、ワードなら70万語を1度に処理できるとしている。まずはVertex AIとAI Studioユーザーに限定プレビューを提供する。(2024/2/16)

新春トップインタビュー:
「トークン化は決済環境にゲームチェンジをもたらす」 Visa日本法人社長、次の一手
急速に浸透するタッチ決済。そのかじを取る、Visa日本法人社長は何を語るのか。2024年への意気込みを聞く。インタビュー後編。(2024/1/11)

SASトークンが「GitHub」に流出【後編】
Microsoftの「SASトークン問題」で浮上した“最悪のシナリオ”とは?
Microsoft技術者のミスで、同社の内部ストレージにアクセスできるトークンが「GitHub」に公開された。このインシデントは、最悪の事態を引き起こす可能性があったという。背景にある「セキュリティ問題」とは。(2023/12/11)

OpenAIの競合Anthropic、「Claude 2.1」でコンテキストウィンドウを20万トークンに
OpenAI競合のAhthropicは、ChatGPTと競合する「Claude」をバージョン2.1にアップデートした。コンテキストウィンドウを従来の倍の20万トークンに増やした。「GPT-4 Turbo」は12万8000トークンだ。(2023/11/22)

OpenAI、改良版生成AIモデル「GPT-4 Turbo」を「GPT-4」より安価に提供へ
OpenAIは開発者会議DevDayで生成AIモデル「GPT-4 Turbo」を発表した。パフォーマンス最適化でGPT-4と比較してトークンの価格を大幅に値下げした。また、トレーニングデータを2023年4月までにした。(2023/11/7)

サイバーエージェント、再び大規模言語モデルを無料公開 3万2000トークンに対応 商用利用もOK
サイバーエージェントは、商用利用可能な日本語大規模言語モデルを無料公開した。(2023/11/2)

オープンソースの8Kテキスト埋め込みモデル:
OpenAIモデルに匹敵するオープンソースのテキスト埋め込みモデル、Jina AIが公開
Jina AIは、8192トークンのコンテキスト長をサポートするテキスト埋め込みモデル「jina-embeddings-v2」を発表した。(2023/10/31)

robots.txtに設定を記述して使う「Google-Extended」:
Google、Google AIの改良へのサイトコンテンツの使用可否を設定できるWeb管理者向けツールを発表
Googleは、WebパブリッシャーがGoogleの「Bard」や「Vertex AI」の生成API(これらのサービスを支える将来の世代のAIモデルを含む)を改良するために自サイトのコンテンツを使わせるかどうかを設定できるスタンドアロン製品トークン「Google-Extended」を発表した。(2023/10/4)

MicrosoftのAI研究者が誤って38TBのデータを公開 AI時代に企業が気を付けるべきこととは
WizはMicrosoftのAI研究者がGitHubに38TBのデータを誤って公開したと報じた。SASトークンの設定ミスが原因だと指摘されていて、AI技術採用とセキュリティリスクへの対策が説明されている。(2023/9/21)

海外医療技術トレンド(99):
世界各地で拡大する医療分野のNFT利用、国内医療機器メーカーも対応を迫られる
本連載第75回で、医療DXの変革ツールとしてブロックチェーン/分散台帳技術を取り上げたが、今回は、医療分野におけるNFT(非代替性トークン)利用について取り上げる。(2023/9/15)

開発費は1億円超:
Rakuten NFTが『HYDE RUN』とコラボした理由 ゲームの高い訴求力を生かす
楽天グループとHYDEが、NFT(非代替性トークン)によって音楽ライブからゲームまで幅広く連携を進めている。『HYDE RUN』を開発・運営するPhoenixx社長と、楽天グループエンタテインメントソリューション事業課の担当者に狙いを聞いた。(2023/9/2)

医療情報管理にNFTを利用するメリット【後編】
医療でこそ「NFT」(非代替性トークン)が大きな期待になる理由
NFT(非代替性トークン)化した医療情報は、医学研究と臨床医療に大きな変化をもたらす可能性がある。研究者が特に重視するのは「患者が自身のデータをNFTで管理すること」が患者に行動変容を促す点だ。その理由は。(2023/8/8)

医療情報管理にNFTを利用するメリット【中編】
医療データの「NFT化」が臨床研究で期待されるのはなぜ?
NFT(非代替性トークン)にした医療情報は、研究をはじめ、医療分野のさまざまな用途に応用できる可能性がある。ブロックチェーンの特性が、医療の領域でどのように役立つのか。専門家の見解は。(2023/8/1)

SOCRadarの調査、企業が取るべき対策は?:
企業のパブリックGitHubリポジトリは機密情報だらけ? APIキーやトークン、認証情報が複数見つかる
セキュリティ企業SOCRadarは、企業がGitHubのリポジトリに機密情報を誤ってアップロードしていないかどうか調査した結果を発表した。(2023/7/28)

医療情報管理にNFTを利用するメリット【前編】
NFT(非代替性トークン)化が医療分野にも そもそも患者の利点は?
厳格な管理が必要な医療情報を、代替できないデジタルデータである「NFT」(非代替性トークン)にすることの価値を探る研究が進んでいる。患者にはどのようなメリットがあるのか。(2023/7/24)

Google、公式アプリストアでのNFT販売を認めるポリシー更新
Googleは、Google Playストアのポリシーを更新し、NFT(非代替性トークン)などのデジタル資産をアプリやゲームに統合できるようにすると発表した。年内にはすべての開発者がNFTをアプリ内で販売できるようになる見込みだ。(2023/7/13)

セキュリティトークンのデジタル通貨決済、検証結果まとまる どんなメリットが?
野村ホールディングス、大和証券グループ本社、BOOSTRY、ディーカレットDCPの4社は5月31日、セキュリティトークン(ST)取引におけるデジタル通貨決済の検討結果を公表した。デジタル通貨決済が実現すると、これまでの株式や債券などで必要とされた清算機関が不要となり、自動化された即時決済が可能になる。(2023/5/31)

三井物産、LayerXと個人向け資産運用サービス「ALTERNA」 不動産をデジタル証券化
LayerXと三井物産が出資する三井物産デジタル・アセットマネジメントは、新たに個人向け資産運用サービス「ALTERNA(オルタナ)」を開始した。不動産をデジタル証券(セキュリティトークン)化し、スマートフォンサイトを通じて販売する。1口10万円と小口化することで、若年層への訴求を図る。(2023/5/22)

Google支援のAnthropic、ChatGPT競合ツールで超長文プロンプト入力可能に
生成AIを手掛けるAnthropicは、汎用チャットbot「Claude」のコンテキストウィンドウを従来の9000トークから10万トークンに拡張した。これにより、7万語以上の長文プロンプトを投げられるようになった。競合するOpenAIの「ChatGPT」のLLM「GPT-4」の最大モデルでも3万2000トークンだ。(2023/5/12)

OpenAI、「ChatGPT API」と企業向け専用容量プランの提供開始 「gpt-3.5-turbo」も発表
OpenAIは「ChatGPT API」と「Whisper API」の提供を開始した。ChatGPT APIの価格は1000トークン当たり0.002ドル。Azureの専用インスタンスプランも提供する。(2023/3/2)

NFT攻撃「8つの手口」と「8つの対策」【第6回】
「そのNFTの価格、低過ぎ?」は要注意 「NFT」詐欺の賢い防ぎ方
「NFT」(非代替性トークン)を狙った攻撃に対抗するためには、「基本的なセキュリティ対策」が有効だと考えられる。簡単に実施できる対策とは何か。(2023/2/22)

コインチェック、IEO第2弾 フィナンシェトークン申込開始 3月7日まで
コインチェックは2月21日、IEOの第2弾としてフィナンシェが発行するフィナンシェトークン(FNCT)の申込受付を開始した。申し込みは3月7日まで。(2023/2/21)

マネーフォワードME、MetaMaskなどのウォレット内の仮想通貨と連携可能に
マネーフォワードMEが、MetaMaskなどウォレットと連携。イーサリアム、ポリゴン、ERC-20トークンなどの価格を取得できる。(2023/2/20)

NFT攻撃「8つの手口」と「8つの対策」【第5回】
意外と簡単? 「NFT」を狙った攻撃はこうして防ぐ
企業は「NFT」(非代替性トークン)を狙った攻撃に立ち向かうためにはどうすればいいのか。実はその方法は難しいものではない。今すぐに始められるNFT攻撃対抗策とは。(2023/2/16)

NFT攻撃「8つの手口」と「8つの対策」【第4回】
3億円が盗まれたNFT詐欺「投資詐欺」の巧妙な手口
攻撃者はあの手この手を使い、「NFT」(非代替性トークン)を狙っている。企業はさまざまな手口を知り、NFTに対する攻撃に備えなければならない。具体的な手口を説明する。(2023/2/9)

NFT攻撃「8つの手口」と「8つの対策」【第3回】
“無料”を餌にするNFT詐欺「エアドロップ」のあくどい手口
「NFT」(非代替性トークン)を標的にしている攻撃者はソーシャルメディアを使い、ユーザーをだまそうとしている。要注意の手口とは、具体的に何か。(2023/2/2)

アミューズがリリース:
NFTを簡単に楽しめるウォレットサービス「A Wallet」 作品の権利を保護
アミューズは子会社のKulture(仙台市)と開発した、NFT(非代替性トークン)を保有できるウォレットサービス「A Wallet(エーウォレット)」を開始した。(2023/1/31)

「Web3に乗り遅れてはいけない」 OASトークンがbitbankに上場 ゲーム特化のブロックチェーンOasysとは何か?
ゲーム特化型ブロックチェーン「Oasys(オアシス)」のネイティブトークンであるOASが、3月に仮想通貨取引所のbitbankへ上場する。このOAS、実は国内のメンバーがシンガポールで起業したものだ。いったいどんなブロックチェーンなのか。(2023/1/31)

NFT攻撃「8つの手口」と「8つの対策」【第2回】
NFT詐欺師が悪用するだましのテクニック「ラグプル」とは?
「NFT」(非代替性トークン)を狙った攻撃が活発になる中、NFT防御策の強化が急務になっている。NFT攻撃の手口とは、どのようなものなのか。幾つかの具体例を取り上げる。(2023/1/26)

DMM、Web3子会社設立 「かんぱに☆ガールズ RE:BLOOM」皮切りに、独自トークン開発へ
(2023/1/24)

NFT攻撃「8つの手口」と「8つの対策」【第1回】
NFT(非代替性トークン)の用途とは? 犯罪者の新たな“獲物”に
「NFT」(非代替性トークン)の活用が広がる中、NFTを狙った攻撃が活発化しつつある。そもそもNFTとは何か。何のために使えるのか。(2023/1/19)

人気のJSON Webトークンライブラリに脆弱性 影響範囲は
JSON Webトークンライブラリ「JsonWebToken」にリモートコード実行(RCE: Remote Code Execution)のセキュリティ脆弱性が存在すると明らかになった。2万を超えるプロジェクトが同ライブラリを使っていると推定され、影響範囲が広い。(2023/1/11)

Slack、不正アクセスによってソースコードが流出 ユーザーへの影響は?
SlackはGitHubのプライベートリポジトリに不正アクセスが実行され、ソースコードが不正コピーされたと報告した。従業員のトークンが窃取され、このデータを使って不正なアクセスが実行されたと説明している。(2023/1/7)

信託銀行など7社がデジタル資産に本腰 共通基盤「Progmat」を開発する合弁会社
セキュリティトークン(ST)やステーブルコインといったデジタルアセットの普及に向けて、三菱UFJ信託銀行、みずほ信託銀行、三井住友信託銀行など国内大手信託銀行が本腰を入れる。(2022/12/21)

日本のWeb3推進、「税制が問題だ」とJBA加納裕三氏 保有トークン含み益課税撤廃、20%申告分離課税化求める
政府が骨太の戦略に盛り込んで推進を決めた「Web3」。しかし本当に推進するには「税制が問題だ」と日本ブロックチェーン協会(JBA)の加納裕三代表理事(2022/10/27)

朝倉未来vs.フロイド・メイウェザーの超RIZIN、NFTデジタルチケットを発売 榊原CEOに狙いを聞いた
9月25日の日曜日にさいたまスーパーアリーナで開催する「フロイド・メイウェザー vs. 朝倉未来」の世紀の一戦。大会のNFT(非代替性トークン)デジタルチケットのオークション入札が始まった。(2022/9/9)

Jリーグがさきがけ:
「トークンエコノミー」は、大きな可能性があるのか
「トークンエコノミー」という言葉を耳にするようになってきた。意味としては「独自の経済圏」というかなり大きな言葉らしく、文系の身にはかなりつらい説明だが、ここへきて俄然注目を集めている。(2022/9/5)

ビジネスイノベーションの覇権を日本に bitFlyerのIEO事業の狙い
bitFlyerがIEO(Initial Exchange Offering)を実施する。トークン発行企業はバーチャルワールド「Yay!」を提供するナナメウエだ。両社がIEOを実行する背景と今後の展望を解説した。(2022/8/30)

えっ、NFTで学修歴証明書? 千葉工業大学が全国初の発行
千葉工業大学(千葉県習志野市)とPitPa社は8月18日、国内の大学として初のNFT(非代替性トークン)による学修歴証明の発行を開始したことを発表した。双方は、Web3時代を見据えたグローバル人材の育成を測るため、さまざまなツールの開発・推進を行っているが、第1弾として伊藤穣一氏がセンター長を務める千葉工業大学変革センターにて、NFTによる学修証明書が発行された。(2022/8/22)

「NFT」って知ってる? 認知率は30.8%、保有率は3.2%に MMD調べ
MMD研究所は、NFT(非代替性トークン)に関する調査結果を発表した。NFTの認知率は30.8%、「現在保有している」と回答したのは3.2%となった。(2022/8/16)

東京ドーム、宿泊などに使えるユーティリティートークン発行 三菱UFJ信託の「Progmat UT」利用
東京ドームは7月29日、宿泊や入場券として利用できるユーティリティートークン(UT)の発行を開始した。三菱UFJ信託銀行のブロックチェーンプラットフォーム「Progmat UT」上で発行し、利用者はβ版のウォレット「Token Wallet」にて管理を行う。(2022/7/29)

ビット・トレード・ワン、自由にマクロ割り当てができる8キー搭載USBキーパッド
ビット・トレード・ワンは、ショートカットやマクロ割り当てを行える小型設計のUSBキーパッド「UICreator」の取り扱いを開始。(2022/7/29)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
「歩いて稼げる」STEPN、崩壊論高まる 大物投資家のSNSが中国封鎖引き金か
現実世界で歩いた分だけお金が稼げる「STEPN」は、世界で200〜300万ユーザーを獲得した注目のブロックチェーンゲームだ。しかし5月末に中国ユーザーの規制が発表されると、ゲーム内のNFTやトークンの価値は数日で暴落。とはいえ中国当局に目をつけられないよう先手を打ち、うまく対処している。(2022/6/9)

世界を読み解くニュース・サロン:
日本は「Web3」で勝てるのか 残念ながら「前途多難」
自民党が「岸田トークン」の配布で「Web3」に乗り出そうとしている。これまでインターネットなどで遅れてきた日本に、「Web3」で勝算はあるのだろうか。現時点で見えている課題は……。(2022/6/2)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
6兆円が消えた「LUNA-UST騒動」 危ないステーブルコインの特徴
価格変動リスクが低いとされた、USTとよばれるステーブルコインと、そのトークンであるLUNAの崩壊によって、6兆円もの価値が暗号資産市場から消え去った。結局のところ、「どれくらいその資産が信頼できるか」の度合いが高いほど「利回りは低く」なり、その度合いが低ければ「利回りが高くなる」。(2022/5/20)

NFTをめぐる知財訴訟【後編】
「NFTによる知財侵害」を訴えたエルメスとナイキ、それぞれの主張
高級ファッションのHermesやスポーツ用品のNikeなどが、非代替性トークン(NFT:Non Fungible Token)による権利侵害を争点に訴訟を起こした。両者の主張とは。(2022/3/29)

ほぼ週刊インフォグラフィックス:
NFT人気は一過性? なぜか関心が急下降している件
デジタル資産に唯一性を保証するNFT(非代替性トークン)に注目が集まっています。しかし、検索トレンドの推移を見てみると、意外な傾向が……。(2022/3/28)

NFTをめぐる知財訴訟【中編】
「NFT」が引き起こす知財問題 企業に立ちはだかる「法的な曖昧さ」の影響は
活用が広がりつつある「NFT」(Non Fungible Token:非代替性トークン)。一方で企業が無視できない課題として、NFTによる権利侵害がある。法律専門家は問題の核心をどう見るか。(2022/3/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。