ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「トークン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「トークン」に関する情報が集まったページです。

Marketing Dive:
バーガーキングが見つけた「NFT」活用の勝ち筋とは?
Burger Kingが展開した「Keep It Real Meals」キャンペーンでは、NFT(非代替トークン)を活用してゲームコンテンツを提供した。(2021/11/19)

製造マネジメントニュース:
AI拡張型ソフトウェアエンジニアリングなどが“過度な期待のピーク”へ
米国の調査会社Gartnerは「先進技術におけるハイプ・サイクル2021年版」を発表した。「過度な期待のピーク期」では「分散型アイデンティティー」「データファブリック」「非代替性トークン」「AI拡張型ソフトウェアエンジニアリング」「従業員コミュニケーションアプリケーション」「コンポーザルアプリケーション」などが挙がった。(2021/8/25)

コインチェックのパレットトークンIEO、6分で9億円超の申し込み
コインチェックが7月1日に受付を開始した国内初のIEOにて、開始から6分で調達目標金額の9億3150万円を突破した。(2021/7/2)

コインチェック国内初のIEOを7月1日実施 Hashpaletteがトークン売出で9億円超調達
コインチェックは7月1日に、国内初となるIEOを実施し、Hashpaletteが発行するトークン9億3150万円分を一般に売り出す。資金調達だけでなく、トークンエコノミーの構築を支援することをうたっており、仮想通貨関連事業者にとって新たな機会がもたらされるかもしれない。(2021/7/1)

絵画100点をデジタル化して爆破 NFTアートとしてオークション出品
実物の絵画100点をスキャンして燃やし、デジタルアートとしてNFT(非代替性トークン)を出品したオークションが始まった。企画した団体は「何か新たな価値観がそこから生まれるのか、それは私たちにも分からない」としている。(2021/6/23)

CAEニュース:
ダッソーが「SIMULIA」の新ライセンス体系「Unifiedライセンスモデル」を発表
ダッソー・システムズは、設計エンジニアリングシミュレーション「SIMULIA」ブランドで利用可能な新ライセンス体系「Unifiedライセンスモデル」を発表した。SIMULIAブランドで展開する全ての製品ポートフォリオ間のトークンおよびクレジット互換性を備え、全ソルバーの利用が可能な新しいライセンス体系として、2021年下期から順次展開する。(2021/5/25)

動き出したSTO 三井住友信託銀行が初のデジタル証券発行
2020年4月に法制化された「STO(セキュリティ・トークン・オファリング)」が、本格的に動き出した。三井住友信託銀行は3月末に、セキュリティトークン化した証券を発行し、投資家に販売。今後、個人投資家への販売の可能性も探っている。(2021/4/6)

なぜデジタル画像に何十億円もの値がつくのか? 熱狂するNFT市場
ゲーム内の土地がトークン化され数億円で売買されたり、デジタルアートが75億円もの値段で取引されたりと、全世界的にNFTと呼ばれるトークンが盛り上がっています。国内でNFTのマーケットプレイスを開始したコインチェックの天羽健介執行役員による、NFTに関する寄稿。(2021/4/7)

盛り上がるNFT Coincheck NFT、一週間で1.2万人利用 30万円相当のカードが5秒で売り切れ
ノンファンジブル・トークン(NFT)市場が、国内でも盛り上がりを見せている。コインチェックが3月24日に開始した、NFTのマーケットプレイスは、1週間で利用者が1万2000人を突破した。(2021/4/2)

あと10年? 銀行業務を代替するDeFiに金融機関はどう取り組むべきか
DeFi、分散型金融は2020年のホットトピックだ。一般には認知度が低いDeFiだが、海外ではサービスが大きく伸長し、日進月歩の進化を遂げている。「金融機関はビジネスモデルを大きく変えることが必要になる。トークンベースになってくる、仲介業者がいらなくなってくる」(2020/11/24)

国内初の個人向け不動産STO実施 再生古民家の持ち分を譲渡可能なトークンで
有休不動産を再生するクラウドファンディングサービス「ハロー!RENOVATION」を営むエンジョイワークスは10月20日、一般個人投資家向けの不動産STOを行うと発表した。LIFULLがSecuritizeと構築したプラットフォームを使って実現する。(2020/10/20)

光のDeFi、闇のDeFi 1週間で14億円を手にした”寿司”スワップの芸術的手法
暗号資産において2020年のトピックは分散型金融(DeFi)だ。夏以降、DeFi関連のトークンが急速な盛り上がりを見せ、DeFiに費やされる資金も急速に増加している。一方で、この盛り上がりで思い出すのは、17年に大ブームを巻き起こしたICO(イニシャル・コイン・オファリング)だ。1週間で、コピーしてトークンを売り出し、売り抜けるという、芸術的な手法を取ったスシ(寿司)スワップを例に、DeFiのブームの光と闇を探る。(2020/9/19)

日本法人も始動 デジタル証券発行の先駆者、セキュリタイズとは何か
有価証券をブロックチェーンに乗せる、いわゆる証券トークン化の先駆者が米Securitizeだ。4月1日には日本法人も始動。進行中のものも含めて、既に70件ものSTOを扱っている。特徴と、国内におけるSTOの可能性を聞いた。(2020/4/3)

GMOコイン、BraveブラウザのBATトークン取り扱い開始
GMOコインは、新たな仮想通貨としてベーシックアテンショントークン(BAT)の取り扱いを開始した。BATはChromiumをベースにした「Brave」上で使われるトークンだ。(2020/3/19)

フィンテックの今:
4月に始まるSTOは何を変えるのか Fintech協会代表理事の鬼頭武嗣氏インタビュー
2020年4月から金融商品取引法(金商法)に基づき始まる、ブロックチェーン(分散型台帳)を使った資金調達「STO(セキュリティー・トークン・オファリング)」が注目を集めている。今後、STOは日本で普及するのか、また、STOによって資本市場はどう変化するのか。(2020/3/11)

テレワーク、クラウドサービスのSIにおける要、『認証強化』:
PR:パスワードよりも安心、生体認証よりも低コスト、トークン型ワンタイムパスワードよりも効率的なソリューション「トークンレス・ワンタイムパスワード」
「働き方改革」への対応、地震、台風といった災害対策、新型コロナウイルスをはじめとする感染症への対策などによる、テレワークやクラウドサービスの需要増に伴い、“認証”の強化が企業の課題となっているが、手間とコストの問題がつきまとう。安全を担保しつつ、手間とコストの削減につながる認証ソリューションを紹介する。(2020/3/4)

視点:
非金銭価値の流通するトークンコミュニティー〜評価経済社会で輝く仮想通貨〜
金融から非金融への拡大するロックチェーン。製品の製造、流通、販売過程の追跡や、シェアリング事業における提供者、利用者の評価情報の記録など、その適用領域は多岐にわたる。(2019/12/18)

ブロックチェーン技術を使った資金調達STOの業界団体、SBI証券ら証券6社が立ち上げ
ブロックチェーンなどに記録された有価証券(セキュリティ・トークン)を発行することで資金を調達するSTOの環境が整いつつある。SBIとカブコム、大和、野村、マネックス、楽天の証券6社は、自主規制の作成などを行う日本STO協会を設立した。(2019/10/1)

コインチェックがIEOの検討開始 ICOによる資金調達を支援
コインチェックがユーティリティ・トークンの発行による資金調達を支援する事業の検討開始。(2019/8/22)

Steamの旧正月セールが開始 トークンイベントも開催中
ゲーム配信プラットフォーム「Steam」で「旧正月セール」が開催中。数千におよぶタイトルが2月13日午前3時までセール価格で購入できる。(2019/2/5)

質問箱のPeingに脆弱性 ユーザーのTwitterトークンが“丸見え” 公式アカウントが乗っ取られメンテナンスに
匿名質問サービス「Peing-質問箱-」に脆弱性があった。悪用すれば、第三者が任意のユーザーになりすましてツイートを投稿することなどが可能だった。(2019/1/29)

約9000万アカウントを強制ログアウト:
Facebook、約5000万人分のアクセストークン流出 「特定のユーザーへのプレビュー」機能に脆弱性
何者かがFacebookの「特定のユーザーへのプレビュー」機能の脆弱性を突いて、アクセストークンを盗み、ユーザーのアカウントを乗っ取っていたことが分かった。(2018/9/30)

GunosyとAnyPay、ブロックチェーンで新会社 トークン開発やマイニング事業展開へ
GunosyとAnyPayがブロックチェーン関連事業を行う新会社「LayerX」を設立すると発表した。トークンの設計や開発、仮想通貨マイニング事業などの展開を検討している。(2018/7/12)

高評価の記事に「トークン」配布 広告に依存しないメディア「ALIS」、ICOで資金調達
ページビューや広告収入に依存しないメディアを――「信頼できる記事」が評価される仕組みを目指した日本向けソーシャルメディア「ALIS」が登場へ。運営企業がICOで資金調達する。(2017/8/25)

「GMOブロックチェーン オープンソース提供プロジェクト」の第二弾:
GMOインターネット、OSSのブロックチェーン取引所構築システム「トークントレーダー」を公開
GMOインターネットがオープンソースのブロックチェーン取引所構築システム「トークントレーダー」を公開した。Ethereumの分散型トレードプロトコルを参考に、ブロックチェーンを用いたトークンの交換取引所を作成できる。(2017/8/10)

大事なのは「多くの技術者をその気にさせる」こと
「Slack」がセキュリティホールをわずか5時間で修正、その秘策とは?
ユーザーの認証トークンを危険にさらし、ハッカーに個人データへのアクセスを許すセキュリティホールが「Slack」で見つかった。この問題点と攻撃の手法について説明する。(2017/5/24)

Androidマルウェア「Gooligan」横行、100万超のGoogleアカウントに不正アクセス
Gooligan感染するとAndroid端末のroot権限を取得されて認証トークンを盗まれ、Google PlayやGmailなどの主要Googleアカウントに不正アクセスされる恐れがある。(2016/12/1)

セイコーエプソン S1C17M10:
動作電流半減したフラッシュメモリ内蔵マイコン
セイコーエプソンは、低消費電力の16ビットフラッシュメモリ内蔵マイコン「S1C17M10」のサンプル出荷を開始した。カードリーダー型トークン向けで、従来品に比べて動作電流が50%低減し、動作速度は4倍の高速設定が可能になったという。(2016/4/20)

半径300メートルのIT:
Googleの二段階認証を3400円のUSBキーで試す
Amazon.co.jpでFIDO 1.0仕様のUSBキーを購入しました。ようやく二段階認証が一般的になるのではないかと期待しています。(2015/5/19)

ホワイトペーパー:
別冊Computer Weekly パスワード認証から解放される日
あらゆる点で限界に達しているパスワード認証に代わる手段はないのか? セキュアかつ簡単な業界標準認証基盤を目指すFIDO Allianceは、USBキーを利用したユーザー認証仕様を策定した。(2015/4/20)

パスワードよさようなら
GoogleのFIDO U2Fセキュリティキー対応で認証技術はどう変わる?
GoogleはFIDO AllianceのU2F標準のサポートを発表。ChromeとU2F対応USBキーがあればユーザー認証が簡単かつセキュアになる。この動きは他社にも広まるのか?(2014/12/17)

Computer Weekly:
GoogleのFIDO U2Fセキュリティキー対応で認証技術はどう変わる?
GoogleはFIDO AllianceのU2F標準のサポートを発表。ChromeとU2F対応USBキーがあればユーザー認証が簡単かつセキュアになる。この動きは他社にも広まるのか?(2014/12/3)

Google、USB使った2段階認証サービスを提供
一層の安全性向上を求めるユーザーのために、USBキーの「Security Key」を使った2段階認証の仕組みを提供する。(2014/10/22)

Twitter連携アプリが乗っ取られる 「ツイート数カウントくん」ユーザーが身に覚えのないブロック
Twitter連携アプリ「ツイート数カウントくん」のアクセストークンが流出し、ユーザーが意図せず特定のユーザーをブロックする事態が多発。作者はアプリを削除した。(2014/6/16)

開発現場でちゃんと使えるRails 4入門(4):
現場で使えるか見極めたいRails 4.1の新機能8選
エンタープライズ領域での採用も増えてきたRuby on Railsを使ってWebアプリケーションを作るための入門連載。今回は、息抜きとして4.1の新機能を紹介。モデルで列挙型を簡単に扱えるEnumや新プリローダーSpringなど便利機能に加え、秘密鍵、署名付きトークン、CSRFプロテクションなどセキュリティ対策機能も紹介。(2014/5/16)

Bitly、不正アクセスの疑いでパスワード変更他を呼び掛け
短縮URLサービスのBitlyが不正アクセスの疑いがあったとして、APIキー、OAuthトークン、パスワードを変更するようユーザーに呼び掛けている。(2014/5/9)

非公式Twitterクライアントの「MetroTwit」も提供終了──ユーザー数上限で
Windows 8版Twitterクライアントとして人気の「MetroTwit」が、Twitterが定めたユーザートークン10万件までという上限に達してしまい、提供を終了した。既存ユーザーは利用を続けられるが、アップデートやサポートは受けられなくなる。(2014/3/6)

ET2013ニュース:
ライセンスによるハードウェア機能制御をアピール、日本セーフネット
日本セーフネットは「Embedded Technology 2013/組込み総合技術展」において、ソフトウェア保護と柔軟な管理を可能にする組み込みシステム向けソリューション「Sentinel Embedded」に関する展示を披露。スロットカーに同製品を組み込み、USBキーの抜き差しでスロットカーの走行機能を制御するデモを実演してみせた。(2013/11/22)

App Town ユーティリティ:
HDE、二要素認証に対応したiPhone向け認証トークン「HDE OTP Generator 1.1」を提供開始
ログインパスワード&ワンタイムパスワードによる二要素認証のiPhone向け認証トークン「HDE OTP Generator 1.1」が登場。Yahoo! JAPANのワンタイムパスワードにも対応している。(2013/4/18)

Windows 8向け無料Twitterクライアント「Tweetro」終了 API利用制限で
Twitterの10万トークン制限に達した無料版TweetroがWindows Storeから削除された。Windows 8で利用できる公式Twitterアプリはまだリリースされていない。(2012/11/19)

Ciphertex、USBキー認証も可能なRAID-5対応外付けHDD「CX-RANGER-E」
アスクは、米Ciphertex製のUSBキー認証も可能なRAID-5対応外付けHDD「CX-RANGER-E」の取り扱いを開始する。(2012/2/17)

Rocstor、USBキーでデータをロックできる暗号化ポータブルHDD
アスクは、米Rocstor製となる暗号化対応ポータブルHDD計2製品の取り扱いを開始する。(2012/2/10)

日本セーフネット、光学読み取り装置内蔵のハードウェアトークンを発表
オンラインバンキングなどの取引データなどを元に画像情報を生成し、トークンでこれを読み取ることで認証を行う仕組みを実現する。(2012/2/9)

RSA、SecurIDのトークン交換を申し出――攻撃に対する不安の高まりに対応
RSAは、SecurID製品の2要素認証に使われるトークン交換の措置を取ると表明した。同社から盗まれた情報がLockheed Martinに対する攻撃に使われたことも明らかにしている。(2011/6/8)

日立ソリューションズ、Webブラウザで利用する在宅勤務サービスを発売
日立ソリューションズは、「SecureOnline在宅勤務サービス」においてUSBキーが不要な新メニューを新たに提供する。(2011/5/16)

AdD、遠隔ファイル共有を手軽に実現できるUSBキー「iTwin」
エーディーディーは、シンガポールiTwin製となるリモートファイル共有用USBデバイス「iTwin」の取り扱いを開始する。(2011/4/7)

リモートアクセスサービス「MobileDesktop」が30日間無償 震災復興支援
モービスネットは、USBキーと携帯電話を使った法人向けリモートアクセスサービス「MobileDesktopサービス」を30日間無償で提供する。(2011/3/30)

NEWS
CAがArcotの認証技術を組み込んだスマートフォン対応セキュリティ
CA Technologiesは、ソフトウェアベースのトークン認証ソリューションと不正行為防止ソリューションを発表。クラウド提供にも対応する。(2011/2/23)

プリンストン、USBキーで簡単にリモートアクセスできるネットワークHDD「myDitto」
プリンストンテクノロジーは、 Dane-Elec製となるリモートアクセス対応ネットワークHDD「myDitto」の取り扱いを発表した。(2011/1/28)

EMC、Android対応のワンタイムパスワードSecurIDを発表 アプリに組み込めるSDKも提供
EMCは、Android端末で「RSA SecurID」の認証コードを生成できるソフトウェアトークンをAndroid Marketで提供する。Androidアプリに認証機能を組み込めるSDKも公開する。(2010/12/14)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。