ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  T

  • 関連の記事

「TOUCH CRUISER」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「TOUCH CRUISER」に関する情報が集まったページです。

PC遠隔操作アプリ「mobile2PC 2.0」が光TOUCH CRUISERに対応
PCを遠隔操作できるドコモ向けアプリ「mobile2PC 2.0」が、「SH-01A」と「SH-03A」の光TOUCH CRUISERに対応した。(2009/2/9)

PR:進化したインターネット機能、光TOUCH CRUISERやBluetoothも搭載──「SH-03A」の真の実力
8MピクセルのCCDカメラとタッチパネルを備えたシャープの「SH-03A」は、スタンダードなケータイの使い勝手とタッチパネルの新しいUIを融合した“新標準”といえるモデルだ。このSH-03Aに採用された新機能や、細かな部分にまで行き届いた使い勝手の良さを改めてチェックしてみよう。(2009/1/19)

PR:ワンセグ、フルブラウザ、セキュリティ──「SH-01A」は実用機能もすごい
8MピクセルのCCDカメラを搭載した点が目を引く「SH-01A」だが、もちろんほかの部分も前モデルから大きな進化を遂げている。3.3インチのNewモバイルASV液晶を生かした美しいワンセグやフルブラウザ、さらに増えた横画面対応アプリ、指紋認証機能を備えた光TOUCH CRUISERなどを紹介しよう。(2008/12/8)

「AQUOSケータイ W64SH」の“ここ”が知りたい:
第1回 着信LEDと通知ランプはどこにある?――「AQUOSケータイ W64SH」
au端末最大の3.5インチフルワイドVGA液晶や光TOUCH CRUISERを搭載し、AV機能を充実させた「AQUOSケータイ W64SH」。“ここ”が知りたい第1回では、着信LEDや外部メモリスロット、スピーカーの位置、テレビ電話やボイスレコーダーへの対応について調べた。(2008/12/4)

写真で解説する「SH-01A」
PRIMEシリーズの1つとして登場するシャープ製の「SH-01A」は、逆ヒンジのサイクロイド型を採用したAQUOSケータイだ。カメラは800万画素CCDにスペックアップし、十字キーには光TOUCH CRUISER一体型の指紋センサーを採用。新サービスや機能ももれなくサポートし、AQUOSケータイ第4世代目にして“全部入り”と呼べるほどに進化した。(2008/11/6)

PRIMEシリーズ:
800万画素CCDカメラをタッチパネルで快適操作、光TOUCH CRUISERも搭載――「SH-03A」
シャープ製の「SH-03A」は、タッチパネルの搭載で注目を集めた「SH906i」の後継機種。タッチパネルと光TOUCH CRUISERを継承するほか、カメラが800万画素CCDに大きく進化した。(2008/11/5)

写真で解説する「AQUOSケータイ W64SH」
シャープ製の「AQUOSケータイ W64SH」は、3.5インチフルワイドVGA液晶や光TOUCH CRUISERといった新しいデバイスに加え、5.2Mカメラ、Bluetooth、FMトンラスミッターを搭載するなど、auの2008年秋冬モデルの中でも随一のスペックを誇る。多彩なAV機能をはじめ、前モデル「W62SH」から進化した部分を中心にチェックした。(2008/10/28)

3.5インチディスプレイ+光TOUCH CRUISER対応のフルスライド――「AQUOSケータイ W64SH」
フルスライドボディが特徴的なシャープの「AQUOSケータイ W64SH」。大型の3.5インチNEWモバイルASV液晶や光TOUCH CRUISER、Bluetooth、FMトランスミッターなど、AV機能を満喫できるデバイスや機能が充実している。(2008/10/27)

PR:フルワイドVGA液晶、ドルビーモバイル、光TOUCH CRUISER──先進機能満載の「SH706i」
90xiシリーズの端末に迫る豊富な機能とスペックを盛り込んだシャープ製のスライド端末が「SH706i」だ。70xiシリーズ初の3インチフルワイドVGA液晶をはじめとする、最新機能の数々に迫る。(2008/7/22)

PR:見て、聴いて、触ってそのよさが実感できる──シャープ初のスライドFOMA「SH706i」
シャープが開発した「SH706i」は、同社としては初のスライドFOMAだ。そのコンパクトなボディには、フルワイドVGAの高解像度液晶やドルビーモバイル、光TOUCH CRUISERなど、数々の“70xiシリーズ初”の機能を搭載している。開発陣にSH706iに込めた熱い思いを聞いた。(2008/7/15)

PR:かつてないほどに新しいことに取り組んだ──「SH906i」開発者たちの熱き思い
タッチパネルディスプレイや光学センサーを内蔵した光TOUCH CRUISER、HID対応のBluetoothなど、シャープの「SH906i」にはこれまでなかった機能やデバイスが多数盛り込まれている。その開発は、関係者が「かつてないくらい新しいことに挑戦した」というほど、新たなチャレンジの連続だった。(2008/6/23)

PR:第3回 新ベールビューやスマートリンク辞書など、数々の新機能を搭載──「SH906i」の進化
SH906iの進化ポイントは、タッチパネルや光TOUCH CRUISER、520万画素カメラ、Bluetoothだけではない。新ベールビューやスマートリンク辞書など、新たな取り組みにも果敢に挑戦している。(2008/6/17)

PR:第2回 進化した520万画素カメラとHID対応Bluetoothの便利さ──「SH906i」の特徴
シャープの最新FOMA端末「SH906i」には、タッチパネルと光TOUCH CRUISERという独特の機能に加え、シリーズトップクラスの520万画素カメラやHID対応のBluetoothなど、注目の機能が用意されている。(2008/6/10)

PR:第1回 日本のケータイユーザーのことを考えた、新たな“タッチ”の操作感──「SH906i」の魅力
さまざまな機能を融合し、より高機能、高性能に進化する携帯電話。その携帯電話の操作性に楽しさと快適さをもたらすのが、「SH906i」が新たに搭載したタッチパネルと光TOUCH CRUISERだ。(2008/6/3)

「SH906i」「AQUOSケータイ SH906iTV」のデビューイベント、5月31日と6月1日に開催
シャープは5月31日と6月1日、渋谷のスペイン坂広場で「SH906i」と「AQUOSケータイ SH906iTV」のデビューイベントを開催する。タッチパネルや光TOUCH CRUISER、バーチャル5.1chドルビーモバイルなどが体験できる。(2008/5/28)

写真で解説する「SH706i」
「SH706i」は、光TOUCH CRUISER、高精細な3インチフルワイドVGA液晶、臨場感あふれるドルビーモバイルを搭載したスライド端末。ソフトバンク「FULLFACE 2 921SH」との違いなど、機能や操作性をチェックした。(2008/5/28)

ワンセグ、フルワイドVGA液晶、ドルビーモバイル搭載のフルスライド──「SH706i」
70xiシリーズの端末ながらフルワイドVGA液晶を搭載し、ワンセグやドルビーモバイルといったシャープ端末の特徴を受け継ぐ「SH706i」。上位機種「SH906i」と共通のベールビューや光TOUCH CRUISERも装備する。(2008/5/27)

回転2軸ボディにタッチパネルと光TOUCH CRUISER搭載──「SH906i」
ドコモの906iシリーズの中で唯一、タッチパネルを搭載したのがシャープの「SH906i」だ。またポインティングデバイスのTOUCH CRUISERも光センサー式に進化し、使い勝手が向上している。(2008/5/27)

PR:“サイクロイドスタイル”ならではの快適な操作性──「AQUOSケータイ SH905iTV」
映像と音にこだわり開発された「AQUOSケータイ SH905iTV」の特徴である“サイクロイドスタイル”は、単に映像が横向きで楽しめるだけではない。ポインティングデバイス「TOUCH CRUISER」との組み合わせで実現する快適な操作性にも注目だ。(2008/2/7)

3.2インチフルワイドVGA液晶、TOUCH CRUISER搭載の第2世代AQUOSケータイ──「SH905iTV」
ドコモのワンセグ端末の中で圧倒的な人気を博したAQUOSケータイ「SH903iTV」がさらに薄く、さらに大画面へと進化。TOUCH CRUISERも搭載してフルブラウザ使用時の操作性も向上している。(2007/11/1)

名刺リーダーやTOUCH CRUISERを実機で体験──「SH904i」タッチ&トライイベント
シャープは6月27日から29日までの3日間、都内で「SH904i」の名刺リーダーやTOUCH CRUISER、パノラマ撮影、ワンタッチ文字拡大などの各機能を実機で体験できるタッチ&トライイベントを開催している。(2007/6/27)

PR:第6回 数々の挑戦を乗り越えた──「SH904i」誕生の裏側
シャープの最新FOMA端末「SH904i」には、「TOUCH CRUISER」や名刺リーダーを搭載し、独特の表情を持つアルミパネルを採用するなど、さまざまな新しい試みが盛り込まれている。これらの機能はどうやって実現されたのか。開発の舞台裏に迫った。(2007/6/26)

アルミ背面パネル+タッチパッド操作の「SH904i」発売──新規価格は3万円台前半
ワイドQVGA表示に対応した3インチモバイルASV液晶ディスプレイを搭載するシャープ製の「SH904i」が発売となった。背面にあるアルミパネルは各色で異なる処理を施しており、十字キーの上部にタッチパッドデバイス「TOUCH CRUISER」を搭載する。(2007/5/25)

PR:第1回 十字キーに代わる新たな提案──「TOUCH CRUISER」パッド
シャープのドコモ向け最新FOMA端末「SH904i」では、新デバイス「TOUCH CRUISER」パッドが搭載された。TOUCH CRUISERは何に使えるのか、どんな使い勝手なのかをリポートする。(2007/5/25)

写真で解説する「SH904i」(機能編)
主に外観を写真で紹介した前回に引き続き、新機能の名刺リーダーやパノラマ撮影、TOUCH CRUISERなどを写真と動画で紹介しよう。(2007/4/24)

各色で異なる処理のアルミ背面パネル、タッチパッド、3インチワイド液晶──「SH904i」
シャープ製の最新FOMA端末「SH904i」は、幅50ミリのボディに3インチのワイドQVGA液晶を搭載。新たにタッチパッド「TOUCH CRUISER」を搭載したほか、最新の直感ゲームにも対応した。(2007/4/23)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。