ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「電車」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「電車」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「もう最後か…」「大阪にあるのを知らなかった」 大阪を走るレトロな路面電車は、本当に「時間がゆっくり流れている」ようだ
この恵美須町停留場が見られるのは2020年1月31日まで……。長い間おつかれさまでした。(2020/1/25)

JR東海、新型通勤電車「315系」を2021年度に導入 国鉄時代の211系はついに消滅へ……
「何か」に似てる……!? 全編成トイレ付きがうれしいところ。JR東海の新しい顔になりそうです。(2020/1/24)

組み込み採用事例:
印刷方式有機ELディスプレイを超薄型ガラスサイネージに採用
JOLEDは、同社の有機ELディスプレイが、AGCの超薄型ガラスサイネージ「infoverre Paper like Screen」シリーズに採用されたと発表した。電車やバスの中吊り広告、電車の戸袋など、従来のディスプレイでは設置が難しい場所での利用を見込む。(2020/1/24)

渋谷駅の混雑状況が電車内から分かる 東京メトロ「銀座線」で実証実験スタート
東京メトロは23日、銀座線の車内ディスプレイに渋谷駅構内の混雑度を表示する実証実験を開始した。改札やエスカレーターの状況が分かる。(2020/1/23)

ジョルダンの「乗換案内」アプリ、ドコモ・バイクシェアに対応 電車・バス・自転車を組み合わせた経路を表示
ジョルダンの経路検索アプリ「乗換案内」が、「ドコモ・バイクシェア」に対応。出発地と目的地を入力すると、電車、バス、ドコモ・バイクシェアを組み合わせ、最適な移動経路を表示する。ポートまでの経路を案内するナビ機能なども実装した。(2020/1/21)

モバイルPASMOついに登場 当初Androidのみ
PASMO評議会は1月21日、2020年春からAndroid端末で利用できるモバイルPASMOをサービス開始すると発表した。バスや電車の定期券を、スマートフォンに搭載して利用できるようになる。(2020/1/21)

映画館やそばのサブスクも! 東急グループが「東急線・東急バス サブスクパス」の実証実験を開始
電車・バスの乗り放題に、好きなサービスが追加できる。(2020/1/16)

路面電車に再評価の流れ クルマ社会からの脱却で
環境や渋滞、事故、公共交通機関の必要性などの観点から、路面電車が再評価されている。マイカーの普及で一度は廃れたが、クルマ社会からの脱却で注目を集めている。(2020/1/6)

電車でおばあさんと目が合い会釈したら「なにガン付けとんねん」 OLが社会のぬくもりに素通りされる「耐え子の日常」―誘い理不尽編―
小さな善意大きな不条理。(2019/12/30)

「ゆるキャン△電車」爆誕! JR東海の臨時急行「ゆるキャン△梨っ子号」何がスゴイ? 鉄道ファン目線で確認してみた
「あのJR東海」がアニメコラボ電車なんて、珍しい……!! 特別乗り放題きっぷや「うれしい停車駅」にも注目です。(2019/12/28)

路面電車が再評価されている、なぜ?
路面電車が再評価されている。モータリゼーションで廃れていったが、近年、環境面や交通渋滞・事故、公共交通機関の必要性といった観点から、自動車社会からの脱却で注目を集めているのだ。(2019/12/27)

「電車内で筋トレなんてシュール」「カオスにならない?」──ネットでツッコミ、JR東の謎アプリが生まれた理由
山手線の車内でトレーニングができるアプリ「‘TRAIN’ing」(トレイニング)に対して、「電車内で筋トレなんてシュール」「カオスにならない?」などネットで声が上がっている。開発者にアプリ開発の理由や背景を聞いた。(2019/12/24)

背負ったままのリュック、ドア横キープマンを抑えた第1位とは 駅や電車で「迷惑」と感じる行為ランキングが発表
ヘッドホンからの音もれやゴミの放置などもランクイン。(2019/12/23)

電車内で筋トレするアプリ、周囲の目は気にならない? 記者が体験
JR東日本が公開している、山手線の車内でトレーニングができるアプリ「‘TRAIN’ing」を試してみた。本当に車内でトレーニングができるのか? 恥ずかしくはないのか? 果たして結果は――。(2019/12/23)

新設の「咳、くしゃみ」は6位:
その振る舞い、周りが迷惑しています 駅と電車の迷惑行為、トップは?
1999年から実施している駅と電車の迷惑行為ランキングの2019年版が発表。前回調査で1位だった「荷物の持ち方・置き方」は3位に後退した。今回から新設した「周囲に配慮せず咳やくしゃみをする」は6位にランクイン。トップとなった迷惑行為は?(2019/12/20)

電車・バス内でのベビーカー「折りたたまない」に8割以上が賛成、若年層ほど理解 国交省調査
ベビーカーマーク自体の認知度は約3割。(2019/12/17)

省エネ型の車両も:
JR九州が新型車両を投入 2020年3月14日から
JR九州は2020年3月14日から新型車両を投入する。福岡・九州地区に821系電車。長崎地区にYC1系ハイブリッド車。(2019/12/13)

オープン当初は抽選入場に:
20年1月オープン「京急ミュージアム」の内容は? 運転台と実写映像で“本物”を体験
京浜急行電鉄は、2020年1月21日に横浜市でオープンする「京急ミュージアム」の館内体験コンテンツなどの詳細を発表。京急車両の工作体験や、本物の電車運転台を使った運転シミュレーターなどを展開する。(2019/12/13)

長年の問題「通勤ラッシュ」:
満員電車にNO! 優雅に座ってバス通勤、広がる? 朝食付きサービスも
ビジネスパーソンの悩みの種「満員電車」。テレワークやフレックス制度の導入でやや緩和しているが、まだまだ朝夕の混雑は激しい。そんな中、郊外などから都心へ向かう優雅なサービスが出始めた。中には朝食、コーヒー付きのものも……。(2019/12/12)

世界文化遺産都市を駆け巡る「かわいいプラハの路面電車」ディープな歴史とその魅力に迫る
魅力的すぎるレトロなトラムもたくさん。チェコ共和国のプラハ市交通博物館とプラハ市電に「乗り鉄」してきました。(2019/12/6)

離れた位置の妊婦さんに席を譲るには? 電車で見かけたスマートな方法を描いた漫画が「見習いたい」と話題
そうか、この手があった。(2019/12/5)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
90年前にMaaSの思想があった! 富山に根付く「どこからでも市街地へ」の精神
2020年3月、富山市内の2つの路面電車が接続し、相互直通運転を開始する。さらに2社が合併することで、運賃は実質値下げとなる。この“英断”から富山の公共交通の歴史を探ると、90年前に生まれた「一県一市街化」構想が、現代の「MaaS」に通じることが分かる。(2019/11/22)

機内でもハッキリ聴ける? ノイキャン対応「AirPods Pro」を数日使って感じたこと
「AirPods Pro」は、待望のアクティブノイズキャンセイリングに対応した。ノイズキャンセリングモードではかなりはっきりと環境音が消されるので、地下鉄で使えば、電車の走行音はほとんど気にならない。OSレベルでの連携によってスムーズに機能することもメリットだ。(2019/11/14)

電車の帰宅ラッシュを避けて新型「スカイライン」で家に帰ろう 日産自動車がユニークな試乗体験会を限定開催
高速道路に乗れば、手放し運転も体験できます。(2019/11/12)

ピアノ調律中に隣の部屋から……? 「ブッ」で大恥をかいた実話漫画に「電車で吹き出した」「笑った」の声
返しのセンスが素晴らしい。(2019/11/11)

「涙が出るほど笑った」「1人の時に見てはいけない」 猫ちゃんのイビキにエコーマイクを向けた動画が危険なほどの面白さ
電車内での閲覧はご注意を。(2019/11/1)

10年間で大幅に労働者が減少:
JR西、終電時間繰り上げ検討 労働環境の改善で 午後9時以降の乗客減も後押し
JR西日本は10月24日、終電時間の繰り上げ検討を開始したと発表した。終電から始発までの電車が走行しない時間に線路の保守などを行う従業員の労働環境改善が目的。JR西の発表によると、線路の保守作業には毎日100カ所以上で、1500人ほどの従業員が従事。土日に休みを取りにくかったり、深夜に作業したりすることから離職率も業界平均より高い。(2019/10/25)

貴重な機会を見逃すな! 電車を素っ裸にした「無ラッピング」列車が伊豆急に復活、東急時代を思い出す8000系を再現
東急8000系時代初期の状態を約7年ぶりに再現。(2019/10/25)

“都民の足”から観光へ、東京さくらトラム:
全長12キロの路面電車「都電荒川線」が10年先も走り続ける条件
東京の街を走る路面電車・都電荒川線(東京さくらトラム)。かつて都心で隆盛を誇っていた都電は、交通事情の変化でほとんどが廃止された。なぜ荒川線だけが残っているのか。利用者減、赤字が続く都電のこれからの活路とは?(2019/10/7)

この神出鬼没ぶり、まさに忍者!! 湖国を走る謎電車「SHINOBI-TRAIN」を探せ!
運行予定非公開の忍者電車。京都在住の筆者が2021年6月まで運行延長決定記念で飛び乗ってきました。(2019/10/2)

乗っている電車の運行情報をラジコアプリの画面で確認 ヤマハ「SoundUD」活用で
radikoとヤマハは、ラジコアプリに「街の情報」機能を実装すると発表した。ラジオを聞きながら、乗っている電車の運行情報やお店のクーポンなどを取得。スマホ画面で確認できる。(2019/10/2)

「道徳の単位足らずに留年してる人の集まりかよ……!!」 電車マナーのなっていない人たち描いた漫画に共感の声
みんなが心地よく過ごせるようマナーを守りましょう。(2019/10/1)

バスも電車もタクシーも 沼津を走る「ラブライブ!サンシャイン!! ラッピングバス」に新デザインの第4弾、9月25日から運行
巡礼歓迎ムード。沼津には実は、レンタカーもある。(2019/9/25)

進む高齢化、超過酷な労働環境:
京急踏切事故で垣間見えたトラックドライバー業界の「構造的な闇」とは
電車の乗客ら35人が負傷、トラック運転手1人が死亡した京急踏切事故。その背景に筆者が垣間見たのは極端に高齢化が進むトラック業界の闇だった。データや現場取材、自身のドライバー経験を踏まえ迫る。(2019/9/25)

【関西】南海電車の「普通」と「各停」……ん? 何が違うの? 関西私鉄の“珍名”列車種別 パート2
見なれた電車も、理由や背景をちょっと知るとなぜか愛おしく思えてきますよ〜。(2019/9/19)

「江ノ電は路面電車じゃない」 え? そうなの? 路面電車じゃないのに道路を走る、深い理由
江ノ島が見えてきた!(2019/9/13)

台風の影響で交通機関に乱れ Twitterでは「満員電車」「午後出社」など“出社関連ワード”がトレンド入り
勤勉な日本人。(2019/9/9)

電車で見たらいけないやつだ ウィル・スミス、オニツカタイガーコラボの“謎動画”が安定して元気が出る
さすが俺たちのウィル・スミス。(2019/9/6)

PR:さよなら満員電車、「テレワーク」の課題解決に挑むe-Janネットワークス
(2019/9/4)

「座席の座り方」「大声・音漏れ」「過度なリクライニング」……電車や飛行機でイラッ、中でも最も許せない行為は?
よくありますよねー。&自身も気を付けたいですね。(2019/8/23)

9月14日限定! 熊本県全域のバス、一部電車が終日無料に 大型商業施設オープン記念で
JR線などは含まれませんが、県内全域ってすごい。事業会社の垣根を越えた希有な取り組みです。(2019/8/21)

今日のリサーチ:
動画広告は電車内でどれほど見られているか――立教大学の学生とネオマーケティングが共同調査
ネオマーケティングは立教大学の学生と共同で「広告の影響力」についての調査を実施しました。(2019/8/20)

日中は1本も走らない 絶滅寸前と言われる昭和の通勤電車「103系」に乗ってきた
高度成長期の通勤電車の象徴。乗れなくなる前に乗りましょう!(2019/8/20)

「オーマイガー!」「え、ちょっとあれヤバない?」観光客びっくり仰天、お子さまギャン泣き! 嵐電名物「妖怪電車」に乗ってきました
ギャァァ! 「24分間途中下車できない」恐怖の電車……。乗りに行きたくなりますよぉぉぉ。【写真たっぷり42枚】(2019/8/13)

電車が結婚して子どもが生まれた!? 南海電鉄「めでたいでんしゃ」のキュンキュン恋物語
もう何てほんわかカワイイ電車なのでしょう。加太さかな線「めでたいでんしゃ」に乗ってきました。【写真たっぷり59枚】(2019/8/9)

「ライバルはスマホ」進化する電車の中づり広告
電車の中で目にする中づり広告。最近は奇抜な形をしていたり、触ってもらうことを前提として作られたりと、ユニークなものが次々と登場している。多くの乗客らの視線が常にスマートフォンに向けられていることが一因のようだ。「かつてほど、乗客に見てもらえない」との嘆きから、目線を上げてもらうために生み出されたアイデアの数々。中づりはどこまで進化するのか。(2019/8/7)

「ライバルはスマホ」進化する電車の中づり広告
電車の中で目にする中づり広告。最近は奇抜な形をしていたり、触ってもらうことを前提として作られたりと、ユニークなものが次々と登場している。多くの乗客らの視線が常にスマートフォンに向けられていることが一因のようだ。(2019/8/7)

そうきたか! E233系電車の「屋上クーラー型」iPhoneケース登場
冷却機能は残念ながらないそうです。あ、そうか。これは室外機だからだよ(違う)。(2019/8/2)

AIが電車の「混雑予報」、西武鉄道とヤフーが実証実験
西武鉄道とヤフーが西武線の混雑状況を予測する実証実験を行う。ビッグデータとAI(人工知能)を活用する。「混雑予報サイト」で見られる。(2019/8/1)

いっぱいいるぞぉぉ!! 「桜ミク」電車が運行開始 弘南鉄道大鰐線で2020年弘前さくらまつり終了まで
桜ミクのイラストでいっぱいです。【画像14枚】(2019/7/26)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。