ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  T

「Transmeta(トランスメタ)」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Transmeta(トランスメタ)」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

Transmeta、半導体企業へ身売り
身売り先を探していたTransmetaが、ビデオプロセッサを手掛けるNovaforaへの売却に合意した。(2008/11/18)

さようなら、Transmeta
Transmetaは革新的な技術を提供する興味深い会社だった。取材対象としては、時に奇妙な会社でもあった。(2008/9/26)

Transmeta、身売り先を募集
Transmetaは、株主価値を高めるために身売りを模索すると決定した。(2008/9/25)

Transmeta、主要株主から買収提案
TransmetaがRiley Investment Managementから買収提案を受けた。(2008/2/2)

Intel、Transmetaとの特許紛争で和解
Intelは2億5000万ドルを支払って、Transmetaから特許技術のライセンスを受ける。(2007/10/25)

頭脳放談:
第86回 Transmetaの事例に見る半導体とサービスの関係
TransmetaがAMDから「戦略的な」出資を受けた。その裏にTransmetaの挫折(?)が見て取れる。半導体がサービス産業となる日は?(2007/7/20)

AMD、Transmetaに出資
AMDが、事業再編を進めるTransmetaに、750万ドルの出資を行った。(2007/7/7)

Transmeta、赤字拡大
Transmetaの10〜12月期決算は、売上高は前年同期の約8割減、赤字幅も拡大した。先日発表された事業再編計画関連の費用の大部分は、翌1〜3月期に計上予定。(2007/2/28)

Transmeta、コア事業集中で人員削減
台湾と日本の販売・サポートオフィスも閉鎖する。(2007/2/6)

TransmetaのCEO交代
Intelと特許紛争中のTransmetaが、2月1日付で新CEOを任命した。(2007/1/18)

Transmeta、特許侵害でIntelを提訴
TransmetaはPentium III、Pentium 4、Pentium M、Core、Core 2を侵害製品として挙げ、販売差し止め命令を求めている。(2006/10/12)

AMDとTransmeta、「AMD Efficeon」販売契約
Transmetaの新興市場向けプロセッサを、「AMD Efficeon」としてAMDが販売する。(2006/6/6)

Transmeta、東芝に省電力技術をライセンス
NEC、富士通、ソニーに続き、東芝がTransmetaのLongRun2技術のライセンスを受けた。こうしたライセンス事業への転換で、Transmetaは売上高を147%拡大した。(2006/2/24)

Transmeta、Crusoe売却を取りやめ
Transmetaは香港のCulturecomにCrusoeラインを売却する契約を結んでいたが、技術輸出規制に関する理由から契約を終了した。(2006/2/10)

HP、新ブレードPCでTransmetaからAMDに乗り換え
Transmetaがプロセッサ製造をやめたことを受けて、HPは新ブレードPCにAMDの省電力Athlon 64を採用した。(IDG)(2005/11/8)

Transmeta、Crusoeを香港企業に売却
香港のCulturecomはCrusoe製品ラインを買い取るとともに、130ナノメートル版Efficeonの技術のライセンスを取得する。(2005/6/1)

インテルに排除勧告 他社製CPU不採用を条件にリベート
独禁法違反で公取委がインテルに排除勧告。PCメーカーがAMDとTransmeta製CPUを採用しないよう、リベートの支払いを約束し、競争を制限したと指摘。(2005/3/8)

Transmeta、ソニーに半導体向け省電力技術をライセンス供与
米Transmetaは、電力管理とトランジスタのリーク電流を制御して半導体製品の消費電力を削減する技術「LongRun2」をソニーに供与した。(2005/1/24)

Transmeta、再建計画を発表
Transmetaは知的財産と技術のライセンス事業に焦点を絞った再建計画を発表。同時に業界大手との交渉も進めているという。(2005/1/22)

Transmeta、省電力半導体技術「LongRun2」を富士通に供与
米Transmetaは省電力半導体製品向け技術「LongRun2」を富士通に供与する。同技術は3月にNECエレクトロニクスへの供与が発表されている。(2004/12/3)

「クロック2倍、消費電力は半分」の次世代Efficeon
90nmプロセスを採用した次世代Efficeonで、Transmetaは1GHz動作時の消費電力を従来の半分に抑え、さらに最速版のクロック速度を2GHzに倍増させた。(IDG)(2004/10/6)

LongRun2に望みをかけるTransmeta
プロセッサ事業を縮小して、ライセンス事業に力を入れなくてはならない可能性を示唆するTransmeta。同社が特に期待しているのは、既にNECに供与している省電力技術「LongRun2」だ。(IDG)(2004/8/24)

さらにパッケージ小型化――トランスメタ、Efficeon TM8620発表
トランスメタは、現行製品サイズ比較で46%縮小を実現する「Efficeon TM8620」、サウスブリッジチップセット「Uli M1563S」を発表した。(2004/6/2)

Transmeta、COMPUTEXに向けてアジアでのサポート強化
米Transmetaは中国の上海と韓国の城南市にオフィスを新設。また新しいマーケティング/PRパートナーとして、北京に事務所を持つTop Consultingと契約した。これは、台湾で6月1〜5日開催のCOMPUTEX Taipeiに合わせての発表。(2004/5/29)

HP、Efficeon搭載のブレードPC発売
Hewlett-Packard(HP)は、「HP Blade PC bc1000」を北米で発売。bc1000はTransmetaのEfficeon 8000プロセッサを搭載する。価格はブレード当たり820ドルから。北米以外の地域でも、追って発売するとしている。(2004/4/27)

Transmeta、赤字続くもEfficeonの進展強調
Transmetaの1〜3月期決算は520万ドルの売上高に対し2340万ドルの純損失を計上。だが10〜12月期との比較では44%の増収で、マシュー・ペリーCEOは、その要因として「シンクライアント分野での需要拡大とEfficeonの採用が進んだこと」を挙げている。(2004/4/16)

Transmeta、トランジスタの低消費電力技術「LongRun2」をNECに供与
90ナノプロセス以降の半導体にも対応した省電力化技術「LongRun2」。ライセンス供与を受けたNECエレは2005年から、モバイル機器にLongRun2を搭載する。(2004/3/25)

Pentium M搭載ノートのライバルとなるか――Mebius MURAMASA PC-MM2-5NE
シャープのノートPC「Mebius MURAMASA PC-MM2-5NE」はTransmetaのEfficeonを搭載するノートPCだ。Pentium Mの対抗馬として登場したCPUだが、その実力のほどを検証してみたい。(2004/1/22)

Transmeta、昨年は赤字縮小。今年はシンクライアントに期待
2003年通期では、赤字幅が前年の1億1000万ドルから8730万ドルに縮小。「Efficeon関連の売り上げも出始め、2004年の発展はモバイル機器とシンクライアント市場にかかっている」とマシュー・ペリーCEO。(2004/1/17)

頭脳放談:
第41回 Transmetaの未来はブレード・サーバにある?
ノートPC向けプロセッサベンダーとして一時話題をさらったTransmetaが新プロセッサ「Efficeon」を発表した。このプロセッサのターゲットは?(2003/10/24)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。