ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「家庭教師」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!予備校・塾・家庭教師→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で予備校・塾・家庭教師関連の質問をチェック

「AIで勤怠監視」厳格!リモート教習
AI(人工知能)による本人認証・勤怠監視システムが認可され、自動車教習所の学科教習への導入が始まった。(2021/7/19)

「AIで勤怠監視」 自動車教習への導入始まる
AIによる本人認証・勤怠監視システムが認可され、自動車教習所の学科教習への導入が始まった。ITによる生活や経済の進化・発展を目指すDX(デジタルトランスフォーメーション)が国をあげて推進される中、今後の活用の可能性は幅広い。(2021/7/19)

山市良のうぃんどうず日記(206):
1年ぶりのWindows 10 PCのメンテナンス、注意すべきポイントはどこ?
コロナ禍の中、1人暮らしの大学生の子どもはもう1年以上帰省していませんでしたが、春休みに数日間帰ってきました。ちょっと気になっていたのは、筆者が購入し、セットアップして渡したノートPCの状況です。結論から言うと、Windows 10、ブラウザ、Microsoft Officeアプリ、セキュリティソフトなどの更新状態は期待通り、最新状態が維持されていて問題なしでした。でも、ディスクの空き容量が……。(2021/5/12)

PR:テレワークで従業員が交流不足に…… 専門家が解消法を伝授 適切なPC選びがコミュニケーションを助ける
(2021/3/24)

「電波少年」の坂本ちゃん、88キロの激太り姿に衝撃の声「別人になってる」「今こんなんなんか。。。」
もう54歳なんだ……。(2021/3/15)

【中二病で包帯を巻いていた人インタビュー】中学校に「手首に紋章を描いて、包帯で隠すプチブーム」がやってきた理由
中学生のお財布事情と校則とカッコよく感じるものを考えると、意外と合理的……?(2021/4/8)

ゼロから「副業」始めるなら何がいい? 「副業に使えるサービス」をギャルとJKが漫画で紹介
スマホでお小遣い稼ぎ。(2021/1/20)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
2021年は「呪術廻戦」が“ネクスト鬼滅” 「〇〇の呼吸」はもう時代遅れに?
若年層の関心について検討を深めると、2021年は鬼滅の刃でよく用いられた「○○の呼吸」や「全集中」といったワードが、「領域展開」という決めゼリフに置き換えられつつあることが分かった。今回は、「領域展開」という“謎の単語”の理解を深め、21年のトレンドを確認したい。(2021/1/1)

ねとらぼ都市伝説調査班:
【中二病で包帯を巻いていた人インタビュー】「強キャラ感」に憧れて包帯登校デビュー→1カ月でやめちゃった“素朴で大事な理由”
カッコいい以上に大事なものが、そこにある。(2021/1/13)

意味がわかると怖い話:「犬の埋葬」
夜にかかってきた1本の電話。(2020/10/18)

「何で勉強してンだ?」「やンなくていいぞ夏休みの宿題」 見た目は殺し屋で型破り、“人見知り専門家庭教師”の漫画が刺さる
“人見知り専門家庭教師”の坂もっちゃんは大事なことを教えてくれる。(2020/9/16)

「いいかまた呼び出すからな!?(ぴえん)」 人の心が「絵文字」で見えるようになった女子の漫画が面白い
ヒロイン(メガネ男子)の絵文字がかわいい。(2020/7/23)

2020年5月のアルバイトの平均時給は前月比、前年同月比ともに減 エリアや職業により時給の増減に開きも
職種別では「飲食」「販売」「建築」などで時給が減少傾向に。(2020/6/12)

ジャンプアニメ「ワンピース」「ドラゴンボール」「ボーボボ」など80作品以上が無料公開へ 最新アニメも配信予定
ありがとう集英社!(2020/3/19)

水平思考(ねとらぼ出張版):
「いきなりメラゾーマ」の衝撃 『ダイの大冒険』をあらためて読んで分かった「漫画のドラゴンクエストを作る」ということ
なぜ『ダイの大冒険』は「ドラゴンクエスト」の漫画化としてここまでの成功を収めることができたのか?(2020/3/14)

原作漫画が完結の『五等分の花嫁』、テレビアニメ第2期が10月から放送決定!
ティーザービジュアルと&PVも公開!(2020/2/19)

家庭教師の生徒は「上から目線のレベル高い子」→まさかのガチ高レベルが現れる漫画にドキドキが止まらない
CV:朴ロ美さんでお願いしたい。(2020/2/18)

「パラサイト 半地下の家族」ネタバレなし全力レビュー 可及的速やかに映画館に行ってくださいと懇願するしかない5つの理由
ネタバレ厳禁の大傑作韓国映画「パラサイト 半地下の家族」の面白さがどこにあるのか、全力で解説しよう。(2020/1/10)

今日のリサーチ:
米国における年間検索トレンド――Yext調査
米国における1年間の検索トレンドを各業界のトピックで振り返ります。(2019/12/18)

就活も授業もバイトもこなし、自由に生きる娘にコンプレックスを抱く母親「テレフォン人生相談」先週のハイライト
「ダーツバー」を知らない3人によるボンヤリ相談。(2019/12/9)

女子と労働:
「趣味がないから、働くことを趣味にしたかった」霞が関で20代を過ごした女性職員が、国家公務員を辞めた理由
趣味がなくても、仕事はできる?(2019/11/23)

アニメーターが1日500人規模の海外アニメイベントに行ってみた ドイツのアニメファンに触れてみて
1日500人、3日間で1500人程度を動員するイベント「アニメフェスティバル・フライブルク」の様子をお届け。(2019/11/9)

低きにありて、高きを思う:
ジブリ鈴木敏夫が語る――宮崎駿に『風の谷のナウシカ』を連載させた『アニメージュ』初代編集長の「型破り人生」
スタジオジブリのプロデューサーとして、宮崎駿作品をはじめとするアニメーション映画の制作に尽力している鈴木敏夫氏。その鈴木氏が大きな影響を受けたのが徳間書店時代の上司である故・尾形英夫氏だ。尾形氏は宮崎駿氏に『風の谷のナウシカ』を連載させた『アニメージュ』の初代編集長。尾形氏の型破りな生き様を鈴木氏が大いに語る。(2019/10/1)

「やりたいこともねーのに、やりたくもねー勉強頑張ってたのかよ」―― 顔は怖いのにやさしい「人見知り専用家庭教師」の漫画が胸を打つ
この男、あなどれない……!(2019/9/11)

最終回直後「あなたの番です」何もかにも大ハズレ推理反省会 だが衝撃のラスト「車椅子」の謎を大胆考察してみる
「予想を裏切ってくれるという予想」を裏切った展開!(2019/9/9)

19話直後考察「あなたの番です」黒幕は二階堂でも黒島でもない説 「ゾウさんですか、キリンさんですか」本当の愛が試される最終回を大胆推理
ラスト、二階堂の衝撃の行動! その真意を考察する。(2019/9/2)

オタクたちがただ『五等分の花嫁』について語り合うだけの回
5人のヒロインが大人気の同作。5人のオタクが「推し」と「誰が花嫁か」について語った。(2019/9/1)

ポン・ジュノ監督「パラサイト」、予告編とポスター公開 オリジナルポスターとの違いに注目集まる
「殺人の追憶」「スノーピアサー」などで知られるポン・ジュノ監督。(2019/8/31)

18話直後考察「あなたの番です」田宮と黒島のアリバイに疑惑? 菜奈ちゃんのパズルのピースに隠されたモノの正体を推理
最終回に向けて犯人当てダービー開催!(2019/8/26)

「とにかくうたい文句と違う」 給与未払いの白鳥エステ、エステスクールでも問題が起きていた
白鳥エステことHSbodydesignの問題点は、従業員の待遇だけではありませんでした。(2019/8/16)

大前研一大いに吠える!【後編】:
大前研一が息子たちに施した「21世紀型教育」とは?――「先生の言うことを聞くのよ」と言ってはいけない
大前研一が勉強しない日本人について大いに吠える!(2019/8/9)

「家庭教師のトライ」が学力診断にAI活用 20問解くだけで弱点を推定 生徒と講師の負担減らす
トライグループは、AI開発を手掛けるギリアと共同で、生徒の学力を1科目につき10分で正確に測定できるアプリを開発したと発表。短時間で生徒の学習状況が把握できるため、指導者は個人にあったオーダーメイドの教育プランを素早く作成できる。(2019/8/6)

元日銀マン・鈴木卓実の「ガンダム経済学」:
ハロが誤作動したら? スペースコロニーの行政とは?――ガンダム世界の“社会問題”を分析
スペースコロニーなどガンダム世界のSFが現実味を帯びてきた。例えばハロが誤動作したら誰が責任を取る? 社会科学の見地からリアルに分析。(2019/7/30)

知花くららが第1子妊娠、笑顔ショットで幸せ報告 夫・上山竜治「身が引き締まる思いです」
おめでとうございます!(2019/5/29)

元日銀マン・鈴木卓実の「ガンダム経済学」:
天才ギレン・ザビの失敗から学ぶ 宇宙世紀で生き残れる意外な“スキル”とは
宇宙世紀ではニュータイプなどの才能が活躍。ただ、ギレン・ザビはじめ必ずしも天才が生き残れる訳ではない。真に必要な“スキル”とは?(2019/5/29)

AIが学生の質問に答える
近畿大学が導入した「バーチャルTA」とは? 多忙な教員やTAを楽に
近畿大学は、JIECの問い合わせ返答サービス「manaBrain」を使ったバーチャルティーチングアシスタント(V-TA)を導入した。講師とTAの業務負担軽減や、時間を問わない受講生の疑問解決に効果が見られたという。(2019/5/16)

元日銀マン・鈴木卓実の「ガンダム経済学」:
フル・フロンタルが夢見た「サイド共栄圏」の実現可能性
赤い彗星・シャアの再来と呼ばれるフル・フロンタル。月やコロニーでブロック経済を形成する「サイド共栄圏」を目指した。意外なその実現可能性と、末路は?(2019/4/25)

元日銀マン・鈴木卓実の「ガンダム経済学」:
ハマーン・カーンの栄光と凋落に見る組織運営の要諦
ネオ・ジオンの若き指導者、ハマーン・カーン。彼女は組織運営にいかに成功し、そして失墜したのか。人口動態やガバナンスの観点から探る。(2019/3/25)

元日銀マン・鈴木卓実の「ガンダム経済学」:
「赤い彗星」のシャアはなぜスピード出世できたのか?
ガンダムの世界において、地球連邦軍とジオン軍は、同じ軍隊という組織でありながら、パイロットの評価も昇進の早さもまるで違う。“赤い彗星”の異名を持つジオン軍のエース、シャア・アズナブルはなぜスピード出世できたのだろうか。(2019/2/5)

地に落ちた政府統計:
元日銀マンが斬る 厚労省の統計不正、真の“闇”
厚生労働省の「毎月勤労統計」が炎上している。これに関する不正をかばうものはいないだろう。誰の目に見ても明らかな不正である。しかしこの問題には深い「闇」があるのではないかという。(2019/1/17)

中小企業の淘汰が進む恐れも:
学習塾の倒産、18年は過去最多 少子化・人手不足で悪循環 「バイト学生の卒業」が追い打ち
2018年に発生した学習塾の倒産は、過去最多の35件だった。その他の業態でも倒産が多発しており、18年に発生した教育関連事業者の倒産はリーマンショック後の09年に次いで多い計91件だった。調査を担った帝国データバンクの担当者に、塾の倒産が続いている要因を聞いた。(2019/1/9)

元日銀マン・鈴木卓実の「ガンダム経済学」:
ジオンの国力増強策から我々が学ぶこと
前回に続き、ガンダムの世界に登場するジオン公国とその系譜を題材に「国力」について考察する。まずは、ジオンの資源から見ていこう。(2018/12/19)

ヒプマイのコミカライズが“解釈違い”→誰も解釈できなかったアニメ「カブトボーグ」が10年以上の時を経て再発掘されてしまう珍事に発展
タカラトミー「2018年末にカブトボーグがトレンド入りは草」。(2018/12/18)

元日銀マン・鈴木卓実の「ガンダム経済学」:
ジオンとその系譜に見る、「国力」とは何か?
我々はしばしば「国力」という言葉を使う。国力とは、GDPといったフローの経済指標だけでは測れず、保有する資源や資産というストックも含めた、広い概念なのだ。そこで今回は、ガンダム作品の敵役であるジオンとその系譜を題材に、国力について考察する。(2018/12/10)

元日銀マン・鈴木卓実の「ガンダム経済学」:
ガンダムの「姫」、セイラ・マスはなぜ投資で成功できたのか?
「機動戦士ガンダム」に登場するセイラ・マスは、かつて医学の道を目指していたが、後に投資で活躍していることが明らかになる。彼女はなぜ投資で成功できたのだろうか? さまざまな視点から分析しよう。(2018/10/30)

元日銀マン・鈴木卓実の「ガンダム経済学」:
ガンダムの月面企業、アナハイム・エレクトロニクスの境地
ガンダムの世界の中では、月も大きな存在感を発揮する。連載「ガンダム経済学」第2回目は、月面都市「フォン・ブラウン」と、その地における最大企業、アナハイム・エレクトロニクスの経済活動に焦点を当てたい。(2018/10/10)

「Amazon Alexa」が新入生を助ける
AIが家庭教師や参考書の役割を果たす 教育機関でのAI活用の実態は?
AI技術の教育機関での利用が進みつつある。その用途は学習メニューの提供から入学プロセスの自動化まで多岐にわたる。技術は教師と生徒にどのような効果をもたらしたのか。(2018/9/25)

【新連載】元日銀マン・鈴木卓実の「ガンダム経済学」:
ガンダムの宇宙世紀でインフレは起きたのか?
来年にアニメ放送40周年を迎え、今なお人気が衰えない「機動戦士ガンダム」。こうしたSFの世界において政治の駆け引きが描かれることはよくあるが、その世界の経済に関する視点はあまり例を見ない。新連載「ガンダムの経済学」では、日銀出身のエコノミストがさまざまな側面からガンダムの世界の経済を大胆に分析する。(2018/9/20)

既成の枠にとらわれず:
新たな皇室の時代築いた天皇陛下、戦争と向き合った在位
政治には関与できないが、天皇陛下は、日本の戦争について理解の幅を広げた、と専門家は評価する。これは、日本人がその名の下に戦い「現人神」とされた昭和天皇のレガシーからの決別でもあった。(2018/8/14)

プログラミング未経験者も:
アイデミーがオンライン講座でデータ分析コースを開始、機械学習の予測をモデル作成
アイデミーは、AIプログラミング学習サービスに「データ分析コース」を追加した。データの取得から、前処理、可視化、予測モデルを作成するまでの工程を学べる。条件を満たした受講者には、受講料を全額キャッシュバックする。(2018/8/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。