ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ユニファイドストレージ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ユニファイドストレージ」に関する情報が集まったページです。

既存の課題も同時に解決:
PR:ほぼ初心者の“ひとり情シス”はストレージのリプレースをどう乗り越えたのか
サボハニの“ひとり情シス”に、サーバとストレージのリプレースという大仕事が降ってきた。既存のさまざまな問題も解決しなければいけない中、インフラの“初心者”がいかにしてこのピンチを乗り越えたのかを本人が語る。(2019/10/18)

電話機2万6000台の通話データを高精度にテキスト化 分析基盤と連携活用も――野村證券、日立の音声テキスト化システムを導入
野村證券は、日立の音声認識技術を活用した音声テキスト化システムを導入。営業店と本社で利用する電話機約2万6000台分の通話録音データを、雑音に強い音声認識エンジンによって高精度かつ高速にテキスト化する。テキスト化したデータは、対応品質の向上やサービス改善に活用する。(2018/12/20)

ファイル、ブロック、オブジェクト
いまさら聞けない「SAN」と「NAS」 アーキテクチャで読み解く、その違いとは
なじみ深いSANとNASだがその違いを明確に理解できているだろうか。本稿では扱うデータの種類やアーキテクチャの観点から違いを読み解いてみる。新たに台頭するさまざまなストレージたちについても紹介するので参考にしてほしい。(2018/12/14)

Dell EMC提供ホワイトペーパー
使いやすさ&低コストが2大要件、中堅企業に適したオールフラッシュの選び方
中堅中小企業のストレージ選定では、パフォーマンス、信頼性、スケーラビリティに加え、「使いやすさ」と「低コスト」の2つも重要な要件となる。それらを踏まえ、ミッドレンジ市場向けフラッシュストレージの最適解を探る。(2018/11/26)

EMCジャパン株式会社提供ホワイトペーパー
SAN、NAS、VVOLを統合。中堅・中小企業のデータ肥大化を救うストレージの姿
企業で扱うデータ量の増大に伴って、ストレージ環境の構築も複雑化しやすくなっている。そこで性能面で安心なオールフラッシュ構成、かつシンプルなユニファイドストレージを実現できる製品が注目される。(2018/7/10)

NEC、フラッシュメモリ対応を強化した「iStorage M シリーズ」の新製品4機種と「性能分析サービス」を発表
NECは、ユニファイドストレージ製品「iStorage M シリーズ」の新製品として、HDD/SSDハイブリッドモデル3機種と、オールフラッシュモデル1機種を発売。併せて、ストレージの性能分析と問題点の改善策を提案する「iStorage性能分析サービス」の提供も開始した。(2018/6/8)

高い技術力と確かな品質管理が生む競争力
他社ストレージからのリプレースが急増中、なぜファーウェイが選ばれるのか
ストレージはまだコストも高く、ミッションクリティカルな業務だとなおさらだ。コストメリットと性能を両立した「新しい選択肢」、ファーウェイのストレージの魅力とは。(2018/4/17)

老舗納豆メーカーのマルキン食品、ストレージ基盤をDell EMCファミリーで強化
熊本のマルキン食品は、「Dell EMC Unity」と「Dell EMC Data Domain」を導入し、基幹業務用ストレージ基盤を刷新した。(2017/6/29)

「フラッシュファーストは終わり」、Dell EMCストレージ戦略の全貌:
PR:ストレージの面倒を排除した製品、それがUnityだ
オールフラッシュストレージを「今すぐ使いたい」、あるいは「今後活用していきたい」。だが、製品の性能や機能、運用方法を検討し、用途と照らし合わせなければならないことが利用の障壁となっているなら、Unityを選択していただきたい。(2017/4/19)

SDxのおかげ?
ベンダーロックインでOK、ハイパーコンバージドを選ぶユーザーの本音は?
コンバージドインフラやハイパーコンバージドインフラは多くの場合、1社のベンダーによって構築される。それに伴うベンダーロックインへの懸念はどの程度あるのだろうか。(2017/3/15)

ビッグデータ時代の課題を一刀両断!:
PR:“ストレージ維新”の到来を予感させるSDSアプライアンス、レノボ「DX8200シリーズ」の実力は
レノボ・ジャパンが2016年6月に開発意向を表明したSDS(Software-Defined Storage)アプライアンス「DX8200シリーズ」の出荷が開始された。市場では、これまでのストレージの概念を大きく変える製品として注目されている。(2016/12/7)

PR:ニーズに適したSDSを急いで導入したい――製品選定と導入検証の課題、解決策は
ビッグデータ時代のストレージとして注目を集めるSDSだが、搭載するソフトウェアによって特長が異なり、自社に最適な製品選びが難しいのが現状だ。また導入時の動作確認に手間と時間がかかる点も、情報システム部門泣かせといえるだろう。こうした課題を解決するためにレノボが提供を開始するStorSelectプログラムは、企業にどんなメリットをもたらすのか。(2016/9/12)

VSPのNAS化オプション、運用作業自動化ソフトウェアなど:
日立、ディスクアレイシステム「Hitachi Virtual Storage Platform ファミリー」を強化
日立製作所は、ディスクアレイシステム「Hitachi Virtual Storage Platform」を強化。ファイルデータ管理機能を追加する「NASモジュール」とソフトウェア2製品の販売を開始した。(2016/8/3)

日立、ミッドレンジストレージにオプション追加 クラウド連携モジュールや運用自動化ソフト
日立がミッドレンジ向けストレージプラットフォーム製品を“ユニファイドストレージ化”するモジュールをオプションに追加した。運用自動化やインフラ構成の監視や性能分析を行うソフトウェアも同時に発売する。(2016/8/2)

日産自動車やライオンが説く:
PR:ビジネスのスピードを加速するITシステム最適化の最前線
企業活動での変化とスピードの重要性がますます高まる中、旧来のITシステムを見直して最適化することが求められる。ITmedia エンタープライズ主催セミナーでは日産自動車やライオン、日本ヒューレット・パッカード、サンディスクの専門家がその勘所を解説した。(2016/5/30)

製造ITニュース:
仮想化基盤を短期間で導入できるソリューションを発売
NECは、仮想化基盤の導入を検討しているユーザー向けに「仮想化簡易導入ソリューション」を発売した。(2016/2/3)

ファイル管理の新常識:
PR:“脱・ごみ箱ファイルサーバ”の切り札、NIAS×HP 3PARの実力を探る
社内文書の保管先としてファイルサーバを利用する企業は多いが、使う側に管理が任されることが多く、ややもすると“ごみ箱状態”になりがちだ。そんな管理面の課題を解決するのが、SCSKのデータライフサイクルマネジメント(DLM)ソリューションだ。(2015/11/25)

NEWS
急務のマイナンバー制度対応、NECは中堅・中小企業向けに「安心セット」を提供
NECは、2015年11月12、13日の2日間、東京国際フォーラム(有楽町)にて、同社の最新技術・製品を紹介する「C&Cユーザーフォーラム & iEXPO2015」を開催。展示内容から、マイナンバー対応に関する製品の一部を紹介する。(2015/11/12)

SSDなどのフラッシュストレージを業界団体SNIAメンバーが解説
読めば分かる! フラッシュストレージの基本
最近、普及が進む「フラッシュストレージ」。さらに深く理解するため、その種類や普及の背景、導入効果などの基本的解説をお届けする。(2015/10/6)

2016年度事業戦略を説明:
ネットアップと顧客のエンタープライズアーキテクチャー、「働きがいのある会社」の関係
ネットアップは2015年6月30日、2016年度事業戦略を説明した。このなかで同社は、「売り上げにつながらなくても顧客を助ける」取り組みを進めていくと強調した。(2015/7/2)

OpenStack環境のストレージ選定ポイント【第2回】
OpenStackストレージ、主要5社の差別化ポイントをまとめた
OpenStack対応のストレージ製品を提供する主要5社にフォーカスし、各社の開発貢献度や製品ラインアップ、特徴について紹介する。(2015/6/15)

二者択一で悩む必要はない:
PR:クラウドを最大限に活用するためのデータ管理とは
クラウド的なデータ管理がしたいが、クラウドサービス事業者に、自社のデータのコントロールを奪われたくない。そう考えるIT担当者は、従来型のストレージ製品と、クラウドサービスの二者択一となっている現状に悩んでいる。だが、実はよく見ると、それ以外の選択肢はたくさん出てきている。(2015/4/13)

VDI導入企業は何に課題を感じているか:
PR:VDIでオールフラッシュストレージ、導入後に「しまった」では遅すぎる
仮想デスクトップ(VDI)でオールフラッシュストレージを活用するケースが増えてきた。だが、運用開始後に、必ずしも想定していなかった課題が浮き彫りになることが多い。では、導入してから「しまった」ということにならないためには、何を考えればいいのだろうか。(2015/4/1)

利用部門任せで乱立していませんか?
IT部門の永遠の課題「ファイルサーバ管理」、ストレージとソフトウェアの組み合わせが実現する効率化とは
IT部門の悩みとなっているのがファイルサーバの管理だ。ファイルサーバはさまざまな部門が利用していて、容量管理などが煩雑だ。だが、最新ストレージとソフトウェアを活用することで管理工数を劇的に下げることができるのだ。(2015/2/17)

高度なBCP/DRなど機能が充実したストレージOS
最先端OS・技術から見えたストレージの未来像
今、急速な進化を続けている企業向けストレージ。こうした進化の過程を常にリードしてきたストレージOSの最新版から見えてくるストレージの未来像に迫る。(2014/12/22)

「業務」を軸に考えるクラウド時代のストレージ基盤:
PR:ストレージ基盤をマルチテナントなクラウドアプリケーション運用に最適化するには?
パフォーマンスを売りにしたオールフラッシュストレージ製品が人気だ。しかし、実務で必要になる、階層化やデータ管理、システム管理といった、導入に伴うシステム再設計や運用工数は? オラクルの提案する解決策が「FS1」だ。(2014/12/1)

非構造化データ向けストレージには新アーキテクチャが必要 IDC Japan
IDC Japanは、非構造化データ向けのストレージ容量の急激な増加を受けて、国内非構造化データ向けストレージシステムの需要動向分析を実施、その結果を発表した。(2014/8/5)

BS500×Brocade VDX スイッチ 導入事例:
PR:「BladeSymphony」と「Brocade VCS ファブリック」でサーバ仮想化の効果を最大限に引き出すネットワークを構築
三協立山株式会社はシステム基盤強化のため、日立の統合サービスプラットフォーム「BladeSymphony BS500」と10Gbps DCBスイッチモジュールを採用。さらに、革新的な「Brocade VCSファブリック」を利用することで、従来の2倍以上の帯域を実現。運用性とコスト低減を両立させた。(2014/5/12)

NEC、基幹システムや統合基盤向けストレージを発売
様々な種類のデータを一元的に管理できるユニファイドストレージの新モデルを発表した。(2014/4/15)

Japan Storage Vision 2014レポート:
PR:企業のデータ管理とストレージ、最新動向はこれだ
第3のプラットフォーム(クラウド、ビッグデータ、モビリティ、ソーシャル技術)の台頭によるITインフラの変革が、企業におけるストレージ・ニーズをも大きく変化させようとしている。IDC Japanが2014年2月に実施したイベント「Japan Storage Vision 2014」の講演から、企業におけるストレージとデータ管理の最新動向をレポートする(2014/3/10)

2014年 新春インタビュー特集:
ビッグデータでITの新たな価値を生み出していく――日立製作所
大規模な組織改変を通じてビッグデータなどの事業に注力する日立製作所。2013年に感じた市場の変化と今後の事業展望とは。同社ITプラットフォーム事業本部 事業統括本部長の橋本崇弘氏に聞く。(2014/2/14)

PR:30分で復旧できるDR環境を! 清水建設が刷新した基幹系システム基盤とは
東日本大震災以降、BCP策定を最重要課題に挙げていた清水建設。そうした中、日立のストレージ先進技術とVMwareによる仮想化技術を活用してデータベース基盤を刷新。データロスのないディザスタリカバリと処理能力の高速化を実現した。(2013/12/10)

富士通ストレージ開発のキーマンに聞く:
PR:“世界最高クラス”の性能を実現した「FUJITSU Storage ETERNUS DX S3 series」の中身とは?
富士通の最新ストレージシステム「FUJITSU Storage ETERNUS DX S3 series」と基盤ソフトウェア「FUJITSU Storage ETERNUS SF 16」に込められた開発者の狙いとは何か? アイティメディア エグゼクティブエディターの三木泉が、“世界最高クラス”の性能の中身に迫った。(2013/11/25)

フラッシュモジュールを搭載したミッドレンジ向けストレージを発表 日立製作所
日立製作所は自製するフラッシュドライブを搭載したストレージ新製品を提供開始した。(2013/11/13)

ソフトウェアも刷新:
ストレージ装置向けフラッシュメモリ、日立が大容量化
日立製作所は、フラッシュメモリを採用したストレージ装置と関連ソフトウェアの提供を開始した。フラッシュメモリモジュールの容量を1.6Tバイトまたは3.2Tバイトに高め、専用制御ソフトウェアも刷新してアクセス性能を高めた。(2013/11/13)

日立のDB製品「HADB」が業界標準ベンチマークで新記録 初の“100テラバイト級”に
日立のデータベース製品「HADB」が、DBシステムのベンチマークテスト「TPC-H」で世界で初めて“100テラバイト級”として認定された。(2013/10/21)

遠隔での管理・制御などができる企業向けファイル共有サービス、EMCジャパンが提供
EMCジャパンは、企業向けオンラインファイル共有サービス「EMC Syncplicity Enterprise Edition」を提供開始した。(2013/9/30)

ホワイトペーパー:
業務システムクラウド化の不安を解消する「持たないプライベートクラウド」とは
可用性やセキュリティ、パフォーマンスを懸念してなかなか業務システムのクラウド化に踏み込めない企業は多い。クラウドサービスの要といえるストレージに焦点を当て、サービス選びのポイントに迫る。(2013/9/26)

EMC、ユニファイドストレージ「VNX」を強化 新技術で処理性能を4倍に
EMCジャパンが、ユニファイドストレージ製品「VNX」シリーズを刷新。マルチコアプロセッサの性能を最適化する新技術の搭載などを通じ、従来モデルと比べて大幅に性能を強化したという。(2013/9/6)

ストレージはフラッシュ活用の時代へ:
PR:先進の機能をオールフラッシュで活用するストレージ基盤とは?
ITプラットフォームの高性能化や、ビッグデータなどの高速データ解析への期待が高まる中、システムの要となる記憶媒体として、レスポンスやスループットが超高速なフラッシュメモリの需要が拡大している。日立は、先進の仮想化機能を備えたユニファイドストレージ「Hitachi Unified Storage VM(以下、HUS VM)」にHUS VM向けの日立独自開発のフラッシュモジュール「Hitachi Accelerated Flash(以下、HAF)」を採用したオールフラッシュモデル「Hitachi Unified Storage VM all flash(以下、HUS VM all flash)」を開発。ビジネス分野で迅速なデータ活用を可能とし、新たな価値創出を支援するという。(2013/9/3)

今後のストレージはクラスタ構成が当たり前:
ネットアップ、「clustered Data ONTAP」新版で性能・機能を底上げ
ネットアップは7月11日、同社ストレージの最新OS、「Data ONTAP 8.2」の国内販売開始を発表した。拡張性を向上するとともに、きめ細かなクラスタ構成機能や高度なQoS機能を搭載。ビジネスとしてのクラウドストレージサービスにも使いやすくなっている。(2013/7/11)

日立製作所、オールフラッシュ構成が可能なストレージ新モデルを発売
日立製作所は、ユニファイドストレージ「Hitachi Unified Storage VM」向けフラッシュモジュールを製品化し、グローバルで提供を開始した。(2013/7/11)

ホワイトペーパー:
クラウド環境に向けてユニファイド・ストレージが選ばれる5つの理由
本格的な普及期を迎えたサーバ仮想化の次のステップとして、多くの企業がプライベートクラウドに向けた変革を進めている。そんな中、現状のストレージのさまざまな課題が指摘され、それらを解決できるストレージに関心が集まっている。(2013/7/4)

エンタープライズディスクストレージ製品紹介:NEC
仮想化環境の必須要件を満たすミッドハイストレージ「iStorage M700」
NECが2012年11月に販売開始した「iStorage M700」は、SSDの二次キャッシュやキャッシュ分割機能など、クラウドや仮想化との親和性を高める機能を備えたミッドハイモデルストレージだ。(2013/7/2)

ホワイトペーパーレビュー
ストレージ環境の刷新事例を紹介した3つのホワイトペーパー
企業ITを取り巻く環境が変化する中で、あらゆる要件に柔軟に対応できるストレージ基盤が求められている。自社のストレージ基盤を改善した事例を紹介する。(2013/6/25)

NECがストレージ新製品、SANとNASの対応強化
SAN対応ストレージ「iStorage Mシリーズ」のNASオプション製品「と、エントリー向けNASシリーズの新製品「iStorage NS500Rd」を発売した。(2013/5/15)

ストレージ業界の2013年を占う【後編】
「SDS」とは? ストレージを語る上で欠かせない3つの最新キーワード
ストレージ分野では毎年さまざまな技術やアプローチが登場する。中でも、2013年の業界動向を語る上で重要な3つのキーワードがある。(2013/4/15)

スループットはHDDの10倍以上:
PR:既存アプリは触りたくない! DB高速化の本丸「Oracle RAC on SSD」を徹底解剖する
データベース性能のボトルネックとなりがちなI/Oとストレージ。ここに焦点を当てて日立製作所が投入したのが「DB高速化ソリューション for Oracle RAC on SSD」だ。本ソリューションのもたらす威力について、日立でPFコンピテンスセンタ長を務める鬼頭昭氏に聞く。(2013/3/18)

導入事例:
群馬銀行、サーバ125台のサブシステムを仮想環境に統合へ
勘定系システムを除く125台のサブシステムを仮想化環境に統合し、ハードウェアコストの削減やシステム開発期間の短縮などを見込む。(2013/2/28)

仮想化環境のデータバックアップ 最適解の見つけ方(1):
仮想化環境のデータバックアップ 種類と特徴を整理しよう
仮想化環境でのバックアップにはどんな種類がある? 適用範囲は? 主要な手法とそれぞれのメリット・デメリットを整理しておこう。後半では、従来のバックアップの常識を覆す機能を持ったツール類にも言及する。(2012/11/21)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。