ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  U

  • 関連の記事

「USTR(米通商代表部)」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「USTR(米通商代表部)」に関する情報が集まったページです。

トランプ大統領、15日に予定していた中国への“iPhone関税”発動を停止
ドナルド・トランプ米大統領が、12月15日の発動を予定していたスマートフォンやノートPCを対象とする中国への制裁関税を停止したとツイートした。貿易交渉で合意したため。9月に発動したスマートウオッチなどの関税も引き下げる。(2019/12/14)

Apple、新型Mac Pro用部品の輸入関税対象除外要請 トランプ政権に
Appleは、Mac Pro (2019) 用部品を輸入関税対象から除外するようトランプ政権に要請した。(2019/7/24)

40%から15%に:
中国、米国車関税引き下げへ 通商協議巡り電話会談
米政府当局者は11日、中国が米国製の自動車と自動車部品の輸入関税を40%から15%に引き下げることに同意したと明らかにした。(2018/12/12)

下げ幅は一時150円を超え:
日経平均は続落、TOPIX1年半ぶり安値 外部環境への懸念で
東京株式市場で日経平均は続落した。前日の米国株高を支えに買いが先行したが、英国のEU(欧州連合)離脱を巡る動きなど、不透明な外部環境が相場の重しとなった。下げ幅は一時150円を超え、2万1000円に接近する場面があった。TOPIXは年初来安値を更新。取引時間中としては2017年6月以来、1年半ぶりの安値を付けた。(2018/12/11)

トランプ大統領「Appleは中国関税の影響が嫌なら国内で製造するがいい」とツイート
Appleが米通商代表部に送った、トランプ政権が検討している対中関税が製品の販売価格上昇につながるとして再検討を求める書簡について、トランプ大統領は「それなら製品を国内で製造すればいい」とツイートした。(2018/9/10)

現在の対策は「逆効果」:
米中貿易摩擦の激化、米半導体業界は懸念
米国のドナルド・トランプ大統領は、500億米ドル相当の中国製品に25%の関税を課すと発表した。同措置の対象には半導体サプライチェーンの製品も多く含まれることから、業界アナリストや市場関係者は懸念を示している。(2018/7/5)

課税などの対抗措置へ:
中国への警戒を強める米国、半導体産業を保護する動き
米国で、半導体産業の強化を進める中国に対する警戒が強まっている。米国が懸念しているのは、中国の半導体強化政策そのものではなく、その“進め方”だ。(2018/4/2)

SIAが即座に支持を表明:
米大統領、中国の取引慣行の調査を承認
米国のトランプ大統領が、中国の取引慣行に関する調査を承認する覚書を発表した。米半導体工業会(SIA)は、この発表に支持を表明している。(2017/8/21)

整備が間に合わないかも?:
ワールドカップ開催迫るブラジルの通信インフラ事情
「2014 FIFAワールドカップ」の開催まであと1カ月を切った。試合の様子などの情報を提供するのは報道機関だけではない。数百万人もの観客がSNSを使ってリアルタイムに動画や画像、コメントなどを現地から発信するだろう。ブラジルはネットワーク環境の構築を急ピッチで進めているが、問題も多いようだ。(2014/5/20)

Apple製品排除命令にオバマ政権が拒否権行使
AppleがSamsungの通信関連特許を侵害したとしてITCが6月に出したAppleの一部製品の販売差し止め命令を、60日のレビュー期間終了直前に米通商代表部が拒否した。(2013/8/5)

ビジネスニュース:
米ITCが「iPhone 4」などの輸入差し止めを決定、Appleが特許侵害と判断
米国際貿易委員会(ITC)は、Appleの一部の製品がSamsung Electronicsの特許を侵害しているとして、米国への輸入差し止めを決定した。これらの製品には「iPhone 4」「iPad 2」などが含まれている。米大統領がITCの決定を承認すれば、輸入差し止めが実施される。(2013/6/5)

米ITC、Appleの旧モデルiPhoneなどの販売差し止めを決定
AppleとSamsungが世界中で争う特許訴訟の1つで、米国際貿易委員会(ITC)がAppleに対し、AT&Tが販売するiPhone 4Sなどの旧モデルの販売差し止め命令を出した。Appleは異議を申立てるとしている。(2013/6/5)

Weekly Memo:
中国のIT情報強制開示 撤回の落とし所
中国政府が導入を計画しているIT製品の技術情報の開示を義務付ける制度をめぐって、日本政府などが撤回を求めている。はたして落とし所はどこにあるのか。(2009/5/11)

よりPythonicなPythonを目指して(前編):
Python 3が後方互換性を捨ててでも求めたもの
Python 3.0では、Python 2で書かれたスクリプトが動かなくなるような実装が行われた。なぜ、後方互換性を崩してまで大きな仕様変更を行ったのか。それは、PythonがよりPythonらしくあるためだ。(2009/1/31)

日米がEUをWTOに提訴――IT製品への高関税撤廃を要求
米国と日本が、欧州連合による液晶ディスプレイや複合型プリンタなどへの輸入関税撤廃を求め、世界貿易機関に訴えた。(2008/5/29)

半導体ウォッチ:
国内半導体業界に迫る衝撃の再編シナリオ
今回は、「世界で勝つためのニッポン産業の再編シナリオ」がテーマである。今回は「ニッポン産業乱世」時代を乗り切るために、日本企業が取るべき半導体業界の再編シナリオを提示しよう。(2007/12/17)

米通商代表部、知的財産権に関する年次報告書を公表
中国とロシアは知的財産保護の努力をさらに強化せよ――米通商代表部が特に両国に対し、努力強化を呼び掛けた。(2007/5/1)

RIAA、ロシアに違法音楽コピー対策強化を求める米議会決議を歓迎
ロシア政府に対して知的財産の違法コピー対策を強化するよう求める決議が米上院で可決された。全米レコード協会は、この決議をたたえている。(2005/12/28)

米ネット賭博規制にWTOが「ノー」、米国は控訴へ
(2004/11/11)

中国の半導体優遇税制問題が決着
中国が半導体の付加価値税(VAT)をめぐって国内生産を優遇しているとして、米国が是正を求めていた問題で、米中が合意に達した。中国は今後、新規のVAT還付認定は行わず、来年4月1日以降は、現在還付の対象となっている国産の半導体に対しても、VAT還付を中止する。(2004/7/9)

日本政府、米通商代表に「安易に政府間問題にするな」
先日、米通商代表が“日本のTD-CDMAの閉鎖性”を指摘した問題で、総務省は日本政府としてのコメントをとりまとめ、米国政府に伝達した。通信業界の動向を「安易に政府間の問題として持ち出すな」との文面が並んでいる。(2004/4/22)

米通商代表が「TD-CDMAの閉鎖性」を糾弾する理由
米通商代表はこのほど、年次報告書の中で日本のTD-CDMAをめぐる行政の“閉鎖性”を指摘した。背景には、新しい帯域の割り当てがどう進むかへの注目の高まりもある。TD-CDMAの現状と課題を、もう一度振り返ってみよう。(2004/4/9)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。