ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「植物原料」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「植物原料」に関する情報が集まったページです。

値上げの波:
揚げ物が大ピンチ! ロシアのウクライナ侵攻が引き起こす“植物性油ショック” 
ロシアのウクライナ侵攻を受けて原油価格が上昇しているが、価格高騰は食用油にも及んでいる。特に揚げ物や食品、日用品などに幅広く使われている植物性の「パーム油」は、トップ生産国のインドネシアが一時、禁輸に踏み切ったことで混乱を招いた。日本も値上げの波がさらに高くなる恐れがある。(2022/5/24)

産業動向:
下水道のグリーンイノベーションに向けて6技術を新たに採択
国土交通省は、2022年度に着手するB-DASHプロジェクトに2技術、下水道応用研究に4技術を新たに採択した。最初沈澱(ちんでん)池での下水エネルギー回収技術の技術実証事業や、省エネ型深槽曝気技術に関する実証事業などが選ばれている。(2022/5/17)

メカ設計メルマガ 編集後記:
プラスチック新法で求められる「環境配慮設計」は負担ではなくチャンス
避けては通れない「脱プラ」の流れ、そして「環境配慮設計」とどのように向き合うべきか。(2022/5/17)

今日のリサーチ:
SDGsの認知率は8割超に――電通調査
ビジネス層を中心に語られるバズワードであった「SDGs」が、4年間で一般層まで認知を広げています。(2022/5/14)

UAG製、タフネス仕様のGalaxy S22/S22 Ultra用ケースとスクリーンシールド発売
プリンストンは、URBAN ARMOR GEAR社Galaxy S22/S22 Ultra用ケースとGalaxy S22用スクリーンシールドを発売。クリアケースやドット柄ケース、5層構造ケースなどをラインアップする。(2022/4/22)

ホワイトチョコで雪を演出:
青いチョコで山肌を再現! シリーズの最新作「青い富士山チョコクランチ」が登場
富士山に関連したさまざまな商品を開発している富士山プロダクトは4月20日、富士山の山肌の青をイメージした「青い富士山チョコクランチ」を販売する。参考価格は1080円(6個入り)。(2022/4/14)

スターバックス、定番コーヒー豆を16年ぶり値上げ ラテ、フラペチーノなどの定番飲料も10〜55円値上げに
植物性ミルクを使ったメニューについては逆に価格引き下げに。(2022/3/22)

フラペチーノも:
スタバ、ドリンクとコーヒー豆を値上げ 4月13日から
スターバックス コーヒー ジャパンはコーヒー豆、およびコーヒー、ラテ、フラペチーノをはじめとする定番ビバレッジの価格改定を実施すると発表した。(2022/3/22)

フレッシュネスバーガー、ビーフパティを無料で「SOYパティ」へ変更可能に ビーフパティバーガー5種類が対象
3月16日からスタートです。(2022/3/16)

3月17日から首都圏で通信販売:
卵使わない卵商品「ほぼたま」 キユーピーが市販化
キユーピーは卵を使わず植物性の原材料だけで作った卵風の商品「HOBOTAMA(ほぼたま)」を3月17日から市販化する。(2022/3/14)

あの会社の「SDGs」:
“豆まるごと”でバカ売れ 新たな主食を目指したミツカングループの“ZENB ヌードル”とは?
ミツカングループのZENB JAPANが展開する「ZENB ヌードル」だ人気を博している。2020年9月に販売を開始し、22年3月までに累計300万食を突破した。その特徴とは?(2022/3/10)

クラフトボスは4000万ケースを記録:
「働く人の相棒」として進化を続けるBOSS 好調のワケは?
サントリーインターナショナルが22年の事業戦略を発表した。30周年を迎えるボスのさらなる売上を目指す。ラテ・ブラックを強化し、新商品を発売する。(2022/3/8)

医療技術ニュース:
洗濯しても剥がれ落ちない、抗菌性と抗ウイルス性を持つナノコーティング
東京大学は、植物性ポリフェノールと銀イオンから、付着性および抗菌、抗ウイルス性を両立する無色透明のナノコーティングを開発した。繊維などのさまざまな素材をコーティングでき、洗濯後もコーティングは維持する。(2022/3/1)

ロクシタンの名入れサービス「マイシア」が“推しのいるオタク”に最高 10色から選べるラベル&フリーメッセージで世界に一つのシアバターに
推し色で作ってみたい!(2022/1/31)

産業動向:
熊谷組らが国産バーク材原料の開発に成功、愛媛県でエネルギー循環システムを構築
熊谷組は、清本鐵工とともに、高品質なバイオマス燃料となる「ブラックバークペレット」を開発した。現在、地方自治体や地元火力発電事業者と連携し、地域特性に合わせて、ブラックバークペレットを用いた地産地消のエネルギー循環システムを展開している。(2022/1/28)

モスバーガー50年 進化するおいしさ求め、守り続けるDNA 中村栄輔社長
 社名の「モス(MOS)」は、Mountain(山)、Ocean(海)、Sun(太陽)の頭文字を取ったものだ。1972年3月、東京・成増にモスバーガーのパイロット店がオープンしてから50年。テリヤキバーガーなど日本人の味覚を意識した商品を生み出してきた。おいしさは日々進化するが、創業のDNAは次の50年も守り続けるという。 (中田達也)(2022/1/25)

PR:Windows 11時代はサステナビリティーでリーダーシップをとる――デル・テクノロジーズ
新OSの「 Windows 11 」が登場し、PC選びの基準が変わりつつある。その最新事情をPCベンダー各社に聞いた。まずはデル・テクノロジーズからだ。(2022/1/11)

九州エリアで販売:
カルビーポテト、袋で育てるじゃがいもを発売 10年以上かけたオリジナル品種
カルビーポテトは、栽培用種芋「ぽろしり」と共同開発したじゃがいもの土「ポテトバッグ」をそれぞれ売り出す。どのような商品なのかというと……(2021/12/16)

フードテックベンチャーが:
植物由来の「ゆで卵」のプロトタイプ 日本で初めて開発
フードテックベンチャーのグリーンカルチャーは、「植物性ゆで卵」のプロトタイプ開発に成功したと発表した。ゆで卵は味や形状の観点から開発が難しいという。(2021/12/6)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
安いだけじゃない 「トップバリュ」「みなさまのお墨付き」の隠れたヒット商品とは
イオンの「トップバリュ」や西友の「みなさまのお墨付き」といった低価格PB。単に安いだけではなく、独自商品が支持されヒットにつながっているケースもある。どのような商品が売れているのか。(2021/11/16)

3Dプリンタニュース:
Polymaker製3Dプリンタ用PLAフィラメントに4つの新色を追加、全18色展開に
サンステラは、Polymaker製3Dプリンタ用PLA(ポリ乳酸)フィラメント「PolyTerra PLA」の新色(ブラウン、アイス、ピーナッツ、サクラピンク)の販売開始を発表した。(2021/11/16)

「脱炭素社会実現の鍵に」:
積水化学、ペロブスカイト太陽電池を2025年事業化へ
積水化学工業は2021年11月11日、同社の製品/技術を通じた社会課題解決についてのオンライン説明会を開催した。説明会では「脱炭素社会実現の鍵になる」技術の1つとして同社が開発する「ペロブスカイト太陽電池」を紹介。同社社長の加藤敬太氏「非常に期待値の高い電池だ。実証実験を経て、2025年に事業化したい」と語った。(2021/11/12)

スタバの「ホリデーシーズン2021」は新作ビバレッジが続々登場 定番の「ジンジャーブレッド ラテ」も
「世界のスターバックスホリデーにふれて、つながろう」がテーマ。(2021/10/29)

プロジェクト:
感染症対策を施した延べ2.1万m2の賃貸オフィスビルが博多で竣工、鹿島建設
鹿島建設は、福岡県福岡市博多区で、同社が設計・施工を手掛けた賃貸オフィスビル「博多コネクタ」が竣工したことを公表した。(2021/10/14)

自動車業界の1週間を振り返る:
ダイハツがシリーズハイブリッド、コンパクトカーの電動化で選択肢広がる
電動化の話題に事欠かない自動車業界ですが、電動車の情報を扱うelectrekによるとここ最近、英国でEV(電気自動車)の中古車を調べる人が増加しているようです。原因はガソリン不足にあります。(2021/10/2)

材料技術:
日本精工が転がり軸受の保持器にバイオプラスチック採用、CO2排出量を90%削減
日本精工は2021年9月27日、転がり軸受向けに植物由来の樹脂(バイオマスプラスチック)を採用した保持器を開発したと発表した。(2021/9/28)

農水省、月面基地で“食料自給”へ 野菜や培養肉生産システム構築、委託先公募
農水省が、月面基地で食料の自給を目指すプロジェクトをスタート。委託先の公募を始めた。(2021/9/7)

ダイレクトな人々 第9回:
BAKE創業者の新たな挑戦「CHEESE WONDER」 酪農から始まる“発明的チーズケーキ”作りの舞台裏
話題のD2Cブランドと、そのオーナーの思想について考察するこの連載。第9回はチーズケーキブランド「CHEESE WONDER」のオーナーである長沼真太郎さんに取材しました。(2021/8/16)

企業努力を超えている:
雪印メグミルク「ネオソフト」を約10%値上げ 原材料の国際価格が大幅に高騰
雪印メグミルクは家庭用商品(バター群、油脂群、クリーム)の一部を10月1日の出荷分から値上げする。マーガリンや植物性脂肪ホイップなどの主原料となる油脂は、原材料の国際価格が大幅に高騰している。(2021/8/12)

バーガーキングが「植物性パティ2枚で野菜を挟んだバーガー」発売 ボリュームありそうで肉は大豆と野菜でできている
ヘルシー……なのかな?(2021/8/5)

100%植物由来の「シロノワール」登場 「KOMEDA is □」で販売
植物性の原料で作ったデニッシュパンに、豆乳のソフトクリーム。(2021/7/13)

CADニュース:
デル、モバイルワークステーション「Precision」に新ラインアップ5機種を投入
デル・テクノロジーズは、モバイルワークステーション「Precisionシリーズ」の新ラインアップとして、「Precision 3561」「Precision 5560」「Precision 5760」「Precision 7560」「Precision 7760」の5機種の販売開始を発表した。(2021/6/29)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
猫用おやつ「ちゅ〜る」はなぜ売れる? 飼い主も“やみつき”にする戦略に迫る
猫のペットフード「CIAO(チャオ)ちゅ〜る」がロングヒット中。ラインアップも増えており、きめ細かいニーズに対応している。開発の背景は?(2021/6/22)

6月30日に発売:
キユーピー、卵不使用の「卵商品」を開発 食感は?
キユーピーが国内で初となる「代替卵」を開発した。大豆を原料とし、スクランブルエッグのような見た目と食感を再現した商品になっている。2030年には世界中でたんぱく質が不足する「たんぱく質危機」に直面すると言われている。対策として植物肉が注目を集めているが、代替卵もたんぱく質危機の救世主になるかもしれない。(2021/6/10)

プラ削減:
カップヌードル「フタ止めシール」廃止 日清、環境配慮をアピール
日清が「カップヌードル」のフタ止めシールを廃止。プラスチック原料の使用量を年間33トン削減できるという。(2021/6/4)

バーガーキング「プラントベースワッパー」が期間限定で300円引き 世界環境デーに合わせた「みんなでビーフ愛護計画」で
これで未来が良くなる……のか?(2021/6/2)

サステナブル設計:
JINSがサングラスにバイオプラスチック素材を採用、新構造で分解・分別も容易に
ジンズは、サングラスブランド「JINS&SUN」において“同社初”となるフレーム部にバイオプラスチック素材を使用した新シリーズ「CLASSIC」の販売を開始した。従来のアセテート素材よりも微生物による生分解度が高いバイオプラスチック「M49」を採用。「木組み」から着想を得た丁番フロント構造によって、単一素材に分解・分別できる。(2021/6/1)

タイムアウト東京のオススメ:
稲毛海浜公園にオープンしたグランピング施設が革新的な6の理由
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2021/5/12)

ミールキットは出荷数7500万食:
売上高4割増 オイシックス・ラ・大地の松本浩平取締役に聞く「躍進の理由」
食品宅配大手のオイシックス・ラ・大地が、コロナ禍の長期化に素早く対応して会員数を大きく伸ばしている。消費者の巣ごもりニーズが高まる中で、2021年3月期は大幅な増収増益を見込む。同社の松本浩平・取締役経営企画本部長に、好調を維持できた販売戦略の狙いをインタビューした。(2021/4/28)

事例紹介:
今年ブレイクしそうな「アップサイクル」、どうやって活用しているのか
「アップサイクル」という言葉をご存じだろうか。不要になったモノに新たな付加価値を与え再利用することだが、今年ブレイクしそうな予感が漂っているのだ。アップサイクルを活用している事例を見ると……。(2021/1/26)

バーガーキングが100%植物性の「プラントベースワッパー」発表 ハンバーグは大豆由来
真のフェイクバーガー。(2020/12/10)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
“大復活”したコメダ、実力派なのに苦戦するドトール 喫茶チェーンで明暗が分かれた理由
コロナ禍で大きな影響を受けた喫茶チェーン。コメダ珈琲店はヒット商品にも恵まれて急回復した。一方で、ドトールは苦戦が続いている。(2020/12/2)

ハローキティ好きは淡路島に行くべき! 元劇団四季シンバ役も出演のガチなショーを地元野菜を堪能しながら見てきた
【クイズ】ハローキティの将来の夢は何か知っていますか……?(2020/11/13)

圧倒的不審者の工房:
「きゅうり」から包丁を作る → 抜群の切れ味なのになぜか土に還る不思議な包丁が完成
きゅうりで作った包丁でピクルスをスパスパ切る、狂気の動画です。(2020/11/1)

業界初、大豆でできた「代用肉」を提供する焼き肉チェーン登場 「焼肉ライク」で11月1日から
本物と食べ比べたい。(2020/10/24)

乾燥する季節、今必要なヘアトリートメントって? Qoo10コスメランキング(9月28日〜10月4日)
9月28日〜10月4日のベスト3は?(2020/10/9)

食いしん坊ライター&編集が行く! フードテックの世界:
大豆を“肉”にどう変える? 焼肉やステーキはできる? ファミマと不二製油に聞いた
焼き肉やステーキなど、ごちそうに直結する食材である肉。肉に代わる食材として「大豆ミート」が注目を集め、最近はコンビニでも手に入るようになった。大豆ミートはどのように作られ、なぜ注目されているのか――国内でいち早く開発に取り組んできたファミリーマートと不二製油に聞いた。(2020/9/30)

イノベーションのレシピ:
コロナ禍を契機にデジタルシフトできるのか、日本に期待されるイノベーション像
NEDOは2020年7月31日、「2020年度NEDO『TSC Foresight』オンラインセミナー」を開催。同セミナーでは、NEDO TSC(技術戦略研究センター) デジタルイノベーションユニット長の伊藤智氏が「コロナ禍後の社会変化と期待されるイノベーション像」をテーマに講演を行った。(2020/9/17)

フレッシュネスバーガーが“フェイクミート”のバーガーを発売 動物性原料未使用でディストピアごっこできるやつ
フェイクミートといえば大豆。(2020/8/31)

研究開発が進む:
6年で2.2倍に? プロテイン市場が脚光を浴びている背景
世界的にプロテインが注目されている。世界市場は2019年に185億ドルほどだったが、25年までに406億ドルになるだろうと予測されている。なぜ急成長する声が多いのかというと……。(2020/8/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。