ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  V

  • 関連の記事

「Verizon Business」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Verizon Business」に関する情報が集まったページです。

AOLと米Yahoo!統合企業「Oath」、「Verizon Media Group」に
Verizon傘下でEngadgetやHuffPostなどを擁するメディア企業「Oath」が2019年1月1日からVerizonの一部門「Verizon Media Group」になる。(2018/11/6)

Maker's Voice:
「WAFは中堅・中小企業にこそ使ってほしい」と、BarracudaのCEO
米国での調査によると、サイバー攻撃を受けた企業の66%が100人以下の企業だった。Webシステムへの侵入を狙う攻撃が多く、米セキュリティ企業のBarracuda NetworksではWebアプリケーションファイアウォールの利用を勧めている。(2011/11/2)

NEWS
情報漏えい事故を起こす企業の特徴は? ベライゾン報告
ベライゾンは2010年に確認した情報漏えい事故に関する報告書を発表。被害を受けた企業の特徴や犯罪者の攻撃手法などを公開した。(2011/4/20)

HPのクラウド戦略を補強する3PAR
今年9月に買収を完了した3PARのストレージソリューションは、HPのクラウド戦略にとって大きな武器になるという。(2010/12/6)

認証制度を活用したセキュリティ対策再チェック:
PCI DSSへの準拠を試みる組織の弱点と強化の近道
クレジットカード業界のセキュリティ基準「PCI DSS」は、セキュリティ対策のベストプラクティスとしても注目される。準拠審査で指摘される不備は弱点でもあり、優先的に対策を強化すべきポイントになると言えるだろう。(2010/11/15)

企業向けシステムを構築するパブリッククラウド【第6回】
高品質なネットワークと豊富なサービスメニューを備える国産クラウド「GIO」
国産のクラウドベンダーであるIIJが提供する「GIO」。日本の事業者ならではのきめ細やかさと、「個別対応/別途見積もり」に逃げないサービスメニューの豊富さは特筆に値する。(2010/11/12)

法令違反はソフトウェアで避けられる――米TripwireのジョンソンCEO
システムの変更監査ソフトウェアを提供する米Tripwireのジェームス・ジョンソンCEOが来日した。(2010/10/21)

企業向けシステムを構築するパブリッククラウド【第5回】
ハイエンドエンタープライズクラウドの決定版「CaaS」
世界最大級のグローバルネットワーク事業者が提供するクラウド「CaaS」はセキュアで高スペックが特長だ。エンタープライズにおける基幹系での利用で注目されている。(2010/10/14)

サイバー犯罪者がほしがる「ログイン情報」、管理の不備が最大の課題に
2009年に発生した企業でのデータ侵害事件の分析から、「ログイン情報」が犯罪者の間で盛んに売買されている実態が明らかになった。(2010/9/22)

「セキュリティの基本を徹底すれば被害は回避可能」――Verizonの報告書
企業のデータ侵害に関する最新の報告書によると、高度なセキュリティ対策がなければ回避できなかった事件は4%だった。(2010/7/28)

三井物産、VerizonとIT基盤の構築・運用で提携
三井物産は、IT基盤の構築・運用についてVerizon Businessと契約した。(2010/4/15)

事件調査官が解説:
重要データを狙うサイバー犯罪、企業が注視すべき現実とは
企業が抱える個人情報や機密情報を狙うサイバー攻撃が深刻な問題となっている。数多くの事件調査を手掛ける米Verizon Businessの担当者は、攻撃の手口の高度化と日本を含めた事件の増加を指摘している。(2010/3/3)

セキュリティリスクの変化に強い企業風土を作る:
セキュリティ文化を醸成するための具体策
ポリシーやルールによって情報セキュリティを強化しようとしても、実際には形骸化してしまいがちです。今回はセキュリティを実践する人への教育を通じて、セキュリティに強い企業文化を醸成するための具体策を紹介しましょう。(2010/1/27)

セキュリティリスクの変化に強い企業文化:
セキュリティの教育効果を高めるポイントを探る
効果を把握するのが難しいといわれる情報セキュリティの教育。今回は実施効果をより良いものにしていくために必要な方法やポイントを紹介します。(2010/1/18)

セキュリティリスクの変化に強い企業文化:
情報セキュリティ教育をおろそかにする弊害
さまざまな情報セキュリティ対策のアプローチの1つとなるセキュリティ教育。今回はその重要性と課題を洗い出し、課題を解決するための方策を考察していきます。(2010/1/13)

企業データを狙う15の手口、Verizonが紹介
米Verizon Businessは、企業のデータ侵害事件の実態調査で明らかになった15種類の手口を紹介した。データ保護対策の参考にしてほしいと説明している。(2009/12/10)

軽視されるDBセキュリティ、そして企業が失うもの
起こり得る内部犯行を想定せよ――正しいDBセキュリティの在り方
顧客情報などが格納されたデータベースは、漏えいリスクが高いにもかかわらず、多くの企業がコストや運用面でセキュリティ対策を先送りにしている。だが、対策の見直しと体制作りで流出事故は防げるのだ。(2009/7/23)

ログファイルは貴重な情報源
ログの警告を見逃すな──専門家が明かす情報流出防止策
情報流出の被害に遭った組織の多くは、リソースのチェックさえ怠っていなければ流出を防いだり、被害の程度を抑えることができていたはずだと専門家は言う。(2009/7/1)

カスタムマルウェアが狙う企業情報:
調査官に聞く、不正アクセス攻撃の今とは?(後編)
年々巧妙化する不正アクセス事件。既存の対策技術を回避する手法も登場する中で、企業はどのような策を講じたらいいか。米Verizon Businessの事件調査官にポイントを聞いた。(2009/6/9)

カスタムマルウェアが狙う企業情報:
調査官に聞く、不正アクセス攻撃の今とは?(前編)
不正アクセス事件は年々巧妙化し、RAMスクレーパーという新手のマルウェアによる攻撃も登場した。近年の傾向と対策を米Verizon Businessで事件調査を担当するブライアン・サーティン氏らが紹介してくれた。(2009/6/8)

詳報:
脆弱性の詮索とマルウェアで企業情報を狙う攻撃者
企業の重要情報を狙う攻撃者は、システムの脆弱性を徹底して狙う。仮に成功率が低いとしても、大金を獲得できる可能性があれば容赦なく攻撃しているという。(2009/4/24)

9割以上を金融が占める:
2008年のデータ漏えいは2億8500万件――Verizonが調査
2008年に漏えいしたデータの件数が2004〜2007年の総数を上回っていることが分かった。(2009/4/16)

セキュリティを組み込んだITサービスを:
米Verizon Business、クラウドデータセンターをアジアに開設
米Verizon Businessは、クラウドサービスに対応したデータセンターを2009年春までに米国と英国、アジア圏に開設。セキュリティを組み込んだ統合型サービスを提供するという。(2009/2/2)

セキュリティ管理の基本を徹底すべし、情報漏えい統計に見るデータ侵害
米Verizon Businessが担当した情報漏えい事件の調査では、システムの脆弱性解消やパートナー企業に対するセキュリティ管理の徹底がデータ侵害の予防につながることが分かった。(2008/11/10)

AdminIT Daily News:
2億3000万件の被害レコードに基づきデータ漏えいの課題を公表――Verizon Business
金融、ハイテク、小売、食品/飲料の各業種で発生したデータ漏えい事故に関する所見を米Verizon Businessが公表。調査に使用した被害レコード数は約2億3000万件。「型どおりのアプローチには優れたセキュリティ効果を期待できない」としている。(2008/10/3)

Microsoft、Security Development Lifecycleを強化
アプリケーションを狙って止むことなく進化、悪性化するセキュリティ脅威に対して、MicrosoftはSecurity Development Lifecycle(SDL)の強化を図る。(2008/9/19)

統合と仮想化でエコも:
「セキュリティサービスの導入にはUTMを」とフォーティネット
フォーティネットは、セキュリティサービスプロバイダーや大企業に向け、仮想化とシステムの統合化を図ることのできるUTM(統合脅威管理)を訴求する。(2008/6/13)

脆弱性対処に無頓着:
「情報流出の9割は防止できた」――Verizonが実態調査
既知の脆弱性が悪用されたケースのうち9割は、少なくとも半年前からパッチが公開されているのに適用していなかった。(2008/6/13)

最低限やるべき10項目
災害時に備えた事業継続プラン策定のノウハウ
台風シーズンの到来間近。災害復旧/事業継続プランの策定は、今や必須課題となっている。(2007/7/18)

米政府の大規模通信プロジェクト、受注3社が決定
AT&T、Verizon、Qwestの3社が、米政府の通信プロジェクトを受注した。(2007/3/30)

Verizon、米中結ぶ次世代光海底ケーブル構築プロジェクトに参加
Verizonは、アジアの大手通信企業とともに、米国と中国を直結する光海底ケーブルシステムの建設を目指す。(2006/12/19)

Interview
バイオメトリクスはスピードも重要――ベライゾンのセキュリティ責任者
ベライゾンのデータセンターのセキュリティ責任者は、重要なのは物理的に保護することよりも、従業員のチェックや監査証跡だという。(2006/4/20)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。