ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  V

  • 関連の記事

「VIA Nano」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「VIA Nano」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

クラウド時代で重要になるのはハードウェア:
PR:Windows Server 2016の登場で見直されるDell EMC「PowerEdge」サーバの価値・強みとは?
2016年10月、ついに正式リリースされた「Windows Server 2016」。クラウドとの連携機能が大幅に強化され、コンテナなどの最新技術にも対応した。ハイブリッドクラウド構築のための“真打ち”登場と言ってもいい。そんな中、あらためて注目を集めているのがサーバハードウェアだ。クラウド時代が本格化する今、なぜサーバハードウェアが重要になるのか? x86サーバで世界出荷台数シェアナンバーワン(2016年第2四半期、出典『IDC Worldwide Quarterly x86 Server Tracker CY16Q2』)となったデルにその理由を伺った。(2016/10/28)

「小さなもの」から「大きなもの」へシフトする:
AMDは失地を回復できるのか──AMD CEOに聞く
AMDがその戦略を大きく変えようとしている。この大胆な“転進”を推し進めていくキーマンは、生粋のエンジニアだったりする。(2015/7/15)

キーナンバー“4096”の意義を問う:
大解説! “Fiji”と“HBM”と“Fury”の先進性を知る
GeForce GTX 980 Tiに“迫る”パフォーマンスを実現したAMDの“Fiji”世代のGPUに導入した、将来を先取りしたという新機能とは。(2015/7/2)

日本HP、2万円台のエントリー向けシンクライアント「t5565」など3製品
日本ヒューレット・パッカードは、シンクライアント端末計3製品「t5565」「t5570e」「t5740ex」の販売を開始する。(2011/10/6)

技術革新を生み出す果てなき闘争:
ARM vs. Intel:プロセッサアーキテクチャの覇権はどちらの手に?(前編)
現在、ARMとIntelによる、電子機器に用いられるアプリケーションプロセッサのアーキテクチャの覇権を賭けた争いが激化している。ARM陣営が、Intelのx86アーキテクチャが圧倒的シェアを占めるサーバー機器/PC市場への参入を果たそうとしている一方で、Intelをはじめとするx86陣営も、ARMの縄張りとも言える携帯電話機/タブレット端末市場への攻勢を強めている。前編では、ARMアーキテクチャを推進するARMと、x86アーキテクチャを中核とした製品開発を続けてきたIntel、それぞれの取り組みについてまとめる。また、ARMのライセンシー企業であるNVIDIAが開発した「Tegra 2」について紹介する。(2011/9/27)

元麻布春男のWatchTower:
Hot Chips 22で示されたAMDの次世代CPU“ブル&ボブ”
米国で開催された「Hot Chips 22」で、AMDは「Bulldozer」「Bobcat」に関する講演を行った。そのスライド資料に次世代CPUコアの“新事実”はあるのか?(2010/8/30)

1万円台の“オトナの玩具”:
「iPad……」なの?──謎のAndroid端末「EKEN M001」ぷちレビュー
GENOで、“iPad?”……っぽい、なんだか怪しいAndroid端末が販売されている。話題のAndroid端末にしては安価なようだが、どんなモノかをチェックした。(2010/7/14)

頭脳放談:
第120回 Google TVがVIA Technologiesも救う?
x86プロセッサの供給元には、IntelとAMDの他にVIAもある。IntelのAtomで少々苦しい立場のVIA。しかしGoogle TVが救世主となるかも。(2010/5/26)

古田雄介のアキバPickUp!:
「某社がからむとロクなことないね」――売れ行き好調なSSDに値上がりの兆候
DDR2/3メモリが値上がり傾向にある現在、フラッシュメモリ全般の仕入れ値が上がっているとの情報が各所から流れている。ブートドライブとして人気がさらに加速しているSSDについても、先行きを不安視する声が聞かれた。(2009/11/9)

VIA、単体で4画面出力をサポートしたmini-ITXマザー「VB8003-16」
ユニティは、VIA製となるmini-ITXマザーボード「VB8003-16」の取り扱いを発表。オンボードでの4画面出力を可能としている。(2009/11/4)

COMPUTEX TAIPEI 2009:
Shuttleが提案する「最先端のNettopは自分で作れっ」
スマートで低価格な液晶一体型の登場でNettopも盛り上がりつつある。でも、性能やスペックが横並びでいいの? とShuttleが面白いマザーボードを出してきた。(2009/6/5)

Vistaならどうだ!?:
これぞNetbookの真打ちか!?――「HP Mini 2140」の高解像度版でVistaを動かした
10.1型ワイドで1366×768ドットの解像度を備えた「HP Mini 2140 Notebook PC」の高解像度版で、OSをWindows XPからVistaに変えたところ……。(2009/5/19)

まずは直販からスタート:
C7からAtomに変わった「HP Mini 2140」は何倍速くなった!?
日本HPの低価格ミニPC/Netbookシリーズに加わった「HP Mini 2140」。新たにAtom搭載機に生まれ変わった新モデルの実力をチェックした。(2009/2/26)

Atom入りました:
HPのアルミボディ採用ミニノートPCにAtom搭載モデル「Mini 2140」が追加
HPのビジネス向けミニノートPCシリーズに、Atom搭載モデルが加わった。発売は3月上旬の予定で、直販価格は6万4890円だ。(2009/2/12)

TechCrunch、オリジナルタブレットPCのプロトタイプを発表
安価で気軽に使える新しいタイプのインターネット接続デバイスの提供が目標だ。(2009/1/20)

PR:「世界音質」を気軽に味わえるiPod対応オーディオシステム――JBL「MX100」
「いい音を気軽に楽しむ」――簡単に聞こえるようだが、永遠の課題ともいえるテーマである。iPod対応という懐の広さをもちながら、世界を知るエンジニアによって鍛えられたJBL「MX100」ならば、“世界音質”を手軽に楽しめる。(2008/11/25)

古田雄介のアキバPickUp!:
「これで販売しなかったら暴動が起きるでしょ」――Core i7“深夜イベント”直前のアキバ
Core i7のロゴがPCパーツショップ街を飾るようになった今週のアキバ。いつ登場するかは未発表ながら、11月16日の深夜イベントでCPUと対応マザーが発売される可能性は限りなく高い。(2008/11/15)

元麻布春男のWatchTower:
次の波は2011年に来る──Analyst Dayに見るAMDの進化速度
45ナノプロセルルールを導入した“Shanghai”が発表された11月13日に、AMDは「Analyst Day」を行った。ここでは、そこでアップデートされたロードマップを紹介しよう。(2008/11/14)

古田雄介のアキバPickUp!:
久々に登場する大物「Core i7」の情報公開が進む、発売日は?
11月初旬から姿を現してきたインテルの新CPU「Core i7」。アキバで情報公開のスピードが増し、ラインアップや予定価格を公開するショップが出てきた。発売日はいつ?(2008/11/10)

AtomマザーやNanoマザーもOK:
Lian Li、ファンレスMini-ITXケース「Silentα」を発売
ディラックは、台湾Lian Li製のMini-ITX対応PCケースを発表した。8月15日から発売する。実売価格は1万1800円前後の予定だ。(2008/8/14)

AMD、低価格ノートPC用プロセッサは当面なし
AMDの最高マーケティング責任者が、超低価格ノートPC向け市場への取り組みや、Opteronの新版Shanghaiについて語った。(2008/7/24)

一番輝いていたLet'snoteをもう一度:
帰ってきた「Let'snote LIGHT R3」は4万6990円
Let'snoteは進化する。「100キロ乗っても大丈夫」「Vistaを載せても大丈夫」「水をかけても大丈夫」……。でも、バッテリー駆動時間は“昔はよかった”なんだよね。(2008/7/18)

10万馬力の実力は?:
新世代Eee PCで地デジとワンセグを満喫
ついに発売されたAtom搭載Eee PC。新モデルでは、ワンセグや地上デジタル放送を楽しむことができるのだろうか?(2008/7/15)

GPS内蔵モデルも:
8万9800円のAtom搭載ミニノート――工人舎「SC3KP06A」
工人舎からAtomを採用したミニノートPCが登場した。タッチ入力に対応した7インチワイド液晶を搭載しつつ、重量は800グラムを切る。(2008/6/24)

COMPUTEX TAIPEI 2008:
台北でミニノートの海にドップリつかる
COMPUTEXで目立ったミニノートといえば、新型Eee PC、Wind Notebook、Aspire one、M912Xあたりだが、実はまだまだ競合機種がひしめいていた。(2008/6/13)

NVIDIA、携帯ネット端末市場でIntelと激突
携帯型インターネットデバイスの市場はまだはっきりとは確立されていないが、この分野には将来性があり、そして強力なライバルIntelの存在がある。(2008/6/12)

COMPUTEX TAIPEI 2008:
南港展示館と世界貿易中心を右往左往して見つけたパーツたち
COMPUTEX TAIPEI 2008があったのは、もはや先週のこと。WWDCやHPのイベントが始まってしまったが、Tapeiで見かけたPCパーツを紹介しておきたい。(2008/6/11)

VIA、Isaiah改め「Nano」を発表
VIAはコードネーム「Isaiah」として開発してきたプロセッサの正式名称を「Nano」として発表した。(2008/5/31)

VIAは低価格ノートPC市場でIntelと戦えるか
VIAの省電力プロセッサはHPのMini-Note PCのような小型で安価なノートPCに適しているが、Intelはこの市場にAtomなどの新プロセッサで参入しようとしている。(2008/4/11)

VIA、「Isaiah」プロセッサアーキテクチャの詳細を発表
VIAは、新たなプロセッサアーキテクチャ「Isaiah」を2008年前半に投入する。(2008/1/25)

VIA、次世代プロセッサコア「Isaiah」の詳細公表
VIAは次世代プロセッサコア「Isaiah」に64ビットアーキテクチャ、低電力、セキュリティを組み込むと発表した。(2004/10/6)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。