ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ボランティア」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!ボランティア→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でボランティア関連の質問をチェック

登下校の見守りにIT活用 担い手不足深刻
子供の登下校時を狙った事件は後を絶たず、事件が起こるたびに安全対策を強化する必要性が指摘されてきた。地域ボランティアによる見守り活動も行われているが、なり手不足が深刻化しており、GPSなどIT技術の活用に期待が集まっている。(2020/11/18)

水辺の人命救助を行うボランティア組織、高潮の影響で動けなくなった黒猫を救出!
猫も隊員も一生懸命。(2020/7/26)

年々ウィリアム王子そっくりに 英王室ジョージ王子、キャサリン妃撮影のバースデーショットに「すっかり大きくなられて」
コロナ禍でのボランティア活動も話題。(2020/7/22)

Web会議に後方支援……災害支援もコロナで変化
九州の豪雨被害で活躍が期待されるボランティアだが、新型コロナウイルスの感染拡大で支援活動のあり方も変わってきている。災害支援団体は、Web会議で被災地のニーズを確認し、支援物資の準備など後方支援を行っている。(2020/7/14)

「公園のベンチは練習の為に設置した物ではない」 無断乗り入れしたオートバイが技練習でベンチ破損か、10年間整備を続けるボランティアに実態聞いた
10年間整備を行ってきたボランティアは「1人の誤った行いのせいで、ジャンル全体が悪く言われてしまう」と話してくれました。(2020/5/9)

宇宙人を探す巨大プロジェクト「SETI@home」が一段落? ボランティアによる解析作業を停止すると発表
研究結果の発表が楽しみでなりません。(2020/3/5)

Twitter、誤解を招くツイートにオレンジのラベルを付けるテストを実施中
Twitterが、嘘や誤解を招く可能性のあるツイートにオレンジ色のラベルとそのラベルを付けた理由を説明する機能のテストを開始した。Twitter Communityのボランティアの報告を、複数のボランティアが評価して判定する。(2020/2/21)

「格安SIM」のWebサポート/問合せ窓口格付け、mineoが高評価
HDI-Japanは、2月6日に格安SIM業界のWebサポート/問合せ窓口での格付け結果を発表した。HDI国際サポート標準に基づき、顧客視点で三つ星〜星なしで格付けしたものとなる。審査員は一般消費者のボランティアと、HDIの国際認定資格を有する専門審査員が行う。(2020/2/6)

宮迫博之、岡山県を特別訪問で“宮迫ですポーズ”披露 元気な姿を見せる
ボランティア活動を続けている宮迫さん。(2019/12/14)

求人誌の「五輪スタッフ募集」に「ボランティアと同じ仕事を有償で?」の声 組織委に同じ仕事なのか聞いた
ボランティアと有償のスタッフは「性質が大きく異なる」との回答。(2019/12/1)

“善意”のボランティアにどう説明するのか:
「ボランティアのはずなのに、アルバイトとして募集している!」 ネットで話題の東京五輪時給1600円スタッフ 真相を組織委員会に直撃
ボランティア募集していた東京五輪のスタッフ。もともと無償であることに批判が集まり、ネットで話題になっていた。しかし、目標としていた8万人に対して20万人超が応募。交通費として1000円を支給することにもなり、落着したかと思われた。ただ、最新のタウンワーク誌上で時給1600円から、アルバイト募集していると話題に。ボランティアとの違いは何なのか。組織委員会に聞いた(2019/11/29)

紗栄子、福島県いわき市で炊き出しボランティア “支援活動10年目”の姿に「尊敬します」「素晴らしい行動力」と称賛の声
紗栄子さん「笑顔が笑顔を呼び、温かい心も連鎖していく」。(2019/11/12)

「状況はあまりに深刻だ」 SUGIZO、防塵マスク&ゴーグル姿でいわき市の被災地ボランティアに従事「力を貸してほしい」
2018年には岡山県真備町で被災地ボランティアを。(2019/11/9)

司書みさきの同人誌レビューノート:
遺跡発掘のボランティア体験を同人誌に 貴重な発見の様子も収めた『2度目のキルギス!遺跡発掘編』
写真とマンガでまとめています。(2019/7/28)

ラグビーワールドカップ2019日本大会、ボランティアスタッフの本人確認を自動化へ
2019年秋に開催される「ラグビーワールドカップ2019日本大会」に、マイナンバーカードなどの公的身分証明書によるボランティアスタッフの本人確認作業を効率化するNECの「ボランティア本人確認支援システム」が採用された。ボランティア約1万3000人の本人確認に活用される。(2019/7/12)

サンシャイン池崎、90匹の保護猫を救うためボランティア 「あなた…最高だよ!」「素敵すぎる」と感激の声続出
風神、雷神を預かっていたNPO法人「猫の森」の活動に参加しているもよう。(2019/7/9)

これこそクールジャパン 漫画家考案の五輪ボランティア装備が純和風でかっこいい
三度笠みたいな「かぶる傘」を使うなら、いっそ全身和装で固めたほうがよさそう。(2019/5/29)

2020東京五輪 ボランティア名の候補4案が発表 シャイニング ブルーやゲームズ フォースなど
ボランティア応募者の投票で決定していきます。(2018/12/12)

女性の方が満足度高めの傾向:
平成最後の今年、あなたの「人生満足度」は? 大坂なおみ、スーパーボランティア、ユーチューバーなどが貢献
2018年の満足度は? プルデンシャルジブラルタファイナンシャル生命保険はこのほど、人生の満足度に関する調査結果を発表。今年1年を振り返り「満足している」と感じている人は4割いた。(2018/12/4)

【特集】Transborder 〜デジタル変革の旗手たち〜:
大量の書類仕事で疲弊した現場は、RPAを見て泣いた――双日で“ボランティア”が始めたプロジェクトが全社に広がるまで
総合商社として知られる双日で、ITとは無縁の仕事をしていた社員が始めたRPAプロジェクトが脚光を浴びている。開始から1年足らずで全社規模に成長したプロジェクトを後押ししたものとは、一体何だったのか。(2018/11/26)

猫ちゃんとスヤスヤお昼寝  ボランティア男性のほっこりする写真がSNSで話題に
どの写真も幸せそう。(2018/10/8)

やりたい人は2割前後?:
東京五輪のボランティア、26日から募集開始へ 運営支援など約8万人
東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が、同大会のボランティアを募集すると発表。募集期間は9月26日午後1時から12月上旬。笹川スポーツ財団が行ったスポーツボランティアに関する調査では、ボランティアをしたい人は2割前後であることが分かった。(2018/9/12)

東京五輪のボランティア募集が9月26日13時から開始 募集人数は8万人
さまざまな議論がかわされているボランティア募集ですが、果たして。(2018/9/12)

「正直疲れてしまった」 五輪ボランティアを巡る「ネット工作説」はいかにして広がったか “診断メーカー”作者が明かした苦悩
現在は「工作ではなかった」説が優勢に。編集部でも検証しましたが、工作を裏付ける証拠は見つかりませんでした。(2018/8/31)

ガリットチュウ福島、行方不明男児発見のボランティア男性になりきるも「顔より心を似せたい」
本当にその通りだと思う。(2018/8/19)

ブルゾンちえみ、“西日本豪雨”被害の岡山でボランティア 参加レポが「参考になります」と反響続々
岡山県出身で、実家も被害を受けていたブルゾンさん。(2018/8/11)

東京五輪、関係者は「顔認証」入場 大会史上初 “改札並み”にスムーズ
2020年の東京五輪・パラリンピック競技大会では、関係者が会場に入る際、NECの顔認証システムが使われる。選手やスタッフ、ボランティアなど大会関係者約30万人が対象。(2018/8/7)

広瀬すずのサプライズ登場に中学生歓喜 青春を押し出した「東京2020」ボランティア募集CMが公開
そりゃあ驚く。(2018/7/25)

最大5960円引きの「新幹線こだま片道きっぷ」、JR西が限定販売 被災地ボランティアの方などに向け
岡山や広島から新大阪までがお得に。利用は2018年7月28日から8月8日まで。【追記】8月21日〜9月9日も利用できるよう再設定。(2018/7/18)

補助金に頼らない:
IT企業が続々参加 沖縄発オープンイノベーションが目指すもの
ICT基盤技術の実用化や普及を目的に設立した沖縄オープンラボラトリ。ここでは多くの企業が「ボランティア精神」で参加しており、まさにオープンイノベーションな取り組みが日夜行われている。(2018/3/29)

スタッフ管理に顔認証を活用 「ザ・コーポレートゲームズ」で実証実験
NECが、国際的な参加型スポーツ大会「ザ・コーポレートゲームズ」に顔認証を活用した「ボランティア支援サービス」を提供。ボランティア運営の効率化や、応募手続きの煩雑さの解消を見込む。(2017/10/20)

ROOX、ボランティア団体へスマホアクセサリーを無償提供する「みんなで支えるプロジェクト」開始
ROOXは、各種ボランティアに取り組んでいる団体・サークルへ同社のスマートフォンアクセサリーを無償提供するプログラム「みんなで支えるプロジェクト」を開始。提供は隔月、1回あたり6万円相当分とする。(2017/6/13)

失敗しない「外資系」パッケージソフトとの付き合い方:
機能比較の「○×表」を信じて大失敗!?
外資系パッケージソフトの導入で失敗しないための方法を解説する本連載。今回紹介するのは製品比較のときに使う「○×表」にまつわる落とし穴。ベンダーもボランティアではなくビジネスである以上、相手の言うことをうのみにするのは避けたいところです。(2016/11/14)

「千羽鶴の処分費に毎年1億円」は事実誤認 宝島社「ボランティアという病」重版分からは修正へ
「千羽鶴の処分に本当に1億円もかかるのか」など一部で指摘されていました。※追記(2016/8/19)

東京2020大会ボランティア、要件の素案に「厳しすぎる」と批判 組織委は「決定事項ではない」と強調
ボランティアに求める要件の大まかな案に「外国語が話せる」「1日8時間、10日間以上できる」などがあがったという記事を受け、ネットでは批判が相次いでいます。(2016/7/5)

ゆうこりん、熊本の子どもたちをオモチャで支援 仕分けに配慮しスザンヌ母の店へ
今後は、ボランティアに人たちとともに子どもの多い避難所に渡しに行くとのこと。(2016/4/25)

ROOXとPhoneFoam、熊本地震復興ボランティアにスマホアクセサリーを無償提供
ROOXと韓国PhoneFoamは、熊本地震の復興に向けて活動するユーザーへスマホリング「SnapRing」を無償提供する。(2016/4/22)

ボランティア医師による健康相談 「ポケットドクター for 震災支援版」を無償提供
オプティムとMRTが、震災支援のボランティアを希望する医師による健康相談を無償で受けられる「ポケットドクター for 震災支援版」の提供を開始しています。健康上で気になることなどを相談できます。(2016/4/21)

ボランティア詐欺など、熊本県警が地震関連犯罪で注意喚起
身内かたるオレオレ詐欺、倒壊家屋リフォームや廃材処分関連の手口が出てくる可能性も。(2016/4/20)

ものになるモノ、ならないモノ(70):
ボランティアWi-Fiネットワーク構築集団「CONBU」の正体に迫る
本業の合間を縫ってカンファレンスなどの「Wi-Fiネットワーク環境」を構築しているボランティア集団「CONBU」の活動実態に迫った。(2016/3/22)

震災×ITの5年間から明日の日本を考える
Hack For Japanが「ITボランティア年表」を公開。熱い志を抱く有志が集まり、ITのチカラを使ってさまざまな問題解決に取り組んだ軌跡を見ることができる。(2016/3/11)

セキュリティクラスター まとめのまとめ 2015年10月版:
「4万人のボランティアが守る東京オリンピック」?――セキュリティクラスターの反応は
2015年10月は特に大きなセキュリティインシデントは発生しませんでした。しかし「図書館」に「東京オリンピック4万人ボランティア発言」と話題は尽きることなく……(2015/11/12)

IT業界団体会長「五輪にはエンジニアにボランティアで」発言の真意で波紋 「ボランティア」がTwitterトレンドトップに
エンジニア関係者からは否定的な声が多数上がりました。(2015/10/16)

常総市災害ボランティアセンター公式サイト公開 水害作業マニュアルが分かりやすいと話題に
マニュアルでは、必要な道具・装備や作業の注意点などをしっかりと把握できます。(2015/9/15)

Googleマップメーカー、45カ国で再開(日本はまだ)
いたずらや改ざんの多発で今年5月に閉鎖されたユーザー参加のGoogleマップ改善サービス「Googleマップメーカー」が米国など45カ国で再開された。レビューボランティア「Regional Lead」が決まった国からということで、日本はまだだ。(2015/8/26)

100メートルの超巨大鯉のぼりを自分の手で泳がせてみないか? 遊泳ボランティア募集中
男の子の憧れ!(2015/4/20)

リモートで視覚障害者の目になれるボランティアiOSアプリ「Be My Eyes」
Be My Eyesは、目の見える人がボランティアとして登録しておくことで、視覚障害者をビデオチャットでサポートできるiOSアプリだ。(2015/1/16)

「Back」は「戻るで」? それとも「戻ろか」? Facebookの関西弁、翻訳の協力者募集中
Facebookの「翻訳コミュニティ」で、英語から関西弁への翻訳をサポートするボランティアユーザーを募集している。(2014/10/21)

KDDI、経済産業省の「どんぐりポイント制度」に協賛――下取り金額に応じてポイントを寄付
KDDIは、経済産業省が実施する「どんぐりポイント制度」に協賛。ユーザーがau携帯電話などの下取りプログラムを利用した際、NPOやボランティア団体へポイントを寄付する。(2014/5/30)

INSIGHT NOW!:
道路老朽化への対策、今後のカギは「住民ボランティア」と「ICT」
日本の道路インフラは老朽化が急速に進んでいます。道路インフラの維持管理コストの抑制が不可欠ですが、それを実現するためには、住民ボランティアとICTを活用した点検の効率化が必要になるでしょう。(2014/4/10)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。