ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「WAON」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「WAON」に関する情報が集まったページです。

NUROモバイル、J:COM MOBILE、イオンモバイルなどのキャンペーンまとめ【4月】 スマホ代や月額料金がお得に
利用料金の安さが特徴のMVNOでは、各種料金や端末代金をさらに割り引くキャンペーンを実施している事業者が多い。今回はNUROモバイル、J:COM MOBILE、イオンモバイル、y.u mobile、エキサイトモバイルで4月に実施しているキャンペーンをまとめた。NUROモバイルは「NURO 光」とのセット割引を用意、イオンモバイルはWAONポイントとの連携で特典を提供している。(2022/4/25)

MMD研究所が900人に調査:
「非接触決済の総合満足度」ランキング 3位「楽天Edy」、2位「iD」、1位は?
最も総合満足度の高いスマホ非接触決済サービスは「モバイルWAON」で、次いで「iD」「楽天Edy」が多い。(2022/3/11)

最も満足度が高いスマホのタッチ決済、2位「iD」を抑えて1位になったサービスは? MMD調査
MMD研究所が「2022年1月スマートフォン決済(非接触)の満足度調査」を実施。総合満足度はモバイルWAONが1位を獲得した。(2022/1/31)

スマホ非接触決済サービスの満足度、「モバイルWAON」が1位 MMDの調査
MMD研究所は、1月31日に「2022年1月スマートフォン決済(非接触)の満足度調査」の結果を発表。総合満足度1位は「モバイルWAON」で、サービスを使い始めた理由として「ポイントがたまる」が4割近くを占めている。(2022/1/31)

ウェルスナビ、イオンカード積立 WAONポイントの還元も
ロボアドバイザーサービス最大手のウェルスナビは、イオンカードを提供するイオンフィナンシャルサービス子会社と提携し、イオンカードでの積立サービスに取り組む。2022年春から夏にかけて提供する予定だ。(2021/12/22)

DNP、Apple Pay対応を支援するクラウドサービスを提供 WAONで導入
大日本印刷は、Apple Pay対応を支援するクラウドサービス「DNP電子マネーエミュレーションサーバ」を提供開始。導入する事業者は、発行済みのICカード(電子マネー)をiPhoneやApple Watchで利用できるようになる。(2021/11/5)

電子マネーのApple Pay対応を支援するクラウドサービス、「WAON」で採用
大日本印刷は、電子マネーを発行する流通/小売事業者や地方を含む交通事業者を対象に、電子マネーのApple Pay対応を支援するクラウドサービスを始めたと発表した。(2021/11/5)

Mobile Weekly Top10:
「一括10円のiPhone SE」のからくり/Apple Payの「WAON」「nanaco」リリース
一部の家電量販店で、iPhone SE(第2世代)がMNP契約で「一括10円」という激安価格で販売されています。回線とひも付けない購入でも「一括2万2010円」と非常に手頃でした。一体なぜ、こんなに安いのでしょうか……?(2021/10/29)

Apple Payの「WAON」「nanaco」はどう使う? 注意点は?
10月21日、Apple PayのWAONとSuicaのサービスが始まった。使い始め方と注意点を簡単にまとめた。(2021/10/21)

「WAON」のApple Pay対応もスタート 「スマホ対応できない決済手段は生き残れない」
イオンが発行する電子マネー「WAON」が10月21日からApple Payで利用可能になった。セブン&アイホールディングスの「nanaco」とともに、日本で交通系ICカード以外では初のApple Pay対応となる。(2021/10/21)

WAONもApple Pay対応開始 ご当地WAONも発行可能に
イオンリテールは10月21日、電子マネーWAONがApple Payに対応したと発表した。専用のWAONアプリのほかApple Payのウォレットから、新規でWAONを発行したり、既存のWAONカードを取り込んだりできる。(2021/10/21)

「WAON」と「nanaco」がApple Payに対応、10月21日から iPhoneやApple Watchで支払い
イオンの電子マネー「WAON」とセブン&アイホールディングスの「nanaco」が米Appleの「Apple Pay」に10月21日から対応する。iPhoneやApple Watchで両電子マネーを使った決済が可能。(2021/10/14)

Apple Payの「WAON」「nanaco」は10月21日スタート サービスの詳細は当日発表
Apple Payにおける「WAON」「nanaco」のサービス開始日が10月21日に決まった。ただし、サービスの詳細はサービス開始当日まで明らかにされないようだ。(2021/10/14)

イオンのトータルアプリ「iAEON」登場 コード決済「AEON Pay」も実装
イオンは、9月1日にトータルアプリ「iAEON」をリリース。「WAON POINT」の利用、付与、照会、交換ができる。電子マネーやコード決済での支払い、「お気に入り店舗」のキャンペーン情報の確認などが行える。(2021/8/30)

9月1日から:
イオン、サービス一括アプリ「iAEON」を配信 「グループ共通のタッチポイント」
イオンがWAON POINTの交換やコード決済が利用可能となるトータルアプリ「iAEON(アイイオン)」の配信を9月1日に開始する。(2021/8/30)

「nanaco」と「WAON」が年内にApple Pay対応 サービス詳細や開始日は未定
セブン&アイ・ホールディングスとイオンは、各社が提供する電子マネー「nanaco」と「WAON」が、年内にApple Payに対応するとそれぞれ発表した。両社ともサービス内容や開始日は詳細が決まり次第発表予定。(2021/8/10)

「WAON」「nanaco」がApple Payに対応 2021年内に
Appleの決済システム「Apple Pay」において、イオングループの「WAON(ワオン)」とセブン&アイグループの「nanaco(ナナコ)」が利用できるようになる。2021年内の対応を予定しているが、詳細は後日発表されるという。(2021/8/10)

WAONとnanaco、年内にもApple Payに対応へ iPhoneやApple Watchで利用可能に
イオンは8月10日、展開する電子マネーWAONについて、年内にApple Payに対応させると発表した。(2021/8/10)

スマホ非接触決済の満足度トップは「モバイルWAON」 MMDの調査より
MMD研究所は、8月3日に「2021年7月スマートフォン決済(非接触)利用動向調査」の結果を発表した。利用頻度と満足度が最も高かったのは「モバイルWAON」で、NPS1位は「QUICPay」となった。(2021/8/3)

1ポイントから使える:
イオンカード、ときめきポイントをWAON POINTに変更 一本化で分かりやすく 収益力アップへ
イオンは、イオンマークのクレジットカードの利用額に応じて付与する「ときめきポイント」を、9月11日から「WAON POINT」に変更する。客がポイントを使いやすい環境を整え、イオングループの収益力向上につなげる。(2021/7/10)

イオンカード「ときめきポイント」が「WAON POINT」に変更 1ポイント単位で使用可能
イオンカードの利用金額に応じてたまる「ときめきポイント」が9月11日利用分以降、「WAON POINT」に。(2021/7/8)

スマホ非接触決済サービス、満足度1位は「楽天Edy」 MMDの調査より
MMD研究所は、1月27日に「2021年1月 スマートフォン決済(非接触)の満足度調査」の結果を発表。総合満足度1位は「楽天Edy」で、利用頻度が最も高いのは「モバイルWAON」となった。(2021/1/27)

総合1位は「メルペイ」、10〜20代は「LINE Pay」 オリコンのスマホ決済満足度調査
オリコン エムイは、9月1日に「スマホ決済サービス」の満足度調査について発表。総合1位は「メルペイ」で、フリマアプリ「メルカリ」利用者から高評価に。10〜20代の1位は「LINE Pay」、男女別では男性1位が「d払い」、女性1位が「モバイルWAON」となった。(2020/9/1)

年代別に評価が異なるスマホ決済、総合トップはメルペイだが…… オリコン調査
「オリコン顧客満足度調査」によると、スマホ決済サービスの満足度調査でメルペイが総合1位。しかし年代別ではそれぞれ異なるスマホ決済サービスがトップにつき、男女別では女性が評価したのはモバイルWAONだった。(2020/9/1)

マイナポイントの登録サービスはPayPayとWAONが上位 理由は?
ICT総研は、8月31日にマイナポイント利用状況に関する調査結果を発表した。認知度は87.5%と前回調査時から34.8ポイント、理解度も前回調査時から22.7ポイントアップ。登録キャッシュレス決済のトップは「PayPay」の22.3%がトップとなった。(2020/8/31)

マイナポイントの認知度は83.1%、設定サービス上位は「PayPay」「楽天カード」「WAON」 MMDが調査
MMD研究所は、8月14日に「マイナンバーカードとマイナポイントに関する調査」の結果を発表した。マイナポイントの認知度は83.1%で、利用意向は29.9%。設定した決済サービスや利用意向者が設定したい決済上位は「PayPay」「楽天カード」などになった。(2020/8/14)

非接触決済サービスの満足度は「楽天Edy」、利用頻度は「モバイルWAON」がトップ
MMD研究所は、7月30日に「2020年7月 スマートフォン決済(非接触)の満足度調査」の結果を発表。非接触決済サービスの利用頻度が最も高いのは「モバイルWAON」で、利用者の約7割が1週間に1回以上利用。上位6サービスの総合満足度1位は「楽天Edy」となった。(2020/7/30)

イオン銀行が「マイナポイント事業」に参画 最大2000円分の「WAON」をプレゼント
イオン銀行は、7月22日に「マイナポイント事業」への参画を発表。「イオンカード」「イオン銀行CASH+DEBIT」が対象で、独自特典として最大2000円分の「WAON」をプレゼントする。(2020/7/22)

WAON、マイナポイントの登録で25%+最大2000ポイントを還元
イオンは、7月1日に電子マネー「WAON」でのマイナポイントの予約・申込を開始。「イオン」「イオンスタイル」「イオンスーパーセンター」「マックスバリュ」「マルエツ」など全国約1630店舗で、特典として最大2000円分の「WAON」を進呈する。(2020/7/2)

イオン、「WAON」ポイント付与率を2倍にアップ 200円で2ポイントに 7月1日から
会員登録が条件です。(2019/6/4)

吉野家が「QUICPay」を導入、1155店舗で利用可能に
吉野家は、5月7日に国内の吉野家1155店舗へ「QUICPay」を導入。これまでは「吉野家プリカ」「WAON」「Origami Pay」や、交通系電子マネーでの決済に対応していたが、新たに「QUICPay」でも利用可能となった。(2019/5/7)

太陽光:
太陽光の電力が「WAONポイント」に、中電とイオンが“卒FIT”向けサービス
“卒FIT”を迎えた住宅太陽光の余剰電力を提供すると「WAONポイント」がもらえるーー。卒FIT向けサービスの発表が相次ぐ中、中部電力とイオンがユニークなサービスを発表した。(2018/11/16)

モバイル決済サービスの使い方:
“おサイフケータイ”を初めて使う人にオススメ 「Google Pay」のメリットを解説
「Google Pay」は、楽天Edy、nanaco、Suica、WAONの電子マネーサービスを一括で管理できる。現在はGoogle Payで支払うと電子マネーが当たるキャンペーンも実施している。そんなGoogle Payを使うメリットを解説する。(2018/6/30)

今日のリサーチ:
カードタイプの電子マネー、地方で強いのは「WAON」――MMDLabo調べ
MMDLaboは、「2018年5月モバイル決済 利用者・未利用者比較調査」を発表しました。それによると、都会と地方では利用する電子マネーに違いが出ているようです。(2018/6/20)

モバイル決済、利用シーントップはコンビニ 66.6%が「キャッシュレス化に賛成」
MMD研究所が「2018年5月 モバイル決済 利用者・未利用者比較調査」の結果を発表した。カードタイプで利用している電子マネーのトップは都会が「交通系」、地方が「WAON」で、利用シーンは都会・地方共にコンビニがトップだった。(2018/6/13)

Mobile Weekly Top10:
「XZ2」ファミリーはどれが“買い”?/Google Payが「Suica」「WAON」に対応
引き続きソニーモバイルコミュニケーションズの「Xperia」に関する記事が良く読まれました。日本では圧倒的な人気を誇るXperiaスマートフォンですが、世界でもその勢いを取り戻すことはできるのでしょうか?(2018/5/28)

Google Payが「Suica」と「WAON」に対応 乗り換えるメリットは?
Googleは5月24日、モバイル決済サービス「Google Pay」に「Suica」と「WAON」を追加した。ユーザーは「楽天Edy」と「nanaco」に加え、4つの電子マネーをGoogle Payで一元管理できるようになる。一方、既存ユーザーが乗り換えるメリットはあるのだろうか。(2018/5/24)

Google PayがSuicaとWAONに対応 夏以降はJACCSやJCBのクレジットカードにも
Android 5.0以上でおサイフケータイに対応するスマホで利用可能。(2018/5/24)

Google Payが「Suica」「WAON」に対応
Googleアカウントで使えるモバイル決済サービス「Google Pay」が、電子マネー「Suica」と「WAON」に対応した。(2018/5/24)

「wena wrist」の手塚治虫作品コラボモデルが登場 WAON搭載モデルも
ソニーは、スマートウォッチ「wena wrist」から手塚治虫作品「鉄腕アトム」と「ブラック・ジャック」とのコラボレーションモデルと、電子マネー「WAON」の機能を搭載したモデルを数量限定で販売。4月17日から先行予約をスタートする。(2018/4/17)

WAON対応のスマートウォッチ、ソニーが限定販売 ハナエモリデザインで
ソニーが「wena wrist」の新製品として、電子マネー「WAON」に対応した「wena × Hanae Mori manuscrit」を発売。WAON決済対応のスマートウォッチは「国内初」(ソニー調べ)という。(2018/4/17)

マクドナルドで電子マネーとポイントサービスに障害 復旧見込み立たず
マクドナルドの全国店舗で、「WAON」と「iD」、「dポイント」と「楽天スーパーポイント」が使えない状況が続いている。(2017/6/19)

日本郵便、再配達防止でポイントサービス 郵便局・コンビニ受け取りを促進
もらえるポイントは「Ponta ポイント」「WAON ポイント」「dポイント」「エコ・アクション・ポイント」から選べる。(2017/3/30)

ローソン、電子マネー「WAON」全店に導入 主婦層など取り込み
ローソンはイオンの電子マネー「WAON」を12月15日から全国約1万2000店に導入する。(2015/11/10)

半年分の通信料が実質0円――「イオンスマホLTE」新規契約でWAONポイントプレゼントキャンペーン
「イオンスマホLTE」のALCATELや、モバイルWi-FiルーターとタブレットPCの新規契約者を対象とした、WAONポイントプレゼントキャンペーンがスタート。(2015/1/26)

ポプラグループ、「iD」「WAON」「Suica」などの電子マネー決済を全国に導入
ポプラグループが、現在各店舗で対応が分かれている電子マネーのサポートを、全国に広げると発表。「楽天Edy」「iD」「WAON」と、地域ごとの交通系電子マネーを利用可能にする。(2012/9/11)

ビックカメラ、全店にて店頭レジでの「WAON」チャージに対応
ビックカメラが、全店(38店舗)の店頭にて電子マネー「WAON」のチャージサービスを開始した。(2012/6/18)

静岡のJAで「WAON」などが利用可能に
消費者の決済方法がさらに広がる。静岡県内のJAで電子マネー「Edy」「WAON」などを利用できるようになる。(2011/4/26)

iPhone 4でWAON、nanaco、Edyが利用可能に――「電子マネーシール for iPhone 4」
ソフトバンクBBは、iPhone 4の背面に貼ることでWAON、nanaco、Edyが利用できるiPhone 4専用FeliCa機能搭載シール「電子マネーシール for iPhone 4」を2011年2月以降に発売する。(2010/12/27)

おサイフケータイでトクをする:
JAL×WAONでボーナスマイルのチャンス――キャンペーン情報をまとめてチェック!
おサイフケータイを使っている人や、これから使おうと思っている人に、ちょっと得する情報をお知らせする「おサイフケータイでトクをする」。今回は夏に向けて新たに始まったキャンペーンなどをまとめてお届けしよう。(2010/8/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。