ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ウイスキー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!お酒→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でお酒関連の質問をチェック

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
飲み食い放題で「上限3000円」の「定楽屋」が増殖中 料理や接客で“手抜き”してないのにもうかるのか?
飲み放題・食い放題で上限3000円(税抜)の「定楽屋」が増殖している。サービスを削らず調理に手間暇をかけてリピーターを獲得している。1人当たり3000円でもうかっているのか?(2019/11/12)

気合が入りまくった運営:
カメラ売り場をどかして酒の試飲カウンターを設置したビックカメラの狙い
ビックカメラの酒売り場に試飲カウンターがじわりと増えている。1日で数百人単位が利用するほどにぎわってる店もある。新宿西口店ではカメラ売り場をどかして酒売り場に変えた。(2019/11/11)

飲食店を科学する:
日高屋グループの「焼鳥日高」が担う重要な“使命”とは? 省人化と満足度を両立させる戦略にも迫る
「日高屋」の運営会社が手掛ける「焼鳥日高」。焼鳥日高はグループ内における重要な使命を担っている。徹底した省人化と満足度を両立させるビジネスモデルとは?(2019/11/6)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
苦戦している日高屋への“刺客”!? 増殖を続ける「中華食堂 一番館」の実力に迫る
新興中華チェーン「中華食堂 一番館」が店舗数を増やしている。商圏が最近苦戦している日高屋と重なる場所もある。デフレ時代に対応するビジネスモデルとは?(2019/10/16)

グラスのいらないカプセル入りの“食べるカクテル” スコッチウイスキーの老舗が限定リリース
宇宙旅行に持っていけそう!(2019/10/11)

浦安ブライトンホテル東京ベイの秋ブッフェを実食レポート! テーマは「スペイン祭」と「ハロウィーンスイーツ」
ワインもあわせて楽しみたい。(2019/10/8)

「決してそのような行為は、致しておりません」 堀ちえみが夫の飲酒運転疑惑について否定、警察に相談も
ブログに投稿した記事が誤解を呼んだようです。(2019/10/3)

お茶屋さんのかき氷に行列:
観光客を呼べなかった「静岡のお茶」が、若い女性を引き付けている理由
静岡県中部地域で「お茶」を観光コンテンツ化する動きが活発だ。静岡のお茶を使ったかき氷を提供する取り組みは、SNSを使う若い女性客の心をつかんだ。なぜ今、知名度が高い「お茶」と観光を結び付けようとしているのか。背景には大きな危機感がある。(2019/9/11)

東京ディズニーシーのハロウィーンフードがフォトジェニック! 飲み歩きたいタピオカ&カクテルもかわいい
名物フードもハロウィーン仕様に。(2019/9/10)

『地球の歩き方』を100冊読んで発見した、「最も詩的な一節」を発表する
旅は人を詩人にする――。(2019/9/1)

東京で、新タイプの「ネオ角打ち」が存在感
酒屋さんで買ったお酒をその場で飲む「角打ち」。昔からおじさんに人気だが、最近の東京では新タイプの「ネオ角打ち」が存在感を示している。お酒を媒介にした地方創生、地域活性にも役だっているのだ。(2019/8/19)

麦茶を炭酸で割るとジェネリックビールに!?  “仕事終わりの味”をお手軽に作ってみた
意外といける。(2019/8/9)

黒木華「凪のお暇」はぐれたイワシに憧れた凪と慎二のすさまじいすれ違い 凪を受け止めるのは「メンヘラ製造機」?
凪は「慎二の肩書きに惹かれていた」。(2019/8/9)

伝説の「中の人」が集結:
サントリー、ローソン、シャープ 公式アカウント担当者が本音で語るソーシャルメディア
企業はソーシャルメディアとどう向き合うべきなのか。あらためて考える。(2019/8/5)

「出汁」の味がするお酒!? かつおぶしやしいたけで作ったエッセンシャルリキュール、誕生の背景を聞いた
出汁の味がするお酒「旨味ビターズ」の製造元にいろいろ聞いてみました。(2019/7/31)

おいしくてつよくなる……! ビスコの空き箱で作ったセンス溢れる男の子ヒーローに「強くなりすぎ!」の声
アイア○マン感が強い。(2019/7/27)

夏のディズニーシーは「海賊フード」! 飲み比べしたくなる海賊カクテルも
東京ディズニーシーで「パイレーツ・サマー」開催中。フードも“海賊仕様”になってます。(2019/7/16)

新入社員、飲み会敬遠:
「社内バー」効能は 壁一面に100本もの酒
会社の上司や同僚と仕事終わりに酒を酌み交わす「飲みにケーション」。働き方改革が進み、仕事とプライベートの時間をきっちり分ける人が増える現代に、飲み会を再評価する動きが出てきた。(2019/7/12)

「酒場のサブスク」 毎日タダ飲み!?想定外の利用頻度
飲み屋さんに特化したサブスクアプリも続々登場している。(2019/7/8)

「酒場のサブスク」は、流行るのか
定額料金で期間中何度でもサービスを利用できるサブスクリプション(サブスク)。東京・銀座でスタートした日本初のクラフトビール専門のサブスクは、会員の来店頻度が店側の想定を大きく上回り、新規の「常連さん」がにぎわいを生んでいる。(2019/7/8)

由比ヶ浜の“海の家”がPayPay決済に対応、最大20%還元の企画も 8月31日まで
由比ヶ浜海水浴場(神奈川県鎌倉市)の“海の家”がPayPay決済に対応。7月1日〜8月31日にかけて、カフェやバーベキュー店などで利用できる。支払額の最大20%相当を「PayPayボーナス」として還元する企画なども行う。(2019/7/5)

水曜インタビュー劇場(実験公演):
丸亀製麺が始めた「30分飲み放題」 何が見えてきたのか
讃岐うどん専門店の「丸亀製麺」で、うどんを食べたことがある人も多いのでは。「丸亀製麺=うどん」といったイメージが強いが、数年ほど前から“うどん以外のモノ”にチカラを入れている。お酒とお弁当を提供したところ、売れ行きはまずまずだそうで……。(2019/7/3)

まるで立ち食いそば屋さん:
餃子の王将が“立ち食いのみ”の新業態店をオープン 狙いを社長に聞く
餃子の王将が立ち食いそば屋のような新業態店をオープンした。店内に椅子はなく、全席立ち食いスタイルとなっている。開発した狙いを渡邊直人社長に聞いた。(2019/6/27)

熱きシニアたちの「転機」:
ワンマン社長の奴隷、3500万円の借金地獄――“31歳無職の男”は「伝説の居酒屋カリスマ」にどう成り上がったのか【前編】
3500万円の借金地獄から、アッという間に大金持ちになった男の波乱万丈な成功物語の前編――。(2019/6/28)

ユニークな人事評価制度の全容とは:
見知らぬ客同士に会話させたら店員の評価UP!? 立ち飲みチェーンの狙いとは
名古屋発の立ち飲みチェーンがユニークな人事評価制度を導入している。見知らぬ客同士に会話を成立させたら評価がアップする。どういった狙いがあるのか。(2019/6/24)

国産ウイスキーが主流:
取扱量が5年で激増 大黒屋で酒の売買が活発になったワケ
ブランド品やチケットの買い取り・販売をしている大黒屋。ここ5年で酒の買い取りと販売の取扱量が激増している。背景には何があるのか?(2019/6/17)

ディズニーの七夕、何食べる? 「ディズニー七夕Days2019」パークフードとホテルメニューを紹介します
大人の楽しみビアカクテルも。(2019/6/10)

災い転じて福となす:
HUBがビールを値上げしたのに、客数と売り上げを増やせたワケ
英国風PUBチェーンの「HUB」は2018年6月にビールを値上げした。しかし、客数は減るどころか逆に増えた。どのような戦略を打ち出したかというと……。(2019/6/7)

水曜インタビュー劇場(激安公演):
「ハイボール 1杯50円」で、どうやって儲けているのか 鶏ヤローのカラクリ
首都圏の繁華街を歩いていると、「角ハイボール 50円」と書かれた看板を目にするようになった。激安の雰囲気が漂うこの店は、どのような特徴があるのか。運営会社の社長さんに話を聞いたところ……。(2019/6/5)

ベローチェでお酒350円・おつまみ290円均一のちょい飲みサービス「Vバル」がスタート! ねらいを聞いてみた
ベローチェでべろべろになりたい……。(2019/5/27)

ウイスキーの空き箱からダークファンタジー感溢れる騎士が誕生……! 工作とは思えないビジュアルに衝撃
これを作るためのパッケージだったと勘違いしてしまいそうになる……。(2019/5/19)

恐るべし:
「角ハイボール」は酒の世界を変えたのか
完全にひとつのジャンルを築いた感があり、ジャンルというか、銘柄というか、メニューのひとしなというか、ひと言では片づけられないところまできた感すらある。 もはやスタンダードともいえる「角ハイボール」状態だ。(2019/5/1)

火10吉高由里子「わたし、定時で帰ります。」  無茶苦茶ブラック上司に立ち向かえ! 「定時で帰る」vs「死ぬ気でやろう」のお仕事ドラマ
「敵」はユースケ・サンタマリア? それとも向井理?(2019/4/16)

丸亀製麺の30分飲み放題はホントに「すべてのせんべろを過去にした」のか? 聞いて飲んでわかったヒットの秘訣
30分でイクところまでイケる。(2019/4/16)

ニンニクヤサイマシマシカラメ! 全力のCGで描かれた二郎のラーメンが本物よりおいしそうな予感
そのままCMに使えそう。(2019/3/26)

四角いボックスでおなじみ:
世界2000店舗超の「PANDA EXPRESS」が東京上陸 米国発チェーンの実力は?
アメリカンチャイニーズレストランの「PANDA EXPRESS」が東京に初進出。今後も日本国内で店舗数を増やす計画だ。オープン前の記者発表会で実際に食べてみた。(2019/3/12)

これまでは9%:
アルコール6%なのに「ストロングゼロ」 新商品を出すサントリーの狙い
安くて気軽に酔える点が支持されているストロングゼロ。これまではアルコール度数が9%だったのに、6%の新商品が発売される。狙いをサントリーに聞いた。(2019/3/11)

体張りすぎ! マキシマムザ亮君、CMのために日清本社前で“野宿”を決行してしまう
でもそういうところが好き。(2019/3/6)

強さを数字で読み解く:
女子向けワイン酒場「ディプント」をヒットさせたプロントの“緻密な戦略”
プロントが運営する女性向けワイン酒場「ディプント」。2009年に1号店をオープンしてから40店舗近くまで増えた。ヒットの要因と強さの秘密を解き明かしていく。(2019/3/5)

お酒も飲める!:
スタバ、焙煎工場併設の4階建て大型店舗「リザーブロースタリー東京」オープン 気になる内観は……
スターバックスコーヒージャパンは2月28日、「スターバックスリザーブロースタリー東京」を東京・中目黒にオープンする。4階建ての店内ではコーヒーの焙煎工程を見学できるほか、100種類以上のコーヒーなどを楽しめる。その気になる内観は……(2019/2/28)

炭酸水メーカー「ソーダストリーム」と、ていねいに暮らしたい
憧れていた“ていねいな暮らし”に一歩一歩。(2019/2/28)

タイムアウト東京のオススメ:
レコードあさりはほろ酔いで興じる
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2019/2/26)

水曜インタビュー劇場(出会い公演):
最大11時間飲み放題の「バー」が、じわじわ増えている秘密
若者を中心に、人気を集めているバーがある。店名は「The Public Stand」(通称:パブスタ)。最大11時間飲み放題で、価格は男性3240円、女性は1080円。この安さがウケているわけだが、採算はとれているのだろうか。パブスタを立ち上げた、担当者に話を聞いたところ……。(2019/2/20)

わさビーフ、餃子化 「薄皮餃子専門 渋谷餃子」に「わさビーフギョーザ」登場
加熱しても辛味が飛ばないわさびで、ツンとくる味わいを再現。(2019/2/13)

VTuberは「会いに行ける」存在へ ときのそら、富士葵ら人気VTuberと1対1で話せるイベント開催決定
出演者は飛鳥ひな、音羽ララ、小山内めい、銀河アリス、東雲めぐ、白上フブキ、ときのそら、名取さな、ピーマンくん、富士葵、皆守ひいろ、もちひよこ、森中花咲の13人。(2019/1/29)

「期待させる煽り写真」 高橋克典&篠田麻里子、ドラマ「後妻業」のバスローブ2ショットにファン興奮
色気を漂わせる2ショット。(2019/1/23)

サントリーウイスキー「白角」が休売に 出荷停止理由詳しく聞いた
缶の「特撰白角水割」については販売継続するとのこと。(2019/1/22)

スピン経済の歩き方:
「アルコール離れ」は悪いことばかりなのか 関係者の“不都合な真実”
「ビール離れ」に歯止めがかからない。大手メディアは「消費者の節約志向」「豪雨や地震の影響」などと報じているが、ビールの消費量は14年連続で減少している。「減少が続いている」と聞くと、あまりいいイメージを抱かないかもしれないが、筆者の窪田氏はちょっと違う見方をしている。どういうことかというと……。(2019/1/22)

平日10食限定のスペシャルないちご祭り「ストロベリーアフタヌーンティー」! 浦安ブライトンホテル東京ベイでときめく
ビュッフェや豪華なホテルステイもレポート。(2019/1/21)

せんべろ業態:
居酒屋「てけてけ」運営元、串カツ田中より先に禁煙化も失敗 挽回の一手は?
“せんべろ”をコンセプトにした「やきとり魁(さきがけ)」がオープンした。喫煙者と非喫煙者が共存できる工夫をしている。喫煙歴18年の記者が店舗を訪問してみた。(2019/1/18)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。