ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「温水洗浄便座」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「温水洗浄便座」に関する情報が集まったページです。

トイレ革命が世界で進行中 支えるのは日本の技術
自動でふたが開閉し、温水洗浄の温度や強さが選べ、脱臭も…。日本ではそう珍しくなくなった高機能トイレだが、世界に目を向けると、“トイレ革命”途上の国々もある。世界で屋外での排泄(はいせつ)を強いられる人は9億人とされ、トイレは感染症のほか、性暴力の温床にもなっている。そんな国々のトイレ環境改善を日本の技術やノウハウが支えている。(2019/6/7)

トイレ革命が世界で進行中 支えるのは日本の技術
自動でふたが開閉し、温水洗浄の温度や強さが選べ、脱臭も…。日本ではそう珍しくなくなった高機能トイレだが、世界に目を向けると、“トイレ革命”途上の国々もある。そんな国々のトイレ環境改善を日本の技術やノウハウが支えている。(2019/6/7)

経産省がドイツの家電見本市「IFA」と手を組んだ理由
世界最大級の家電見本市「IFA」で2年前に始まった「IFA NEXT」。今年は新たに「パートナー国」という制度が設けられ、最初の国として日本が選ばれた。では、パートナー国とはどのような位置付けなのだろうか。(2019/5/7)

え、そんな意味だったの!? トイレにある「ビデ」の由来
フランス語で「●●」の意味。(2019/4/16)

成田空港に国内初のIoT活用トイレ 混雑状況など表示 4月3日から
あらゆるものをインターネットでつなぐ技術「IoT」を活用したもので、NTT東日本、TOTOなどの共同企画による国内初の試み。(2019/3/26)

PR:コンドームだけじゃない! 知らないところでお世話になってるオカモト商品のすごさを聞いた
ゴム! プラスチック! ゴム! プラスチック!(2019/3/25)

「ゲーミングトイレ」のイラストに正気度を試されるゲーマーたち 「音姫サラウンドで鳴りそう」「光るのそこかい」
ウォシュレットの水勢の分解能は5000dpi。ウォシュレットの水勢の分解能って何。(2019/3/18)

大好きだった星空が「美しく見えなくなってしまった」ときの話
気持ちの持ちようで見え方はずいぶん変わるもんだ。(2019/3/16)

成田空港に“見える化”IoTトイレがオープン TOTO「おしり洗う気持ちよさ伝える」
成田空港にIoTを活用した最新トイレがオープン。TOTOは「おしりを洗うのは手を洗うのと同じ」とアピール。(2019/2/27)

設備やノウハウ不足をどう扱う?
プログラミング教育に不安を抱く先生を救う、専門教材に込められた秘策とは
小学生を対象としたプログラミング教育が注目を集めている一方、教える側の設備やノウハウの不足といった課題がある。この課題を解消すべく、教育関連企業はさまざまな工夫を凝らしている。(2019/1/21)

組み込みエンジニアの現場力養成ドリル(12):
パニック間違いなし!? 難易度高めな迷宮「京急蒲田駅」がUI的に絶対NGな理由
日常生活のありとあらゆるモノから、ユーザーインタフェース(UI)の“良しあし”を学ぶことができます。日ごろ学生たちにユーザーインタフェースに興味を持つよう指導する筆者が「これは絶対にアカンやろ」と思わず叫んでしまったのが「京急蒲田駅」です。ユーザーインタフェースの観点だけでなく、機能構造の意味でも“絶対NG”な京急蒲田駅から学べることとは何か、一緒に考えてみましょう。(2019/1/7)

都内最大級の「猫・共生型」マンションが誕生ニャ 猫と人間両方の暮らしやすさを追求、住むだけで保護猫支援に
家賃から毎月222円が保護猫支援に充てられます。(2018/11/21)

百点のテストをこっそり自慢:
TOTO主催「トイレ川柳」受賞作発表 最優秀賞は“子ども心”を詠んだ……
TOTOが「トイレ川柳」の入選作品を発表。最優秀賞は「百点の テストを我が子 トイレ置き」が選ばれた。「ウォシュレット」の広告コピー「おしりだって、洗ってほしい」を考案したコピーライター・仲畑貴志氏が選者を務めた。(2018/11/19)

個人も“会社を買う”チャンス:
迫る“廃業の危機”を救ったのは……「後継者がいない」中小企業の物語
「後継者がいない」問題を抱える企業は多い。“大廃業時代”が迫る中、注目されているのがM&Aだ。企業だけでなく、個人が会社を引き継ぐケースも増えている。実際にM&Aを経験した企業の事例から、有用性や社会的意義を読み解く。(2018/9/26)

キタンクラブが「シャワートイレのボタン型水鉄砲」発売 おしりボタンでおしり以外を狙い撃ち
見慣れたボタンから噴射。(2018/9/13)

トイレで使う新しい発想の「お尻専用ソープ」、クラウドファンディングで人気集める
その発想はなかった。(2018/7/28)

スピン経済の歩き方:
「部族ネタの番組が増えると、日本はヤバい」は本当か
ここ数年、部族推しのテレビ番組が増えてきた。「えっ、部族ってブームだったの?」と思われたかもしれないが、テレビ欄を見ていただきたい。特にバラエティー番組で、部族が出まくっているのだ。こうした現象に対し、筆者の窪田氏は「ヤバい」と見ている。どういうことかというと……。(2018/6/19)

仮設トイレが独自の進化を遂げていた! 高級VIP用にIoT機能、知られざる“密室”の歴史
仮設トイレの進化について、メーカーに取材しました。(2018/4/15)

アプリで洗う位置を調節できる「IoT便座」、パナソニックが発売 見守り機能も
パナソニックは、スマートフォン用アプリから便器内の洗浄位置などを自分好みに細かく設定できるIoT温水洗浄便座「アラウーノ L150シリーズ」を発売する。(2018/4/9)

自分で“判断”する家へ:
10年後の「快適な住宅」とは何か LIXILの展望
「快適な暮らし」をさまざまな視点からデータで実証し、住宅に生かそうとしているLIXIL。家庭内事故を防ぐためには? トイレはどう変わるのか? 10年後の住宅について聞いた。(2018/3/28)

「おしり洗浄」国際規格に登録 トイレ操作、訪日客にも分かりやすく
「便器洗浄」「おしり洗浄」など、日本が提案した温水洗浄便座のピクトグラムが国際標準化機構(ISO)の国際規格に登録。訪日客に日本のトイレを使いやすくする。(2018/2/27)

【マンガ】ウォシュレットでおなじみ「ビデ」は、実は意外な意味だった
もともとはフランス語。(2018/2/18)

「病院行ったらイキナリ手術」 安田大サーカスHIRO、突然の宣告にびっくり
そんなこともあるんだ。(2018/2/7)

伝統のオレンジを復刻、“よりいい眺め”に 「小田急ロマンスカー」に新型車両、70000形「GSE」2018年3月登場
伝統のオレンジを復刻した美しい車体、無料Wi-Fiと電源も配備。ロマンスカー乗務員専用制服も一新。(2017/12/5)

「仲畑貴志賞」に選ばれた句は?:
TOTO主催「トイレ川柳」、最優秀賞は“間に合った幸せ”
TOTOが「第13回 トイレ川柳」の入選作品を発表。2万6338句の中から選ばれた最優秀賞は「間に合った こんな幸せ ありますか」。(2017/10/13)

TOTO、ベッド脇に置いて移動できる「ウォシュレット」発売 介護の負担軽減へ
TOTOは4年ぶりに、新モデルを発表した。(2017/8/25)

パナソニックの型破りな家電! 「脱臭ハンガー」誕生の秘密
パナソニックの「脱臭ハンガー」は、衣類を掛けておくだけで臭いをとってくれる画期的な家電だ。その開発者に経緯を聞くと、驚きのこだわりエピソードがいくつもあった。(2017/8/18)

和式便器はなぜなくならないのか?
和式便器撲滅作戦。(2017/8/13)

新「トルネード洗浄」も:
TOTO、「ふたを開けても美しい」57万円のトイレ発表
TOTOが、新型トイレ「ネオレストNX」を発表。美しさと機能性を併せ持ち、「ふたを開けても美しい」点が特徴だ。(2017/6/29)

東京で家賃4万円台の好条件物件に入居→毎夜お経のような声がしてくる上に、隣室で腐乱死体が発見されていたと発覚 「お経動画」公開にTwitterが戦慄
確かにお経みたいな声が聞こえる気が……。(2017/5/20)

「不具合で隣の個室と連動」コミュ力が試されると話題のウォシュレット、実はイタズラ 実際起き得るかメーカーに聞いた
5年前の画像が出回り、SNSで話題になっていました。(2017/4/18)

"トイレ文化の障壁打破"目指し:
TOTO USA、お試し可能ショールームをサンフランシスコにオープン
日本では当たり前の「ウォシュレット」や「ネオレスト」を世界に知ってもらうため、TOTO USAがカリフォルニア州サンフランシスコに4つの最先端トイレを“試運転”できるショールーム兼イベントスペース「Concept 190」をオープンした。(2017/3/26)

山浦恒央の“くみこみ”な話(91):
タダでソフト開発の生産性と品質を上げる方法(1):意外に使える無料のソースコード測定ツール「SourceMonitor」
「“くみこみ”な話」の新シリーズが開幕。テーマは「タダでソフト開発の生産性と品質を上げる方法」です。第1回は、ソースコードを簡単に分析し、計測するフリーツール「SourceMonitor」を紹介します。(2017/1/25)

もうトイレの操作でまごつかない 国内主要便器メーカー、操作パネルの絵記号を統一へ
ただし「渦巻き模様→便器洗浄ボタン」など、慣れが必要そうなものも。(2017/1/18)

「おしり洗浄」マーク統一 外国人にも分かりやすく トイレ操作の「標準ピクトグラム」作成
「おしり洗浄」「便器洗浄」など温水洗浄便座操作用のピクトグラムが標準化へ。外国人観光客からの「操作ボタンがわかりにくい」との指摘に応えた。(2017/1/18)

CES 2017:
CESの会場に並ぶジャパニーズ“便器” TOTOが仕掛けた“まるでスタンディングオベーション”がシュールすぎる(動画あり)
TOTO USAブースには、ウォシュレット一体型トイレが並んでいる部屋がある。中を通ると……?(2017/1/6)

ドコモがシュールな動画を公開「HOW TO USE TOILETS in JAPAN. -日本のトイレの使い方-」
(2016/12/16)

スマホは便座の5倍も汚いからって!? ドコモが「スマホ専用トイレットペーパー」を成田空港に設置
スマホをふいたあとはトイレに流せます。(2016/12/16)

韓国のシャワートイレに「ENEMA(浣腸)ボタン」? ボタンの使用方法をメーカーに聞いた 
「ENEMAボタン」という字面の破壊力。(2016/12/3)

宮田健の「セキュリティの道も一歩から」(8):
世に送り出したIoT機器を“加害者”にしないために、絶対やるべきこと
「モノづくりに携わる人」だからこそ、もう無関心ではいられない情報セキュリティ対策の話。でも堅苦しい内容はちょっと苦手……という方に向けて、今日から使えるセキュリティ雑学・ネタをお届け! 今回は「IoT機器メーカーがやるべきこと」についてお話します。(2016/11/7)

エネルギー列島2016年版(23)愛知:
廃棄物から電力を作って農業に、池の上にも太陽光パネルが並ぶ
住宅を中心に太陽光発電が活発な愛知県で、廃棄物を利用したバイオガス発電の取り組みが広がってきた。生ゴミや下水からバイオガスを生成して、電力と熱を供給するのと同時に肥料やCO2を農作物の栽培に利用する。太平洋沿岸の豊富な日射量を生かして水上式のメガソーラーも運転を開始した。(2016/9/27)

自宅の温水洗浄便座、使う理由と使わない理由
ご自宅のトイレで、あなたは温水洗浄便座を使っていますか? 全国の男女に聞いたところ「使用している」と答えたのは80.5%。インターワイヤード調べ。(2016/7/14)

水曜インタビュー劇場(トイレ公演):
TOTOが成田空港に“最新トイレ”を設置するワケ
成田空港内にある「GALLERY TOTO」をご存じだろうか。最新機能を搭載したトイレを体感できるわけだが、なぜTOTOはこのような施設をつくったのか。その理由は、数十年先を見越して……。(2016/7/13)

コンビニ探偵! 調査報告書:
「そうか、そんな使い方があったのか」 コンビニの意外な利用法
あらゆる商品やサービスにおいて、世の中には「想定外の使い方」をする人がいる。今回は、筆者の経験談も交えながら、コンビニの意外な利用方法を紹介しよう。(2016/4/12)

自然エネルギー:
シャワートイレを生産しながら太陽光で発電、工場から1700世帯分の電力を供給
窓やトイレをはじめ建材と設備機器を生産・販売するLIXILが、自社の工場を利用して太陽光発電を拡大している。シャワートイレを生産する愛知県の工場で5カ所目のメガソーラーが運転を開始した。年間の発電量は1700世帯分にのぼり、5カ所を合わせると7200世帯分の電力を供給できる。(2016/4/8)

イノベーションで戦う中小製造業の舞台裏(7):
ゴム業界の常識への挑戦が生んだ、水素ステーション普及の“立役者”
自社のコア技術やアイデアを活用したイノベーションで、事業刷新や新商品開発などの新たな活路を切り開いた中小製造業を紹介する本連載。今回は水素ステーションに採用された「耐水素用ゴム材料」を開発した高石工業を紹介する。(2016/4/5)

フタを閉めるだけじゃなかった! 温水洗浄便座の電気代節約術
(2015/11/3)

兵長……これは……どういう状況ですか 「進撃の巨人」のキレイ好き担当リヴァイ兵長が大阪環状線トイレ改良をPR
高度な笑いを感じる。(2015/9/8)

TOTOのウォシュレット、累計4000万台突破
TOTOは2015年7月に、温水洗浄便座「ウォシュレット」の累計出荷台数が4000万台を突破したことを明らかにした。(2015/9/2)

フォーラムエンジニアリング活用事例(2):
PR:地元志向の優秀な派遣エンジニアで品質を高める/TOTO
地方在住の優れたエンジニアが、住み慣れた地元で職を求めるのは難しい。だがフォーラムエンジニアリングの技術者派遣を活用すれば「地元」で「自分のスキルを生かす」を実現できる。地元での就業を希望する派遣エンジニアを積極的に活用しているTOTOに話を聞いた。(2015/8/25)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。