ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  X

「Xperia acro」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2018:
発表! 2018年を代表するスマートフォンは?
2017年12月から2018年12月中旬までに発売されたスマートフォンの中からベストな機種を選出する「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2018」。ノミネート10機種の中から選ばれた1機種を発表します。(2018/12/28)

中古スマホ販売/買取ランキング:
「iPhone 5s/6」人気は変わらず 買取では「iPhone 6s/7」がじわり上昇 ゲオ6月編
ゲオ店舗で扱っている中古スマホの販売/買取ランキングを紹介。6月の販売と買い取りはiPhone 5s/6が依然として人気。SIMロックフリー端末ではASUSの「ZenFone 2 Laser」が販売1位に返り咲いた。(2017/7/20)

中古スマホ販売/買取ランキング:
ドコモの中古「iPhone 5s」(良品)が2万800円に ゲオ5月編
ゲオ店舗で扱っている中古スマホの販売/買取ランキングを紹介。5月の販売と買い取りはiPhone 5s/6が依然として人気。SIMロックフリー端末ではHuaweiの「P8 lite」が販売1位をキープした。(2017/6/16)

中古スマホ販売/買取ランキング:
iPhone 5s/6が人気、SIMフリーでは「HUAWEI P8 lite」が販売1位に ゲオ4月編
ゲオ店舗で扱っている中古スマホの販売/買取ランキングを紹介。4月の販売と買い取りはiPhone 5s/6が人気。SIMロックフリー端末ではHuaweiの「P8 lite」が販売1位に。(2017/5/8)

中古スマホ販売/買取ランキング:
中古販売はiPhone 5sと6の一騎打ち SIMフリーは1万円台以下が人気 ゲオ3月編
ゲオ店舗で扱っている中古スマホの販売/買取ランキングを紹介。3月の販売はiPhone 5sとiPhone 6が人気。auとソフトバンクでは6が1位となった。(2017/4/10)

中古スマホ販売/買取ランキング:
「Priori 3」がSIMフリーの販売1位 買い取りでは「iPhone 7」がじわり上昇 ゲオ2月編
ゲオ店舗で扱っている中古スマホの販売/買取ランキングを紹介。2月の販売は3キャリアではiPhone 5sが1位だが、SIMロックフリーではFREETELの「Priori 3」が1位に輝いた。(2017/3/10)

中古スマホ販売/買取ランキング:
中古iPhone 6も人気、5sから首位奪還も近い?――ゲオ1月編【価格訂正】
ゲオ店舗で扱っている中古スマホの販売/買取ランキングを紹介。1月の販売は3キャリアとSIMフリーでiPhone 5sが1位。ドコモとauではiPhone 6も人気だ。(2017/2/10)

中古スマホ販売/買取ランキング:
販売は「iPhone 5s」が3キャリア+SIMフリーで1位――ゲオ12月編
ゲオ店舗で扱っている中古スマホの販売/買取ランキングを紹介。12月の販売は3キャリアとSIMフリーでiPhone 5sが1位。良品が2万円前後で購入できるのが魅力といえる。(2017/1/30)

中古スマホ販売/買取ランキング:
ソフトバンクとSIMフリーの「iPhone 5s」が上昇――ゲオ7月編
ゲオ店舗で扱っている中古スマホの販売/買取ランキングを紹介。ソフトバンクとSIMロックフリーのiPhone 5sが販売ランキングで上昇。ポケモンGOの影響が予想される。(2016/8/16)

中古スマホ販売/買取ランキング:
3キャリアともiPhone 5s/5が上位を独占――ゲオ6月編
ゲオ店舗で扱っている中古スマホの販売/買取ランキングを紹介。依然としてiPhone 5sと5の人気が高い。ポケモンGO効果もあってさらに売れるかもしれない。(2016/8/1)

中古スマホ買取/販売ランキング:
依然として人気の高い「iPhone 5s」、1万円未満のSIMフリースマホも――ゲオ5月編
ゲオ店舗で扱っている中古スマホの買取ランキングを紹介。5月は「iPhone 5s」の買取と販売がいずれも人気。「iPhone 6s」や「iPhone 6」の買取も増えつつある。(2016/6/30)

中古スマホ買取ランキング:
「iPhone SE」の発売で「iPhone 5s」の中古価格はどうなった?――ドスパラの場合
3月〜4月における、ドスパラの中古スマホ販売ランキングを紹介する。3月31日に「iPhone SE」が発売されたことで、「iPhone 5s」の中古価格にどんな影響を及ぼしているのかが気になる。キャリア、容量別に比べてみた。(2016/5/13)

SIM通:
ガラケー&旧端末強し!?12月の中古販売ランキング
中古販売ランキングでは、今回からゲオのランキングを追加しパワーアップ。常にガラケーが強い印象のダイワンテレコムのランキングで、iPhone以外の端末がランク入り。その端末とは?(2016/2/10)

ドコモ、「spモードメール」の仕様変更に伴う手続きを案内
2月10日以降、「spモードメール」を新規で利用する場合、「ドコモメール」にアップデートをするか、spモードメールの再利用手続きをしないと、spモードメールが利用できなくなる。(2016/2/9)

中古スマホ買取ランキング:
iPhone 5sとXperia Z1など2013年モデルが人気――ブックオフ12月編
買取の多い中古スマホの中から、キャリア別にトップ10を出す本コーナー。2015年12月のブックオフでは、iPhone 5s、Xperia Z1、GALAXY S4、Xperia Aなど、2013年の人気モデルが上位に顔を出している。(2016/2/1)

中古スマホ買取ランキング:
iPhone 6/5sが人気、SIMフリーの5sもランクイン――ゲオ12月編
ゲオ店舗で扱っている中古スマホの買取ランキング。12月はiPhone 6とiPhone 5sの買取人気と価格が高い。SIMロックフリーのiPhone 5sもランクインしている。(2016/1/22)

中古スマホ買取ランキング:
「iPhone 5s」と「iPhone 6」が人気、SIMフリーでは「ZenFone 2」が上昇――ゲオ11月編
買い取り量が多く、買い取り額が高いのは「iPhone 5s」と「iPhone 6」だ。特にドコモ版は高く買い取ってもらえる。SIMフリーでは「ZenFone 2」の最高買取額が10月より値上げされた。(2015/12/22)

中古スマホ買取ランキング:
「Xperia Z3 Compact」と「iPhone 5s」がライバルに?――ブックオフ11月編
今回、人気があり、最も高く買い取ってもらえるのはXperia Z3 CompactとiPhone 5sだった。他にXperia Z1、GALAXY S4、Xperia Aなど、2年ほど前のAndroidスマホもよく売れているようだ。(2015/12/18)

中古スマホ買取ランキング:
SIMフリー「iPhone」やドコモ版「Xperia」が人気――ドスパラ11月編
SIMロックフリーのiPhoneが、買取でも人気が高く、「iPhone 5s」(64GB)、「iPhone 5s」(32GB)、「iPhone 6」(128GB)が上位に付けている。ドコモ版の「Xperia Z4」と「Xperia Z3」も高値で売れる傾向にある。(2015/12/17)

中古スマホ買取ランキング:
買取でもiPhoneが人気、特にドコモ版が高価な傾向に――ゲオ10月編
「iPhone 6s」が発売された直後とあって、10月は「iPhone 6」の買取が多い。特に人気が高く(よく売る人が多く)買取価格が高いのは、ドコモの「iPhone 6」だった。(2015/11/24)

「でんぱ組.inc」の30機種対応スマホケース&きせかえアプリが登場
「でんぱ組.inc」のワールドツアーを記念し、30機種対応・全10デザインのスマートフォン向けケースとiOS/Android向け“きせかえアプリ”がリリース。(2015/5/22)

Xperia Zシリーズは終わりを迎えるのか?――「Xperia Z4」で感じた“疑問と期待”
Xperia Zシリーズの完成形とうたう「Xperia Z4」が日本で今夏、発売される。今のところ海外展開は決まっていないが、その理由は? そして今後のXperiaはどうなっていくのだろうか?(2015/5/11)

gooスマホ部:
海外でLINEだけを使いたい
海外でメールや通話はしないのですが、LINEだけを使うことはできますか?(2014/4/17)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2014/4/15)

gooスマホ部:
LINEとFacebookは連動しているのでしょうか?
LINEの「知り合いかも?」欄に、Facebookのプロフィールと同じ画像が表示される人がいます。Facebookで相手のページにアクセスしたことがありますが、それが原因でしょうか?(2014/3/7)

現役女子大生に聞くスマホ事情(1):
「本当はタブレット+ガラケーがいい」「買う機種を自分で選びたくない」――女子大生がスマホに思うこと
スマートフォンほど、性別や環境によって使い方が異なるデバイスはないかもしれない。若者のスマホ事情を探るべく、女子大生にインタビューしてみた。取材にご協力いただいたのは“ミラクル☆ガールズ”の4人。今回は「端末」に焦点を当てた。(2014/2/24)

gooスマホ部:
LINEの着信表示について
LINEに着信があっても「拒否・応答」という画面に切り替わらないときがあります。何か設定をしてしまっているのでしょうか?(2014/1/21)

ITmediaスタッフが選ぶ、2013年の“注目端末&トピック”(編集部田中編):
五感ならぬ“三感”に訴えるスマートフォンに満足した2013年
2013年に「うおお!」と感動するスマートフォンはどれだけあったのだろうか。筆者が個人的に気に入ったモデルを選びたい。一番印象に残ったのは、「触覚」「視覚」「聴覚」を満たしてくれたスマートフォンだった。(2013/12/31)

GALAXY Note 3やXperia NX/acro HDなど20機種が「ドコモメール」に対応
ドコモは、スマホ向け新メールサービス「ドコモメール」の対応機種にXperia NX/acro HDやGALAXY Note 3など20機種を追加した。(2013/12/10)

「Xperia Z1」の“ここ”が知りたい 第1回:
歴代Xperiaからココが変わった――「Xperia Z1」のスペックと外観を比較
ドコモとKDDIから発売された「Xperia Z1」の気になるポイントを、数回に渡ってレビューしていくコーナーが開始。第1回ではXperia acro HD、Z、Aとの違いを取り上げる。(2013/11/7)

Microsoft Remote Desktopの基礎と実践:
第1回 Android向けMS純正リモート・デスクトップ・アプリを使いこなす
iOS/Androidスマートフォン/タブレット向けに、Microsoftから「純正」のリモート・デスクトップ接続アプリがリリースされた。まずはAndroid版アプリの使いこなし方や使い勝手、注意点について詳しく説明する。(2013/12/16)

スマホのイヤフォンプラグで楽曲をシェア? ユニバーサルが「ハジ→」新譜で新しい試み
ユニバーサル ミュージック合同会社は、「ハジ→」の新譜「White Winter Love。」にユニークな「PlugAirバージョン」をラインアップする。スマホユーザー限定。(2013/10/31)

PCや他社スマホでも利用可能:
「ドコモメール」提供開始――機種ごとの対応スケジュールや利用方法も案内
ドコモの新しいキャリアメールサービス「ドコモメール」が、10月24日9時から提供開始された。ドコモは機種ごとの対応スケジュールや利用方法などを案内している。(2013/10/24)

オリジナルスマートフォンケース作成サービス「PRINTSERV-プリントサーブ-」
グッドファーム・パートナーズが、オリジナル画像やテンプレートを利用し、ブラウザ上でスマートフォンケースが作れるサービスを開始。(2013/10/7)

KDDI、下取りプログラムに「iPhone 5」を追加 64Gバイト版は2万8000ポイント
KDDIが、「下取りプログラム」にiPhone 5を追加すると発表した。9月20日から適用する。iPhone 5の64Gバイト版は2万8000円相当の28000ポイントがもらえる。(2013/9/13)

Windowsネットワーク管理者のためのAndroid活用入門:
第5回 なくしたAndroidスマホのデータをリモートから消去する
漏らしてはならない重要な情報がどんどん詰め込まれるAndroid端末。もし紛失したら一大事! 無償ツールでリモートからデータを消去して情報漏えいを阻止しよう。(2013/8/28)

KDDI、「Xperia acro HD IS12S」のソフト更新を開始
KDDIがauスマホ「Xperia acro HD IS12S」のソフト更新を開始した。特定サイト閲覧時に画面表示が崩れる不具合を改善する。(2013/8/7)

「REGZA Phone」にイヤフォン抜き差しで再起動する不具合――ドコモ、スマホなど3機種でソフト更新を開始
ドコモは、「Xperia acro HD SO-03D」「REGZA Phone T-02D」「L-04D」のソフト更新を開始した。REGZA Phoneでは、音量調整やイヤフォンの抜き差しで再起動する不具合を解消する。(2013/8/6)

「GALAXY S4」ロードテスト:
第1回 GALAXY S4購入の決め手は“サイズ感”と“S Viewカバー”
ドコモのツートップしていち早く発売された「GALAXY S4」。5インチフルHDという大画面ながら片手に収まるサイズ感に加え、ケータイのサブディスプレイ感覚で使える「S Viewカバー」の存在がポイントだ。(2013/8/6)

OTAS、スワロフスキーで輝くスマホ用の「イニシャルデコケース」
OTASは、iPhoneとAndroid端末向けに、アルファベッドを装飾したスマートフォンケースを発売した。(2013/7/17)

開発陣に聞く「Xperia A SO-04E」:
誰もが快適に使えるスマートフォンを――「Xperia A SO-04E」で目指したもの
5月17日に発売して累計販売台数64万台を突破したXperia Aのコンセプトは「快適」。デザイン、機構設計などに盛り込んだ「快適」について、開発陣に話を聞いた。(2013/6/26)

「Xperia」ユーザーなら「LLS-201」購入で電子マネーをプレゼント、ソニーがキャンペーンを実施
ソニーマーケティングとソニーモバイルコミュニケーションズが、パーソナルコンテンツステーション「LLS-201」の発売を記念して共同キャンペーンを実施する。Xperiaユーザー限定。(2013/6/12)

SBI、2013年5月の中古携帯ランキングを発表――「Xperia Z SO-02E」が4カ月連続1位
SBIライフリビングが運営する携帯電話機売買専門ページ「ケータイ★アウトレット」による2013年5月の中古携帯ランキングが発表。早くも各キャリアの2013年夏モデルが登場している。(2013/6/7)

ちょっと気の利いたXperia Zの弟分:
写真で解説する「Xperia A SO-04E」
ドコモ2013年夏モデルの“ツートップ”の一角としていち早く発売された「Xperia A SO-04E」。前モデルの「Xperia Z SO-02E」が発売されてから3カ月ほどしか経っていないが、Zとはどう違うのか。外観とソフトウェアを詳しく見ていこう。(2013/5/29)

Xperia Tablet Z マニアックス(3):
極薄ボディのスタミナは十分か?――「Xperia Tablet Z」
「Xperia Tablet Z」のような薄型軽量を追求したタブレットで懸念されるのが“スタミナ”だ。前モデルの「Xperia Tablet S」や「Nexus 10」と比較しつつ、実際のバッテリー駆動時間やACアダプタ、省電力機能をチェックした。(2013/5/23)

KDDI、スマホ向け本格カーナビアプリ「auカーナビ」をリリース
KDDIより、スマートフォン向け本格カーナビゲーションアプリ「auカーナビ」が登場。月額利用料金を最大3カ月無料とする「3カ月無料キャンペーン」も実施する。(2013/5/13)

開発陣に聞く「Xperia Z SO-02E」(後編):
薄いけど頑丈――Xperia Zで“厚さ7.9ミリ”を実現できた秘密
機能は進化させながら、ボディはどんどん薄くなるスマートフォン。Xperia Zでは、厚さ7.9ミリという数値に到達しながら、最厚部のないフラットなボディを実現した。開発者インタビュー後編では、こうした機構設計に加え、ソフトウェアに焦点を当てた。(2013/5/10)

携帯販売ランキング(4月22日〜4月28日):
ランキングの動き少ないなかで、あの人気端末がついに3位に後退
総合ランキングでは、5週連続2位だった「Xperia Z SO-02E」が3位に順位を下げた。「ARROWS X F-02E」も3週ぶりにランクインした。それ以外は目立った動きは少なかった。(2013/5/2)

携帯販売ランキング(4月15日〜4月21日):
1カ月以上も続くランキング上位陣の“無風”状態
総合ランキングをはじめ、各ランキング上位陣に変化がない。特に総合の1〜4位は今回で5週連続して動きがない。キャリアの中ではauランキングが比較的変化があったがそれでも1〜3位は変わっていない。(2013/4/26)

携帯販売ランキング(4月8日〜4月14日):
先週に続いてランキング下位に動きあり、約10カ月ぶりトップ10入り機種も
総合ランキング8位に「Xperia acro HD SO-03D」がおよそ10カ月ぶりの登場、キャリア別でも4位に食い込む大復活だ。(2013/4/19)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。