ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  Y

「Yahoo! ID」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Yahoo! ID」に関する情報が集まったページです。

PayPay新規登録特典が変更 銀行口座登録で1000円分
PayPayが銀行口座登録を促進する。従来新規登録で特典を付与していたが、8月からは特典受け取りに銀行口座登録を必要に変更する。(2019/7/5)

「Yahoo!マネー」が「PayPay」に統合 9月30日付予定
ヤフーが「Yahoo!マネー」の名称で提供している電子マネー事業をPayPayに9月30日付で承継する予定であることを発表。「Yahoo!マネー残高」を「PayPay残高」に移行する。PayPayアカウントを持っていないユーザーは、9月30日以降に新規作成すれば残高や登録情報を引き継ぎできる予定だ。(2019/6/28)

Yahoo!マネーがPayPayに統合 9月末に
ヤフーは電子マネー「Yahoo!マネー」を9月30日時点で「PayPay」に統合する。Yahoo!マネープラスの残高は、払い出し可能な新しいPayPay残高に移行される。(2019/6/28)

ヤフー、「Yahoo!スコアが勝手に企業に提供される」を否定 「同意した場合のみ企業に提供」
「使ったことがない企業・サービスに勝手にスコアが提供されていた、ということは起こり得ません」(ヤフー広報)(2019/6/18)

ユーザーの行動から“信用度”算出「Yahoo!スコア」はデフォルトで「オン」 拒否する方法は
ヤフーはこのほど、Yahoo! JAPAN IDユーザーの行動などを分析したビッグデータを基に、各ユーザーの“信用度”を数値化する「Yahoo!スコア」をスタートした。自らの行動がスコア化され、利用されることが気持ち悪いと思う人は、設定画面から手動でオフにする必要がある。(2019/6/5)

ユーザーへの特典付与や審査プロセスの簡略化などに活用可能:
ヤフーが信用スコアサービス提供へ
実証実験では、シェアサイクルの優良ユーザーの抽出と特別料金プランの提供、フリーランスと仕事発注者とのマッチング精度向上など、スコアの有効性を確認している。(2019/6/5)

Yahoo! IDユーザーの行動を点数化し、事業者とマッチングする「Yahoo!スコア」発表
ヤフーは、同社のサービスの利用実績から機械的に算出する「Yahoo!スコア」を、事業者向けに提供する。ユーザーに対する特典などの付与や、審査プロセスの簡略化、コンテンツの最適化、サービスの改善、広告の配信などに利用できる。(2019/6/5)

優良ユーザーを“信用”で抽出する「Yahoo!スコア」7月1日開始 事業者とユーザーのマッチングなどに活用
ヤフーのビッグデータからYahoo! JAPAN IDユーザーの“信用度”などを総合的に数値化する「Yahoo!スコア」を企業などに提供するサービスを、7月1日に開始する。(2019/6/3)

ヤフー、ユーザーの“格付け”「Yahoo!スコア」を企業向けに提供開始へ 
「プライバシーには十分配慮」するとのことです。(2019/6/3)

「Yahoo! JAPAN ID」オフラインでも活用 スポーツジムの入退館など管理
ヤフーは、Yahoo! JAPAN IDをオフラインで活用する実証実験を、ティップネスが運営するトレーニングジム「FASTGYM24」と連携して始めた。ジムの会員情報とYahoo!IDを連携させ、入退館やトレーニングメニューの管理などを行える。(2019/5/13)

「Yahoo! JAPAN」アプリからPayPay残高の送受信が可能に
ヤフーのアプリ「Yahoo! JAPAN」アプリで、PayPay残高の送受信が可能に。これまで「PayPay」アプリから送付されたPayPay残高を受け取ることのみ可能だったが、QRコードや電話番号などで送付・受け取りできるようになった。(2019/4/17)

CarPlay版「Yahoo!カーナビ」で使える機能が少ない理由
人気カーナビアプリ「Yahoo!カーナビ」がCarPlayに対応。使える機能はまだ少ないが、その理由とは?(2019/4/15)

「au PAY」「d払い」「PayPay」還元合戦の裏にある狙い
KDDIの「au PAY」が4月9日にスタート。最大26.5%のポイント還元キャンペーンも展開する。PayPay、d払いも「20%還元」キャンペーンを実施し、“還元合戦”の様相を呈してきたが、各社の狙いは異なるようだ。(2019/4/4)

「PayPay」アプリ、一定期間がたつと強制ログアウトする仕様
「PayPay」アプリが、一定期間経過後に自動ログアウトする仕様であることが判明。セキュリティの観点からこのような設定にしたという。現時点で、自動ログアウトを回避することはできない。(2019/2/28)

PayPayアプリで「モバイルTカード」が表示可能に
PayPayアプリで「モバイルTカード」が表示できるようになった。バージョン1.12.0以降が対象で、Tポイント利用手続きをしたYahoo! JAPAN IDでログインした上で表示を有効にする必要がある。(2019/2/26)

モバイル決済Q&A:
PayPayのアカウントは削除できない?
取りあえずPayPayのアカウントを作成したものの、やっぱり削除したいという人もいるだろう。だがPayPayのアカウントは削除できない。サービスを辞めたい場合はどうすればいいのか?(2019/2/15)

企業間ビッグデータ連携に本腰、10月から新サービス:
セブン-イレブンとグリコは、ヤフーの検索履歴データをどう活用したのか?
ヤフーが自社のビッグデータ分析のノウハウを企業向けに販売する。商品企画や需要予測など、活用の幅は広いと同社は強調。既にさまざまな企業が、実証実験で有力なインサイトを得ているという。(2019/2/14)

「秘密を共有しない」のが鍵:
4500万人のユーザーに“パスワード”をやめさせたい――ヤフーが進める「もっと安全で簡単な認証」とは
共通ID「Yahoo! JAPAN ID」を使って多数のWebサービスを展開するヤフー。同社では、パスワードを無効にし、代わりにSNSや生体認証を使った新たなログイン形式を推進している。「パスワードよりも安全で、簡単」というその中身とは。(2019/2/14)

「新たな収益の柱に」 ヤフー、ビッグデータ分析のノウハウを企業向けに販売へ
ヤフーは、顧客企業や自治体が持つデータとヤフーのビッグデータを掛け合わせて分析するサービスを10月から提供する。(2019/2/13)

PayPayの第2弾「100億円キャンペーン」は何が変わった? 第1弾との違いと注意点
PayPayの第2弾「100億円キャンペーン」が発表された。還元額と還元率(最大)は第1弾キャンペーンと変わらないが、詳細な内容は大きく変わっている。第1弾と第2弾の違いを整理した。(2019/2/4)

PR:日本も「信用スコア」時代が幕開け 先行するJ.Scoreで、あなたも信用スコアを測ってみませんか?
(2018/12/28)

Yahoo! JAPANかたるフィッシングメールが増加 不審なメール開かぬよう注意喚起
うっかりURL先で情報を入力して「登録」などのボタンを押してしまうと、個人情報が攻撃者に渡る恐れが。(2018/12/20)

PayPayが「緊急メンテナンス」 全機能が利用不能に【回復】
PayPayが12月13日18時頃から使えない状態に。運営会社は緊急メンテナンスを実施している。【追記】(2018/12/13)

セキュリティクラスタ まとめのまとめ 2018年11月版:
「PCを使わないこと」が最強のセキュリティ対策なのか?
2018年11月のセキュリティクラスタは「賑わうセキュリティカンファレンス」「PCを使わないセキュリティ担当大臣」「突然閉鎖したWizard Bibleサイトの続報」に注目が集まりました。(2018/12/13)

20%還元スタートの「PayPay」で早速買い物をしてみた 意外な戸惑いも
総額100億円を還元するという「PayPay」の大規模なキャンペーンが、12月4日9時にスタートした。PayPayアプリでは何ができるのか。また本当に20%還元されたのか。初期設定から買い物の様子までレポートする。(2018/12/4)

スマホ写真でフォトブック作れる「Myフォト」 ソフトバンクが提供
ソフトバンクが、スマートフォンで撮影した写真からフォトブックを作れるサービス「Myフォト」の提供を始めた。(2018/12/3)

「Yahoo! JAPAN」アプリから決済サービス「PayPay」が利用可能に
ヤフーとPayPayは、11月12日にスマートフォン向け決済サービス「PayPay」と「Yahoo! JAPAN」アプリの連携を開始。「Yahoo! JAPAN」アプリのトップ画面に表示されている「PayPay」のアイコン、またはツールタブ上部から簡単に利用できるようになる。(2018/11/12)

「マーケティングが変わる」 ヤフー川邊社長が「PayPay」に込める期待
決済サービス「PayPay」の普及を前提に、ヤフーの川邊社長は「マーケティングが全く変わる」と期待を寄せる。(2018/10/31)

ヤフー、Androidスマホで指紋認証によるログインが可能に
ヤフーは、AndroidスマートフォンのWebブラウザで指紋認証などの生体認証を使用したヤフーサービスへのログインが可能になったと発表。事前に登録したデバイスからのみ生体認証が利用できる仕組みを採用し、現時点ではAndroid 7.0以上かつChrome70以上が対象となる。(2018/10/23)

パスワード不要、生体認証でヤフーにログイン 「FIDO 2」対応 Androidスマホ+Chromeで
Androidスマホ+Chromeからヤフーにログインする際、生体認証が使用できるように。生体認証デバイスなどを利用して安全なログインを実現する規格「FIDO 2」に対応した。(2018/10/23)

ヤフー、ユーザーの信用を数値化「信用スコア」事業参入 購買履歴など活用
ヤフーが、ユーザーの信用を数値化する「信用スコア」事業に参入する。ユーザーの購買情報などビッグデータを分析し、スコアを算出する。(2018/10/11)

ヤマトの配達予定、Yahoo!JAPANアプリでプッシュ通知 不在連絡も
宅急便の配達予定や不在連絡などを、「Yahoo!JAPAN」アプリにプッシュ通知する機能がスタート。ユーザーの利便性向上や再配達の削減が狙い。(2018/10/10)

スマホからカードレスでTカードが発行可能に
Tポイント・ジャパンは、10月1日にスマートフォンからカードレスで発行できる「モバイルTカード」を開始。Tサイトから手続きを行うとその場でモバイルTカードを発行でき、店頭で対応アプリからバーコードを提示するとTポイントが貯まる・使えるようになる。(2018/10/2)

ALIPAY DAY 2018:
ソフトバンクとヤフーの決済サービス「PayPay」の強みとは? 中山社長が語る
ソフトバンクとヤフーが合弁会社「PayPay」を設立。このPayPayが、2018年秋からQRコードを使った決済サービスを開始する。コード決済サービスは既に多数存在するが、PayPayの強みはどこにあるのか?(2018/9/6)

加盟店の手数料は3年間無料:
ソフトバンクとヤフーの合弁会社、コード決済「PayPay」を2018年秋に提供
ソフトバンクとヤフーの合弁会社が、新たなコード決済サービス「PayPay」を2018年秋に提供する。PayPayやYahoo!Japanのアプリから利用する。店舗側が負担する決済手数料は3年間無料とする。(2018/7/27)

脱カタログ、脱B2Bの先にあるもの:
アスクルがECとリアルの垣根がない世界で勝つためにやっていること
オフィス向けカタログ通販を軸に成長し、創業20年を超えたアスクルが抱く「危機感」の真意とは。(2018/7/4)

モバイル決済サービスの使い方:
“おサイフケータイ”を初めて使う人にオススメ 「Google Pay」のメリットを解説
「Google Pay」は、楽天Edy、nanaco、Suica、WAONの電子マネーサービスを一括で管理できる。現在はGoogle Payで支払うと電子マネーが当たるキャンペーンも実施している。そんなGoogle Payを使うメリットを解説する。(2018/6/30)

ヤフー、「パスワード無効」設定可能に セキュリティ向上のため
ヤフーは5月18日、「Yahoo! JAPAN ID」で設定済みのパスワードを用いたログインを無効にする機能の提供を始めた。IDとパスワードを取得した第三者による不正アクセスを防ぐ狙い。(2018/5/18)

ユーザーの利便性を向上:
ソーシャルログインの「ソーシャルPLUS」が楽天IDに対応
フィードフォースは、同社のソーシャルログインサービス「ソーシャルPLUS」が楽天IDに対応したと発表した。 (2018/5/18)

折り込みチラシの素材を活用してネットとテレビに動画広告を出稿:
Yahoo! JAPAN、「チラシビジョン」のスマートフォン対応を開始
Yahoo! JAPANは、折り込みチラシなどの素材を活用してネットとテレビに動画広告が出稿できるサービス「チラシビジョン」のスマートフォン対応を2018年3月より開始した。(2018/3/22)

有料会員のみ設定変更可能:
「ヤフオク!」出品が17年ぶり無料に 利用者拡大目指す
ヤフーが「ヤフオク!」の仕組みを変更。「Yahoo!プレミアム」に登録していないユーザーでも無料で出品できる仕様にした。さらなるユーザー獲得を図る狙いで、出品機能の無料化は17年ぶりという。(2018/3/19)

クロネコヤマトで4月1日からTポイントサービス 宅急便利用でポイントがたまる
運賃支払いや包装資材の購入でTポイントがたまります。(2018/3/15)

ヤフーが企業間ビッグデータ連携の実証実験を本格化 19年度の事業化を目指す
ヤフーがビッグデータやAI技術を活用する新規事業構想「DATA FOREST」(データフォレスト)を発表。既に十数社と実証実験を始めており、19年度の事業化を目指す。(2018/2/6)

日産や神戸市などと実験:
新体制で“データの会社”へ――ヤフーが新施策「DATA FOREST」で目指すもの
1月末開いた社長交代会見で、「ヤフーをデータの会社に変える」と述べた次期社長・川邊健太郎氏。今後ヤフーは、どのような戦略を展開するのだろうか。川邊氏と佐々木CDOが会見を開き、新施策「DATA FOREST」を発表した。(2018/2/6)

データに強い会社に変える:
社長交代のヤフー、宮坂・川邊両氏が明かした「目的と舞台裏」
ヤフーが社長交代を発表。宮坂学社長が退任し、後任には川邊健太郎副社長が就く。記者会見で、宮坂・川邊両氏がその目的と舞台裏を明かした。(2018/1/24)

ビッグデータ活用、AIが運用する投資信託「Yjamプラス!」 ヤフー子会社が取り扱い開始
ヤフー子会社のワイジェイFXが、AIがビッグデータを解析して投資信託を行う「Yjamプラス!」の取り扱いを始める。(2018/1/18)

CCC、東京ガス利用者にタブレット端末を1万台無料配布 ガス利用量や生活情報を表示
東京ガスの利用者を対象に、家庭用デジタルサイネージ端末をモニター配布する。(2018/1/16)

増収減益のヤフー、Eコマースとデータドリブンに引き続き投資
ヤフーの2017年4〜9月期の連結業績は、増収減益。Eコマース事業拡大やデータドリブン化に向けた投資が利益を圧迫したが、引き続き投資する考えだ。(2017/10/27)

生鮮食品宅配「IYフレッシュ」、セブンとアスクルが開始 11月末から
セブン&アイ・ホールディングスとアスクルが、生鮮食品宅配サービス「IYフレッシュ」を11月28日に始める。東京都新宿区と文京区を対象に1時間指定便で配送。(2017/10/13)

「ブック放題」がソフトバンク以外でも利用可能に
月額500円(税別)の雑誌・マンガ読み放題サービス「ブック放題」が、10月5日からソフトバンク以外のスマートフォン・タブレットやPCで利用できるようになる。同日から旅行ガイドブック「るるぶ」も100冊以上追加する。(2017/10/4)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。