ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「矢野経済研究所」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

不動産市況:
住宅リフォーム市場のトレンドを調査、2021年第1四半期の市場規模は1.5兆円
矢野経済研究所は、各種統計データと住宅リフォーム会社を対象に、住宅リフォーム市場の短期的な市場トレンド調査を2021年1〜3月に実施した。リサーチの結果によれば、2021年第1四半期(1〜3月)の住宅リフォーム市場規模は1兆5074億円(速報値)で、前年同期比で12.4%増と推計した。(2021/7/29)

メカ設計ニュース:
2020年度国内クラウドファンディング市場は前年度比17.6%増の1841億円
2020年度の国内クラウドファンディング市場規模は、前年度比17.6%増の1841億円だった。矢野経済研究所によると、新型コロナウイルス関連のプロジェクトが急増し、支援者数は124万人、支援額は156億円と推計する。(2021/7/8)

製造ITニュース:
2020年の国内PLM市場は2616億円、8年ぶりにマイナス
矢野経済研究所は、国内PLM市場の推移および予測結果を発表した。2020年の同市場規模は前年比6.2%減の2616億7000万円となり、2012年以来8年ぶりのマイナストレンドとなった。(2021/6/17)

矢野経済研究所が世界市場を調査:
LiB市場、2025年に約500億米ドル規模へ
リチウムイオン電池(LiB)主要4部材の世界市場は、2020年の約233億米ドルに対し、2025年は約500億米ドルの規模に達する見通しである。矢野経済研究所が調査した。(2021/6/17)

週末に「へえ」な話:
文具市場は縮小しているのに、サクラクレパスの業績が好調の秘密
文具市場が苦戦している。矢野経済研究所のデータによると、縮小傾向が続いているが、子ども向けの商品を扱う「サクラクレパス」の業績が好調なのだ。その背景に、何があるのかというと……。(2021/6/12)

材料技術:
このままではCNFはガラパゴス材料に!? カギは必然性と想定を超えた用途開発
矢野経済研究所は、2021年のセルロースナノファイバー(CNF)世界市場に関する調査結果の概要を発表した。2020年のCNF世界生産量は、サンプル供給を含めて57tにとどまり、2021年も57〜60tを見込む。また、2021年の出荷金額についても2020年から横ばい、もしくは微増の見通しで53億7500万円になると予測する。(2021/5/19)

3Dプリンタニュース:
3Dプリンタ世界市場は新型コロナの影響で伸びが鈍化、2023年に37万台と予測
矢野経済研究所は、3Dプリンタ世界市場に関する調査結果の概要を発表した。2020年の3Dプリンタ世界市場規模はCOVID-19の影響を受け、出荷台数が減少し、前年比99.7%の36.4万台となった。また、2017〜2023年までの年平均成長率(CAGR)は5.4%で推移し、2023年の3Dプリンタ世界市場規模は37万台になると予測している。(2021/4/21)

国も後押し:
ワーケーション市場規模は699億円、5年後5倍に?
コロナ禍の影響でテレワークが一般化した。旅行先で仕事をするようなワーケーション市場規模はどこまで拡大するのか。矢野経済研究所が調査結果を発表した。(2021/3/27)

後払いは「利用金額を把握しやすい」のか? 利用者と非利用者で認識ギャップ
品物やサービスを購入した際に、あとで支払いを行う「後払い」サービスの利用が拡大している。矢野経済研究所の調査によると、2022年には1兆3500億円まで拡大する見通しだ。しかし、ニッセイ基礎研究所が調査したところ、後払いの利用者と非利用者は意外な認識ギャップがあった。(2021/3/23)

矢野経済研究所が世界市場を調査:
LiB市場、2030年には最大1809.2GWhの規模へ
車載用リチウムイオン電池(LiB)の世界市場(容量ベース)は、2020年の167.5GWhに対し、2030年は764.4G〜1809.2GWhに拡大する。矢野経済研究所が調査し、市場規模を予測した。(2021/3/19)

製造マネジメントニュース:
RFIDやAIの活用拡大が期待、倉庫内物流テック市場調査
矢野経済研究所は、国内の倉庫内物流テック市場に関する分野別動向の調査結果を発表した。物流のデジタル化が進み、倉庫内物流テック市場は伸長すると予測している。(2021/2/17)

データドリブン経営に向けたデータ分析関連人材の確保は急務 企業動向を探る
矢野経済研究所によると、国内のデータ分析関連人材規模は、データドリブン経営の浸透などを背景に急拡大し、2023年度には約142万人に達する見込みだ。(2021/1/28)

国内の“倉庫内”物流テック市場に成長の兆し その背景は――矢野経済研究所
WMS(倉庫管理システム)などのクラウドサービス、作業支援の音声認識システムなどを提供する「倉庫内物流テック」は、2015年前後から導入件数が伸びており、今後も伸長の見込み。特にAIやRFIDの活用は、2021年に物流現場への本格導入が進むという。(2021/1/26)

矢野経済研究所が国内市場を調査:
一般用途照明市場、2020年見込みは前年比11%減
矢野経済研究所は、国内の照明市場を調査した。2020年の一般用途照明市場(メーカー出荷金額ベース)は、コロナ禍による経済環境の悪化などにより、前年比11.0%減の8758億円を見込む。(2021/1/22)

組み込み開発ニュース:
国内M2M市場、2019年度は前年度比4.5%増の2100億円
矢野経済研究所は、国内M2M市場の調査結果を発表した。2019年度の国内M2M市場は2100億円で、対前年度比4.5%増。2020年度のM2M市場は、コロナ禍もあり、前年度比1.0%増の2120億円にとどまると予想する。(2021/1/20)

矢野経済研究所が市場調査:
産業用センサー、2024年は1兆4540億円規模へ
矢野経済研究所は、産業用センサー(環境センシング関連)6品目の市場規模(メーカー出荷金額ベース)は、2020年見込みの1兆1360億円に対し、2024年は1兆4540億円規模となる。2019年から2024年までのCAGR(年平均成長率)は3.4%と予測した。(2021/1/7)

QRコード決済市場規模、1兆8369億円に急伸 24年には10兆円超
矢野経済研究所は12月24日、国内QRコード決済市場の調査結果を発表した。2019年度は、市場が本格的に立ち上がり、加盟店手数料無料化や大型キャンペーン、政府のキャッシュレス還元などの結果、取り扱いベースで1兆8369億円と推計した。(2020/12/24)

製造マネジメントニュース:
新型コロナからの新車販売回復は2022年か、中国が先行して販売増加へ
矢野経済研究所は2020年12月8日、自動車メーカーなどによる新車販売の回復予想などをまとめた調査結果を発表した。(2020/12/9)

組み込み開発ニュース:
小型モーターの世界市場、新型コロナで失速も2022年に65億900万個に回復
矢野経済研究所は、小型モーターの世界市場に関する調査結果を発表した。車載用を除いた2020年の小型モーター世界市場は、メーカー出荷数量ベースで前年比93.7%の62億3219万個にとどまると予測している。(2020/10/29)

メカ設計ニュース:
好調な国内CAD/CAM/CAE市場、新型コロナのマイナス影響は2021年度から
矢野経済研究所は、日本国内におけるCAD/CAM/CAEシステム市場に関する調査結果の概要を発表した。2020年度まではプラス成長を維持するものの、2021年度は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による企業収益の悪化や設備投資の減少が予測され、マイナスに大きく転じるとみられる。(2020/10/28)

矢野経済研究所が市場調査:
ADAS/自動運転用センサー、2025年に2.4兆円規模へ
矢野経済研究所は、ADAS/自動運転用センサーの世界市場規模(メーカー出荷金額ベース)を調査した。市場規模は2020年見込みの1兆1112億円に対し、2025年は2兆4808億円に達する見通しだ。(2020/10/27)

矢野経済研究所が調査:
LiB主要4部材世界市場、2020年は前年比4.5%減
リチウムイオン電池主要4部材の世界市場(メーカー出荷金額ベース)は、2020年に前年比4.5%減の約200億3811万米ドルを見込む。矢野経済研究所が調査結果を発表した。(2020/10/23)

蓄電・発電機器:
定置用蓄電池の世界市場、再エネ急増で2026年に19年比8.5倍に急成長
矢野経済研究所が定置用蓄電池の世界市場に関する調査結果を公表。世界で再エネ導入が加速することに伴い、2026年の市場規模は2019年比率で約8.5倍となる12万666MWhに成長すると予測している。(2020/10/19)

矢野経済研究所が出荷量を調査:
小型モーター市場、2022年に65億900万個規模へ
2020年の小型モーター市場(カーAV関連機器用は含むが、車載用は除く)は、メーカー出荷数量ベースで62億3219万個を見込む。2022年は65億900万個と予測する。矢野経済研究所が調査した。(2020/10/14)

製造マネジメントニュース:
2025年度までに1700億円規模に、国内フィールドワーク支援ソリューション調査
矢野経済研究所は、国内フィールドワーク支援ソリューション市場の動向調査結果を発表した。2019年度の同市場を前年度比129.6%の442億円と推計し、2020年度は前年度割れするも、2021年度以降は拡大基調に転じると予測している。(2020/10/2)

矢野経済研究所が調査:
レーザー照明市場、2027年に1兆1100億円台へ
照明用途の半導体レーザー世界市場は、2020年見込みの5534億円に対し、2027年は1兆1104億円規模に達する見通しである。矢野経済研究所が予測した。(2020/9/25)

製造ITニュース:
国内ERPパッケージの市場調査結果と予測発表、2019年は前年比7.0%増
矢野経済研究所は、国内ERPパッケージライセンス市場の調査結果と今後の予測について発表した。2019年のERPパッケージ市場は、前年比7.0%増の1198億3000万円に成長している。(2020/9/24)

太陽光:
太陽光のセカンダリー市場は「売り手市場」、取引量は年間1000MW超へ
矢野経済研究所が国内の太陽光発電所セカンダリー市場に関する調査結果を発表。2020年度のセカンダリー市場規模は発電出力ベースで970MWと推計しており、今後も継続的に拡大する見込みだという。(2020/9/18)

製造マネジメントニュース:
DXに関する動向調査、国内企業の取り組み意欲は消極的
矢野経済研究所は、国内企業に対して実施した、デジタルトランスフォーメーションへの取り組みに関する意識調査の結果を発表した。変革の意欲を8段階で回答してもらったところ、攻守どちらの取り組みに関しても消極的であることが分かった。(2020/9/9)

組み込み開発ニュース:
2030年の5G関連デバイス世界市場は69兆5930億円に達すると予測
矢野経済研究所は、5G関連デバイス世界市場の調査結果を発表した。2020年の同市場規模はメーカー出荷金額ベースで11兆889億円となり、2030年には約6.3倍の69兆5930億円に達すると予測している。(2020/8/28)

矢野経済研究所が世界市場を調査:
5G関連デバイス、2030年に69兆5930億円規模へ
5G(第5世代移動通信)関連デバイスの世界市場は、2020年の11兆889億円に対し、2030年は69兆5930億円と予測、10年間で約6倍の規模に拡大する見通しである。矢野経済研究所が発表した。(2020/8/4)

CAEニュース:
機械系CAE国内市場規模予測、2020年は860億円と新型コロナの影響で伸び悩み
矢野経済研究所は、機械系CAE市場についての調査結果を発表し、2020年の国内市場規模は860億円と伸び悩むと予測した。新型コロナウイルス感染症の影響などにより、2021年は698億円とさらなる厳しい数字を予測する。(2020/7/31)

コロナ禍の減少「リーマンショック時の半分程度」:
パワー半導体世界市場、2025年に243億5100万ドルに
矢野経済研究所は2020年7月27日、パワー半導体の世界市場予測を発表した。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響でパワー半導体の世界市場は2020年にマイナス成長を見せるものの、2021年に一部分野から回復基調に転じ、2025年には243億5100万米ドルにまで成長すると予測している。(2020/7/28)

矢野経済研究所が調査:
車載ディスプレイ部材の出荷量、2021年に回復
車載ディスプレイ部材の出荷数量は、2019年に比べ2020年は減少するが、2021年には2019年水準まで回復するとの見通しである。矢野経済研究所が調査結果を発表した。(2020/7/13)

テレワークでの「Web会議システム」利用率は約8割 アフターコロナも市場拡大の見通し――矢野経済研究所
矢野経済研究所の調査によると、コロナ対策によるテレワークで最も利用されたオンラインツールは「Web会議システム」で、利用率は約8割に上った。今後もBCP対策需要などが見込まれ、Web会議システムを中心としたテレワーク関連ソリューション市場は拡大の見通しだという。(2020/7/7)

矢野経済研究所が調査:
車載モーター市場、2030年に約56億個の規模へ
車載モーターの世界市場は、2018年の約32億個に対し、2030年には約56億個規模に拡大する見通しだ。矢野経済研究所が調査した。(2020/6/24)

2020年度の5G契約数は1185万、5G対応スマホ出荷台数は1333万台に 矢野経済が予測
矢野経済研究所は、6月23日にMNO4社の5Gサービス契約数と5G対応スマートフォン出荷台数を予測。2020年度の契約数は1185万契約、国内出荷台数は1333万台と発表した。(2020/6/23)

電気自動車:
ワイヤレス給電市場は2030年に2700億円、EVが成長の余地大きい、AGVも堅調
矢野経済研究所は2020年5月28日、ワイヤレス給電の受電モジュールや受電機器を対象とした市場調査結果を発表した。2030年に市場規模が2019年比7割増の2739億円に拡大する見通しだ。(2020/6/3)

製造ITニュース:
2023年に1兆6700億円規模に、国内クラウド基盤サービス市場予測
矢野経済研究所は、IaaSおよびSaaSの国内クラウド基盤サービス市場の調査結果を発表した。将来的には、市場規模拡大によって成長率は若干低下するものの比較的高い成長を続け、2023年には1兆6700億円に達すると予測する。(2020/5/29)

ロボット開発ニュース:
国内の業務用サービスロボット市場、2019年度は64億6400万円の見込み
矢野経済研究所は、国内業務用サービスロボット市場の調査結果を発表した。高価格の搬送ロボットが市場をリードし、2019年度の市場規模は、前年度比127.9%の64億6400万円となる見込みだ。(2020/5/26)

国内IaaS・PaaS市場規模、20年に1兆円突破へ 金融業や公共機関でさらに普及の見通し
矢野経済研究所が、国内IaaS・PaaS市場規模に関する調査結果を発表。2019年は前年同期比34.5%増の7800億円に伸びた。市場規模は今後も拡大し、20年に1兆円、23年に1兆6700億円に達するという。(2020/5/12)

材料技術:
2020年のCNF世界生産量は57t程度、出荷金額は68億4000万円と予測
矢野経済研究所は、2020年のセルロースナノファイバー世界市場に関する調査結果を発表した。2020年のCNF世界生産量は57t程度、出荷金額は68億4000万円を見込んでいる。(2020/4/24)

車載半導体:
車載半導体市場は2030年に586億ドル、マイコンとアナログICは成長鈍化
矢野経済研究所は2020年4月2日、車載半導体の世界市場の見通しを発表した。ADAS(先進運転支援システム)のセンサーや電動車向けのパワー半導体の需要が市場をけん引し、2030年には2019年比1.8倍となる586億ドル(約6兆3762億円)に拡大すると見込む。(2020/4/9)

矢野経済研究所が調査:
車載用半導体世界市場、2030年に586億米ドルへ
矢野経済研究所によると、車載用半導体の世界市場は2019年見込みの314億1000万米ドルに対し、2030年は586億1000万米ドル規模に達する見通しである。(2020/4/6)

産業動向:
国内のホテル市場、強い投資意欲で2018年度は7年連続プラス成長
矢野経済研究所は、国内のホテル市場を分析したレポートを公表した。2019年度のマーケットは、レポート公表時点の2020年1月時点で、新規ホテルの開業や既存ホテルのリニューアルが相乗効果となり、2018年度と比較して5.8%増の2兆1468億円にまで広がると予測している。(2020/3/20)

ドローン:
2020年のドローン世界市場は1.6兆円、2025年まで年平均8.3%で成長
矢野経済研究所が、世界のドローン市場の調査結果を発表した。2018年のドローン世界市場規模は軍用と民生の両需要を合計すると約1.6兆円で、2020〜2025年の年平均成長率を8.3%と予測している。(2020/3/19)

モビリティサービス:
2020年から市販化する超小型モビリティ、免許制度や軽との差別化が課題に
矢野経済研究所は2020年3月12日、超小型モビリティや電動ミニカーなど「次世代モビリティ」の市場調査を発表した。超小型モビリティの規格が創設される2020年から普及が進み、2025年に日本国内の販売台数が8300台に拡大すると見込む。2030年には1万1200台に市場規模が拡大するとしている。(2020/3/19)

産業動向:
矢野経済研究所がホテル国内市場調査、7年連続のプラス成長へ
矢野経済研究所は2018年度のホテルの国内市場を調査し、部門別の市場規模、参入企業動向、将来展望を明らかにした。訪日外国人旅行者の急増などを追い風に、7年連続のプラス成長で過去最高の水準となった。(2020/3/6)

今日のリサーチ:
国内アフィリエイト市場、仮想通貨やロボアドバイザー関連商材の成長で金融分野が拡大――矢野経済研究所調べ
矢野経済研究所の調査によると2019年度の国内アフィリエイト市場規模は前年度比8.7%増で3133億円になる見込みです。(2020/2/18)

産業動向:
矢野経済研究所、空調衛生設備工事に関する調査結果を発表
矢野経済研究所は、国内の主要な事業者75社を対象として、空調衛生設備工事に関する法人アンケート調査を実施。2014〜2018年度までの空調衛生設備工事における売上高推移を明らかにした。(2020/2/5)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。