ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「松任谷由実」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「松任谷由実」に関する情報が集まったページです。

松任谷由実、意外な場所に“降臨”した店内ショットに「意外と庶民派」反響の声 本人コメント「日本の音楽界広しと言えど」
ソフトクリーム食べたくなってきた。(2024/5/28)

B'zの「Get Wild」も西川貴教「Love Train」もチラ聞きできる! TM NETWORKトリビュートアルバムの試聴動画公開
(2024/5/9)

「人生終わったマジで」 粗品、“虫歯が17個” 衝撃の口腔環境を告白 抜歯決定も「歯医者イヤ!」と猛反発
「1年弱かかるって言われた」「もうイヤぁ!」(2024/1/5)

26歳の人気YouTuber、庭から遺体で発見 「どうしてよいか分からず埋めた」 複数メディアが報道【ブラジル】
詳しい死因は調査中、とのこと。(2024/1/5)

「乃木坂46」5期生、写真集プールカット解禁に「THE・青春」「すんごい」の声 16歳最年少メンバーの姿も
ファン「懐かしさを感じた」(2024/1/5)

カナダ留学中の光浦靖子、得意の手芸でまた力作 2024年初投稿に「大作だぁ」「こんなのもできちゃうんですね」
細かい部分の作り込みがすごい!(2024/1/5)

「嘘やろマジか?」「ハタチかぁ」 鈴木福、「あと半年で20歳」告白&最新ショット 出世作「マルモのおきて」は2011年放送
すっかり大人。(2024/1/5)

トヨタ「GRヤリス ラリー2」、FIAホモロゲ取得 初号車は豊田章男会長「ルーキーレーシング」の元へ
ラリー・モンテカルロには4チームがGRヤリス ラリー2で出場予定。(2024/1/5)

「消えろ」「考えろボケ」 “フェラーリ女子”YouTuber、誹謗中傷&自粛の選択肢に言及 2023年は高級車大破&炎上動画が話題に
「収益を募金活動に充てることも可能ですので、今後も変わらず動画投稿を行っていく予定です」(2024/1/4)

遠野なぎこ、「これも“摂食障害のリアル”」 写真を添えて体重&外食事情に言及 SNSでは昼飲み投稿も
「外食も大好きだけど、やっぱり自分の料理が1番落ち着く」(2024/1/4)

箱根駅伝に女神2人現る! 相川七瀬&平祐奈が沿道で母校応援、国学院大学は2区で8人抜き
はいかわいい。(2024/1/2)

“脳梗塞で手術&朝番組欠席”なすなかにし那須の妻、背中に寄り添う2ショット公開 12月から療養に専念
2人の後ろ姿をアップ。(2024/1/2)

「こんなもんしかありませんでした」 ロッチ中岡、深夜の動画公開に感謝の声続出 「そのお気持ちほんとにありがたい」「こういうときお笑いは大事」
苦しいときこそ娯楽は必要(2024/1/2)

「ついに8回連続に下血」 水道橋博士、元日から救急搬送で“死の手前”に 緊急入院決定も……「帰らしてください」無念さにじませる
「流石に顔面から血が引くような思いを自覚」と投稿。(2024/1/2)

松任谷由実、ツアー最終日に現れた“まさかの人物”と腕組みショット 「“ユーミン”という人生の帆走者」
松任谷さんの50周年を記念したコンサートが5月から行われていました。(2023/12/29)

岡村靖幸と斉藤和義がユニット「岡村和義」結成 2024年5月から全国8都市を回るツアー実施へ
斉藤靖幸ではなかった。(2023/12/25)

Z世代が選ぶ:
冬を感じるアーティスト 3位「back number」、2位「広瀬香美」、1位は?
日本語入力、きせかえ顔文字キーボードアプリ「Simeji」を提供するバイドゥ日本法人(東京都港区)は、「Z世代が選ぶ!!冬を感じるアーティストTOP10」を発表した。(2023/10/17)

ヒロミ、地元・八王子で初フェス11月開催へ 2日間で20組超出演のエンタメフェス
地元愛が限界突破してる。(2023/6/19)

「ユーミン切符買うんだ」 松任谷由実、派手ファッションで駅に現れファン驚き 以前はしまむらにも出没
どんな休日を過ごされたのでしょうか。(2023/5/25)

松任谷由実、50周年ライブの“注釈席”に「見えづらい」と苦情殺到 自ら現場確認する姿に「ユーミンありがとう」の声
改善に向けて対応中とのこと。(2023/5/20)

アーキテクト調べ:
50代に人気のアーティスト バンド部門3位「Mr.Children」、2位「DREAMS COME TRUE」、1位は?
アーキテクトは、自社が運営する調査サイトで「50代に人気が高いアーティストランキング」を発表。(2023/1/14)

異才を見いだす「育てるマネジメント」:
EMI Records敏腕レーベルヘッドに聞く、音楽アーティストと部下の魅力を引き出すマネジメント術
元吉本興業敏腕マネジャーが、若手からキャリアの長いアーティストまで間近に接するEMI Recordsの岡田武士氏と対談。アーティストの成功を引き出す方法や、部下のマネジメントなどについて話を聞いた。(2022/12/26)

Spotifyが発表:
今年、海外で最も聴かれた日本の楽曲 2位はYOASOBI「夜に駆ける」、1位は?
Spotifyは、2022年に海外で再生された日本の音楽ランキング、リリース年代別に最も再生された楽曲ランキングを発表した。(2022/12/23)

「刀剣乱舞」大型アプデで新機能「散歩」を実装 → 「とうらぶGO」がトレンド入り 「銃刀法違反では?」とツッコミも
システムバージョンアップ第2弾は2023年4月末ごろの予定。(2022/12/13)

LINEリサーチ5000人調査:
思い浮かぶクリスマス曲 2位「恋人たちのクリスマス」、1位は?
LINEリサーチは、全国の15〜64歳の男女を対象に「クリスマスの飾りつけやクリスマスソング」について調査し、約5000人から回答を得た。「クリスマスソング」として思い浮かぶものを聞いたところ、山下達郎の「クリスマス・イブ」が5割近くの人に選ばれ1位となった。(2022/12/11)

クリスマスのドライブデートで乗りたい車 「ヴェゼル」「アルファード」を抑えた1位は?
ナイルは、Y世代とZ世代の男女を対象に、「クリスマスのドライブデートでかけたい曲や行きたい場所、デートで乗りたい車」などについて調査を実施した。クリスマスにドライブデートをするなら乗りたい車種1位はトヨタの「ハリアー」だった。(2022/12/9)

ユーミン、紅白で“AI荒井由実”と本人コラボ 50年前の歌声をAI技術で再現
NHKは7日、大みそかに放送する「第73回NHK紅白歌合戦」の特別企画として、シンガーソングライターの松任谷由実さんが、AI技術により再現された50年前の自分と共演すると発表した。(2022/12/7)

タイムアウト東京のオススメ:
東京、クリスマスツリー3選
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2022/11/29)

10月の楽曲ダウンロードランキング シングル、アルバム共に初の1位を獲得したのは?
レコチョクは(東京都渋谷区)は展開する音楽配信サービスで、ダウンロードランキングであるレコチョクアワード 月間最優秀楽曲賞2022年10月度を発表した。(2022/11/14)

人気アーティスト、女性1位は宇多田ヒカル 男性1位は?
人気アーティスト(歌手)ランキング男性歌手部門1位は桑田佳祐さん、女性歌手部門1位は宇多田ヒカルさんだった。(2022/11/14)

AWAが調査:
平成の秋歌ランキング 2位は倉木麻衣「渡月橋 〜君 想ふ〜」、1位は?
AWAが「秋歌ランキング」を発表。昭和、平成、令和それぞれの1位は?(2022/11/3)

9月に聴かれたアーティスト 3位「あいみょん」、2位「back number」、1位は?
1位のアーティストは「楽曲再生回数ランキング」「プレイリスト再生回数ランキング」でも1位を獲得していた。(2022/10/30)

杏、3人の子どもを寝かしつけ夜のパリへ 楽しそうな散歩動画に反響「歩いているだけでもう映画」
到着1週間後の撮影。(2022/10/7)

3人の子どもとパリ移住の杏、渡辺謙との現代らしい新・連絡方法を紹介 現地からの初動画で「ネジが4〜5本飛んじゃった感じ」
靴下をすべて日本に忘れてきた杏さん。(2022/10/3)

NTTグループ結集でXR体験を刷新 ドコモ新会社「NTTコノキュー」の狙い
NTTドコモは、XR分野の新会社「NTT QONOQ(コノキュー)」の事業を10月1日に開始すると発表した。9月28日に実施した記者会見では新会社の展望を紹介した。(2022/9/29)

杏、父・渡辺謙とフランス出発前に弾き語り初共演 惜別の念こもった“卒業写真”に「目頭が熱くなりました」
凛とした歌声の娘と優しい歌声の父。(2022/9/5)

「ミッドサマー」みたいだ……大地の芸術祭に展示されたアート作品が話題に 「これは泣く」「ミッドサマーより怖い」
高さ4メートルの人型作品。(2022/8/12)

CloseBox:
ああ、デスクツアーに誘われたい……でも来そうにないから自分デスクツアーをやってみた こけおどしの背景を構築する
誰も「あなたのデスク見せてください」と言ってくれないので、自分でレポートします。こんな環境で仕事しています。(2022/7/20)

春うたのTOP10、平成1位はスピッツ「春の歌」 令和1位は?
昭和、平成、令和に分けて「春うたのTOP10」を調査した結果、令和編で1位となったのはヨルシカの「春泥棒」だった。(2022/3/28)

「ものすごい量」「こんなにたくさん!」 羽生結弦、世界中から届いた“山積みファンレター”が話題に
感動をありがとう。(2022/2/11)

4A認定の羽生結弦、安藤美姫やきゃりーぱみゅぱみゅらが競技での挑戦称賛「歴史が動いた瞬間を共にできた」
中川翔子さんや松任谷由実さんも感動をあらわにコメント。(2022/2/10)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
音よ! 光よ! 気持ちよくテレワークを続けていくために試みたこと
この1年でテレワーク環境をどう変えていったのか、2人の編集者が在宅環境整備について語ります。(2022/1/11)

aiko、「ナイナイANN」で年下ファンとの結婚報告 「矢部さんとユーミンには連絡しました」→岡村「俺にはなんにも…」
2020年10月の岡村さんの結婚発表の際、すでに結婚間近だったaikoさん。(2021/12/18)

浜崎あゆみ、「FNS歌謡祭」でゴージャスなパフォーマンス 足首手術後の出演で「座っているしか出来ない私」 
12月30日と31日の公演は予定通り開催。(2021/12/3)

木下ほうか、名車「ベレG」のレストアに挑む クモの巣張っていたボロッボロな旧車、エンジンをかけると……
ぱっと見は動く気配なしですが……!!(2021/7/26)

インストバンド「T-SQUARE」から安藤正容が引退 「とうとうその日が来たのね」「安藤さんこそがT‐Square」と衝撃広まる
加齢を理由に「自分が足を引っ張るような形になるのは避けなければいけない」。(2021/2/1)

“ペリーの人”宮崎吐夢に聞く「Flashの時代」 流行当時は「ちょっと複雑な気持ち」、でも今は――
ペリーFlashの流行を、“本家”宮崎吐夢さんはどう見ていた?(2020/12/14)

Googleさん:
「ふんふふん」で曲名が分かるGoogleの鼻歌検索 驚きの的中度支えるマッチング手法
モバイルのGoogleアプリに「この曲なに?」ときいてふんふふんと鼻歌(歌詞付きも可)を歌うと曲名を表示してくれる「鼻歌検索」。検索が得意なGoogleさんの、さすがの的中度です。従来の類似サービスとの違いを中の人が説明してくれました。(2020/11/15)

「刀剣乱舞」主題歌にユーミンが書き下ろし新曲 「刀剣乱舞のおかげで、“希望の歌”になりました」
「刀剣乱舞-ONLINE-」「刀剣乱舞-ONLINE- Pocket」の主題歌が8月10日、松任谷由実さんが同作のために書き下ろした新曲「あなたと 私と」に変わった。同曲を使った新テレビCMの放送もスタートした。(2020/8/11)

君は音圧戦争を生き抜けるか? 音楽ストリーミング時代のラウドネス・ウォー対策
海苔波形って聞いたことあります?(2020/7/30)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。