ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「丸の内」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「丸の内」に関する情報が集まったページです。

宿泊料金半額で東京駅・丸の内駅舎に泊まれる! 「都民限定 トク割プラン」が8月1日からスタート
これはお得。(2020/7/31)

ハードとソフトの両面から再開発:
古いビルからビジネスが生まれる、新しい「有楽町」 ポストコロナ時代に存在感を放てるか
三菱地所は今後10年の東京・丸の内周辺のまちづくりにおいて「有楽町」を重点エリアとしている。ビルの建て替えなどのハード整備だけでなく、古いビルを活用したソフトの取り組みを強化。「活躍できる」「成長できる」街を目指す狙いとは?(2020/7/24)

東京メトロ日比谷線、約56年ぶりの新駅「虎ノ門ヒルズ駅」開業日に行ってきたレポ 完成は2023年を予定
丸の内エリアにも近い虎ノ門エリアは、ビジネス街の新たな拠点になることが期待されています。(2020/6/7)

非テツでも楽しめる、テツ好きが注目するチマタの話題:
東京を走る地下鉄のカラー、どうやって決めたの?
銀座線はオレンジ、丸の内線はレッドなど、東京を走る地下鉄は色分けされていて、路線図などの見やすさに一役買っています。その原点は、走っていた車両の色でした。(2020/6/5)

東京駅丸の内駅舎のビデオ会議背景や「はやぶさ」のペーパークラフト無料公開 JR東が在宅向けコンテンツ提供
丸の内駅舎の背景画像、さっそくダウンロードした。(2020/5/26)

住宅・ビル・施設 Week 2019:
三菱地所が進める大手町ビル大規模改修の全貌
三菱地所は「OPEN INNOVATION FIELD」をテーマに掲げ、大手町ビルの大規模改修計画を中心に、丸の内エリアと大手町エリアの開発を進めている。(2020/5/20)

東京都の独自ポイント「東京ユアコイン」実験開始 時差通勤・レジ袋不使用で付与、Tポイントなどと交換可能
三菱総合研究所が、独自ポイント「東京ユアコイン」を付与する実証実験を始める。大手町・丸の内・有楽町地区のオフィスワーカーや通勤時間をずらしたり、来街者がレジ袋を使わなかったりすると、ポイントを獲得できる。(2020/1/8)

ティム・クックCEO、丸の内に現る
Apple 丸の内に、Appleのティム・クックCEOとRetail + People担当上級副社長ディアドレ・オブライエン氏がサプライズ来店した。(2019/12/10)

時差出勤やマイバッグ利用でポイント付与 「東京ユアコイン」、MRIが実験
通勤時間をずらしたり、マイバックを持参したりした人に、独自のポイント「東京ユアコイン」を付与する実証実験が2020年1月に始まる。東京・大手町、丸の内、有楽町地区のオフィスワーカーや来街者が対象。(2019/12/6)

ロボット:
輸送業界の人手不足を解決、ロボットで野菜を運ぶ都内の実験
東京都は、東京2020大会を最もイノベーティブなイベントとするため、ロボットの利活用を促進する事業「Tokyo Robot Collection」を推進している。Tokyo Robot Collectionは、警備・清掃・接客などの多様な用途で、人間と共存しつつサービスを提供するロボットの実証を進め、東京の課題解決に向けた新しい社会実装モデルを形成するとともに、ロボット分野の最新技術をPRすることを目的としている。2019年11月2日には、東京・丸の内エリアで、運搬ロボット「EffiBOT」と「Marble」を用いて、実証実験を行った。(2019/11/7)

スマートシティー:
三菱地所と富士通、「データコンソーシアム」を設立
三菱地所と富士通、「丸の内データコンソーシアム」を設立。国立大学法人東京大学やソフトバンクなど参加企業とともに、データ活用を通じて街・社会に新たな価値や新たな事業の創出を目指す。(2019/10/24)

スマホアプリだけで「丸の内サディスティック」を演奏した動画に大反響 「楽器が買えない」からの20万いいね
無料アプリでここまで演奏できるなんて。(2019/10/8)

データ活用によるオープンイノベーションでビジネス価値創出を支援――「丸の内データコンソーシアム」が設立
三菱地所と富士通は、業種を超えたデータ活用で新たな価値や新事業の創出を目指す「丸の内データコンソーシアム」を設立。参画する企業や組織が、アイデア創出からフィールド検証まで一貫して取り組めるように多角的に支援する。(2019/9/13)

日本最大のApple Store「Apple 丸の内」のオープンを見てきた
Apple 丸の内オープン前の行列は1500人を超えた。(2019/9/7)

新Apple Store旗艦店「Apple 丸の内」をマニア目線で内覧してきた
9月7日10時にオープンするApple 丸の内に潜入してじっくりチェックした。(2019/9/5)

9月7日オープン「Apple 丸の内」、注目すべき3つのポイント
新しいApple Storeが、9月7日に誕生する。東京都千代田区の三菱ビルにオープンする「Apple 丸の内」の魅力は何だろうか。(2019/9/5)

防災:
丸の内エリアで自動走行可能な警備ロボット「SQ-2」を初活用し防災訓練、三菱地所
三菱地所は、自動走行可能な警備ロボット「SQ-2」を東京・丸の内エリアの防災訓練で初活用した。訓練では他に、VR防災体験車を用いた地震の疑似体験の他、訪日旅行客や外国人労働者に対する災害時の対応を想定した訓練を行った。(2019/8/31)

丸の内は今も“31メートルの街”:
「丸ビル」の17年 なぜ“オフィス街・丸の内”は変わったのか
再開発が加速する東京・丸の内。エリアを代表する建物が、2002年に開業した「丸ビル」だ。丸ビル建て替えを機に、“オフィス街”の丸の内は大きく変わった。丸ビルが変えたもの、変わらずに残っているものとは何だろうか。(2019/8/28)

年内にもう1店舗を予定:
東京駅前に「Apple 丸の内」 9月7日10時オープン
東京都千代田区の三菱ビルに、新しいApple Storeが誕生する。AppleのWebサイトを見ると、2019年内にもう1店舗オープンするようだ。(2019/8/26)

「日本最大のApple Store」Apple 丸の内、オープンは9月7日午前10時
新製品発表間近と噂されるAppleだが、新店舗はその前にオープンするようだ。(2019/8/26)

Apple 丸の内、三菱ビルで確定 Appleロゴ入り壁面公開
新Apple Storeは三菱ビルとのお宝の予想は的中した。(2019/8/19)

Apple、2つのApple Storeティーザーバナーを公開 川崎と丸の内か
Appleがティーザーで流した新Apple Storeロゴは、お宝が報じた川崎ラゾーナと丸の内の新店舗を示している?(2019/7/30)

Apple Store新店舗、丸の内の三菱ビルヂングにオープンか
新たなApple Store「Apple 丸の内」が三菱ビルヂングにオープンする可能性が出てきた。(2019/7/19)

屋内空間データの協創プラットフォーム:
IoTチェアや日本各地の風を再現する空調機など、“未来のオフィス空間づくり”を目指す実証の場が開業
オカムラ、ダイキン、パナソニックら9社は、未来のオフィス空間づくりを目的に、IoTを使った空調、照明、セキュリティなど、最先端サービスの実証実験を行う会員型コワーキングスペース「point 0 marunouchi」を東京・丸の内にオープンさせた。(2019/7/18)

スマートシティ:
丸の内がミストの森に、三菱地所が地下水活用「ドライ型ミスト」設置
ドライ型ミスト実行委員会、三菱地所、三菱地所プロパティマネジメントが、地下水を活用した「ドライ型ミスト」を丸の内一帯に設置する。2019年6月13日〜8月31日までで、三菱地所グループとして初めての試み。(2019/7/2)

製品動向:
エプソンが“丸の内”に提案型ショールーム、大判プリンタなど全製品を集結
エプソンのショールーム「エプソンスクエア」が新宿から丸の内へ移転し、2019年5月30日にオープンした。インクジェットプリンタ、プロジェクター、時計、PC、ロボティクスなどコンシュマー/ビジネス問わずにエプソン製品を集結させ、グループをけん引するオープンイノベーションの拠点となることを目指す。(2019/5/31)

新宿・丸の内ピカデリーが鑑賞料金値上げ 一般料金が1800円→1900円に
TOHOシネマズに続き。(2019/5/7)

PayPay、丸の内エリアの商業施設約600店舗に順次導入
スマホ決済サービス「PayPay」が、三菱地所プロパティマネジメントの運営する丸の内エリア商業施設約600店舗へ導入される。5月中旬以降に東京ビルTOKIA、丸の内ブリックスクエア、iiyo!!、丸の内オアゾ、二重橋スクエアなどに導入開始。4月17日には丸ビル約140店舗の加盟店、4月19日には新丸ビル約150店舗で導入されている。(2019/4/26)

エプソン、最新のソリューションを体験できる“提案型”ショールームを丸の内にオープン 5月30日
エプソンは、ソリューション提案型のショールーム「エプソンスクエア丸の内」のオープンを発表した。(2019/4/25)

開館53年の映画館「有楽町スバル座」、10月に閉館 施設の老朽化などのため
日本初の洋画ロードショー劇場「丸の内スバル座」を継承した、日本映画史と深く関わる施設でした。(2019/3/15)

ロボット:
清掃だけじゃない、ヘッドを代えてビルの外壁診断や塗装も見込む「多目的壁面作業ロボ」
三菱地所は2019年3月4日、日本ビソーと共同で、多関節アームを装備した「多目的壁面作業ロボット」の実証実験を東京都千代田区の「新丸の内ビルディング」で行った。(2019/3/5)

モビリティサービス:
トヨタとソフトバンクがオンデマンド移動サービスの実証、まずは丸の内と豊田から
ソフトバンクとトヨタ自動車の共同出資会社MONET Technologies(以下、MONET)は2019年2月18日、オンデマンドモビリティサービスの提供に向けて、日本の17の自治体と連携を開始すると発表した。(2019/2/19)

トヨタとソフトバンクの「モネ」、勤務先まで送迎 丸の内でシャトルバス実証実験
ソフトバンクとトヨタが設立したMONET Technologiesが「オンデマンド通勤シャトル」の実証実験を都内で行う。丸の内に通うビジネスマンを送迎する。(2019/2/18)

ビットバンクCEOとR3日本統括が話す:
仮想通貨バブルの崩壊を尻目に着々と進化を続けるブロックチェーン 
仮想通貨価格は低迷するが、ブロックチェーン自体を活用した新サービスが広がろうとしている。ブロックチェーンとはいったいなんなのか。そしてブロックチェーンエンジニアに求められる資質とは? ブロックチェーン専門の無料イベントスペース「丸の内バカンス」のオープン記念イベントの講演から。(2018/12/11)

ブロックチェーンの教育機関FLOCが提供:
丸の内にブロックチェーン専門の無料イベントスペース「丸の内バカンス」登場
ブロックチェーンに関するイベントなら無償で利用できるスペースが、丸の内にオープンした。提供するのは、ブロックチェーン技術の総合スクール「FLOC ブロックチェーン大学校」を運営するFLOC。(2018/12/11)

東京メトロ、モバイルバッテリーレンタルの実証実験 後楽園駅・溜池山王駅で
東京メトロと東京電力エナジーパートナーがモバイルバッテリーレンタルサービス「充レン」の共同実験を開始。丸の内線「後楽園駅」、南北線「溜池山王駅」に無人のレンタルスタンドを設置し、スマートフォンユーザーに貸し出す。(2018/11/20)

東京23区で41万人の通勤減少――位置情報ビッグデータの活用で「テレワーク・デイズ2018」の効果を測定
KDDIとコロプラは、「テレワーク・デイズ2018」の効果測定を実施。位置情報ビッグデータを活用した動態分析により、期間中、丸の内、豊洲、品川を中心に、東京23区合計で約41万人の通勤者が減少したことが分かった。(2018/10/15)

丸の内駅舎やSuicaペンギンがケーキになっちゃった! 東京駅「グランスタ」クリスマスケーキなど新作スイーツ登場
どのケーキもすごい。(2018/9/7)

“電力データ×人流データ”などで新サービスの創出を――異業種データ活用の実証実験 東京・丸の内エリアで開始
三菱地所、富士通、ソフトバンク、東京大学大学院工学系研究科 大澤研究室が、業種を超えたデータ活用型の共創活動で新たな事業やサービスの創出を目指す、産学連携の実証実験を開始。電力データ、人流データ、売上データなど、オフィスビルや商業ビルに関する各種データを活用する。(2018/5/15)

丸の内に「子どもと働けるオフィス」誕生:
三菱地所が保育所付きサテライトオフィス「コトフィス」開業
三菱地所プロパティマネジメントは、丸の内エリアのテナント企業や就業者に対して保育所付サテライトオフィス「コトフィス〜こどもとはたらくオフィス〜 新国際ビル」を開業する。(2018/4/19)

注目の再開発エリアは「品川新駅」:
首都圏オフィスワーカー、憧れの勤務地1位は……
首都圏オフィスワーカー憧れの勤務地は「丸の内」──日本経済社がまとめた都心のオフィスビルについての調査でこんな結果が出た。首都圏のオフィスワーカーが働きたいオフィス街は丸の内、大手町、有楽町など東京駅周辺エリアに集中した。(2018/3/6)

大正時代に開業:
三菱地所、老舗「丸の内ホテル」を連結子会社化
三菱地所が老舗「丸の内ホテル」を連結子会社化する。(2018/2/20)

蓄電・発電機器:
燃料電池とガスタービンの複合発電機、丸ビルに初導入
三菱日立パワーシステムズは、固体酸化物形燃料電池とマイクロガスタービンによる加圧型複合発電システムを、丸の内ビルディング(丸ビル)向けに初めて受注した。本システムで蒸気または温水のコージェネレーションを活用した場合、総合効率はそれぞれ65%、73%以上に達するという。(2018/2/15)

検査・維持管理:
ドローンが丸の内地下を自律飛行、インフラ点検の効率化に
三菱地所、丸の内熱供給、ブルーイノベーション、Liberawareは、東京丸の内エリアの熱プラント間を結ぶ地下トンネルで、自律飛行ドローンを用いた点検実験を実施した。(2018/2/8)

健康関連食品で3800億円を目指す:
ローソン、“低糖質メニュー”を充実させた実験店舗オープン
ローソンは実証実験として、糖質を抑えたロカボメニューを充実させた店舗を東京都・丸の内にオープンした。商品開発などに生かし、健康関連商品を拡大していく計画だ。(2018/1/16)

“困っている人”をAIで自動検知――東京・新丸ビルで三菱地所、ALSOKなどが実証実験
三菱地所、綜合警備保障(ALSOK)は、PKSHA TechnologyのAIを活用し、監視カメラの映像をAIで解析して“困っている人”を自動検知する実証実験を行う。(2018/1/12)

タイバニ、パプリカ、ビバップが爆音で! 丸の内ピカデリーでアニメーション爆音映画祭開催
2018年1月12日〜2月2日に「丸の内ピカデリー アニメーション爆音映画祭」が開催。(2017/12/26)

片道40mを時速5kmで…でも速い:
自動運転バスが丸の内を走る! ソフトバンクが試乗会
ソフトバンクと三菱地所が、東京 丸の内で自動運転車両の試乗会を行った。フランスNavya製の自動運転専用の電気自動車「NAVYA ARMA(ナビヤ アルマ)」を使用し、片道40〜100mを時速5kmで往復。自動運転車両が東京23区内の公道を走るのは、「今回が初めて」(ソフトバンク)だという。(2017/12/22)

「二重橋前<丸の内>」:
東京メトロ・二重橋駅前駅が副駅名「丸の内」に
東京メトロ千代田線の二重橋前駅に、「丸の内」という副駅名が導入される。(2017/12/15)

東京丸の内の公道で自動運転バスの一般向け試乗会を実施――ソフトバンクらが実証実験へ
ソフトバンクと三菱地所が、2017年12月22日に東京都丸の内仲通りで、自動運転シャトルバス「NAVYA ARMA」の一般向け試乗会を実施。自動運転車の性能と社会的受容性を検証する。(2017/12/12)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。