ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「商業施設」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

オフィス複合型商業施設の1号店:
イオンモール、働く場と商業施設を融合 名古屋で大規模開発、21年秋開業
イオンモールは、名古屋市西区で進める大規模再開発事業「(仮称)ノリタケの森プロジェクト」について、オフィス複合型商業施設の新たな取り組みを発表した。オフィスの新ブランドを立ち上げ、商業施設のサービスと相乗効果を出す。(2021/3/5)

蓄電・発電機器:
容量154kWhの産業用蓄電池、ネクストエナジーが「従来比3〜5割安い価格」で
ネクストエナジー・アンド・リソースが、新たに産業向け蓄電システムを開発し、同年5月12日から販売を開始すると発表。工場や商業施設などにおける太陽光発電の自家消費に最適なモデルで、従来の蓄電池よりkWh当たり3〜5割程度価格を下げられるという。(2021/3/3)

コインスペース、時間料金制のワークスペースをマーチエキュート神田万世橋にオープン
不動産業などを手掛けるコインスペースは、仕事や勉強場所として利用可能なワーキングスペース「コインスペース」を、東京・神田の商業施設「マーチエキュート神田万世橋」に出店した。利用料は30分200円(税込)からとした。(2021/2/25)

第5回 住宅・ビル・施設 Week:
「ナノ銀粒子」で空間全体を除菌するコロナ対策、600m先まで届く高性能噴霧器
COSMOの「nano maizer」は、ナノ銀粒子で除菌・抗菌・消臭を実現する液剤「nano silver Pro」を噴霧する装置。不特定多数が集うイベント会場や商業施設に設置すると、空間全体を除菌することができる。(2021/2/24)

タイムアウト東京のオススメ:
2021年、東京にオープンする商業施設
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2021/2/9)

セルフケア薬局 nonowa西国分寺店:
「処方箋がなくても買える薬局」がエキナカに出店 オンライン問診で密回避の実証実験
処方箋がなくても病院の薬が買える「セルフケア薬局」を展開するSDCは、商業施設「nonowa西国分寺」に「セルフケア薬局 nonowa 西国分寺店」を出店すると発表した。(2021/2/5)

2期計画が始動:
ヨドバシカメラ、仙台駅前に大型商業施設 2023年春完成へ
ヨドバシホールディングスは、JR仙台駅東口エリアに新商業ビルを建設する。商業店舗やオフィスなどを備えた12階建ての施設となる。地域活性化を進める開発計画として、2023年春の竣工を目指す。(2021/1/26)

パナソニックが考える「2020以降の街づくり」:
施設内の移動手段で役立つモビリティ、1台の操作で複数のモビリティを追従走行可能
パナソニック プロダクションエンジニアリングは、空港や商業施設、駅で、人やモノを運搬するサービスで使用するモビリティとして「Piimo」を開発した。Piimoは、優れた追従走行技術を搭載しているため、1台のPiimoを手動により操作することで、複数のPiimoを目的地まで運べる。(2021/1/25)

銀座最大級の商業施設「GINZA SIX」で大量閉店 1月17日に14店舗が一斉撤退
2021年1月17日に14店舗、昨年末からでは計18店舗が閉店している。(2021/1/19)

プロジェクト:
小田急が海老名市で健康増進を目的とした延べ2.6万m2超えの複合施設を開発
小田急電鉄は、小田急線とJR相模線の海老名駅間で、飲食を中心とした商業施設「TERRACE」やタワーマンション「リーフィアタワー海老名アクロスコート」などで構成されるエリア「ViNA GARDENS」の開発を進めている。このほど、ViNA GARDENS内で、健康増進と海老名市全体の活性化を目的とした複合施設「仮称)サービス棟」の開発に着手した。(2021/1/18)

NEC、生体認証と連携するIDプラットフォーム 入退室管理や店舗決済を自動化
生体認証と社員番号などのIDを連携し、オフィスや商業施設の入退室館理や店舗での決済などを自動で行えるクラウドサービスをNECが提供。価格は月額50万円(税別)から。(2021/1/14)

プロジェクト:
三井不動産らが台湾で延べ16万m2超えのタワマン開発に着手
三井不動産は、台湾で2016年に設立した現地法人の台湾三井不動産を投資拠点として、台湾各地で商業施設事業やホテル事業、住宅事業の計11物件を推進している。住宅事業では現在、大規模タワーマンション開発プロジェクト「(仮称)中和板南路プロジェクト」と「(仮称)台南永華路プロジェクト」に着手している。(2021/1/12)

大和ハウス工業・芳井敬一社長 多角経営、コロナ禍でも強み
物流や商業施設開発なども手掛けるわれわれの事業ポートフォリオの強さが改めて見直されたとも感じている。(2021/1/11)

行列のないUSJ、賑わうアウトレット 上空から見る新春風景
露店が消えた神社に行列のないテーマパーク、郊外の商業施設は客でぎっしり。新型コロナウイルス感染拡大に歯止めがかからない中で迎えた新年、各地では閑散とした風景の一方、例年通りのにぎわいもあった。(2021/1/4)

AIが立体駐車場の待ち時間を予測 駐車場内のカメラ画像を解析 渋滞緩和目指す
住商アーバン開発が運営する複合商業施設「テラスモール松戸」(千葉県松戸市)に、立体駐車場の待ち時間をAIが予測するシステム「入出庫時間表示サービス」が導入された。待ち時間を可視化し、交通渋滞の解消を目指す。(2020/12/10)

駅や周辺施設の混雑傾向を1週間先まで確認 Yahoo!乗換案内の「混雑予報」
ヤフーが「Yahoo!乗換案内」にて、主要な駅や大型商業施設などの混雑傾向を1週間先まで確認できる「混雑予報」を提供開始。時間ごとや当日の混雑実績をグラフで表示する。(2020/12/7)

「混みそう?」1週間先まで予想 駅や施設の混雑予報、「Yahoo!乗換案内」で確認
乗換検索アプリ「Yahoo!乗換案内」に、主要な駅や大型商業施設などの混雑傾向を1週間先まで確認できる「混雑予報」が追加。(2020/12/7)

常連客のみ:
岡山初のストリートピアノ廃止! 理由は?
JR岡山駅近くの商業施設に昨年9月、岡山県としては初めて導入された「ストリートピアノ」が、今年末に廃止されることが決まった。(2020/12/4)

プロジェクト:
福岡「青果市場跡地」の再開発が始動、延べ20万m2の商業施設など2022年開業
福岡市の青果市場跡地で検討されていた再開発事業が本格始動することとなった。事業者は三井不動産、九州電力、西日本鉄道の3社で、5階建ての商業施設やフットサルコートやテニスコートを備えるスポーツパークを新設する。(2020/12/2)

第5回 住宅・ビル・施設 Week:
温度測定の精度が±0.2度で複数人の検温と顔認証が可能なセキュリティゲート
大倉は、オフィスや学校、商業施設、医療機関、駅、空港などで、複数人の同時検温とアクセス制御を非接触かつ迅速に行える高性能セキュリティゲート「HESTA Security Gate」を上市した。(2020/11/30)

現場管理:
リアルタイム位置情報システムをBIMと連携、羽田隣接の「HICity」で施設運営ツールに導入
鹿島建設は、GNSS環境が無い現場でも、資機材や作業員の位置を把握する現場管理システムをBIMとリンクさせることで、商業施設内の人やロボットの動きを可視化して、施設運用の効率化につなげることを目指している。(2020/11/10)

パナソニックが考える「2020以降の街づくり」:
施設内の密回避を可視化する「安心ゲート」の実証実験が小田急新宿で開始
パナソニックは、商業施設の来店客が密を回避しながら移動ができる「安心ゲートソリューション」を開発した。(2020/11/10)

プロジェクト:
三菱地所が地上階の全店舗がテラス設置の複合商業施設を丸の内で開業
三菱地所は、東京都千代田区丸の内で、地上階の全飲食店にテラスを備えた複合商業施設「丸の内テラス」を2020年11月5日にオープンする。(2020/11/4)

プロジェクト:
神宮前交差点に10階建て商業施設、建築家・平田晃久氏が外装デザイン
東京渋谷の「表参道」と「明治通り」が交差する「神宮前交差点」で、総事業費180億円を投じて計画されている再開発プロジェクトのイメージパースが公表され、2020年11月から本格着工することとなった。外装・屋上のデザインは、業界での注目度の高い平田晃久建築設計事務所が担当し、原宿・表参道エリアに奇抜な外観を備える新しいランドマークが創出される。(2020/10/22)

新たな再開発計画も検討:
「イオンモール名古屋みなと」2021年春に営業終了 21年間の歴史に幕
イオンモールは、大型商業施設「イオンモール名古屋みなと」(名古屋市港区)の営業を2021年春に終了する。(2020/10/7)

プロジェクト:
大和ハウス工業が愛知県で延べ8万m2超えの複合商業施設を開発
大和ハウス工業は、愛知県春日井市で、大型複合商業施設を2021年秋に開業する。現在、同施設の開発計画を「(仮称)春日井商業プロジェクト」と呼称し、開発を進めている。周辺エリアはベッドタウンで、5キロ圏内には30万人が居住しているため、地域の賑わいの場となることが見込まれている。(2020/10/7)

地盤沈下に拍車:
地方経済はどうなる? 郊外の百貨店が消えていく
地方や郊外の百貨店の閉店が相次いでいる。景気低迷のあおりを受けやすく、郊外の大型商業施設やインターネット通信販売との競争激化で収益は悪化の一途をたどる。(2020/10/5)

「近づけない、集めない」 時代を生き抜く、企業の知恵:
外食チェーンが郊外に簡易型店舗 から揚げやたこ焼きに商機見いだす
商業施設や都心部などの飲食店が苦戦している一方で、郊外などの“密”になりにくい場所での持ち帰り販売に商機を見いだす企業がある(2020/10/5)

名古屋テレビ塔もリニューアル:
名古屋・久屋大通公園が変貌 商業施設と一体になった「Hisaya-odori Park」がオープン
三井不動産は、名古屋市栄地区の久屋大通公園を、商業施設と一体になった「Hisaya-odori Park(ヒサヤオオドオリパーク)」としてリニューアルオープン。日常の憩いの場や情報発信拠点として機能させる。(2020/9/20)

プロジェクト:
緑豊かな公園と調和する木造商業施設が木場で開業、方杖は木をイメージして配置
東急コミュニティーは、東京都江東区にある都立木場公園内で開発を進めていた複合商業施設「Park Community KIBACO」を2020年8月7日に開業した。Park Community KIBACOは、公園内の豊かな緑と調和するように、建物全体で木材を使用している他、屋上緑化を行っている。現在、Park Community KIBACOは、周辺住民が憩いの場として活用しており、賑(にぎ)わいを創出している。(2020/9/15)

2029年完成予定:
新宿西口に260メートル高層ビル、小田急と東京メトロ 消費者との交流で“ビジネスを生み出す”機能も
小田急電鉄と東京メトロは、新宿駅西口地区の開発計画概要を発表。高さ約260メートルの超高層ビルを建設し、オフィスと商業施設を整備。その間には「ビジネス創発機能」を備えた施設も設ける。2029年度の完成予定。(2020/9/10)

プロジェクト:
摂津市の千里丘駅前再開発で、大和ハウスJVが事業協力者に決定
摂津市は、JR「千里丘」駅前の再開発で、大和ハウスJVを事業協力者に選出した。提案書によると、敷地内に総戸数345戸の高層タワーマンションや低層の商業施設を建設し、健都の北の玄関口として相応しい賑わいの創出を図っていく。(2020/8/20)

ららぽーとやアウトレットパークなど、三井不動産グループ施設で「d払い」20%還元
NTTドコモは「三井ショッピングパークららぽーと」「三井アウトレットパーク」など、三井不動産グループの対象商業施設で「d払い」の支払い金額を20%還元するキャンペーンを開催。期間は8月14日〜9月6日。(2020/8/14)

プロジェクト:
尼崎版「SDGs スマートマンション」第1号の分譲マンション、環境配慮などを評価
野村不動産が、兵庫県尼崎市で開発を進める新築分譲マンション「プラウド阪急塚口駅前」が、環境配慮や地域経済の活性化などを尼崎市に評価され、付加価値の高いマンションを認定する尼崎版「SDGs スマートマンション」の第1号事業に決まった。プラウド阪急塚口駅前は、 阪急「塚口」駅南口にある商業施設「塚口さんさんタウン」の一部と複合した分譲マンションで、日用品の買い物がしやすく、利便性にも優れている。(2020/8/13)

プロジェクト:
三井不動産が台湾・台中市にリージョナル型ショッピングセンターを初進出
三井不動産は、台湾の台中市で、複合商業施設「(仮称)三井ショッピングパーク ららぽーと台中」の開発に着手した。台湾で開業済みの「三井アウトレットパーク 台湾林口」や「三井アウトレットパーク台中港」、開発中の「(仮称)三井アウトレットパーク 台南」を含めると、台湾5棟目のリージョナル型ショッピングセンターで、台中市では初進出となる。(2020/8/5)

エッジ機能は現場の課題をどう解決する?:
PR:Wi-Fiアクセスポイントとエッジコンピューティングの融合で解決する3つの課題
今やオフィスや商業施設などに限らず幅広いシーンで利用されているWi-Fi。Wi-Fiのアクセスポイントがエッジコンピューティングの能力を持つことで、高速処理、高速ダウンロードや大幅なコスト削減を実現できるという。(2020/7/29)

結びつくことの意義:
虎ノ門ヒルズ駅開業&虎ノ門駅リニューアル 2駅直結の理由を解く
6月6日、日比谷線に新駅「虎ノ門ヒルズ駅」が開業し、銀座線虎ノ門駅と接続する地下通路が敷設された。両駅間の乗り換え制限も1時間に拡大され、周辺商業施設の回遊も可能となった。同時に東京虎ノ門グローバルスクエアも再開発され、地下駅前広場の新設や銀座線虎ノ門駅のホーム拡張が行われた。ここでは、2駅を直結させ虎ノ門エリアで回遊性を高める狙いについて、解説したい。(2020/7/15)

AIが審査する写真コンテスト、「MARINE&WALK YOKOHAMA」で開催 加工や合成大歓迎 撮影に行く必要なし
横浜の赤レンガ倉庫に隣接する商業施設「MARINE&WALK YOKOHAMA」が、“SNS映え”する写真をテーマにした「ニューノーマルなフォトコンテスト」を開催。公式の写真素材を用意して現地へ撮影に行く必要をなくした。(2020/7/15)

米軍基地でコロナ拡大:
宿泊キャンセル数十件、沖縄の経済にまた“冷や水”
在沖米軍基地での新型コロナウイルス感染拡大が、県経済に再び影を落としている。宿泊施設、商業施設などをみると……。(2020/7/15)

全高18mの実物大フリーダムガンダム、上海に上陸へ
サンライズと創通は、高さ約18mの実物大「フリーダムガンダム」立像を中国・上海市の商業施設「ららぽーと上海金橋」前に設置すると発表した。(2020/7/13)

201店が出店:
「ららぽーと愛知東郷」、9月14日にオープン
三井不動産は9月14日に、大型商業施設「三井ショッピングパーク ららぽーと愛知東郷」を開業する。どんなショッピングセンターなのかというと……。(2020/7/11)

プロジェクト:
野村不動産が小金井市にマンション一体型の複合施設を開業
野村不動産は、地域密着型商業施設ブランド「SOCOLA」の開発を進めている。2020年6月30日、東京都小金井市で、武蔵小金井駅南口第2地区市街地再開発組合と協力して、複合商業施設「SOCOLA 武蔵小金井クロス」を開業した。(2020/7/10)

プロジェクト:
三井不動産が愛知県に延べ10万m2超えの商業施設をオープン
三井不動産は2020年9月、愛知県愛知郡東郷町で、大型商業施設「三井ショッピングパークららぽーと愛知東郷」を開業する。施設全体のコンセプトは「街のクラブハウス」で、周辺住民が集まるコミュニティーとなることを目指す。(2020/7/2)

プロジェクト:
延べ2万m2超えの商業施設「ブランチ博多パピヨンガーデン」が開業
大和リースは「つどう、つながる、ひろがる」を施設コンセプトにした複合商業施設ブランド「ブランチ」の開発を全国各地で進めている。ブランチブランドの複合商業施設は2020年3月5日時点で、兵庫県の神戸学園都市や神奈川県の茅ヶ崎、宮城県の仙台、北海道の札幌月寒などで開設されている。このほど、福岡市博多区に新規出店した。(2020/6/29)

ヤフー、全国約2000件の商業・行楽施設周辺の混雑状況を検索可能に
「Yahoo! MAP」などの各サービスで提供している、店舗周辺の混雑状況を確認できる機能がアップデート。全国約2000件の大型商業施設や行楽施設周辺の混雑状況も確認できるようになった。(2020/6/19)

「Yahoo! MAP」でショッピングモールや水族館の混雑状況チェック可能に
「Yahoo! MAP」で、全国のショッピングモールなど大型商業施設、動物園、水族館といった行楽施設計約2000件の混雑状況が確認可能に。(2020/6/19)

池袋最大級オフィスも:
「ハレザ池袋」が全体オープンへ シネコンとオフィスが開業、“8つの劇場”がそろう
東京・池袋の複合施設「Hareza(ハレザ)池袋」が7月1日にグランドオープンする。オフィスとシネマコンプレックスが入る「ハレザタワー」が開業。商業施設の集客が難しい状況が続く中で本格稼働となる。(2020/6/18)

BAS:
非常時だけでなく平常時の混雑も解消、大成建設が開発した「人流シミュレーション」
大成建設は、建物内で非常時の避難誘導に関する計画策定や商業施設での回遊性の定量的評価などを可能にする人流シミュレーションシステムを開発した。新システムには、歩行者の個人属性に加え、歩行状況なども設定する機能が実装されており、商業施設やビル以外にも、マンションやインフラ施設など、あらゆる施設への適用が想定される。(2020/5/25)

今日のリサーチ:
百貨店・商業施設の新型コロナウイルス対策 顧客はどこを評価しているのか――日経リサーチ調査
新型コロナウイルスの感染拡大対策に取り組む百貨店や商業施設の現状に関するレポートです。(2020/5/19)

休業継続の店舗も:
高島屋は都心でも営業再開 百貨店、営業範囲拡大の動き広がる
緊急事態宣言が39県で解除されたことを受けて、商業施設や飲食店などで営業再開の動きが広がっている。百貨店大手では、高島屋が都心の店舗も含めて衣料品などの売り場の営業を再開。大丸松坂屋や三越伊勢丹も首都圏を除く地域で徐々に再開している。(2020/5/18)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。