ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  Z

  • 関連の記事

「Zeus」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

別名:Zbot

高品質は当たり前:
“元祖”と“完全国内生産”の自信に裏打ちされた「手づくり工房 2019」で感じたLet's noteのプライド
パナソニックが、毎年夏休みに実施しているLet's noteの組み立てイベント「手づくりレッツノート工房 2019」が8月3日に開催された。本イベントに込められた同社の思いとは何か。(2019/8/20)

1900年代に世界最速を記録したレトロバイクをオマージュ V型レイアウトの電動バイク「Zeus Radial V8」発表
伝説のバイクをオマージュした電動バイク。(2019/7/23)

Apple、ArmのトップCPU設計者を引き抜き
iPhoneだけでなく、MacでもArmベースのオリジナルプロセッサを採用するとうわさのAppleが、Armのリードアーキテクトであるマイク・フィリッポ氏を採用した。(2019/6/27)

世界を読み解くニュース・サロン:
「サイバー脅威を分かってない」弱点だらけの日本企業に寄せられる、大きな期待
「脅威インテリジェンス」というサイバーセキュリティ対策が注目されている。サイバー大国・イスラエルの脅威インテリジェンス企業によると、「日本企業は本当の脅威を分かっていない」。同社が見る、日本企業の弱点と期待とは?(2019/4/11)

Arm最新動向報告(2):
Armのサーバ向け戦略十年の計は実を結ぶか、新プロセッサ「Neoverse」
2018年後半に入って急激に動きを活発化させているArm。本連載では同社の最新動向について報告する。第2回のテーマはサーバ/クラウド向けの新たなブランド名として発表された「Neoverse」だ。(2019/1/16)

Arm最新動向報告(1):
加速するArmのプロセッサロードマップ、ソフトバンクによる買収が契機に
2018年後半に入って急激に動きを活発化させているArm。本連載では同社の最新動向について報告する。第1回のテーマはプロセッサロードマップだ。(2018/12/20)

AWSもプロセッサに採用:
インフラ向けには別のCortexが必要、Armの「Neoverse」
Armの日本法人アームは2018年12月6日、都内で開催した同社のカンファレンス「Arm Tech Symposia 2018」に合わせ、インフラ向けのプラットフォームである「Arm Neoverse(以下、Neoverse)」を日本のメディア向けに説明した。(2018/12/7)

ツインモーターがもたらす驚異的な加速力 電動バイク「ゼウス」市販モデル発表、アメリカンとレーサーを意識
2つのモーターを搭載したハイパワー電動バイク(2018/11/12)

Arm TechCon 2018:
Arm、「Neoverse」で再びサーバ市場を狙う
Armは2019年をメドに、パートナー企業との協業により、サーバやネットワーク、ストレージシステムなどに向けて最適化されたコアやIP(Intellectual Property)、SoC(System on Chip)などを発表していく予定だという。(2018/10/18)

「パンドラの箱が開いた」 IoT機器の脆弱性対策、残された希望は
「2016年のMiraiの登場によって『パンドラの箱』が開き、例を見ない規模の攻撃が登場した」――横浜国立大学の吉岡克成准教授はそう話します。DDoS攻撃を仕掛ける「踏み台」としてIoT機器が悪用されるケースが顕著ですが、その前はごく普通のPCが踏み台化されていました。そんな過去から考えられる対策は。(2018/8/23)

どひぇぇ300キロ超えなど軽々 カワサキのモンスターバイク「Ninja H2/H2R」に2019年新型モデル、最速記録目指す
出力は前年モデルから26馬力も高めた231馬力。【画像17枚】(2018/8/21)

こ、これはぁぁぁ! 郵便をお届けしたい 紅白カラーの「特別スーパーカブ」が限定販売
限定色の赤い車体に60周年特別仕様のエンブレム付き。受注は10月31日まで。(2018/8/2)

ハーレーが電動バイクに進出、2022年までの新型車の計画を発表 「LiveWire」を2019年に発売へ
中には「正直ハーレーっぽくないかも……」なスタイルのモデルも。(2018/8/1)

こういうのめっちゃ憧れる! 蒸気機関を内蔵したSL風バイク「ブラックパール」がステキすぎる
スチームパンクがタイヤつけて走ってる。(2018/7/30)

170馬力で最大トルク393Nm 全知全能の神の名を冠する電動バイク「ZEUS」が最強すぎる
E-Twinユニットが170hpを発揮(2018/5/17)

銀行情報を狙うマルウェア「Ursnif」、日本での活動が再び活発に
Ursnifが仕掛けられたメールは「公共料金請求書データ送付の件」「商品発送のお知らせ」といった内容でユーザーをだまし、添付ファイルやリンクをクリックさせようとする。(2017/10/27)

日本でも、脆弱なIoT/スマホ経由の脅威が急増:
ランサムウェア攻撃、2016年下半期に倍増 チェック・ポイントが調査
チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズが、2016年7月〜12月の脅威情報データに基づくセキュリティ調査レポートを公開。2016年下半期のマルウェア関連インシデントにおけるランサムウェア攻撃が占める割合は、同年前期比で90%増加。日本においては同348%も増加していたという。(2017/3/1)

とにかく速いWordPress(12):
“いきなり1000倍高速”WordPress仮想マシン「KUSANAGI」は、実際にどれだけ速いのか
エンタープライズ用途での利用が増えている「WordPress」の高速化チューニングテクニックを解説する本連載。今回は「パブリッククラウド上の“KUSANAGI”は、本当に速いのか」を検証します。(2016/8/25)

クラウドベンダーは監視してくれない
DropboxやGoogle、AWSを悪用する“クラウドマルウェア”、いつの間にか加害者に?
クラウドマルウェア攻撃が脚光を浴びる事例が増えてきた。企業は、その脅威について理解し、対策をする必要がある。(2016/3/24)

FAニュース:
最高基準の精度と製造時間削減を保証する、はんだ付けオートメーション
KUKAは、ALNEAのロボットをベースにしたはんだ付けソリューションを発表した。選択的はんだ付けプロセスの課題に精密に対応。プロセスの精度を直接改善し、欠陥の原因を排除する。精度向上に加え、製造時間を約50%削減する。(2016/3/8)

とにかく速いWordPress(2):
WordPressを2.5倍速くするPHPアクセラレータ「APC」
企業のCMSサイトやオウンドメディアなどエンタープライズ用途での利用が増えている「WordPress」の高速化について解説する連載。第2回は、具体的なWordPressの高速化テクニックとして、ページのロード時間を2.5倍速くするPHPアクセラレータ「APC」を解説します。(2016/1/25)

セキュリティ業界、1440度(17):
著名バグハンターが明かした「脆弱性の見つけ方」――「CODE BLUE 2015」リポート
2015年10月28日から29日にかけて、西新宿で日本発の国際セキュリティカンファレンス「CODE BLUE 2015」が開催されました。IoT関連の衝撃的な攻撃デモや、著名バグハンターによる「脆弱性の効率的な発見方法」の解説など、多くの刺激的な発表が行われた本イベントから、特に興味深かった講演に関するリポートをお送りします。(2015/11/27)

立体物をコピー!:
PR:世界初の3Dプリンター&スキャナー複合機「ZEUS」がいよいよ日本上陸――PCいらずのカンタン3Dプリンターの実力とは?
誰でも簡単に立体の造形物を作り出せる3Dプリンターだが、知識やPCの扱いなどでハードルが高いと感じる人も多いようだ。しかし、3Dスキャナーも一体化した「ZEUS」なら心配無用。その実力を試した。(2015/8/26)

日本の銀行を狙うマルウェア出現、中間者攻撃で情報搾取
世界的に猛威をふるう「Zeus」や「Citadel」とは異なり、日本を含む3カ国を標的にしているという。(2015/8/25)

3Dプリンタニュース:
3Dスキャンから3Dプリントまでこれ1台、PCレスで使える「ZEUS」
santecは、米AIO Roboticsのオールインワン3Dプリンタ複合機「ZEUS」の販売開始を発表した。(2015/8/24)

官民のスピード感の「差」に課題も:
190カ国、77万台に感染した「Simda」ボットネット、インターポール主導で撲滅作戦
国際刑事警察機構(インターポール)が、190カ国にまたがる77万台以上のPCに感染したと見られるボットネット「Simda」のテイクダウン作戦を実施。作戦には複数のセキュリティ企業が協力した。(2015/4/17)

欧州当局、マルウェアを呼び込むボットネットを摘発 世界で感染も拡大
ボットネット「Beebone」はZeusやCryptolockerなど多様なマルウェアをダウンロードさせる目的で使われていた。日本は米国に次いで感染数が多いという。(2015/4/13)

CODE BLUEレポート:
脆弱性を見つける人、対応する人、使う人、皆がハッピーになるヒントとは
2014年12月18日、19日の2日間にわたって開催された日本発のセキュリティカンファレンス「CODE BLUE」には、国内はもちろん、イスラエルやベルギー、スウェーデン、米国、ロシア、韓国、香港など、多様な国から約450人が参加した。多数の講演の中から、脆弱性情報の扱い方に関する話題をピックアップしてお届けする。(2015/1/13)

2015年はモバイルペイメントやIoTに注意を:
サイバー犯罪の「as a Service」化が鮮明に、EMCが指摘
EMCジャパンは2014年12月5日、「2015年のオンライン脅威の動向予測」と題するラウンドテーブルを開催し、サイバー犯罪の「as a Service」化が進んでいることに警鐘を鳴らした。(2014/12/8)

ネット犯罪の2015年を占う
2014年の国内のネット犯罪ではマルウェアによるオンラインバンキングの不正送金被害が話題になった。2015年は犯罪手口のさらなる高度化が予想されるという。(2014/12/8)

米フォーティネットの取り組みに見る:
高度化する脅威に対峙する、これからの2つの武器とは?
インターネット上の脅威はますます高度化、巧妙化を極めており、従来型の対策だけで守りきることは困難になりつつある。この事実を踏まえ、セキュリティ業界が取り組んでいる新しいアプローチを、米フォーティネットの取り組みを例に探ってみた。(2014/11/21)

不正送金マルウェアが猛威、2段階認証突破を試す機能も
ネットバンキングの不正送金被害は半年間で18億円を超え、マルウェアの高度化が大きく影響しているとトレンドマイクロは解説する。(2014/9/11)

物理キーボードがなくても「キーロガー」は有効
iPhoneやAndroid端末のタッチ操作を盗み見る“予想外”な手口
キーボードの入力内容が記録でき、しばしば悪事に利用される「キーロガー」。物理キーボードがないスマートデバイスは、キーロガーの危険からは無縁だと思ったら大きな誤解だ。その理由と対策を示す。(2014/9/8)

重鎮の話から緩いイベントまで:
ITセキュリティの最先端、Black Hat USA 2014レポート
2014年8月、ラスベガスにてBlack Hat USA 2014が開催された。セキュリティの重鎮による提言とともに、現地での様子をレポートしよう。(2014/8/21)

ネットバンキングの不正送金被害、法人での対策ポイントは?
既に2013年を上回る被害が発生しているオンラインバンキングの不正送金事件は、特に地方銀行や信用金庫などの法人顧客の被害が目立っている。(2014/7/31)

トレンドマイクロが語る予測と対策:
金融サイバー犯罪への有効な対策は「手口を知ること」だ
トレンドマイクロは金融関連をターゲットにしたサイバー犯罪の現状と対策を解説した。先行する海外事例から、何を学ぶべきかを紹介しよう。(2014/7/10)

コードを一から開発
2000ドルで取引される新型マルウェアの侮れない危険性
新たなバンキングマルウェアが発見された。地下市場で高額取引され、コードが一から作成されている点が特徴だ。果たして、「Zeus」以来の脅威へと発展するのだろうか。(2014/7/4)

@ITセキュリティセミナーレポート:
標的型攻撃、不正ログイン……巧妙化する脅威から身を守る術は
6月6日に都内で開催された@IT主催セミナー「標的型攻撃、不正ログイン……巧妙化する脅威から身を守る術は」では、最近のセキュリティインシデントを振り返りながら、必要な戦略や対策を考察、提案する講演が行われた。(2014/6/27)

セキュリティ業界、1440度(8):
Hide and seek――Citadelの解析から見る近年のマルウェア動向
2013年後半から、日本でもインターネットバンキングを狙ったマルウェアによる被害が急増している。その手段としてしばしば使われているマルウェア、「Citadel」を独自に解析した結果を紹介する。(2014/6/5)

身代金要求型マルウェアなどを操る犯罪組織、各国連携で摘発される
ボットネット型マルウェア「Gameover Zeus」と身代金要求型マルウェア「Cryptolocker」を操っていた組織が米英の当局や警察庁などの連携で摘発された。(2014/6/3)

業界のエキスパートが討論:
ネットの信頼を支える基盤が崩壊? セキュリティ騒動で浮上した課題
OpenSSLの脆弱性問題やリスト型攻撃など、近年はインターネットの信頼を支える基盤を揺るがしかねない事象が多発している。信頼のための基盤は崩壊してしまうのか――セキュリティ業界の専門家陣が議論を交わした。(2014/5/30)

2014年上半期、世界の電子書籍リーダー端末新モデル6選
Amazonなどは新モデルを9月以降に発表することが多いが、2014年上半期、世界ではどんな電子書籍リーダー端末が登場したのだろうか。ここでは6製品、紹介しよう。(2014/5/27)

中国Onyx、ロシア国内向けに9.7型E Inkディスプレイの電子書籍端末「Onyx M96M Zeus」を発売
Kindle DXの後継もいつか出るのでしょうか。(2014/4/23)

マルウェア「Zeus」使った不正送金の犯人、米当局が9人を訴追
9人は被害者のコンピュータにZeusを感染させてパスワードなどを盗み出し、被害者の口座から多額の現金を海外に不正送金していたとされる。(2014/4/15)

ネットの不正送金対策、中小企業なら複数人での承認も有効
ネットバンキングの不正送金の被害抑止に向けて、特に中小企業では複数による承認や対策製品の活用が被害抑止になるとラックらがアドバイスしている。(2014/4/14)

@IT Security Live UP! 速報リポート:
エキスパートが示す、これからのセキュリティ対策
2014年2月25日、東京・品川にて@IT編集部が主催するセミナー「@IT Security Live UP! 絶対に守らなければならないシステムがそこにはある」が開催された。各セッションの速報リポートをお届けする。(2014/3/7)

Salesforceの利用者情報を盗むマルウェア出現
確認したAdallomは、「最大の弱点は従業員。こうした攻撃はあらゆる企業で使っているあらゆるSaaSアプリケーションに対して発生し得る」と指摘する。(2014/2/21)

JPCERT/CCの中津留氏がセキュリティカンファレンス「Code Blue」で紹介:
復号ツール「Citadel Decryptor」(仮)で不正送金被害を食い止めたい
JPCERTコーディネーションセンター 分析センターの中津留勇氏は、マルウェアによる不正送金被害の拡大を食い止める一助として、マルウェア「Citadel」の復号ツールを開発した。その詳細を「Code Blue」で解説する予定だ。(2014/2/14)

「日本も例外ではなくなった」:
シマンテックが2013年のセキュリティ脅威を総括
シマンテック セキュリティレスポンスのケビン・ホーガン氏と濱田譲治氏が2013年のセキュリティ脅威動向を振り返った。(2013/12/19)

守るためには「インテリジェンス」も必須に:
ゼロデイ脆弱性やランサムウェアの台頭――シマンテックが2013年の脅威を総括
シマンテックが5つのキーワードで2013年の脅威を総括。2014年は「インテリジェンス」が防御に欠かせないものになるとした。(2013/12/19)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。