ITmedia NEWS >
コラム
» 2015年09月08日 00時08分 公開

IFA 2015:4Kとハイレゾの市場を広げるには?――ソニーの“次の一手” (2/2)

[鈴木淳也(Junya Suzuki),ITmedia]
前のページへ 1|2       

家でも車でも外出先でも、手軽にハイレゾを楽しめるラインアップ

 4Kと並んでソニーが重視しているのが「スマートフォン」と「ハイレゾ」の2つだ。スマートフォンのXperiaシリーズの最新モデルとなる「Xperia Z5」では2年ぶりにカメラモジュールを一新し、高画質な映像撮影が可能になったほか、新たに4Kディスプレイを搭載した「Premium」モデルを追加し、最新技術に興味を持つユーザーにスマートフォンでも4Kを訴求していく意向だ。Xperia Z5 Premiumの4Kは動画コンテンツと写真閲覧の2つの用途に限定した機能で、まだ世間のトレンドと比較すると早期での市場投入となるが、「他社に先駆けての先行投入」「感度の高いユーザーへの訴求」を全面に押し出す作戦だ。

プレスカンファレンスでは、ここ最近のソニーのハイレゾ音源(Hi-Res Audio)に対する取り組みに言及。2〜3年ほど前までは懐疑的な声もあったが、楽しむにあたって比較的手頃な製品やサービスが増えてきたこともあり、メジャーな存在になりつつある

 比較的プレミアム性の高さを打ち出す4KテレビやXperiaに比べて、よりカジュアルで多くのユーザーを獲得すべくラインアップを拡大しているのがソニーのハイレゾ対応製品だ。今回は新たに「h.ear」という新ブランドを導入し、主に若者層に向けたターゲティングを行っている。ハイレゾ対応ウォークマンの安価なモデル(A10/A20シリーズ)に加え、オーバーイヤーとインイヤー、さらにノイズキャンセリング機能搭載の有無で計3種類のヘッドフォンを導入し、ウォークマンと合わせて5色のカラーバリエーションを展開した。展示スペースもそうしたカジュアルさやカラーバリエーションの豊富さが強調されており、来場者の目を楽しませている。

こうしたハイレゾ環境をさらに身近に楽しむ製品としてリリースされるのが「h.ear」(ヒアー)という新ブランド。オーバーイヤー型のヘッドフォンのほか、インイヤー型のヘッドフォンがノイズキャンセリング(NC)の有無で2機種用意された

ターゲット層が垣間見えるソニーブースのh.earの展示。5つのカラーバリエーションが印象的だ

 ハイレゾ対応ウォークマンでは、上位モデルの「NW-ZX100HN」も発表されているが、ブースではほかにもカーオーディオやデスクトップ向けの「CAS-1」などが紹介されていた。ハイレゾ音楽の利用シーンを増やすと同時にデザイン性にもこだわっているのが特徴。特に小型スピーカーについては、ヘッドフォンとの併用も想定されており、フルサイズのイヤフォンジャックが利用できる。さらにNFCのペアリングにより、LDACを使ったBluetoothストリーミングが利用できる。

こちらもWalkmanの新製品「NW-ZX100HN」。DSEE HXによるハイレゾ音源拡張のほか、LDACによるBluetoothストリーミング転送にも対応

カーオーディオもハイレゾに。専用スピーカーとオーディオユニットを搭載した車にハイレゾウォークマンを接続すれば、走行中でもハイレゾ音源が楽しめる

パネルに表示されている数字は音源のサンプリングレートとビット深度。176kHz/24bitの意味だ

ハイレゾ音源を家庭で手軽に楽しめるソリューションも用意した。「CAS-1」は、DAC内蔵アンプとスピーカーから構成される“コンパクト”なオーディオシステムだ。アンプ正面にはヘッドフォン端子が用意されており、スピーカー以外にヘッドフォンが接続できるほか、NFCを使ったペアリングでBluetoothオーディオストリーミング(LDAC対応)も楽しめる。ブラックとホワイトの2種類があり、ブラックはスピーカーがダークブラウンでやや高級感ある仕上がりとなっている

 4K、ハイレゾのどちらも“対応”だけでは既に当たり前で、市場拡大のためにはより幅広いユーザー層に訴求できる魅力が求められる。ソニーは、4Kテレビでデザイン性、ハイレゾではデザイン性に加えて利用シーンの拡大に着目して次の一手を打ってきた。もちろんデバイス本来の進化といえる画質や音質も忘れてはいないが、実際に狙ったユーザー層に受け入れられるのかはお手並み拝見といったところか。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.