ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

「アンチエイジング」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

医療技術ニュース:
触覚に関係するメルケル細胞の研究に応用可能なモデル細胞を特定
ファンケルは、触覚に関係すると考えられているメルケル細胞のモデル細胞を検討し、「ヒトメルケル細胞癌由来細胞株MCC14/2」が、生体メルケル細胞の特徴を持つことを確認した。今後、皮膚科学研究への応用が期待できる。(2021/5/11)

ゆめみと「最先端のリモートワーク」:
PR:「精神と時の部屋」でリモートワークの人体実験 株式会社ゆめみの代表がストイックすぎる生活を始めた理由
何もない真っ白な部屋で働き続ける1人の戦士の姿がそこにはありました。(2021/5/19)

有村藍里、8センチカットですっきりショートボブに 「ちょっと勇気を出したイメチェン」
きれいな肌が際立つ。(2021/3/17)

大阪万博、地元パビリオン構想案 AIや再生医療わかりやすく
2025年大阪・関西万博で、大阪府と大阪市が地元パビリオンの内容を検討する有識者懇話会が、基本構想案を取りまとめた。AIや再生医療、アンチエイジングといった最先端技術について理解できるよう、実物や映像を多用した展示や体験を実施する。(2021/2/22)

有村藍里への“整形崩れてる”批判に反論多数  華麗なウエディングドレス姿に「めちゃくちゃ可愛い」と絶賛の声
有村さん「温かいお言葉をいただいて嬉しくて胸がいっぱいです」(2021/1/29)

有村藍里、「整形崩れてきた?」の声に言及 「年齢を重ねれば人は変化していくよ。整形関係なくてもね」
心ない言葉にも前向きに自分の意見を伝えている有村さん。(2021/1/25)

「冴えない10代に戻りました」 King Gnu井口理、初主演のCMで“奇跡の若返り”を遂げる
「Vinyl」のMVを見たくなった人は手を挙げて!(2020/10/15)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
50代でうまくいく人の無意識の習慣
50代になると、多くの人は元気がなくなってしまうが、50代という年齢でなければできないことはたくさんある。「本番はこれからだ、まだ始まっていない」というくらいの気持ちでいることが大切。(2020/9/24)

間違いなく奇跡の38歳! 安達祐実、『CanCam』史上最年長の表紙モデルで圧巻のビジュアル披露
本当に美しい。(2020/4/15)

第15回「オタク川柳」結果発表! 大賞の“ネ申”に「人生は 山あり谷あり 沼もあり」
深い。(2020/2/28)

「ブックカバー 本と己を 守るため」 第15回「オタク川柳」投票受付開始
「ガチャガチャガチャ ガチャガチャガチャ…ケッ …ガチャガチャガチャ」など、わかりみ深い全20作がノミネート。(2020/1/22)

SNS中心に人気拡大中:
ローソンから真っ黒なLチキが登場 徐々に広がる「ブラックフード」 新たなブームに?
ローソンから真っ黒なLチキが登場。黒い色が特徴の「ブラックフード」が徐々に登場し始めている。過去にはバーガーキングが黒いハンバーガーを期間限定で発売したり、最近では「ブラックデー」という韓国発の記念日イベントも開催されたりしている。今後、新しいブームとなっていくのだろうか。(2019/10/15)

バイクは「若返り効果」がある!? ナップスがライダー意識調査
バイク乗りは若く見える、らしいですよ。(2019/8/9)

青いハーブティー「バタフライピー」専門のブランド「molfon -モルフォン-」が誕生 バタフライピーを使ったコスメや雑貨の展開も楽しみ
透明なブルーが魅力的。(2019/7/9)

観月ありさがまさかの“52歳”役で登場「インハンド」 驚異の「若返り術」を真に受けそうになった3話を振り返り
観月ありさ自身の実年齢は42歳、それにしたって若くみえるのに!(2019/5/3)

「努力の賜物」「美しい…!!」 石田ゆり子、すらっと高く脚を上げた姿がアラフィフとは思えない柔らかさ
まだまだ美しくなるつもりだ。(2019/3/9)

同じゴハンがうれしいニャ 猫と人がどっちも食べられるゴハンのレシピ本が便利そう
おいしそうなお料理とかわいい猫ちゃんたちが満載の1冊です。(2018/7/4)

世界を読み解くニュース・サロン:
メルセデス・ベンツが「働く人の高齢化」を“チャンス”と捉える意味
高齢化が進んでいるのは日本だけではない。自動車ブランド「メルセデス・ベンツ」の高齢化に対する取り組みが注目されている。「年齢を重ねること」に対する意識を変える考え方は、日本企業にとっても参考になる。(2018/6/28)

これからのAIの話をしよう(言語編・前編):
人工知能は「美魔女」という言葉を生み出せるか 雑誌編集者×AI研究者、異色対談
人工知能は「美魔女」という言葉を生み出せるのか? プロの編集者と自然言語処理の研究者が、それぞれの立場で「言葉」をめぐる議論を繰り広げる。(2018/5/30)

「タニタカフェ」有楽町に5月下旬オープン 有機野菜使ったメニュー 歩数に応じてポイントたまる取り組みも
タニタは5月下旬、東京・有楽町に「タニタカフェ」を出店する。(2018/3/8)

水素水、バストアップ、関節に効く…健康食品に本当に効果はあるのか? 「商品テスト」から見る健康食品との付き合い方
「健康被害」にあわないために。(2017/11/19)

「髪に元気が無い」 狩野英孝、アンチエイジングを受ける姿がまるで人体実験
無事に帰ってこられてよかった。(2017/9/26)

経済損失は約3.5兆円!! 寝ることは大切なビジネススキル
「Fitbit Alta HR」の発表会で、日々の睡眠不足がいかに経済的損失を招いているか、睡眠時間の確保が生産性向上や無駄なコスト削減にいかに貢献するのか、という驚きの指摘がなされた。(2017/4/14)

週刊「調査のチカラ」:
プロ野球のサービス満足度、「神ってる」のはどのチーム?
寒過ぎず暑過ぎず、体を動かすにはちょうど良いこの季節。一方、プロ野球も開幕して観戦の楽しみもあり。今回は健康や運動にまつわる調査データをお届けします。(2017/4/8)

肌への影響があるブルーライト! 対策の必要は?
スマホ、PC利用で注意したいブルーライト。肌への影響が確認されていますが、実際のところ、紫外線のように対策する必要はあるのかを皮膚科医に聞きました。(2017/3/11)

ダイエットカレーに! ご飯の代わりに使える食材4選
カレーライスのライスの代わりにある食材を使い、ヘルシーにカレーを食べる方法を管理栄養士に聞きました。(2017/3/2)

【更新】「ウコンに薬としての効能はない」は正確ではない 専門家に聞いた「全容はいまだに解明されていない」
健康への効果があるとしても限られていると示唆 ※追記・訂正あり(2017/2/1)

世界を読み解くニュース・サロン:
プチ整形「ボトックス」は医療を変えるのか
「ボトックス」と聞くと、多くの人はアンチエイジングを目的に俳優などが打っている「ボトックス注射」を思い出すだろう。ただ、やりすぎて顔の表情が不自然になることも。そんなネガティブなイメージもあるが、期待されていることもある。例えば……。(2017/1/19)

栄養価たっぷりの「ブロススープ」その効果と作り方
一時期、ニューヨークで流行したという「ブロススープ」。日本でもひそかなブームがきた時期がありました。このブロススープ、健康や美肌、アンチエイジングに効果を発揮するといわれています。(2016/11/28)

週刊「調査のチカラ」:
ご長寿の秘訣はメディア接触? 100歳以上の男女100人に生活実態調査
人生の大先輩に聞く元気の秘訣にミドル世代の自己投資、老犬の介護事情まで、「加齢」にまつわる調査データを紹介してみます。(2016/9/11)

来週話題になるハナシ:
デカ尻にしたり、脚の骨を折ったり……。世界の美容整形にびっくり
美容整形が世界中で広がりつつある。「美容整形」と聞くと、目を二重にしたり、脂肪を吸引したり、鼻を高くしたり――多くの日本人はそのような施術を想像するだろうが、世界はちょっと事情が違う。例えば、インドでは脚の骨をわざと折って……。(2016/6/29)

SHOWCASE:
札幌のオシャレなiPhoneケース屋さんの暇つぶし アプリ紹介編「100万歳のババア」
「100万歳のババア」は、いかついお婆さんを運動させたりして若返らせるという内容のゲームです。最近若作りをしまくってる僕にぴったりのゲームだったので、迷わずダウンロードしました。筋トレ、美容、肩たたきなどができます。(2016/5/20)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
尊厳ある人生を享受するために――病から自分を守る予防術とは
日本は世界一の長寿大国といわれているが、医療行為により単に長生きすることは幸せなのか。尊厳を保つ人生、高い質の生活を維持するためには、日々どのように健康管理に取り組めばよいのだろうか。(2016/5/10)

保健同人社、iPhoneアプリ「家庭の医学」を期間限定で無料化
保健同人社が、熊本地震被災者などへの支援を目的に、家庭医学辞書のエッセンスをアプリ化したiPhoneアプリ「家庭の医学」を、期間限定で無償提供しています。(2016/4/21)

コンビニでも人気! グリーンスムージーの3つの効能
コンビニなどで手軽に手に入るようになったグリーンスムージー。その効果をあらためてチェックしておきましょう。(2016/4/14)

寝るだけダイエット:
10キロ減の元ミス日本「睡眠変えたら人生変わった」
睡眠ダイエットの時代がやってきた?(2015/10/5)

南インドカレーブームに乗り遅れないためのトリビア4つ
(2015/9/19)

“ゴッドハンド”の指の動きを再現! 自宅で「ヘッドスパ」が楽しめるヘッドケアマシン「セレブリフト」、ツインバードから
ツインバード工業の“CELEBLIFT”(セレブリフト)は、ヘッドスパ美容研究家&美容施術家の山本幸恵氏が監修した防水ヘッドケアマシン。親指代わりに引き寄せ運動をする2本と、回転揉みを行う4本の計6本で“指の動き”を再現する。(2015/7/2)

パクチーが好きかどうかは遺伝子で決まっていた!
人によって好き嫌いがはっきりと分かれるパクチー。おいしいと感じるかどうかは遺伝子によって左右されているようです。(2015/6/30)

「クックパッドのおすすめレシピで健康になっていた」そんな世界を作りたい――管理栄養士・唐澤弥子さん
各界で活躍し「周りが放っておかない人」に生活習慣や健康のコツを聞く本連載。今回登場していただいたのはクックパッドの管理栄養士・唐澤弥子さんです。(2015/6/18)

玄米茶の効果とおいしく飲むコツは?
玄米とお茶をブレンドした玄米茶。緑茶よりもカフェインが少なく、子どもでも飲めると人気です。また、その健康効果にも着目されています。(2015/6/12)

ブランジスタ、自社発行の電子雑誌約100冊を無料読み放題アプリで提供
山手線、東急線など7路線の各1編成では中吊り広告をジャックするプロモーションも実施。(2015/6/2)

医療IT最新トピック
「スマホ世代の子育て支援策」 母子手帳を電子化した千葉県柏市で始まる
電子母子手帳サービスを試験導入した千葉県柏市の取り組み、ソニーの電子お薬手帳の試験エリア拡大、従業員の健康管理業務を代行するクラウドサービスなど、医療IT関連の最新トピックを紹介します。(2015/4/8)

ビジネスパーソンに聞く、今年と来年の目標
2014年、あなたはどんなことを目標にしていましたか? 20〜50代のビジネスパーソンに聞いたところ「預貯金」が最も多く、次いで「年収UP」だった。GABA調べ。(2014/12/16)

INSIGHT NOW!:
「高齢=幸福」ではなくなる――高齢化社会における“本当の”問題とは?
老いをネガティブに捉えている人にとっては意外かもしれないが、人は高齢になるにつれて幸福度が上がっていくという研究結果が出ている。「幸福感のパラドックス」と呼ばれるこの現象は、今後崩れていく可能性が高い。それはなぜなのか。(2014/9/11)

ナレッジワーキング!!:
もしも「松田聖子のディナーショー」をプロデュースするなら?
「マーケティング」というと、とっつきにくいイメージがあるかもしれません。でも、馴染みのある分野の戦略を考えてみると、とたんに分かりやすくなるものです。(2014/8/20)

健康食材の代名詞「トマト」や「ひじき」で体調不良になる人がいる?
一般的に体に良いとされる食品が、冷え性や疲れやすい人には悪影響を及ぼすことも。自分の体質と食材との相性を評価し、適切な調理法も教えてくれる書籍を紹介します。(2014/8/5)

LEON元編集長が手がけるシニア富裕層向け雑誌『MADURO』、9月創刊
MADURO(マデュロ)は「熟した」を意味するスペイン語。(2014/7/23)

毎朝のヨーグルト、便秘の原因になることも?
ダイエットや便秘に良いといわれている食品が、実は症状を悪化させているかもしれないという管理栄養士の伊達友美さん。彼女のコミックエッセイから、気をつけたい“摂り過ぎ”のケースを紹介します。(2014/7/22)

○○な食べ物はNG 恋を遠ざける悪習慣
姓名鑑定士でスピリチュアルセラピストの花凜さんが教える、「恋愛運」を下げる悪習感とは? 花凜さんの著書『恋を引き寄せるキセキの習慣101』から紹介します。(2014/7/10)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。