ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

「逮捕」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「逮捕」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

7Pay事件 中国サイバー組織関与か たばこ転売ルート重点捜査へ
「7pay(セブンペイ)」の不正使用事件で、不正決済が疑われる被害が東京都内の複数店舗で確認され、いずれも電子たばこカートリッジのみが購入されていたことが11日、捜査関係者への取材で分かった。詐欺未遂容疑で中国人の男2人が逮捕されてから1週間。警視庁は大量購入者や犯行グループの転売ルートについて重点捜査を進めている。(2019/7/12)

「漫画村」無断アップロードで2人逮捕 運営者に続き事件進展
漫画海賊版サイト「漫画村」に漫画作品を無断アップロードした男女2人が逮捕された。(2019/7/10)

「漫画村」運営関与か、男女2人を逮捕 出版社「全容が解明されることを期待」
福岡県警などが10日、星野路実容疑者とは別の人物を逮捕したとの報道。【※追記】(2019/7/10)

ネット普及で怖さホラー級……芸能人ストーカー被害の実態! 掲示板に目撃情報投稿、「友人と同性愛中」の誹謗中傷
シンガー・ソングライターで音楽プロデューサー、崎谷健次郎に対して27年間もストーカー行為をしていた女が先月逮捕された。華やかなスポットライトを浴びる芸能人にファンは大切な存在。しかし、それも度を過ぎると、ただただ恐怖でしかない。(2019/7/10)

「漫画村」元運営者とされる星野ロミ、フィリピンで逮捕 地元メディア報道
「漫画村」の元運営者とみられる、星野ロミ容疑者がフィリピン入国管理局に逮捕された。(2019/7/9)

Twitterに「パキパキの氷や自転車あります!」 ネット取引で覚醒剤浸透 
東京・霞が関のキャリア官僚が覚せい剤取締法違反容疑などで相次ぎ逮捕、起訴された。仕事のストレス解消などで使ったとされ、いずれもインターネットを通じて違法薬物を入手していた。密売人が売買を持ちかけるネット上のツールは従来の匿名掲示板だけでなく、Twitterなど身近なSNSにも拡大している。(2019/7/9)

7pay不正容疑者「7、8人の名義使った」
「7pay」の不正使用事件で、警視庁新宿署に詐欺未遂容疑で逮捕された中国籍の張升(ジャンション)容疑者(22)=住所、職業不詳=が「7、8人の名義のIDとパスワードを使った」と供述していることが5日、同署への取材で分かった。(2019/7/8)

7pay不正利用、「微信」で指示か 詐欺未遂で中国籍の男2人逮捕
「7pay」を不正使用し、電子たばこを購入しようとしたとして詐欺未遂容疑で、中国人の男2人が逮捕された事件で、2人はいずれも中国で普及している通信アプリ「微信」(WeChat)を通じて犯行の指示を受けていたことが5日、警視庁新宿署への取材で分かった。同署は、国際的な犯罪組織が関与した可能性もあるとみて、実態解明を進める。(2019/7/5)

7pay不正使用、詐欺未遂容疑で中国籍の男2人逮捕 電子たばこ20万円分購入しようとした疑い
 コンビニ大手のセブン−イレブンで使用できるスマートフォン決済「7pay(セブンペイ)」を不正使用し、電子たばこを購入しようとしたとして、警視庁新宿署が詐欺未遂の疑いで、20代の中国籍の男2人を逮捕したことが4日、捜査関係者への取材で分かった。(2019/7/5)

利息は体で……ネット上に潜む「ひととき融資」のわな
「性行為ができて利息ももらえる。素晴らしい融資だ」。大阪府警に貸金業法違反(無登録営業)容疑などで逮捕された男はこう言い放ったという。男の手口は「ひととき融資」と呼ばれ、性的関係を見返りに、インターネットで知り合った女性らに金を貸し付けるというものだ。(2019/7/3)

利息は体で:
ネット上に潜む「ひととき融資」のわな
「性行為ができて利息ももらえる。素晴らしい融資だ」。大阪府警に貸金業法違反容疑などで逮捕された男はこう言い放ったという。男の手口は「ひととき融資」と呼ばれ、性的関係を見返りに、インターネットで知り合った女性らに金を貸し付けるというもの。警察は「ヤミ金の新たな手口」と警戒感を強めている。(2019/7/3)

ゲームのセーブデータの改造代行、不正競争防止法違反で初摘発
18年11月の法改正で不正競争行為として規制されることになりました。(2019/7/1)

「ドラクエやめたら心臓から声が聞こえる」と警察に相談 飯森容疑者5年前
交番前で巡査が刺され、実弾入りの拳銃が奪われた事件で、強盗殺人未遂容疑で逮捕された飯森裕次郎容疑者が2014年11月、「ゲームをやめたら心臓から声が聞こえる」などと警視庁に相談していたことが、捜査関係者などへの取材で分かった。(2019/6/19)

レッドライン:
転職組は要注意! 前職場での名刺はどこまで使える?
以前勤めていた会社の顧客データを転職先に持ち出したとして、会社員の男ら3人が逮捕される事件があった。これまでに交換した名刺や携帯電話に残った顧客データを利用するのもアウトなのか。気になるボーダーラインと注意点を専門家に聞いた。(2019/6/19)

嘘のような本当の話 ポーランドで酔っぱらいが市街地を戦車「T-55」で暴走、49歳の男を飲酒運転の容疑で逮捕
えぇ……(困惑)。(2019/6/17)

吹田市の拳銃強奪事件、33歳男性を逮捕 奪われた拳銃も確保
事件は16日の早朝に吹田市千里山交番で発生。(2019/6/17)

権利は国民の不断の努力によって保持しなければならない:
被告弁護人と高木浩光氏は何と闘ったのか、そしてエンジニアは警察に逮捕されたらどう闘えばいいのか(Coinhive事件解説 前編)
Coinhive、Wizard Bible、ブラクラ補導――ウイルス作成罪をめぐる摘発が相次ぐ昨今、エンジニアはどのように自身の身を守るべきか、そもそもウイルス作成罪をどのように解釈し、適用すべきか。Coinhive事件の被告人弁護を担当した平野弁護士と証人として証言した高木浩光氏が詳しく解説した。(2019/6/13)

「中高年引きこもり」抱えた高齢親をどう救う? “支える側”の心身に限界…専門家「家族にも相談相手が必要」
「刺さなければ、自分が殺されていた」。元農林水産事務次官の熊沢英昭容疑者(76)=殺人未遂容疑で逮捕=は、引きこもり状態だった長男で無職の英一郎さん(44)を殺害した理由をこう供述した。長期化した引きこもりは、支える側の家族が体力や経済的、精神的な限界を迎え、出口が見えなくなるケースも多いという。(2019/6/10)

アラートループで書類送検の男性2人、起訴猶予に 「嫌疑なしにすべきだった」担当弁護士が異例の声明、検察を批判
ポップアップが繰り返し表示されるサイトのURLを掲示板に書き込んだとして、不正指令電磁的記録供用未遂の疑いで神戸地検に書類送検された男性2人が起訴猶予処分に。弁護士は「『嫌疑なし』の判断をすべきだった」と検察を批判している。(2019/5/30)

くら寿司バイトの不適切動画投稿は「友達困らせるため」
回転ずしチェーン「くら寿司」の店舗で撮影した不適切な動画をインターネット上に投稿したとして、当時のアルバイト従業員の少年3人が大阪府警に偽計業務妨害容疑で書類送検された事件で、少年の1人が、動画を撮影した少年と仲が悪くなったため「困らせようと思って動画を投稿した」と供述していることが29日、捜査関係者への取材で分かった。(2019/5/30)

世界を読み解くニュース・サロン:
「大麻合法化しようぜ」に感じる“胡散臭さ”の正体 医療大麻の論点とは
有名人が大麻で逮捕されるたびに、日本でも「合法化」が議論になる。だが、医療大麻の話を持ち出す容認派には、医学的な根拠を示して真剣に議論する姿勢が感じられない。医療大麻ビジネスに乗り出しているイスラエルでは、薬剤として適切に取り扱う体制がある。(2019/5/30)

ドローン無許可飛行容疑で男を逮捕 都内初 公園で飛ばし「広い場所では飛ばせると思っていた」
江戸川区の公園で許可なく夜間にドローンを飛ばしたなどとして、警視庁葛西署は、航空法違反と偽造有印私文書行使の疑いで、自称解体工の加賀隆司容疑者を逮捕した。調べに対し、容疑を認めた上で、「広い場所では飛ばせると思っていた」と供述しているという。ドローンの無許可飛行容疑での逮捕は都内で初めて。(2019/5/28)

神戸地検、「ブラクラ貼った」と書類送検された男性2人を起訴猶予処分に 「ウイルス罪に該当」との認識は変わらず
被害者は“0人”だったというこの事件について、当事者の男性2人を取材しました。(2019/5/29)

「僕が逮捕された事を知っていますか?」 村上世彰氏がN高で講義、投資と歩んだ半生語る
通信制高校「N高等学校」の特別講義に、投資家で旧「村上ファンド」代表の村上世彰氏が登壇。村上ファンド事件の舞台裏や、自身の半生について語った。生徒との質疑応答にも応じ、投資に必要な心構えを説いた。(2019/5/22)

「JUDGE EYES:死神の遺言」初版は差し替えなし ピエール瀧の羽村京平のまま遊べる
出演者のピエール瀧氏の逮捕を受け、販売が自粛されていた「JUDGE EYES:死神の遺言」。このほど、ピエール瀧氏の出演部分を差し替えた「新価格版」の発売が発表されたが。あわせて、初版の交換やパッチ対応は行われないことが明かされた。(2019/5/22)

ピエール瀧逮捕で販売中止の「JUDGE EYES:死神の遺言」、モデル差し替えで再発売
ピエール瀧氏が逮捕されたことを受けて3月から販売を自粛していた「JUDGE EYES:死神の遺言」が7月18日に「新価格版」として4540円(税別)で再発売。瀧氏が演じていたキャラクター「羽村京平」は、田中美央さんが演じたモデルに差し替えた。(2019/5/21)

“サービスとしてのサイバー犯罪”が登場――マルウェア「GozNym」を操るサイバー犯罪ネットワークをユーロポールが摘発
ユーロポールは4万1000台以上のコンピュータにマルウェアを感染させ推定1億ドルを盗もうとしていたサイバー犯罪ネットワークを摘発した。(2019/5/17)

セキュリティクラスタ まとめのまとめ 2019年4月版:
公開鍵を「公開しない」ってどういうこと?
2019年4月のセキュリティクラスタでは、「『ラブライブ!』のドメインハイジャック」「アプリケーションのデータを書き換えて利用制限時間を引き延ばしたため、電磁的記録不正作出・同供用で書類送検された事件」「パスポートの署名検証に使う公開鍵の開示を求めたものの、開示されなかった事例」が話題となりました。(2019/5/15)

悠仁さまの机に置かれた刃物、エヴァの「ロンギヌスの槍」模した!? 形状が話題
秋篠宮ご夫妻の長男、悠仁さまが通われるお茶の水女子大付属中学校の机に刃物が置かれた事件で、2本のナイフを槍(やり)状にした手製の刃物が、新約聖書や人気アニメに登場する「ロンギヌスの槍」に似ていると注目されている。警視庁に建造物侵入容疑で逮捕された容疑者は、天皇制を批判する供述をしているが、刃物の形状にも意味があるのか。(2019/5/9)

麻薬や流出データを売る世界最大級“闇サイト”摘発 ダークウェブ上の利用者は115万人超
さまざまな国と機関の協力によって逮捕・閉鎖に至りました。(2019/5/4)

「真摯に向き合っていきたい」 「AAA」メンバー、浦田直也容疑者の逮捕をあらためて謝罪 近況報告にファン安堵
ファンからは応援メッセージが届いていました。(2019/4/29)

アサンジ氏逮捕 米紙「報道の自由の英雄ではない」/露紙「立場逆なら称賛していた米国」
Wikileaks創設者、ジュリアン・アサンジ容疑者が11日、英当局に逮捕された。身柄引き渡しを求める米国のメディアは、同容疑者の姿勢を「ジャーナリズムではない」と糾弾。一方、“共謀”が疑われているロシアの高官は「逮捕は報道の自由に反する」と英米を批判しているが、露メディアの見方は露政府の主張に冷ややかだ。(2019/4/23)

こうしす! こちら京姫鉄道 広報部システム課 @IT支線(13):
「『一回転』でググれ」と言ったら、逮捕されますか?
情報セキュリティの啓発を目指した、技術系コメディー自主制作アニメ「こうしす!」の@ITバージョン。第13列車は「不正指令電磁的記録供用罪」です。※このマンガはフィクションです。実際の法解釈や法運用とは異なります(2019/4/23)

「僕自身も混乱」「個人的にも思うところが……」 AAA浦田直也の逮捕受け、メンバーがSNSで心境吐露
逮捕についてネットで厳しい意見も。(2019/4/22)

木口亜矢、2018年夏から保育士に転身していた 同年5月には夫の逮捕を経験、「元気そう」とファン安堵
美人先生の誕生。(2019/4/19)

独禁法の新指針作り提言 巨大IT事業者規制 自民競争政策調査会
自民党は18日、競争政策調査会を開き、GAFAに代表される巨大IT事業者の規制に関する提言をまとめた。公正取引委員会が独占禁止法に基づき、違反行為を摘発しやすくするため、巨大IT事業者に特化した指針を新たに作ることなどを盛り込んだ。政府の規制強化策に反映させたい考えだ。(2019/4/19)

英警察が逮捕したアサンジ氏、米司法省が起訴 ロシアによる米大統領選干渉の全容解明に期待
ロンドンのエクアドル大使館に逃げ込んでいた内部告発サイト「ウィキリークス」創設者、ジュリアン・アサーンジ容疑者が逮捕されたことを受け、米司法省は11日、機密文書入手のためコンピューターに侵入した疑いで、同容疑者を訴追したと明らかにした。(2019/4/12)

技術空洞化の原因:
米、ファーウェイ問題の教訓 日本の技術安全保障の危機
昨年12月、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の副会長がカナダで逮捕された。米国は安全保障上のリスクがあるとして日本を含む同盟国に中国の華為や同業のZTEを通信システムから排除するよう要請した。日本政府は国名や企業名を出していないが、通信システムの安全保障リスクを低減するよう関連企業に要請した。(知財評論家、元特許庁長官・荒井寿光)(2019/4/12)

ウィキリークス創始者、ジュリアン・アサンジ氏を逮捕 英ロンドンで
7年にわたりエクアドル大使館に立てこもっていました。(2019/4/11)

ウィキリークス創設者を逮捕 英ロンドン警視庁
2012年から英ロンドンにあるエクアドル大使館に立てこもっていたウィキリークス創設者のジュリアン・アサンジ氏が逮捕された。(2019/4/11)

「無実」「陰謀」主張も「中身ない」と検察 ゴーン容疑者の動画
日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン容疑者(65)の弁護団が9日公開した、ゴーン容疑者がオマーンの販売代理店に日産資金を不正に支出したとして会社法違反(特別背任)容疑で再逮捕される前日に撮影した動画。日産自動車の現経営陣を痛烈に批判する一方、事件の詳細については語らなかった。(2019/4/10)

高校生が爆薬製造、SNSで助言受け 困難な事前察知
東京都内の男子高校生が爆薬「ETN(四硝酸エリスリトール)」を製造・所持した疑いで警視庁公安部に書類送検された事件で、高校生は会員制交流サイト(SNS)で情報を共有し、薬品を調合する際の注意点について製造に成功した人物からアドバイスを受けるなどしていた。ETNは市販の薬品で製造が可能で、公安関係者は「ノウハウが広がっている」と指摘。爆薬製造の動きを事前に察知する難しさが改めて浮かび上がった。(2019/4/9)

「依存症に厳しすぎる制裁」 ピエール瀧出演作の自粛撤回、依存症支援団体が要望
ピエール瀧氏が麻薬取締法違反の疑いで逮捕されたことを受け、出演作品の撮り直しや販売停止など自粛が相次いでいる問題で、依存症関連の市民団体や治療者らで結成する団体が、自粛を撤回するよう求める要望書を、NHKなど5社・団体に送付したと発表した。(2019/3/28)

フェラーリなど乗り回す姿も:
総合病院が“横流しの薬” 中国では美容効果で人気
肝臓治療の処方薬「ラエンネック」を販売目的で許可なく病院内に保管していたとして、千葉県野田市にある総合病院の理事長が医薬品医療機器法違反容疑で逮捕された。ラエンネックは肝機能障害の治療に用いられるほか、中国などでは美容に効果があるとして高値で取引されており、千葉県警は、中国へ転売する目的で薬を横流ししていた可能性があるとみて裏付けを進めている。(2019/3/26)

「無限アラート」で摘発された2人を支援する寄付 日本ハッカー協会が呼びかけ
単に2人を救済するだけでなく、ソフトウェア技術者・セキュリティ技術者の業務の自由を守ることが目的としています。(2019/3/25)

“兵庫県警ブラクラ摘発”、弁護士費用の寄付呼び掛け 日本ハッカー協会
無限ループプログラムのURLを掲示板に書き込んだ3人が不正指令電磁的記録供用未遂の疑いで摘発された事件で、被疑者の弁護士費用を集める寄付の募集を日本ハッカー協会が始めた。「弁護士を付けることができれば、不起訴処分にさせたり裁判で無罪の判決を得ることも可能」とみている。現金のほか仮想通貨での寄付も可能だ。(2019/3/25)

YouTuberの対立から現実世界で乱闘に 独ベルリンで
9人が逮捕されました。(2019/3/25)

狙い撃ちされたMonappy モナコイン詐取した18歳ハッカー少年「ゲームを攻略する気持ちでやった」
仮想通貨の保管サイトから、当時の価値で約1500万円相当の仮想通貨「モナコイン」をだまし取ったなどとして、電子計算機使用詐欺と組織犯罪処罰法違反の疑いで宇都宮市の18歳のハッカー少年を書類送検した事件。システムの欠陥を狙った犯行で、元日に“犯行声明”も出ていたことが話題になったが、専門家は「完全な狙い撃ちだ」と指摘する。(2019/3/25)

ピエール瀧容疑者逮捕で販売自粛のPS4「ジャッジアイズ」 ゲオの中古ソフト週間売上で前週14位から1位に
新品の出荷とDL販売はセガが自粛中。(2019/3/20)

「政治はなぜ技術を潰す?」 “いたずらURL摘発”で弁護士やエンジニア議論 勉強会をライブ配信
JavaScriptを使ったループプログラムのURLを掲示板に書き込んだ3人が摘発された事件をテーマにしたエンジニアと法律家のための勉強会が20日夜に開催。Facebookページでライブ配信も。(2019/3/20)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。