ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「バスケットボール」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!バスケットボール→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でバスケットボール関連の質問をチェック

NBAネッツ、ワクチン未接種選手を「試合にも練習にも参加させない」と発表 選手本人は「神に守られている」とツイート
「チームプレーヤーとしてどうなのか」と厳しい声も。(2021/10/13)

インコvs.インコのバスケットボールが熱い! 自分のゴールがどちらか分かっている賢い戦いに脱帽
ちゃんと自ゴールを理解している……!(2021/9/19)

「ジャンプの瞬間いい写真」 女子バスケ日本代表、記録を塗り替えた喜び爆発ショット 史上初の五輪決勝へ
米国代表との決勝戦は8月8日に実施。(2021/8/7)

スケートボード男子の堀米雄斗選手、五輪初代王者に バスケシューズでパフォーマンスすると発言し驚かせた過去
決勝では高得点とされている9点台を連発して金メダルを獲得しました。(2021/7/25)

森矢カンナ、7歳年下のバスケ日本代表・馬場雄大選手と結婚 独立、芸名を本名の“森カンナ”へ変更も
おめでとうございます!(2021/7/1)

動くゴールにバスケットボールをシュート! さまざまなトリックショットを決めるキッズの才能に息を飲む
お見事。(2021/7/1)

女子バスケ渡嘉敷来夢、新シーズンもENEOSでのプレー続行へ 「まずは復帰を目指し自分らしく日々全力で」
2020年12月の皇后杯で右膝前十字靱帯を断裂し東京五輪出場を断念していました。(2021/6/14)

Bリーグのハーフタイム、落語家・立川吉笑の“落語”にバスケファン「素晴らしかった」「吉笑さんの言葉に震えました」
千葉ジェッツが3度目のファイナル挑戦で悲願のリーグ戦初優勝でした。(2021/6/2)

AIで試合のハイライト動画を自動生成 NTTドコモが3人制バスケリーグ参加チームに提供
NTTドコモはハイライト動画の作成をAIで自動化するサービスを、3人制のプロバスケットボールリーグ「3x3.EXE PREMIER」を運営するクロススポーツマーケティング(東京都千代田区)と共同で開発したと発表した。同リーグの参加チームに提供する。(2021/5/24)

八村塁や渡邊雄太のNBA勢も、東京五輪へ男子バスケ日本代表候補選手20人発表「バランスを考えたチーム構成を」
NBA名が出てくる日本代表熱すぎる。まじ漫画。(2021/5/14)

Go AbekawaのGo Global!〜Philippe_Godbout編(前):
カナダのバスケ少年、ボーイング初のリモート製造に携わる
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回はPhilippe Godbout(フィリップ・ゴドブ)氏にお話を伺う。豊かな自然とスポーツに囲まれすくすく育ったカナダの少年は、やがて「エンジニアリング」に魅了されていく。(2021/4/19)

広テレやドコモらが協力して「遠隔バスケットボール教室」を開催 5Gで遠隔地から指導支援
広島テレビ放送(広テレ)やNTTドコモ中国支社など7社が、遠隔地でのスポーツ指導格差の解消を目的とした「遠隔バスケットボール教室」を実施した。5G回線を活用し、映像伝送技術やストリーミング配信技術を使いつつ、VRスポーツ指導コンテンツを配信した。(2021/3/23)

日本にスポーツベッティングは根付くか:
バスケットボールが「スポーツくじ」の対象に 「スポーツベッティング」はスポーツ界の救世主となるか
2020年末の法改正で、バスケが「toto」の対象に追加予定となった。コロナ禍で資金繰りに苦しむプロスポーツも多い中、スポーツベッティングは新たな稼ぎ頭となるのか。(2021/2/25)

ケタ違いとはこのことか! “バスケの神様”マイケル・ジョーダン、病院建設のため10億円寄付
こういう大人になりたい。(2021/2/17)

ファーウェイ、靴に装着可能なスマートバンド「HUAWEI Band 4e」2月5日に発売
ファーウェイ・ジャパンは、2月5日にスマートバンド「HUAWEI Band 4e」を発売。付属のバックルで本体を靴に装着可能で、バスケットボールやランニングなどのパフォーマンスデータを計測できる。(2021/2/4)

ヒザ負傷のオードリー・若林、松葉づえなしに「嬉しいです」 一方、痛みのトラウマでバスケグッズを封印
回復してよかった!(2020/11/29)

「オードリー」若林、趣味のバスケでヒザを負傷 松葉づえ姿公開「いつかやるかな、いや、やるもんかと思ってましたが」
やっちゃったか……。(2020/11/17)

プロジェクト:
三井不動産レジデンシャルとナイキが協業、豊洲に敷地面積6000m2のスポーツ施設を開業
三井不動産レジデンシャルとナイキジャパングループは、東京都江東区豊洲で、2020年10月10日から2021年9月20日までの期間限定で、スポーツ施設「TOKYO SPORT PLAYGROUND SPORT×ART」をオープンした。施設内には、バスケットやスケートボード、ダンスといったアーバンスポーツが行える設備を設けている。(2020/10/16)

「黒子のバスケ」「娼年」「フルメタルパニック」などがAmazonプライム・ビデオで間もなく【見放題終了】に(2020年9月9日版)
フルメタル・パニックを一気見できる。(2020/9/9)

「炎の体育会TV」にトヨタのAIバスケロボ登場 人間とスリーポイントシュート勝負
「炎の体育会TVSP」にトヨタが開発したAIバスケットロボット「CUE4」が出演する。人間とCUE4がスリーポイントシュート勝負を行う。(2020/8/13)

Twitter、「いいね」ボタンをカスタマイズする広告商品のβテスト開始 バスケットボールがハートマークに
オリジナルのアニメーションは指定したハッシュタグが含まれる全てのツイートに対して表示されます。(2020/7/31)

NBA、無観客試合でMicrosoft Teamsのトゥギャザーモード採用
NBAが、コロナ禍で無観客になる試合で、Microsoftのコラボレーションサービス「Teams」の「Togetherモード」を採用する。高さ5メートルのスクリーンのバーチャル背景に300人の観客を表示することで、自宅にいる観客と試合を結ぶ。(2020/7/25)

ほぼ確実にシュートが決まるバスケのゴール開発 「買いたい」と驚嘆する人が続出
運動が得意でなくても安心。(2020/5/11)

「僕の身長を想像して」 NBA渡邊雄太、バスケ選手ならではの“ソーシャルディスタンス解説”が独特すぎる
分かりやすい……のか?(2020/4/18)

ソフトバンク、AKB48劇場公演&バスケット公式戦を無料ライブ配信
ソフトバンクは、3月12日からVR映像配信サービス「LiVR」と国内バスケ映像配信サービス「バスケットLIVE」の映像コンテンツを無料配信。バスケットLIVEでは試合終了後30日間の見逃し配信も無料で提供する。(2020/3/12)

世界を読み解くニュース・サロン:
ナイキはなぜ中国に屈したのか 巨大市場を巡る“圧力”の実態
米NBAチームGMが香港デモの支持を表明して騒動になっているが、中国でビジネス展開するスポーツ大手のナイキはダンマリを決め込んでいる。社会的なメッセージを発信してきた同社でさえ、巨大市場を武器にされると口をつぐんでしまう。そこに中国ビジネスの難しさがある。(2019/10/24)

石川温のスマホ業界新聞:
ソフトバンクがバスケット日本代表戦で5Gプレサービスを実施――やはり当面は4Gネットワークが主戦場か
ソフトバンクがさいたまスーパーアリーナで5Gのプレサービスを提供した。他社と比べて5Gの割り当て帯域が少なめであるソフトバンクだが、他社と遜色のないパフォーマンスを発揮できるという。なぜなのだろうか?(2019/8/30)

バンダイナムコ、プロスポーツに参入 プロバスケ「島根スサノオマジック」経営権を取得
(2019/8/27)

石野純也のMobile Eye:
ソフトバンクの5Gプレサービスでバスケ観戦 “5Gならではのコンテンツ”に課題
ソフトバンクが、埼玉県のさいたまスーパーアリーナで開催されたバスケットボールの日本代表戦で、5Gプレサービスを提供した。スタジアム内に1カ所基地局を設け、ユーザーに5Gならではの試合映像を配信した。ユーザーを巻き込んだプレサービスの狙いとは?(2019/8/24)

「家族みんなで応援にいきます!」 ダルビッシュ有、NBA1巡目指名された八村塁の人柄にベタぼれ
“外出嫌い”と自称してきたダルさんが……。(2019/6/21)

「腐女子、うっかりゲイに告る。」腐女子とゲイは偏見を乗り越え理解し合えるのか?「世界を簡単にしたくない」腐女子の願いが響いた
「おっさんずラブ」+QUEEN+「黒子のバスケ」!? 話題性全乗っけスタート。(2019/4/27)

スマホからサイズ調整できるシューズ「ナイキ アダプトBB」発売 3万5000円
ナイキは、スマートフォンアプリと連動するバスケットボールシューズ「ナイキ アダプトBB」を発売する。アプリを使うことでユーザーの足のサイズに合わせて調節できる。無料アプリはiPhoneとAndroid両方に対応し、シューズの本体価格は3万5000円(税別)。【訂正】(2019/4/5)

「勝利の女神!」 おのののか、バスケ男子W杯進出に喜ぶ姿でファンのテンションを爆上がりさせる
バスケ男子日本代表が見せた“奇跡の逆転劇”。(2019/2/26)

YOSHIKIが伝える惨劇の瞬間 “プロ並”スケボーでダイナミック転倒する姿が話題に「首が怖い」
よい子は雨上がりのバスケットボールコートでブーツ履いてスケートボードしないように!(2019/2/12)

モーター内蔵、フィット感を自動調整するシューズ「ナイキ アダプトBB」発表 スマホ連携も
モーターとギアを内蔵し、フィット感を自動調整するバスケットボールシューズ「ナイキ アダプトBB」発表。ファームウェア更新で、フィットの精度をより高めるなどのアップデートの計画もあるという。3万7800円(税込)。(2019/1/17)

ナイキ、自動でぴったりフィットするバスケシューズを開発 足の状態に合わせて締め付け具合を調整
インターバルの間は締め付けを緩めるなど、状況に合わせて設定できます。(2019/1/16)

何点稼ぐつもりなの!? バスケットボールをひたすらゴールに入れるオウムさんたちが面白かわいい
スパッ……!(入った……!?)(2019/1/12)

「躍動感がすごい」「映画の1シーンかと」 土屋太鳳、“全力を注いでいた”中学バスケ部時代の写真が本気度MAX
映画「春待つ僕ら」ではバスケ男子との友情と恋を演じています。(2018/12/23)

iPhoneで広まる新時代のAIアプリを林信行が解説
手術中の出血量やバスケットボールのシュート角度など、これまで人が勘に頼っていた部分を数値として補完してくれる新しいアプリの登場が期待されている。「A12 bionic」と「CoreML」で世界はどう変わるのか。(2018/10/17)

Build.Blackも支援:
米NBAサクラメント・キングス、イーサリアムのマイニングで慈善活動
米NBAのサクラメント・キングスは米NBAで最初に仮想通貨のマイニングに着手したチームとなったようだ。(2018/7/3)

出張連載 耐え子の日常:
「バスケ選手3人にプレスされているから、先ランチ行ってて!」 OLの“お昼あるある”がやばい方に振り切った「耐え子の日常」―ランチ編―
Twitterで人気のショートギャグ漫画「耐え子の日常」がねとらぼで出張連載。第2回は「ランチタイムで耐える」編。(2018/6/18)

【検証】緑間真太郎のシュートはなぜ相手の心を折るのか?【黒子のバスケ】
東大生が物理学で計算してみる。(2018/3/7)

PR:身長230センチの幻の日本人選手がいた? 全部わかればバスケマニアな雑学を集めてみた
読むとバスケがやりたくなります。(2018/2/1)

Nike、ソニーとコラボの「プレイステーション」ロゴ付きシューズを110ドルで発売へ
NikeがNBAのポール・ジョージ選手とのコラボシューズ第二弾として、ゲーム好きのジョージ選手のためにソニーのプレイステーションをフィーチャーしたロゴ付きシューズ「PG 2」を発売する。(2018/1/21)

野球部・ラグビー部は継続:
東芝、プロバスケ「川崎ブレイブサンダース」をDeNAに売却 300万円で
東芝が、B.LEAGUEに所属する男子プロバスケットボールチーム「川崎ブレイブサンダース」をDeNAに譲渡すると発表。(2017/12/6)

楽天、NBAを国内独占配信へ 「Rakuten TV」で提供
楽天が米プロバスケットボール協会(NBA)とパートナーシップ契約を結んだ。日本国内でのNBAの放映、配信を楽天が独占する。(2017/10/10)

楽天、NBAウォリアーズとスポンサー契約 ユニフォームに楽天ロゴ サービス連携も視野
楽天が全米プロバスケットボールリーグNBAの「ゴールデンステート・ウォリアーズ」とのパートナーシップ契約締結を発表した。日本企業とNBAのスポンサー契約や、NBAのユニフォームにスポンサーロゴが入るのは初めて。【訂正あり】(2017/9/13)

ミクシィ、プロバスケチームとスポンサー契約 スタジアム建設は「決定した事実ない」
チケット売買サイト「チケットキャンプ」を運営するフンザが、プロバスケットボールチームとスポンサー契約を結んだ。(2017/8/24)

バスケ部作ったよー バスケットボールで遊ぶ大阪・海遊館のカマイルカ 上手過ぎてプロバスケ選手も注目
今日も自主練するよー。(2017/8/6)

15.5万件余りの個人情報流出か プロバスケリーグ、チケットサイトの不正アクセスについてぴあが謝罪
Twitter上ではクレジットカードの不正利用を疑う声があがっていました。(2017/4/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。