ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

「負債」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「負債」に関する情報が集まったページです。

書店ビジネスが苦しい 債務超過の文教堂HD、私的整理を申請 上場廃止回避へ「事業再生ADR」
老舗書店チェーンも苦しんでいます。(2019/7/1)

熱きシニアたちの「転機」:
ワンマン社長の奴隷、3500万円の借金地獄――“31歳無職の男”は「伝説の居酒屋カリスマ」にどう成り上がったのか【後編】
3500万円の借金地獄から、アッという間に大金持ちになった男の波乱万丈な成功物語の完結編――。(2019/7/1)

熱きシニアたちの「転機」:
ワンマン社長の奴隷、3500万円の借金地獄――“31歳無職の男”は「伝説の居酒屋カリスマ」にどう成り上がったのか【前編】
3500万円の借金地獄から、アッという間に大金持ちになった男の波乱万丈な成功物語の前編――。(2019/6/28)

観客動員の伸び悩みが原因:
上川隆也が所属していた劇団「演劇集団キャラメルボックス」の運営会社が破産開始決定、負債総額5億2071万円
上川隆也さんが所属していた劇団「演劇集団キャラメルボックス」の運営会社ネビュラプロジェクト(東京都中野区)が6月19日、東京地裁から破産開始決定を受けた(2019/6/25)

出版取次の「日本雑誌販売」が債務整理、法的手続きへ 取引書店の減少で業績不振
取引書店はピークの半分にまで減っていたとのこと。(2019/6/10)

借金を肩代わりして家賃タダで住まわせてくれている母親に対し「アンタが死んでも葬式に出ない!」 「テレフォン人生相談」先週のハイライト
母親の持つアパートの家賃収入が欲しいギャンブル狂のダメ息子。(2019/5/27)

WHOが依存症として認定「ゲーム障害」その実態 現実逃避し、借金しても止められず
WHO総会は25日、オンラインゲームやテレビゲームのやり過ぎで日常生活が困難になる「ゲーム障害」を新たな依存症として認定した。薬物や酒などと違い、治療のための支援態勢が整っているとはいえず、関係者は「リスクが改めて認識されるきっかけになれば」と話す。(2019/5/27)

患者の多くは:
現実逃避し、借金しても止められず ゲーム依存の実態
世界保健機関(WHO)総会は25日、オンラインゲームやテレビゲームのやり過ぎで日常生活が困難になる「ゲーム障害」を新たな依存症として認定した。治療のための支援態勢が整っているとはいえず、関係者は「リスクが改めて認識されるきっかけになれば」と話す。(2019/5/27)

「幸せは金じゃない」:
フィリピンで綱渡り人生 借金500万円から逃れた「脱出老人」の末路
フィリピンパブで出会った女性を追い掛け、借金500万円超を残したまま現地へ渡った「脱出老人」の末路――。待っていたのは不法滞在、困窮生活……。「海外で悠々自適なセカンドライフ」という美辞麗句とはかけ離れた一人の男の人生を追った。(2019/5/22)

大富豪が学生の借金を全額肩代わり 大学卒業式のビッグなサプライズが話題に
総額44億円にも上るとのこと。(2019/5/20)

平成の上場企業倒産、負債額ランキング 最大は1兆6000億円の総合スーパー
「平成は上場企業の『不倒神話』が崩れ去った時代」。(2019/4/30)

全自動衣類折りたたみ機「ランドロイド」開発元破産 赤字続きで発売に至らず
全自動で洗濯物を畳むロボット「ランドロイド」の開発会社が破産手続きを開始した。負債額は22億5000万円。(2019/4/23)

スピン経済の歩き方:
なぜ「小僧寿し」は危機に陥ったのか 犯人は“昭和のビジネスモデル”
「小僧寿し」が債務超過に陥った。苦境の背景に「持ち帰り寿司の限界」とか「多角経営が裏目に」といった声が出ているが、本当にそうなのか。筆者の窪田氏は違う見方をしていて……。(2019/4/2)

束田光陽の不動産投資の教室:
借金はコワイ?  不動産投資で安心してローン返済を行う方法
資産運用の王道の一つが不動産投資です。その特徴は、銀行からの借入を利用して、利益を増幅する点にありました。しかし借金はコワイものです。どうしたら安心して借金ができるのか? ファイナンシャルアカデミーで不動産授業を担当する束田光陽先生にポイントを聞きました。(2019/3/29)

小僧寿し株価が大幅下落 「上場廃止の猶与期間入り」で
債務超過は痛い。(2019/3/28)

小僧寿し、債務超過に転落して上場廃止の猶与期間入り
立て直せるか。(2019/3/27)

「本当に死ななくてよかった」 オネエタレントのゆしん、多額借金や自殺未遂の過去を明かす
壮絶だ……。(2019/3/25)

主流的な見方:
世界経済回復は年後半? 中国過剰債務と米財政拡張で漂う暗雲
世界経済は今年後半に回復する――。このメインシナリオに死角があるとすれば、過剰債務に直面する中国経済が、経済対策を打ったにもかかわらずズルズルと失速するか、財政拡張に傾くトランプ米政権によるマクロ政策の副作用で、想定外の米長期金利上昇が起きることではないかと予想する。(2019/3/20)

「まどか☆マギカ オンライン」開発元のS&Pが破産
東京商工リサーチによると、ブラウザゲーム「魔法少女まどか☆マギカ オンライン」などを手掛けたソーシャルゲームメーカー・S&Pが3月6日、東京地裁から破産開始決定を受けた。負債総額は約5億2800万円。(2019/3/13)

ヤマカンこと山本寛監督、破産手続き開始決定 映画「薄暮」には影響ないと説明
債務の大部分は過去のアニメの制作費に関連するものとしています。(2019/3/11)

PCパーツ卸のマスタードシードが事業停止
PCパーツや周辺機器の卸販売を手掛けていた専門商社のマスタードシードが3月4日に事業を停止し、債務整理を弁護士に一任した。(2019/3/6)

山市良のうぃんどうず日記(148):
「IEを使わないで」ではなくて「IEを既定にしないで」
2019年2月初めに「“IEを使わないでください”とMicrosoftが警告」や「IEの使用は技術的負債をもたらす」のようなタイトルのニュース記事を目にしました。タイトルだけ見ると「やっぱりIEはセキュリティが不安」とか、「技術的負債って何?」とか、「IEがなくなると困る」とか、思ったりしていませんか?(2019/3/5)

負債総額30億円:
韓国の仮想通貨取引所が破産、幹部の横領が原因? 過去には保険金詐欺の疑惑も……
韓国の仮想通貨取引所CoinbinのパクCEOは2月20日、同取引所が2600万ドルを上回る負債を抱え破産したことを発表。破産の一因は同社の複数の幹部による横領だという。CCNが報じた。(2019/2/25)

仮想通貨「コムロコイン」 小室圭さんの名前を勝手に利用か
秋篠宮家の長女、眞子さまとの婚約が延期になっている小室圭さん(27)の名を利用した仮想通貨「コムロコイン」が設立されたことが分かった。「小室さんの友人」を名乗り、借金返済のための資金調達を目的として作ったというのだが、相当怪しい。(2019/2/25)

天文学的な数字:
負債総額9700兆円 借金に苦しむ中国の若者たち
昨年7月12日付の本欄は中国国内の巨額負債問題を取り上げたが、今年1月、負債総額に関する驚くべき数字が中国の経済学者によって披露された。中国人民大学教授の向松祚氏は1月20日に上海で行った講演で、今、中国国内で各方面の抱える負債総額は「約600兆元(約9700兆円)に達していると語った。これは、日本の名目GDPの18倍に近い、天文学的な数字である。(2019/2/22)

多様化するニーズ:
負債総額439億円、破綻した英会話教室「NOVA」はなぜ再起できたのか
2007年10月、英会話教室「NOVA」を展開していたノヴァは439億円という巨額の負債を抱え事実上の倒産に陥った。そんなNOVAの生徒数が、いま右肩上がりに伸びているという。隈井恭子社長にこれまでの道のりを聞いた。(2019/2/18)

「祝儀代を減らす」などの珍解答も:
親友の結婚式が近いのに、金欠で祝儀代がない……こんな時、あなたはどうする?
親友の結婚式が近いのに、どうしても祝儀代を捻出できない場合、人々はどうするのか。債務整理に関する情報Webサイトを運営するグリーンライトが調査した。現実的な回答から珍解答まで、さまざまな意見が集まった。(2018/12/11)

【特集】Transborder 〜デジタル変革の旗手たち〜:
借金10億円、倒産まであと半年――創業100年の老舗旅館「陣屋」をたった3年でV字回復させた方法
神奈川県秦野市にある鶴巻温泉。閑静な住宅街の中に、働き方改革の先端を走る老舗旅館「陣屋」がある。業界では珍しい週休3日を実現するなど注目を集めているが、10年前は10億円の借金を抱え、あと半年で倒産というところまで追い詰められていた。(2018/10/1)

債務超過回避に向け救済:
太陽誘電、エルナーを完全子会社化
太陽誘電は2018年9月28日、連結子会社であるエルナーを2019年1月1日付で完全子会社化すると発表した。2018年12月期末時点での債務超過回避が困難な状況にあるエルナーを救済するとともに、両社の連携を強める狙い。(2018/9/28)

マネーの達人:
人ごとではない! 国民健康保険や介護保険の「過払い金」って何?
借金経験がなくても、過払い金は人ごとではありません。「国民健康保険」や「介護保険料」の過払いについて解説します。(2018/9/18)

市況の長期低迷:
日本海洋掘削、会社更生手続き申し立て 負債約904億円
日本海洋掘削が会社更生手続き開始の申し立てを決議し、東京地裁に受理された。(2018/6/22)

活動休止から1年:
俳優・小出恵介の個人事務所「夕顔」が特別清算 アミューズに債務1000万円支払い
俳優・小出恵介さんの個人事務所「夕顔」が東京地裁から特別清算の協定案認可を受けた。かつての所属事務所アミューズに1000万円を支払うことで、残債権の支払いが免除されるという。夕顔は過去に小出さん本人が代表取締役を務めていた。(2018/6/12)

「破産を念頭に」:
アニメ制作会社「プロダクションアイムズ」が債務整理 「はいふり」など手掛ける
東京商工リサーチによると、アニメ「いなり、こんこん、恋いろは。」などを制作したアニメーション制作会社プロダクションアイムズ(東京都練馬区)が6月7日付けで債務整理を開始した。(2018/6/11)

「はいふり」制作・プロダクションアイムズが債務整理 「破産手続き念頭に」
「ハイスクール・フリート」(はいふり)などで知られるアニメ制作会社・プロダクションアイムズが、弁護士に一任する形で債務整理を始めた。「破産手続きを念頭に置いた法的整理を視野に入れて対応する」という。(2018/6/11)

競争激化:
「初音ミク―Project DIVA―」など開発 ディンゴが破産
東京商工リサーチによると、ゲーム「初音ミク―Project DIVA―」(PSP向け)などの企画開発を手がけたディンゴ(東京都渋谷区)が4月25日、東京地裁から破産開始決定を受けた。負債総額は約3億4000万円。(2018/5/9)

「&・BLUE」:
クールビズの影響でネクタイ需要激減 業者が破産
東京商工リサーチによると、ネクタイやかばんなどの企画販売を主力事業として展開してきた「&・BLUE」(大阪市)が4月17日、大阪地裁から破産開始決定を受けた。負債総額は1億2000万円。(2018/4/27)

負債総額60億3500万円:
シェアハウス「かぼちゃの馬車」が民事再生 入居者は生活インフラ寸断の恐れ
女性向けシェアハウス「かぼちゃの馬車」を展開するスマートデイズが東京地裁に民事再生法の適用を申請。3月末現在で債権者は911人、負債総額は60億3500万円。入居者の生活インフラ確保が困難になる恐れもあるという。(2018/4/9)

「ウタエル」リリースも収益減:
人気アプリ「つみネコ」旧運営元が破産 音楽アプリ参入が裏目に
人気ゲーム「つみネコ」旧運営元のビースリー・ユナイテッドが破産。負債総額は約4688万円。同タイトルとライセンスビジネスで成長したが、音楽事業参入に伴う投資が大きな負担となり、資金繰りが悪化した。(2018/3/28)

コンデンサー事業を強化:
太陽誘電、債務超過のエルナーを子会社化へ
太陽誘電は2018年2月26日、エルナーが2018年4月に実施する第三者割当増資を引き受け、エルナーを子会社化すると発表した。(2018/2/26)

TechFactory通信 編集後記:
メモリなき東芝と新CEO
メモリ事業の売却先が決まり、東芝は債務超過の解消も見えてきました。ですが、世界的な好況にある半導体の事業を切り離した企業にとって、今後のかじ取りは困難なものになります。外部より招かれたCEOの手腕に注目です。(2018/2/24)

事業拡大が裏目に:
「翼システム」破産 「カーコンビニ倶楽部」旧運営元
ソフトウェア開発会社「翼システム」が破産。2007年までは「カーコンビニ倶楽部」を運営していた。負債総額は数十億円に上る見込みだが、詳細は現在調査中。(2018/2/15)

社長がついに公の場に:
はれのひ、破産 負債総額最大11億円 社長が謝罪「一生の思い出台無しに」
振り袖販売・レンタル会社「はれのひ」が1月26日、横浜地裁から破産申請を受けた。負債総額は最大約10億円。債権者は約1600人。(2018/1/26)

東芝、債務超過を解消へ Westinghouse関連資産を譲渡
東芝が米原発会社Westinghouse関連資産の譲渡先を決定。債権譲渡により約4100億円の資本改善を見込み、17年12月の資本増強と合わせ、18年3月時点での債務超過を解消へ。(2018/1/18)

上場廃止を回避へ:
東芝がWH関連資産の譲渡先を決定、債務超過解消へ
東芝が米ウエスチングハウス関連資産の譲渡先を決定。(2018/1/18)

B2C事業者の倒産多数:
17年の企業倒産件数、8年ぶり増加 負債額トップはタカタ
2017年は、企業の倒産はどの程度発生したのか?――帝国データバンク調べ。(2018/1/16)

累計は1851件:
東日本大震災の関連倒産、9カ月ぶりに2桁 17年12月
東京商工リサーチは2017年12月の「東日本大震災」関連倒産件数が10件だったと発表。9カ月ぶりの2桁件数に。月次ベースの負債総額は2017年で最大の119億8700万円に上った。(2018/1/16)

「FREETEL」事業は楽天に承継:
「FREETEL」元運営会社、民事再生法申請 負債額26億円
格安スマホブランド「FREETEL(フリーテル)」を運営していたプラスワン・マーケティングが民事再生法の適用を申請。負債額は約26億円。(2017/12/4)

「MTGOX」が民事再生へ ビットコイン高騰で資産価値が上昇、負債額上回る
MTGOXが債権者から東京地裁へ民事再生法の適用を申し立てられた。破産手続き中の同社だが、ビットコイン価格の急騰で資産価値が上昇し、負債額を上回ったという。(2017/12/4)

「カイジ」を実写化した年末特番、出場者がガチすぎてざわ……ざわ…… 地下アイドル「きらら」など12人
最多借金8億円。【訂正】(2017/11/30)

MVNOに聞く:
薄利のMVNO事業で、なぜ「エックスモバイル」は生き残れたのか
MVNO業界の慣習にとらわれない“やんちゃぶり”で話題となったエックスモバイル。サービス開始当初は「超絶赤字」だったそうだが、ついに債務超過をクリア。淘汰(とうた)が進むMVNOで、なぜエックスモバイルは生き残れたのか。木野社長に聞いた。(2017/10/16)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。