ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「うつ病」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「うつ病」に関する情報が集まったページです。

「思考回路が真っ暗に」 清原和博、うつ闘病の過酷な5年間を初告白 親友の逝去に涙出ず「人間として終わった」
最近も病状悪化に苦しんだとのこと。(2021/6/17)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
産業医の有効活用のススメ――健康経営に対する1ドルの投資で3ドルのリターンも
健康リスクが高まっている現在、企業で健康管理を行うことは重要な取り組みの一つ。もし少しでも健康リスクを感じた場合、産業医を上手に活用することが有効になる。(2021/6/16)

海外発サイコホラーギャルゲー「Doki Doki Literature Club!」、家庭用ゲーム機とPC向けに新要素を加えてリリース
新たなサイドストーリーなどを追加し、PC、Nintendo Switch、プレイステーション 4/5、Xbox向けにリリース。(2021/6/12)

Nintendo Switch「リングフィットアドベンチャー」で慢性腰痛症が改善 千葉大の研究で確認
痛みの軽減と、メンタルの向上に有効としています。(2021/6/9)

元「ZOC」香椎かてぃ、重度のうつ病と診断され「何故かほっとした」 ステージ復帰へ向け「メンタルも実力もあげてく!」
前向きな言葉で報告しています。(2021/6/7)

ダルビッシュ有、うつ公表の大坂なおみ巡り過去の精神不調を告白 自律神経失調症に近く「とにかく辛かった」
「今も付き合いながらですが」とダルビッシュさん。(2021/6/4)

ウィル・スミス、うつ病告白の大坂なおみへ力強いエール 「君は正しい」「僕は君とともにいるよ」
大坂さんは6月1日に全仏オープン2回戦棄権を発表。(2021/6/4)

大坂なおみ、全仏オープン棄権 うつ病公表にキング夫人、ナブラチロワらレジェンドからも反響「あなたはとても勇敢」
取材拒否宣言が波紋を広げていました。(2021/6/1)

悪い例:
リモート上司が絶対にやってはいけない、“五月病”新入社員の対処法
いわゆる“五月病”になる新人が出てくるタイミングです。リモートワークを実施している職場では、メンバーの異変を察知する機会、時間が限定されてしまいます。どのように察知すればいいのでしょうか。(2021/5/20)

米“隻眼のプロ野球選手”が初ホームラン 自殺未遂で右目失い今季から復帰、塁を回りながら「涙が出た」
守備でもダイビングキャッチの活躍。(2021/5/13)

うつの心を再び動かしてくれた、ある“きっかけ”を描いた漫画に共感 「めちゃくちゃわかる」「勇気付けられました」
ささいなきっかけでも、大きなきっかけに。(2021/5/12)

元MLB選手、自殺未遂から1年で復活「ぼくは隻眼のプロ野球選手だ」 米大リーグ・ジャイアンツ傘下で再び球場へ
ロビンソン「まるで映画の世界に生きているような気分だ」(2021/5/7)

小林礼奈、ブログの“削除班”出し抜いたアンチの執念に「すごい!!!!!」 悪質コメントは“縦読み”など駆使
そこまでやるのか。(2021/5/7)

仕事のストレス症状 3位「頭痛や肩こり」、2位「焦りや怒りやすい」、1位は?
コロナ禍での外出自粛や勤め先の業績悪化など、ストレスを感じる人が増えているのではないか。(2021/5/3)

小林礼奈、“重度の抑うつ状態”と診断される 投薬治療開始も「こんな事も明るく笑い飛ばしていきたいね」
小林さん「ちょっとずつ回復できるよう頑張ります」(2021/4/17)

清原和博の元妻・亜希が52歳に、心境を例えた弁当を公開 「これが今の私です。笑」
現在の気持ちをお弁当に例えて伝えています。(2021/4/14)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
厚労省「パワハラ相談員がパワハラ」──防止法に隠された逃げ道と、10年かけて体質改善した企業の結論
「死ねといったら死ぬのか」──厚労省のパワハラ対策相談員が部下の男性にパワハラをしていたことと、給与の1カ月間1割減額という加害者への軽すぎる対処が明らかになった。いったいなぜ、このようなことが起きたのか。昨年6月から「パワハラ防止法」が施行されたが、厚労省は制定にあたり、たたき台にはなかった「ある文言」を追加していた。(2021/4/9)

生産性低下を招く:
「コロナ不眠症」が増え、注目されている業界は?
新型コロナウイルス感染症の「影響」によって引き起こされている、ある健康問題が懸念されている。それは「コロナ不眠症」。睡眠不足に悩まされる人が増えていることによって、とある業界が注目を浴びていて……。(2021/3/28)

Innovative Tech:
顔から感情をリアルタイムで読み取り分類 深層学習技術で
感情をカテゴライズと連続の両方で予測する技術。(2021/3/20)

デンマーク発:
1年でユーザー数4倍に! eスポーツプレイヤーを育成する「ゲーマーズクラス」の戦略
デンマーク発の「GamerzClass(ゲーマーズクラス)」は、eスポーツに特化したプレイヤー育成事業を手掛ける。創業3年に満たないスタートアップにもかかわらず、ユーザー数は400%以上に急増している。多くのユーザーを引きつけたのはなぜなのか。同社でCMOを務めるヨナス・ゴスバック氏に戦略を聞いた。(2021/2/26)

「16年生きてきたのに知らなかった」 鈴木福、幼少期の“衝撃の事実”に「よっしゃー!!」
母から聞かされたという“衝撃の事実”とは。(2021/2/12)

在宅勤務でうつ病「早期受診が大切」 コミュニケーション不足から不安増幅の恐れ
コロナ禍の新しい生活様式で、コミュニケーション不足による不安から睡眠障害になり、うつに陥る人もいるという。「うつのサイン」を見逃さず、早めに医療機関を受診することが何より大切だ。(2021/1/25)

【限界徹夜の体験談】年末の雑誌づくりで三徹→気絶するように寝落ちし、同僚が奇行に走る修羅場
無事刊行できたのが信じ難いレベル(2021/2/20)

踊るバズワード 〜Behind the Buzzword(9)ブロックチェーン(3):
日本最高峰のブロックチェーンは、世界最長を誇るあのシステムだった
「ブロックチェーン」とは、工学的プロセスによって生成される「人工信用」である――。私は今回、この結論を導き出しました。ブロックチェーンとは、つまりは与信システムだと考えられますが、では、この日本における「最高峰のブロックチェーン」とは何だと思いますか?(2020/12/25)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
電通「過労自殺」事件から5年 “命を削る働き方”がはびこる社会は変わったか
電通の新入社員が過労自殺した日から5年。コロナ禍で在宅勤務が広がり、残業が減った企業がある一方、エッセンシャルワーカーは異常な働き方を強いられている。「人」をコストとして見る発想がある限り、長時間労働はなくならない。“不便”を受け入れることも必要だ。(2020/12/25)

ナイツ土屋、NHKドラマ「うつ病九段」の羽生善治役が「めっちゃ似てる」「キャスティング絶妙過ぎ」と話題に
表情のクセも本人っぽい。(2020/12/8)

渡部建、“謝罪が先か復帰が先か”を詰められ滝のような汗 放送前の番組出演は「自分の口からは言えない」の一点張り
騒動から半年、報道陣の前で頭を下げました。(2020/12/3)

【限界徹夜の体験談】「これが大人たちが作った会社なのか」 ブラック企業で約5カ月間、1日1〜2時間睡眠の生活をしていた人のお話
精神的に追い込まれて眠れなくなり、病院では双極性障害と診断されたそうです。(2021/2/22)

【限界徹夜の体験談】亡くなった祖父の幻覚で事故を免れたトラックドライバーが“1週間寝ていなかった理由”
【番外編】「頑張って寝なかった人」ではなく「眠れなかった人」のお話(2021/1/15)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
女性の自殺“8割増”の厳しい現実 放置されてきた、2つの「低賃金問題」
10月の自殺者数は2000人を超え、特に女性は前年同月比で8割以上増加。女性の貧困問題としてシングルマザーが注目されるが、問題はそれだけではない。「非正規の低賃金」「女性の低賃金」の2つは社会全体の問題だ。「明日は我が身」かもしれないのだ。(2020/11/27)

AIに負けるな──イーロン・マスク「Neuralink」の狙いは「人類の能力の拡張」 脳を読み取る「ブレイン・マシン・インタフェース」開発の今
イーロン・マスク氏が立ち上げたNeuralinkを中心に、「ブレイン・マシン・インタフェース」開発の今を解説する。(2020/11/25)

【限界徹夜の体験談】睡眠は1日1時間 約30年前のゲーム業界で1カ月ほぼ寝ないで働いた……というお話
「さすがにここまでの徹夜はやったことがありませんでした」。(2020/12/2)

【限界徹夜の体験談】1週間眠らなかった人による「似た経験をしている人は意外と多いんじゃないかな」というお話
どういう理由で、そんなに起き続けるんです?(2020/11/18)

【限界徹夜の体験談】五徹したら起こったこと→勝手に鼻血が出る、立っているだけで吐きそうになる、歯が折れる
たぶん体が「もう寝ろ」って叫んでる。(2020/11/20)

【限界徹夜の体験談】絵がうまくなりたくて初めての同人誌制作→徹夜3日間でお風呂で2回死にかけた、というお話
眠気覚ましの定番にして危険なスポット、お風呂。(2020/11/19)

【限界徹夜の体験談】小学生時代から夏休みシーズンは1カ月間寝ないことも→発達障害かと思ったら“うつ病”だったというお話
【番外編】「徹夜している人」というより「眠れない人」のお話。(2020/11/17)

【限界徹夜の体験談】在宅Web制作の仕事で二徹→さらに働き続けたら“自分には分からない理由”で納期が延びて眠れた
1段落目でもう幻聴が聞こえている体験談。(2020/11/20)

最大で年額6万円増額:
身体年齢が若い社員は、年金の掛け金を増額! 健康経営のユニークな企業事例
病気になってから治療に通うのではなく、普段から健康管理に気を付けようというのが近年の潮流である。健康意識を高めるために、ユニークな方法を取り入れた企業の事例を紹介する。(2020/10/21)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
ワタミは違法残業、勤務記録改ざんも…… 問題企業のトップが見ていない、過重労働の現実
ワタミが宅食事業のグループ会社で残業代未払いがあったとして是正勧告を受けた。勤務記録の改ざんもあったという。同社は労働環境の改善に努めていたはず。組織のトップと従業員たちに断絶があったのではないか。残業は単なるカネの問題ではなく、命の問題だ。(2020/10/9)

コロナ感染拡大で業務増え:
病休の9割が精神疾患 沖縄県の職員
2019年度にうつ病などの精神性疾患で休職した沖縄県職員は31人で、全病気休職者の91.1%を占めたことが分かった。(2020/10/8)

【いま見たいドラマ】Amazonプライム・ビデオ「モダンラブ」 1話30分でボロボロ泣けるオムニバスドラマです
なんと全てが実話をもとにしたストーリー!(2020/8/22)

ノンスタ石田、うつ闘病で陥った“薬漬け”を告白 今もなお「あの薬飲んだら楽になれるのかな」と頭をよぎる
妻の助けを借りて依存状態を抜け出したそうです。(2020/8/11)

「子どものため」って何だろう? 手作りの食事にこだわりすぎてうつ病になったお母さんが、「ポテサラ事件」に思うこと
「ちゃんとした母親像」に追い詰められた作者が、漫画で当時を振り返ります。(2020/8/3)

新会社「ハピネスプラネット」を設立:
社員が「幸せ」になったら、業績もアップ 「幸福度」を測る、日立の野望
「幸せ」を商材にする企業が誕生する。日立が7月20日に設立する「ハピネスプラネット」だ。社員の「幸福度」を定量化し、彼らが前向きに働けるようにサポートするという。同社の矢野CEOに事業の概要を聞いた。(2020/7/17)

JFMA賞2020「神奈川県住宅供給公社編(下)」:
既存住宅の省エネ化や地域の活性化などを実現した7つのFM施策
神奈川県住宅供給公社は、賃貸住宅の開発だけでなく、既存住宅や周辺環境を改善する取り組みも進めている。後編では、高齢者の介護認定率を下げたり、エネルギー効率を高めたりなど、7つのFMによる解決策を紹介する。(2020/4/25)

スピン経済の歩き方:
なぜ「日本の上司」は、“下に理不尽な要求をするおじさん”が多くなってしまうのか
「上司が理不尽な要求ばかりしてきて、悩んでいる」といったビジネスパーソンも多いのでは。それにしても、なぜ日本の上司は“信じられない要求”をしてくるのか。筆者の窪田氏はこのように分析していて……。(2020/3/24)

周囲は理解しがたい“うつ状態のどん底”「幽体離脱」「音だけが反響する世界」 マンガ『うつを甘くみてました』インタビュー
知識だけでは向き合えない心の病気の難しさ(2020/4/16)

“うつを背負いながらの医師選び”の難しさ エッセイマンガ『うつを甘くみてました』作者インタビュー
情報がなく手探り状態のなか、家族と戦った双極性障害の闘病生活(2020/4/9)

何年も治らない“心の風邪”、「治る力」を感じるための自傷行為 エッセイマンガ『うつを甘くみてました』 作者インタビュー
双極性障害の闘病生活を当事者/家族視点で描いたエッセイマンガシリーズ。本編を一部掲載(2020/4/2)

最長5時間! 毎日長電話をかけてくるママ友に悩む相談者。しかし本音は“切りたくない”? 「テレフォン人生相談」先週のハイライト
相談者は「優しい」? それとも……。(2020/2/10)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。