ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「寄付・募金」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「寄付・募金」に関する情報が集まったページです。

市のトップは「北海道紋別市」:
「ふるさと納税」寄付額が多い都道府県 3位「佐賀県」、2位「長野県」、1位は?
「ふるさと納税総合研究所」(大阪市)が、ふるさと納税に関する現況調査の結果から、令和3年度ふるさと納税寄付額を「市」「区」「都道府県」別に分析した。(2022/8/12)

各自治体の戦略は?:
「ふるさと納税」寄付額が増えた自治体 3位は東京・日の出町、2位は大阪・太子町、1位は?
ふるさと納税総合研究所は「ふるさと納税に関する現況調査」の結果を発表した。2021年度の自治体別対前年度伸び率を分析したところ、1位は返礼品に「SK‐II」を採用した「滋賀県野洲市」が圧倒的な伸び率を示した。(2022/8/4)

赤十字支援型の和菓子自動販売機を設置 和菓子を食べて社会貢献
売上の一部が寄付される。(2022/6/25)

総務省、“ふるさと納税で現金還元”を規制へ 「キャシュふる」騒動受け
金子恭之総務大臣は、ふるさと納税の返礼品の代わりに現金が受け取れる事業を規制する方針を示した。地方税法に基づく、寄付金の募集基準を定めた告示を来週にも改正するという。(2022/6/17)

「ウクライナ支援」と検索で10円を避難民の支援活動に寄付 Yahoo! JAPANが取り組みを開始
19日までの6日間。(2022/6/14)

ヤフーで「ウクライナ支援」検索→1人10円寄付 避難民支援団体に
「Yahoo!検索」で「ウクライナ支援」と検索すると、1人につき10円を、ヤフーからウクライナ避難民の支援活動を行う団体に寄付する。6月19日まで。(2022/6/14)

利用額の0.1%をウクライナ支援に エポスが新クレカ 国連の難民支援活動に寄付
丸井グループは「エポスTOGETHERカード」の申し込み受け付けを開始した。利用額の0.1%を国連UNCHR協会に毎月自動寄付するもので。当面の間、同協会の「ウクライナ緊急支援」に活用。終了後は他の難民支援活動に充てられるという。(2022/6/13)

ランドセルを体感で90%軽くする「さんぽセル」 寄付先の校長などを募集
悟空のきもちTHE LABOは、脱ゆとりで重くなったランドセルを体感で90%軽くする「さんぽセル」について、同商品を「もらっていただく校長先生・文部科学大臣・内閣総理大臣」を募集し、必要分を提供すると発表した。(2022/6/13)

売り上げの一部を寄付:
用を足せば足すほど寄付できる「トイレ」が登場、どういうこと?
AIとIoTを使って空き情報を提供している「バカン」は、トイレの使用回数に応じてNGO/NPOに寄付する「バカンサポーター制度」を開始した。(2022/6/9)

お尻丸出しで数百万円稼ぐ F1ドライバー、バルテリ・ボッタスが川で泳ぐプライベート写真が大反響
チャリティーカレンダーに使われ、コラ画像も作られる事態に。(2022/6/6)

ウクライナ避難民に「翻訳マスク」 開発のベンチャーが120個寄付へ
マスクをして話した言葉を翻訳して伝えられる「翻訳マスク」を開発したベンチャー企業が、日本に避難したウクライナの人々を支援するため製品120個を寄付する。国外避難したウクライナ国民は、避難先で会話ができないなどの課題を抱えている。(2022/5/17)

サンゴの島:
JT、限定デザインの「ウルマ」を沖縄で発売 首里城復興に寄付
JTは5月16日、首里城をモチーフとしたパッケージのウルマを沖縄県限定で発売する。(2022/5/6)

動物園がAmazon活用 「ほしい物リスト」で直訴
動物園が求めるものを動物好きのファンらが寄付する支援策が全国に広がりつつあり、飼育環境の向上に一役買っている。Amazonの「ほしい物リスト」を通じて寄付する仕組み。専門家は「市民と動物園の絆を強めるきっかけにもなる」としている。(2022/4/20)

身近なコンビニから学びのきっかけをつくる:
ファミマ、レインボーカラーのファミチキ袋を展開 狙いは?
ファミマは性の多様性やLGBTQ支援を意味するレインボーカラーのファミチキ袋を展開。レインボーカラーのソックスも販売し、売上の一部をLGBTQ支援団体へ寄付するという。身近なコンビニからLGBTQについて知る・理解するきっかけをつくる。(2022/4/19)

動物園がアマゾン活用 「ほしい物」をリストで直訴
動物園が求めるものを動物好きのファンらが寄付する支援策が全国に広がりつつあり、飼育環境の向上に一役買っている。通販サイト「アマゾン」の「ほしい物リスト」を通じて寄付する仕組み。動物園の財政的な支援につながるだけに、専門家は「市民と動物園の絆を強めるきっかけにもなる」としている。(2022/4/19)

ハリウッド俳優が手を傷だらけにしながら料理する姿に「救われた」の声 ウクライナ避難民向け炊き出しに参加
寄付も呼びかけています。(2022/4/16)

氷川きよし、「あと少ししたら歌えるよぉ」と声帯ポリープの手術終了を報告 チャリティーコンサートへのトーク出演も
今後はノドへ負担をかけない歌い方に。(2022/4/7)

Fortniteのウクライナ寄付、総額1億4400万ドル(約177億円)に
Epic Gamesは、3月20日に発表したウクライナへの人道支援プロジェクトで、総額1億4400万ドル(約177億円)を調達した。UNICEFやUNHCRなどに寄付する。人気ゲーム「Fortnite」内でのすべての決済を寄付に充てるというものだった。(2022/4/5)

Cygames、猫の腎臓病治療研究に寄付 「俺の払った金がネコチャンを救う」「猫のためなら払うしかない」
Cygamesは、血中タンパク質「AIM」を研究するAIM医学研究所に寄付を実施すると発表した。正しく機能するAIMを猫に投与すると、腎臓病の発症を抑えられ、寿命を平均の2倍程度まで延ばせる可能性がある。(2022/4/4)

ZOZOのウクライナ支援Tシャツ、2週間で14万枚超え 2億8000万円を寄付へ
ZOZOは16日、ウクライナ人道支援チャリティーTシャツの予約が2週間で14万枚を超えたと発表した。売上は2億8371万5060円で、全額を寄付する。(2022/3/16)

ウクライナ侵攻巡るフェイク情報、国が分析強化 国家関与なら警告表示
ウクライナ侵攻で偽情報の拡散が相次いでいることを受け、日本国内において今後推進すべき政策課題をデジタル政策の専門家がまとめた。安全保障の観点から、国として偽情報を分析する仕組みの導入や偽情報をチェックする民間組織への寄付税制の拡充などを盛り込んだ。(2022/3/16)

「ウクライナ人道支援NFT」GMOが発売 1000円〜1000万円、日本赤十字社に寄付
ウクライナの人道支援に寄付する「緊急人道支援チャリティNFT」をGMOグループが発売。初回販売の収益は全額、日本赤十字社に寄付する。(2022/3/14)

「避難所に行った時に困っていたのはトイレ」 サンドウィッチマン、被災地へトイレトレーラー寄贈
東北魂義援金に集まった約2000万円を宮城県からの提案でトイレトレーラーとして寄贈。(2022/3/11)

「3.11」検索で10円寄付 ヤフーとLINEが東北支援施策 東日本大震災から11年
ヤフーとLINEは3月11日、ユーザーが「Yahoo! 検索」と「LINE Search」それぞれで「3.11」と検索すると、両社が10円ずつ(計20円)寄付する東北支援施策を2022年も開始した。(2022/3/11)

楽天Gのウクライナ支援基金、開始約1週間で8億円集まる ふるさと納税で支援の自治体も
楽天グループが2月末に創設した「ウクライナ人道危機 緊急支援募金」の募金額が8億円を突破した。ふるさと納税を活用して、支援する自治体もある。(2022/3/10)

ピクサー従業員、親会社ディズニーによる同性愛シーン検閲を告発 LGBTQ+支援団体もディズニーからの寄付を拒否
(2022/3/10)

シャラポワ、ウクライナ情勢へ初言及「子どもたちのため寄付を」 軍事侵攻へ分かれるロシア人アスリートの反応
「あなたの影響力を行使して」と望まれていました。(2022/3/10)

欧州の従業員から募金募る:
トヨタ、ウクライナに最大3.1億円寄付 独自基金設立、避難中の従業員も支援
トヨタ自動車はロシアからの軍事侵攻を受けているウクライナに対し、人道支援の一環として最大250万ユーロ(約3億1700万円)を寄付すると発表した。ウクライナ人従業員とその家族を支援するため、独自に「トヨタ人道支援基金」も設立するという。(2022/3/9)

日清グループ、ウクライナへ人道支援 インスタントラーメン10万食と寄付金1億1500万円を提供
ウクライナ国内および、近隣諸国へ避難している人々への食糧支援に。(2022/3/9)

ZOZOのウクライナ支援Tシャツ、発売から3日で8万枚 寄付額は1億6000万円に
ZOZOは4日、ウクライナ人道支援のチャリティーTシャツが3日間で8万枚売れたと発表した。寄付額は1億6000万円になった。(2022/3/4)

ゲーム「World of Tanks」のWargaming、キーウ勤務者550人に代替住居を提供 ウクライナ赤十字社に100万ドル寄付
ウクライナへのロシアの軍事侵攻を受けて発表されました。(2022/3/3)

胃がん公表のバレー・藤井直伸、同期が“Team藤井募金”を設立 「彼の選択肢を拡げるためにも皆様のお力を貸してください」
保険加入直前に告知されていたことも明かしています。(2022/3/2)

ZOZO、ウクライナ支援のTシャツを製作 売り上げ全額を寄付へ
ZOZOはロシアによる軍事侵攻を受けたウクライナの人々を支援するためのチャリティーTシャツを製作。売り上げの全額を寄付する。(2022/3/2)

Google、ウクライナ支援で現地マップの交通情報非表示、YouTubeでの露メディアブロック、Gmailアカウント保護などを展開
Googleはロシアに侵攻されたウクライナを支援する複数の取り組みを発表した。Googleマップでの現地の詳しい情報の非表示、YouTubeでの欧州全域でのロシア国営メディアチャンネルのブロック、約17億円の寄付などだ。(2022/3/2)

ZOZO、ウクライナ支援でチャリティーTシャツ発売 売上は全額寄付
ZOZOは1日、ウクライナを支援するチャリティーTシャツの予約受付を始めたと発表した。(2022/3/1)

YOSHIKI、ウクライナ緊急支援募金に1000万円を寄付 ロシア軍の軍事侵攻に「心が痛む。戦争を正当化できるものなんてない」
賛同する人が続出。(2022/3/1)

ロシアのウクライナ侵攻を受け:
楽天G、ウクライナ支援の基金創設 楽天ポイントやクレカでも募金可
楽天グループがロシアの軍事侵攻を受けているウクライナ政府を支援するため「ウクライナ人道危機 緊急支援募金」を創設した。現時点での募金手段として、楽天ポイントやクレジットカードを提供しており「楽天銀行口座への振込による募金は近日中に受付開始する」としている。(2022/2/28)

暗号資産によるウクライナへの寄付、約22億円に 英ELLIPTIC発表
ブロックチェーン分析を手掛ける英ELLIPTICは27日、ロシアの侵攻を受けたウクライナの政府などが暗号資産による寄付でこれまでに1890万ドルを受け取ったと発表した。(2022/2/28)

日本赤十字社でクレカ情報最大約5000件流出の可能性 メタップス不正アクセスに巻き込まれ
日本赤十字社は、寄付の決済で利用されたクレジットカードの情報が最大で5283件流出した可能性があると発表した。クレジットカード基盤を提供するメタップスペイメントへのサイバー攻撃が原因。(2022/2/28)

楽天・三木谷会長、ウクライナ政府に10億円を寄付すると発表 ウクライナへの軍事侵攻は「民主主義への挑戦」とも
ウクライナ大統領に当てた英語のメッセージも。(2022/2/27)

Twitterで明らかに:
「ウクライナ政府に10億円寄付する」――楽天Gの三木谷社長がウクライナ情勢に言及するワケ
楽天グループの三木谷浩史社長がロシアの軍事侵攻を受けたウクライナ政府に対し、10億円を寄付したと明らかにした。三木谷社長はウクライナのゼレンスキー大統領に宛てた書簡で「われわれの心はあなたたち(ウクライナ国民)とともにある」とつづっている。(2022/2/27)

窪塚洋介や二階堂ふみら芸能界からも“世界平和”求める声 露のウクライナ侵攻 「失われていい命なんてひとつもない」
在日ウクライナ大使館は寄付を呼びかけています。(2022/2/25)

「戦時下の生活を体験するゲーム」の開発元、1週間の販売利益をウクライナ赤十字に寄付 「できる限りの支援を」
ポーランドのゲーム企業が、戦時下の生活をモチーフにしたシミュレーションゲームをから得た利益をウクライナ赤十字社に寄付すると発表。ロシアによるウクライナ侵攻が始まったことを受けての対応という。(2022/2/25)

“愛猫家”藤あや子、「スーパー猫の日」にチャリティー収益を寄付 「ワンちゃん、猫ちゃんが幸せに暮らせるように」
チャリティーグッズの売り上げから52万2222円を寄付しました。(2022/2/22)

フォード、米デトロイト「フランシスコ教皇センター」とコラボした特別モデル「ブロンコ66」をオークションに 売上金は恵まれない人々への支援に
販売価格は50万ドル、売上は恵まれない人への募金として使われるそうです。(2022/2/3)

PayPayでおさい銭はNG? 「商品・権利を提供しない取引」は規約違反
「PayPayでおさい銭を受け取るのは実はNG」とするツイートが話題になった。PayPayは加盟店向けの規約の中で、商品や権利を提供しない寄付やさい銭については利用を禁止している。(2022/1/8)

昨年度の1.5倍に:
スノーピークのふるさと納税、品切れ続出 三条市が“アウトドア効果”で10億円突破
新潟県三条市がふるさと納税の返礼品として追加した、スノーピークのアウトドア用品が人気だ。品切れが相次ぎ、同市の寄付額は昨年度の約1.5倍に到達、約10億円を突破した(12月26日時点)。(2021/12/30)

RTA in Japanが“国境なき医師団への寄付額”をプレイ内容に反映 「ドラクエVの結婚相手」「FE風花雪月の担任クラス」など場外乱闘が盛り上がる
ビアンカvsフローラは和平が結ばれた模様。(2021/12/28)

国内クラファン市場は10倍へ:
寄付と投資の間に商機見いだす コロナ禍で流通額「4倍成長」のCAMPFIRE家入代表を直撃
2021年に大きく躍進したのがクラファン事業だ。震災前と比べると、約2.5倍水準に個人寄付の規模は拡大している。業界が成長する中、大手の「CAMPFIRE」の累計支援額が21年9月末で490億円にまで拡大した。代表の家入一真氏に展望を聞く。(2021/12/28)

Apple従業員による慈善活動、10年で824億円に
Appleは、従業員による寄付・ボランティア活動プログラムにより、過去10年間で約7億2500万ドル(約824.5億円)を寄付したと発表した。(2021/12/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。