ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「エンジニア」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

トヨタに続き2社目:
インターステラ、古河電工から出向社員を受け入れ 「助っ人エンジニア制度」でロケット開発の加速目指す
インターステラテクノロジズ(北海道大樹町)は、企業や大学、研究機関からエンジニアを受け入れる「助っ人エンジニア制度」を活用し、古河電気工業から新たに1人のエンジニアを受け入れたと発表した。(2021/5/12)

製造マネジメント インタビュー:
“新奇品”やセールスエンジニアでニーズを掘り下げる、OKI電線の新規開拓戦略
OKI電線では2021年4月に新社長である山口英雄氏が就任。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響が続く中で、どのように新たなかじ取りを進めていくのだろうか。新社長に取り組みの方向性と抱負について聞いた。(2021/5/12)

ServiceMax導入事例
ServiceMaxによるフィールドサービスの最適化で見えてきた可能性
客先に出向いて機器のメンテナンスなどを行うフィールドサービスにおいて、派遣するエンジニアの手配やエンジニアの事務処理の最適化は収益に直結する。ServiceMaxによってこれに成功した事例を紹介する。(2021/5/12)

産業動向:
建設エンジニアのコロナによる影響を調査、51%が働き方に変化
コプロ・エンジニアードは、同社に所属する全国の建設エンジニア772人を対象に、インターネット上で新型コロナウイルス感染症の影響に関するアンケート調査を行った。結果、新型コロナウイルス感染拡大により、働き方に変化があった人が全体の51.3%を占めることが明らかになった。(2021/5/11)

Q&Aで学ぶマイコン講座(61):
静電容量タッチキーコントローラーの原理
マイコンユーザーのさまざまな疑問に対し、マイコンメーカーのエンジニアがお答えしていく本連載。61回目は、初級者の方からよく質問される「静電容量タッチキーコントローラーの原理」についてです。(2021/5/10)

エンジニア育成担当者のためのはじめの一歩(1):
技術力”だけ”あれば育成できる? 技術力より大切な「受け入れる気持ち」を高める方法
自分の技術力に自信がなく、新人や後輩の育成方法に悩むエンジニア育成担当者に向けて、すぐに使える育成スキルを紹介する本連載。初回は、技術力に自信のない人が持っているアドバンテージと、育成担当者に必要な「受け入れる気持ち」の高め方について。(2021/5/13)

約1年かけたトライアル・アンド・エラーの末に:
リモートワーク率95%達成維持! 「全国フルリモート採用」導入の中小がたどり着いた新しい働き方とは?
2021年4月にSaaS事業などを手掛けるショーケース(東京都港区)が、地方で働くITエンジニアをフルリモートで採用するという「全国フルリモート採用」をスタートした。フルリモートを地方採用にまで拡大できた背景には、リモートワーク率を95%に高めるまでにたどった暗中模索の1年間があったという。コーポレート本部人事部で部長を務める山田剛氏に話を聞いた。(2021/4/30)

デジタル庁創設へ、準備サイト公開 iOSエンジニアなど公募 副業OK
9月1日の「デジタル庁」の創設に向け、準備サイトが公開。職員の募集も再開した。(2021/4/28)

ITエンジニアが一番得意だと思う開発言語はJava 開発言語別の平均年収は?
ITエンジニアが一番得意だと思う開発言語はJava――。開発言語に関する調査で判明した。(2021/4/27)

エンジニアとしての業務経験を「お金で買える」サービスに賛否 公式サイトはメンテナンス状態に
「お金を払えば、誰もが企業の開発現場でエンジニアとして業務経験を積める」サービスが話題に。Twitterでは「お金を払って働くのか」「そもそも業務経験と呼べるのか」など疑問の声が相次いだ。公式サイトはメンテナンス状態になっている。(2021/4/27)

Go AbekawaのGo Global!〜Amy Dang編(後):
将来は、マシンラーニングを駆使してハーブの効能を突き止めたい
フロントエンドだ、Javaエンジニアだ、なんてタイトルはいらない。男女の区別もいらない。やりたいこと、楽しいことに向き合う、ただそれだけでいい。(2021/4/27)

「データサイエンス向き」の根拠は
Java使いでも「R」「Python」を学びたくなる“納得の理由”
Javaエンジニアがデータサイエンスに取り組むなら、別のプログラミング言語を検討することも視野に入る。有力な候補となるのが「R」「Python」だ。それはなぜなのか。R、Pythonそれぞれの基本的な特徴を見ていこう。(2021/4/24)

VUCA時代のエンジニアに求められるコンサルティング力(12):
【演繹法実践編】要素を整理し、具体的な解決策を見いだす
VUCAの時代を迎える中、製造業のエンジニアという職業は安泰なのだろうか。本連載のテーマは、そういった不確実な時代でもエンジニアの強みになるであろう「コンサルティング力」である。第12回は、これまで説明してきた「演繹法」を使って、リモートワークの課題の解決法を具体的に考える。(2021/4/21)

電子ブックレット(メカ設計):
食品3Dプリンタ/2ステップ金属造形/旧車パーツ復刻生産
MONOistやEE Times Japanに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、2021年1〜3月に公開した3Dプリンタ関連のニュースをまとめた「3Dプリンタニュースまとめ――2021年1〜3月」をお送りします。(2021/4/19)

最も得意なプログラミング言語は「Java」:
「企業が求める言語とエンジニアが得意な言語に乖離が起きている」 paizaのプログラミング言語に関する調査結果
paizaが実施した「プログラミング言語に関する調査」によると、最も得意なプログラミング言語のトップはJava、最も学びたい言語のトップはPythonだった。一方、求人が最も多い言語はJavaScriptで、企業が求める言語とエンジニアが得意な言語に乖離が起きていることが分かった。(2021/4/16)

電子ブックレット(FA):
東芝300mmウエハーライン増強/キオクシア四日市第7棟起工
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、2021年1〜3月に公開した工場関係のニュース(16本)をぎゅっとまとめた「工場ニュースまとめ――2021年1〜3月」をお送りします。(2021/4/26)

Go AbekawaのGo Global!〜Philippe_Godbout編(後):
つながりやすくなった世界で大切なのは「学びを止めないこと」
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。前編に引き続きPhilippe Godbout(フィリップ・ゴドブ)氏にお話を伺う。日本法人のリーダーとして働く同氏が仕事で最も魅力を感じるところとは何だろうか。(2021/4/20)

AI・機械学習の独学リソース:
AI/機械学習の認定資格ガイド(主要テクノロジー別)
AI/機械学習エンジニア向けの認定資格にはどのようなものがあるのか。TensorFlow/PyTorch/GCP/AWS/Azure/IBM/NVIDIA Jetson AIといったテクノロジーに関する認定資格について紹介する。(2021/4/12)

Go AbekawaのGo Global!〜Philippe_Godbout編(前):
カナダのバスケ少年、ボーイング初のリモート製造に携わる
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回はPhilippe Godbout(フィリップ・ゴドブ)氏にお話を伺う。豊かな自然とスポーツに囲まれすくすく育ったカナダの少年は、やがて「エンジニアリング」に魅了されていく。(2021/4/19)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
Trello流出事件、二次災害に注意……3年前からの警鐘生かされず
免許証の画像や企業秘密にかかる情報が多数流出しているTrelloだが、実は今から3年も前の2018年3月時点で、このような事件の発生リスクを指摘する投稿が、エンジニアコミュニティの「Qiita」に投稿されていた。(2021/4/9)

電子ブックレット(組み込み開発):
Armv9は「富岳」の技術で性能向上/インテルのIDM 2.0とは
MONOistやEE Times Japanに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は2021年1〜3月に公開した組み込み開発関係のニュースをまとめた「組み込み開発ニュースまとめ(2021年1〜3月)」をお送りする。(2021/4/12)

失敗例に学ぶ優れたUI(終):
しつこいポップアップ、早過ぎるサインイン要求はNG――主導権をユーザーに渡し「愛されるUI」になるデザインとは?
デザインを専門的に勉強したわけではないけれど、Webデザインも手掛けるエンジニアに向けて「よく見る」失敗例から改善案を提案する本連載。最終回となる今回は「ユーザーの行動を操ろうとし、目的地へたどり着かせない」UIと、それに対する解決案を解説します。(2021/4/6)

いまさら聞けない自動車業界用語(12):
チーフエンジニアや経営企画でなくても、クルマの未来を考えることが必要だ
自動車の少し先の将来を考えることは、自動車産業で働く全ての人にとってプラスになるのではないかと思います。答え合わせはちょっと先。みなさんもモビリティの未来を想像してみませんか?(2021/4/5)

電子ブックレット(製造マネジメント):
DXは停滞か?「2020年版ものづくり白書」完全読解
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、国内製造業の“いま”をデータで深堀りする「完全読解『2020年版ものづくり白書』」をお届けする。(2021/4/5)

キャリアと新卒比率を半々へ:
トヨタ自動車がソフトウェアエンジニアの採用を強化する理由 キャリア採用増やし、働き方や風土を変えていく
トヨタ自動車がソフトウェアエンジニアの採用を強化している。キャリア採用に注力して、今後1年間で現在の数百人規模から倍に近いレベルにまで増員する計画だ。狙いをトヨタの人事部に聞いた。(2021/4/9)

材料技術:
ナイロン不足は長期化の見通し、ヘキサメチレンジアミンを使う他の素材への影響も
ナイロンの供給に関しては2018年ごろにも問題が発生したが、今回はさまざまな原因が絡み合っていることで供給不足が長期化しかねない。エンジニアリングプラスチックを手掛けるオランダの化学大手DSMに、ナイロンと代替素材の状況について話を聞いた。(2021/4/2)

Q&Aで学ぶマイコン講座(60):
CORDICって何?
マイコンユーザーのさまざまな疑問に対し、マイコンメーカーのエンジニアがお答えしていく本連載。60回目は、初級者の方からよく質問される「CORDICって何?」についてです。(2021/4/1)

「AIとは何か」「ディープラーニングによって何ができるか」を知る:
無料で受講できる「ディープラーニング講座」を開講 日本ディープラーニング協会
日本ディープラーニング協会は、新講座「AI For Everyone」を開講する。DeepLearning.AIが提供する非エンジニア向けのオンライン講座を基に、デジタルトランスフォーメーションの推進に向けたAI活用の重要性や、日本での活用事例などを盛り込んだ。(2021/4/1)

PR:他では得難い「大規模なフィールドで多彩な業務」を経験できるKDDIエボルバの魅力:キャリアアップ編
新しい領域にチャレンジし、キャリアアップしたいエンジニアにとってKDDIエボルバは有効な選択肢だ。「会社がエンジニアのキャリアアップを全面的にサポートする」、その理由とは何か。(2021/3/31)

幅広い領域、成長できる環境、納得感の高い評価:
PR:エンジニアの成長に欠かせない“得難い経験”ができる「KDDIエボルバ」:働く環境編【1】
大規模プロジェクトに上流工程から携わりたい、エンジニアとして成長し続けたい、努力をきちんと評価してもらいたい――その全てをかなえられる場所が、ここにあります。(2021/3/31)

エンジニア自身の活躍の幅が広がる:
PR:「中の人」が語る“ここまで任せてもらえる”KDDIエボルバの魅力とは:現場編
さまざまな業務に携わりステップアップしたいエンジニアにとってKDDIエボルバは何が魅力なのか。「中の人」が語る“エンジニアが成長できる仕組み”とは何か。(2021/3/31)

クラウドが変える学位と資格の評価【第5回】
クラウドエンジニアが「コンピュータサイエンス学位」にこだわらない納得の理由
クラウドサービス関連の業務に携わるエンジニアが大学でコンピュータサイエンスの学位の取得を目指しても、自身に必要なスキルを得られない恐れがある。その理由とは。(2021/3/29)

スキルアップ支援、働き方改革、長く働ける環境:
PR:エンジニアのスキルアップと働きやすさを支援する「KDDIエボルバ」:働く環境編【2】
どうすれば長く健康に働き、エンジニアが成長し続けられるのか。(2021/3/31)

Qiitaで障害、アクセスしづらい状態に 原因は調査中【復旧済み】
エンジニア向け情報共有サイト「Qiita」がアクセスしづらい状態に。原因は調査中という。Twitterでは「仕事や調べ事ができない」の声が相次いでいる。(2021/3/26)

特選プレミアムコンテンツガイド
Javaのプロが「Kotlin」「COBOL」を学びたくなる理由
「Java」エンジニアの間で、次に習得すべきプログラミング言語の候補として「Kotlin」「COBOL」を検討する動きがある。その背景には何があるのか。JavaエンジニアがKotlinおよびCOBOLを習得する意義とは。(2021/3/25)

「Engineer Career Study #1」レポート:
「管理職」をネガティブに捉えるのがもったいない理由――古川陽介氏、和田卓人氏、松本亮介氏らが語るスペシャリストまでの歩み
キャリアの問題が「エンジニア35歳定年説」として議論されて久しい。では、ITの最前線で活躍するエンジニアはキャリアをどう考えているのか。2021年1月下旬にForkwellが主催した「Engineer Career Study #1」でITの最前線で活躍する古川陽介氏、和田卓人氏、松本亮介氏らが語った。(2021/3/26)

クラウドが変える学位と資格の評価【第4回】
エンジニアがあえて大学で学びたくなる「学位取得」だけではないメリット
大学でなければ得られないスキルを求めるのでなければ、エンジニアが学位を取得する必要性はあまりない。ただし学位取得以外にも、大学でなければ得られないメリットが幾つかある。それは何か。(2021/3/23)

電子ブックレット(FA):
“ロボット犬”をフォード工場に導入/ティーチング自動化AI技術
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、MONOistで2020年5〜12月に公開した産業用ロボット関係のニュース(合計14本)をまとめた「産業用ロボット ニュースまとめ ―― 2020年5〜12月」をお送りします。(2021/3/22)

VUCA時代のエンジニアに求められるコンサルティング力(11):
問題の解決策を見つけるための演繹法入門(その2)
VUCAの時代を迎える中、製造業のエンジニアという職業は安泰なのだろうか。本連載のテーマは、そういった不確実な時代でもエンジニアの強みになるであろう「コンサルティング力」である。第11回は、「演繹法」の要素を具体的に広げるための「抽象度」を上げる作業について解説する。(2021/3/18)

AWS FIS登場、東京でもカオスエンジニアリング支援ツールが利用可能に
AWSがカオスエンジニアリングを実践するための新サービス「AWS Fault Injection Simulator(FIS)」を発表した。システムの障害回避能力の実装や障害発生後の回復時間短縮化などに取り組みやすくなる。(2021/3/17)

セキュリティのコア人材確保のために「面」で取り組む:
PR:経済産業省が訴える“今そこにある危機” トップエンジニアが集まる企業の事例から「人材育成のあるべき姿」を探る
テレワークが浸透する中、セキュリティの分野でさまざまな変化が起こっている。高度化するサイバー攻撃に合わせて企業の経営者はどういった対策を取るべきなのか。サイバー空間におけるビジネスに必要となるセキュリティ体制はどのように構築すればいいのだろうか。(2021/3/30)

調査レポート:
建設業のエンジニアに意識調査、全体の76%がプラント建設に関心
JAGフィールドは、20代〜60代の建設業界に携わるエンジニア1055人を対象に、プラント建設に関する意識調査を実施した。結果、プラント建設に関心があることや今後も需要の高い仕事だと考えていることが明らかになった。(2021/3/17)

リクルート事例に見るエンジニアとしての価値の高め方(3):
ドキュメントは最低限、会議は2つだけ――開発に全集中したプロジェクトの品質はどのようにして保たれたのか
リクルートでの新規プロダクト開発事例からエンジニアとしての価値の高め方を探る本連載。前編に引き続き「本開発フェーズ」にフォーカスし、不確実性が高いプロダクト開発で高い品質を維持しつつ、高速にプロジェクトを進めるポイントを解説する。後編となる今回は「実装に集中するためのプロジェクトモニタリング」と「テストによるプロダクト品質の保証」について。(2021/3/22)

電子ブックレット(メカ設計):
キヤノン「PowerShot ZOOM」開発秘話
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、キヤノンの新コンセプトカメラ「PowerShot ZOOM」の企画背景からデザイン、設計開発の工夫などについて、開発陣のインタビューをまとめた記事「キヤノン『PowerShot ZOOM』開発秘話」をお送りします。(2021/3/15)

キャリアニュース:
ITエンジニアの46.5%が、自分の技術やスキルの陳腐化が不安と回答
パーソル総合研究所が「ITエンジニアの就業意識に関する調査」の結果を発表した。ITエンジニアの46.5%が「自分の技術やスキルがいつまで通用するか不安だ」と回答した。また、希望年収と現在の年収の差は「150.1万円」だった。(2021/3/11)

失敗例に学ぶ優れたUI(2):
「操作が難解」「ミスを誘引する」事例から学ぶUIデザイン改善方法――「何ができるのか」が伝わるデザインとは?
デザインを専門的に勉強したわけではないけれど、Webデザインも手掛けるエンジニアに向けて「よく見る」失敗例から改善案を提案する本連載。第2回はさまざまな人に伝わるデザインとは何かを解説します。(2021/3/11)

外国人だから、はもう古い:
PR:「優秀な人材を世界中から集める」というグローバル人材活用の新たな考え方
日本国内の優秀なエンジニアを取り合いする時代は終わった。ビジネスをグローバル化するなら、採用もグローバルを対象にしませんか。(2021/3/9)

電子ブックレット(組み込み開発):
PFNのGreen500世界記録達成の理由/バウムクーヘン用AIオーブン
MONOistやEE Times Japanに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は2020年10〜12月に公開した人工知能関係のニュースをまとめた「人工知能ニュースまとめ(2020年10〜12月)」をお送りする。(2021/3/8)

技術スペシャリストは、ほんの一握り:
どの時代にも生き残るエンジニアのスキルとスタンス
私がベンチャー企業を渡り歩きVPoEになるまでの経歴と、活躍している多数のエンジニアたちと出会い、一緒に仕事をしてきた経験を基に、外部の状況にかかわらず必要とされるエンジニアに共通するスキルやスタンスをお伝えします。(2021/3/8)

リクルート事例に見るエンジニアとしての価値の高め方(2):
タスクを省略しても、スケジュール短縮につながるとは限らない――「品質を維持しつつ、高速にプロジェクトを進める4つのポイント」
リクルートでの新規プロダクト開発事例からエンジニアとしての価値の高め方を探る本連載。第2回目となる今回は「本開発フェーズ」にフォーカスし、不確実性が高いプロダクト開発において、高い品質を維持しつつ、高速にプロジェクトを進めるポイントを2回に分けて解説する。前編となる今回は「機能開発の目的から考えるアサイン方式」と「進め方の道しるべとなる開発プロセス」について。(2021/3/18)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。