ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「エンジニア」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

「データドリブン経営」の時代にIT部門が担う役割【第4回】
いまさら聞けない「データサイエンティスト」「データエンジニア」「データアナリスト」の違いとは
企業のデータ活用を推進するデータ関連職は複数ある。それらの職務や役割はどのように違うのか。「データサイエンティスト」「データエンジニア」「データアナリスト」の主要3種の違いを探る。(2022/8/9)

IT企業デスクツアー:
noteで働くみんなのデスク環境 デザイナー・ITエンジニアの机を写真でチェック
IT企業で働く人のデスク環境を写真や本人のコメント付きで紹介。ITエンジニア、デザイナーなどがどんな環境で働いているかチェックする。今回はnoteで働く人のデスク周り。(2022/8/8)

電子ブックレット(メカ設計):
バイオミメティクスの可能性
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、生物の機能や微細構造をエンジニアリングに応用する「バイオミメティクス」に関する話題をまとめた「バイオミメティクスの可能性」をお送りします。(2022/8/8)

エンジニアが求め始めた「DEI」の正体【前編】
女性エンジニアがいない会社はあの「DEI」を軽視している
女性登用が進まないことは、以前から英国のIT企業の間で課題となってきた。その背景には「DEI」の不足があるとの声がある。そもそもDEIとは何なのか。その実情とは。(2022/8/6)

現役エンジニア100人に聞く:
平均年収が高いプログラミング言語 3位「Java」、2位「Python」、1位は?
プログラミングスクール「SAMURAI ENGINEER」を運営するSAMURAI(東京都千代田区)は、「エンジニアの年収実態調査」の結果を発表した。現役エンジニアの平均年収は「400万円以上」(29%)が最多となった。プログラミング言語別でみると、1位は「Swift」(469万円)。以下、2位「Python」(438万円)、3位「Java」(430万円)と続く。(2022/8/4)

「GitHubで大規模なマルウェア攻撃が広まっている」──海外エンジニアのツイートが話題 すでに対応中か
「GitHubで大規模なマルウェア攻撃が広まっている」──海外エンジニアのツイートが話題になっている。投稿者によると3日午後2時14分時点で、悪意あるコードがGitHub上に3万5000件以上見つかったという。(2022/8/3)

SaaS企業デスクツアー:
ノーコード開発ツールのヤプリで働くみんなのデスク環境 経営陣からITエンジニアまで写真でチェック
SaaS企業で働く人のデスク環境を写真や本人のコメント付きで紹介。今回はノーコード開発サービス「Yappli」を提供するヤプリで働く人のデスク周りを探る。(2022/8/1)

年収分布では400万円台が最も多い:
エンジニアの年収、言語別トップはSwiftの469万円、SAMURAIが調査
SAMURAIは「エンジニアの年収実態調査」の結果を発表した。年収の分布を見ると、最も多かったのは「400万円以上500万円未満」で、29%を占めた。プログラミング言語別に平均年収を見ると、最も高いのは「Swift」の469万円だった。(2022/8/1)

電子ブックレット(組み込み開発):
Armが不滅のGPUを投入/インテルのGPUはAI処理を効率化
MONOistやEE Times Japanに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は2022年4〜6月に公開した組み込み開発関係のニュースをまとめた「組み込み開発ニュースまとめ(2022年4〜6月)」をお送りする。(2022/8/4)

教えて、キラキラお兄さん:
院卒、米国帰りのエリートは悩みや挫折なんて無縁でしょ?
常に優秀なエンジニアたちに囲まれ、「底辺をはいつくばるような」気持ちでマルウェア解析に取り組んできた男が誇れるのは、「粘り強くものを追い続ける姿勢」だった。(2022/8/1)

コンテナベースの機械学習基盤を大解剖(2):
AWSをフル活用、リクルートのクラウドネイティブな機械学習プラットフォームの裏側
リクルートのエンジニアが内製している機械学習基盤について詳しく解説していく本連載。第2回はクラウドネイティブな機械学習に活用しているAWSのサービスや設計について。(2022/8/1)

現役エンジニア100人に聞いた:
将来性が高いプログラミング言語 2位「Java」、1位は?
プログラミングスクール「SAMURAI ENGINEER」を運営するSAMURAIは、現役エンジニア100人を対象に「プログラミング言語に関するアンケート」を実施した。「未経験者におすすめのプログラミング言語」の1位は「Python」だった。(2022/7/29)

月額報酬が最も高いフレームワークランキング 2位は「Ruby on Rails」、1位は? フリーエンジニア向け仕事仲介サービス調べ
月額報酬が最も高いフレームワークは?──リモートワークに特化したフリーのエンジニア向け仕事仲介サービス「Remogu」を運営するLASSICの調査結果から、月額報酬が最も高いフレームワークランキングを算出した。(2022/7/28)

月額報酬が最も高い開発言語ランキング 3位は「Python」、2位は「Go」、1位は? フリーエンジニア向け仕事仲介サービス調べ
月額報酬が最も高い開発言語は?──リモートワークに特化したフリーのエンジニア向け仕事仲介サービス「Remogu」を運営するLASSICの調査結果から、月額報酬が最も高い開発言語ランキングを算出した。(2022/7/28)

職種では「CTO/VPoE/テックリード」が高い報酬を得る:
「フルリモート週5日」で最も稼げる開発言語は「Scala」 LASSICが調査
LASSICは、ITエンジニア向けフルリモートワーク案件の平均月額報酬を発表した。全案件の平均月額報酬は約74万円だった。職種別のトップは「CTO/VPoE/テックリード」で、言語・フレームワーク別のトップは「Scala」だった。(2022/7/28)

コロナ禍のIT活用促進術【第5回】
「IT企業からの転職組」が非IT企業を辞めたくなる理由
米国では人材の流動化が進む中、IT企業とそれ以外の企業間の転職が活発化している。伝統的な企業が、先駆的なIT企業からエンジニアなどの人材を獲得する場合、特に手厚いケアが必要だ。その訳とは。(2022/7/28)

「Figma」日本語版が公開 デザインコラボツール大手 ヤフー、LINE、楽天などがすでに導入
米Figmaが、デザインコラボレーションツール「Figma」の日本語版を提供開始した。デザイナーだけでなく、エンジニア、マーケター、コピーライターなどが参加して一緒にデザインを作り上げる、チームでのデザイン制作を支援する。(2022/7/27)

フリーランスエンジニアのお金事情:
月額報酬が高いプログラミング言語 3位「Vue.js」、2位「Go」、1位は?
Remogu(リモグ)は、約4000件のITエンジニア向けのフルリモートワーク案件から、職種別・言語別の平均月額報酬をランキング形式で発表した。職種別の1位は「CTO/VPoE/テックリード」の93.7万円、言語別の1位は「Scala」の93.8万円となった。全案件の平均月額報酬は約73.5万円だった。(2022/7/26)

「Cloud Operator Days Tokyo 2022」セミナーレポート#1:
「オンコール対応するエンジニアの睡眠時間を確保せよ」 GMOペパボSREチームの6つの取り組み
Cloud Operator Days Tokyo 2022のセッション「信頼性を落とさず効果的にオンコールを減らす取り組みを目指して エンジニアの睡眠時間を守ろう」にてGMOペパボの渡部龍一氏は、信頼性を落とさずに効果的にオンコールを減らした取り組みについて紹介した。(2022/7/21)

Go AbekawaのGo Global!〜Aaron Farney(後):
自分の強みを知るのに15年かかった
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回もUnwired LogicのAaron Farney(アーロン・ファーニー)さんにお話を伺う。19歳から起業を経験したアーロン氏が語る「起業の魅力」とは何か。(2022/7/27)

SaaS企業デスクツアー:
87億調達のスタートアップで働くみんなのデスク環境 10万の建設事業者を支えるSaaSが生まれる働き方
SaaS企業で働く人のデスク環境を写真や本人のコメント付きで紹介。転職先の雰囲気を把握したい人に向け、経営陣からエンジニアまで、さまざまな社員がどんな環境で働いているかをチェックする。今回は建設業界向けにSaaSを提供するスタートアップ・アンドパッドで働く人のデスク周りを探る。(2022/7/25)

デジタルエンジニアの重要性と育成のコツ(1):
デジタルエンジニアの定義と必要なこと
現代のモノづくりにおいて、3D CADやCAE、CAM、3Dプリンタや3Dスキャナーといったデジタル技術の活用は欠かせない。だが、これらを単に使いこなしているだけではデジタル技術を活用した“真の価値”は発揮できない。必要なのは、デジタル技術を活用し、QCDの向上を図り、安全で魅力ある製品を創り出せる「デジタルエンジニア」の存在だ。連載第1回では「デジタルエンジニアの定義と必要なこと」をテーマにお届けする。(2022/7/25)

電子ブックレット(製造マネジメント):
脱炭素に挑む日本と世界の違い、ハノーバーメッセ2022レポート
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、世界最大級の産業見本市「ハノーバーメッセ2022」に現地参加した執筆者によるレポートをまとめてお送りします。(2022/7/25)

早いは正義:
ベテランフリーランスエンジニアが語る「ボクたちの案件の選び方」
フリーランスマスターたちは、新規参画案件選択時にどのようなポイントを見ているのだろうか。金銭などの条件、PC環境、それとも――?(2022/7/25)

Go AbekawaのGo Global!〜Aaron Farney(前):
大きいサーバって小さいエアコンだけだと熱暴走するんですね
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回はUnwired LogicのAaron Farney(アーロン・ファーニー)さんにお話を伺う。農家に生まれ、忙しくも楽しい10代を過ごしたアーロンさんが日本に憧れたきっかけは「ナショナル ジオグラフィック」だった?(2022/7/26)

スマホのカメラで“空気の流れ”が見えるアプリ、エンジニアが開発 国内外から注目が集まる
冷たい空気が下降する様子も見える。(2022/7/24)

クラウドセキュリティやAIなどがトップに:
「Windows 11」や「Office 365」が1位、エンジニア採用担当者が考える現場でニーズが高まるIT
Modisは「今後、現場においてニーズが高まると予想されるIT技術やサービス」についての調査結果を発表した。各分野の1位は、「Windows 11」「クラウドセキュリティ」「人工知能(AI)」「Office 365」だった。(2022/7/19)

電子ブックレット(オートモーティブ):
コロナ禍の自動車生産を振り返る(2019〜2021年度)
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、コロナ禍における日系乗用車メーカーのグローバル生産を振り返った「コロナ禍の自動車生産を振り返る(2019〜2021年度)」をお送りします。(2022/7/19)

アジの開き×4の所要時間は20分:
プロトタイピングを実施して、家事の「Unknown Unknown」を「Known Unknown」にする
4人家族の家事育児をワンオペで担うことになった陽太郎さんは、エンジニアリングマネジャーとして学んできたアジャイルの知識を活用して、家事の「何が分からないのか分からない」を整理し、状況がデスマーチであることを把握します。(2022/7/19)

IT企業デスクツアー:
「ZOZOTOWN」を支えるエンジニア・デザイナーのデスク環境 趣味・仕事の両立を重視? 写真でチェック
IT企業で働く人のデスク環境を写真や本人のコメント付きで紹介。ITエンジニアやデザイナーまで、さまざまな社員がどんな環境で働いているかをチェックする。今回はZOZOで働く人のデスク周り。(2022/7/15)

初来日したイスラエル人エンジニアが日本食にどハマり 不満は「はなまるうどんのおかげで太った」?
寿司ラーメン焼き肉がトップ3とのこと。(2022/7/19)

「Kaggle Grandmaster」も登場
バルセロナの決勝大会を目指せ Kaggle Days東京大会レポート
日本でも注目を集めている機械学習コンペティションプラットフォーム「Kaggle」。本稿では、2022年4月に東京で開催されて日本人エンジニアも活躍した大規模コンペティションの様子をお届けする。(2022/7/15)

キャリアニュース:
本業と近い副業をしている職種は「エンジニア」が最多、77%が回答
Wantedlyは「コロナ禍の転職と副業に関する調査」の結果を発表した。転職時に60%が「仕事内容のやりがい」を重視していた。また、職種別に「本業の内容と近い副業をしている人」の割合を比べると、最も多かったのは「エンジニア」で77%だった。(2022/7/14)

人気連載まとめ読み! @IT eBook(93):
エンジニアが知っておくべきAI倫理を、無料の電子書籍で一から学ぼう
人気過去連載を電子書籍化して無料ダウンロード提供する@IT eBookシリーズ。第93弾は、連載「エンジニアが知っておくべきAI倫理」全4回を電子書籍化しました。AIが身近なものになった昨今、直接AI開発に関わらないエンジニアにとっても必要となってくるAI倫理についての知識を一から学べます。(2022/7/14)

アイデンティティーが調査:
フリーランスエンジニア向け新規案件と成約数が2022年6月に大幅増、人気職種は?
アイデンティティーは「IT人材市況動向レポート2022年6月度版」を発表した。2022年6月の新規人材案件は、2022年年5月から51.2%増加した。2022年6月の新規人材案件の平均希望単価は、対前月比8.1万円増の63.3万円。成約数は2022年5月と比べて69.2%増加した。(2022/7/11)

電子ブックレット(FA):
広がる遠隔ロボットの世界/教示レスで弁当配膳を可能にする技術
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、MONOistで2022年1〜4月に公開した産業用ロボット関係のニュース(合計23本)をまとめた「産業用ロボット ニュースまとめ ―― 2022年1〜4月」をお送りします。(2022/7/11)

SaaS企業デスクツアー:
急成長SaaS企業で働くみんなのデスク環境 約1万1000の子供向け施設で活躍するサービスを生んだ働き方
SaaS企業で働く人のデスク環境を写真や本人のコメント付きで紹介。経営陣からエンジニア、管理部門まで、さまざまな社員がどんな環境で働いているかをチェックする。今回は保育士向けSaaSを提供するコドモンで働く人のデスク周りを探る。(2022/7/11)

プロダクト開発で見直されるデザイン(1):
「使いづらいプロダクトデザイン」はなぜ生まれるのか
デジタルプロダクト開発に着手する企業が増える中、「デザイン」の役割が見直されている。デザイナーとエンジニアの垣根を越えた“越境開発”は企業に、そして開発の現場にどんなメリットをもたらすのか。新規事業開発に詳しいRelicのCCO(Chief Creative Officer)が解説する。(2022/8/3)

「こんな会社は絶対嫌」 火10ドラマの人間関係にITエンジニアが反応 CTOがCEOに恋
TBSが放送を始めたドラマ「ユニコーンに乗って」の設定がTwitterで話題だ。ITスタートアップをテーマにしたこの作品では、俳優・杉野遥亮さん演じるCTOが、女優・永野芽郁さん演じるCEOに恋。ITエンジニア間で「経営判断狂いそう」と注目を集めている。(2022/7/9)

Q&Aで学ぶマイコン講座(72):
突入電流の検討方法
素朴な疑問から技術トラブルなどマイコンユーザーのあらゆる悩みに対し、マイコンメーカーのエンジニアが回答していく連載「Q&Aで学ぶマイコン講座」。今回は、初〜中級者から多く寄せられる質問です。(2022/7/8)

シリコンバレーから見た風景:
シリコンバレー企業の福利厚生動向とウェルビーイング補助
優秀なエンジニアを採用するためには、仕事内容や報酬だけでなく、福利厚生も大切。(2022/7/7)

IT企業デスクツアー:
有名IT企業で働くみんなのデスク環境 エンジニア・デザイナーなど写真でチェック ヤフー編
IT企業で働く人のデスク環境を写真や本人のコメント付きで紹介。ITエンジニアやデザイナーまで、さまざまな社員がどんな環境で働いているかをチェックする。今回はヤフーで働く人のデスク周り。(2022/7/7)

クラウド関連ソフトウェアエンジニアの平均年収は約2370万円、6割以上がフルリモートワーク 米国でO'Reillyが調査
米国でクラウドを活用したソフトウェアデベロッパーやアプリケーション開発者などの平均年収を米O'Reillyが調査。リモートワークの割合や、資格と給与の関係についても調査結果を出した。(2022/7/6)

ミクシィ、新卒エンジニア向け研修資料を公開 Unityでのゲーム開発やAI、セキュリティ研修など全12種類
ミクシィは、新卒エンジニア向けの研修資料を自社ブログで公開した。同社が新卒社員向けの研修で使った資料で、iOS/Androidアプリの開発やゲームエンジン「Unity」を使ったゲーム開発などを解説している。(2022/7/5)

JIG-SAWが「Safing AWS版」を提供開始 脆弱性対策と脅威検知が自動で可能に
JIG-SAWの「Safing AWS版」でクラウドセキュリティの脆弱性の自動対策や脅威検知が可能となる。専任のセキュリティエンジニアの考察や判断に時間をかけずに、プラットフォームのセキュリティ管理ができるというがその中身とは。(2022/7/4)

電子ブックレット(メカ設計):
3Dプリンタで治具製作、設計作業の自動化アプローチ
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、ストラタシス・ジャパン主催オンラインセミナー「設計製造に『軽量・堅牢』を簡単に取り入れる! 先進的な設計製造ツール『nTopology』でアディティブ・マニュファクチャリング設計(治具編)を学ぼう!」の講演内容をまとめた「3Dプリンタで治具製作、設計作業の自動化アプローチ」をお送りします。(2022/7/4)

教えて、キラキラお姉さん:
女性エンジニアって、特別な人がなるんでしょう?
エンジニアは普通の人でもなれるし、男女の区別はないし、私みたいに創作活動に熱中し過ぎて大学受験に失敗した人でも活躍できるんですよ。(2022/7/4)

セキュリティエンジニア向け英語教材、IPAが無償公開 「セキュリティ英単語集」など
情報処理推進機構は、セキュリティエンジニア向け英語教材「セキュリティエンジニアのための English Reading」を公開した。英文の読解力や情報収集力を高める内容という。(2022/7/1)

エンジニア数は企業規模に比例:
内製化エンジニア在籍の企業が7割突破 IDC調査が映し出す今後の課題とは
IDC Japanは、「2022年 国内CIO調査 ITサービス/アウトソーシング利用実態」を発表した。国内企業のIT投資動向に関して調べたもので、2021年度の国内企業のIT支出実績について、前年度と「変わらない」と回答した企業が5割超だった。(2022/7/1)

クラウドストレージの「5大リスク」と回避策【後編】
エンジニアの“コミュ力”不足が「クラウドストレージ」を危険にさらす?
クラウドストレージの安全な利用に取り組む際は、セキュリティ管理とコンプライアンスの2つを無視してはいけない。具体的にどうすればいいのか。(2022/7/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。