ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

「内線」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「内線」に関する情報が集まったページです。

PR:電話線に縛られない働き方を「クラウド電話」で実現 アプリから固定電話番号で発着信、内線もOK
(2019/10/25)

ドコモ、ビジネス向けカメラレスケータイ「SH-03L」を7月5日に発売
NTTドコモは、7月5日にシャープ製のフィーチャーフォン「ドコモ ケータイ SH-03L」を発売。カメラの持ち込みが禁止されているビジネスシーンでの利用を想定し、デバイス機能やアプリの利用も制限できる。内線サービス「オフィスリンク」の利用や防水・防塵(じん)・MIL規格の耐衝撃性能を備える。(2019/7/4)

羽ばたけ!ネットワークエンジニア(16):
「内線電話」はもう止めよう
「内線」なんて今となっては時代遅れだ。時代遅れになった理由を紹介した後、内線に代わる新しいコミュニケーションサービスについて解説する。(2019/5/27)

「Apple Music」、American Airlineの米国内便のWi-Fi無料でストリーミング可能に
Appleが米航空大手American Airlinesと提携し、米国内線の機内Wi-Fiサービス(1フライト当たり10ドル)をApple Musicのストリーミングのみ無料で利用できるようにした。(2019/1/31)

司書メイドの同人誌レビューノート:
ノスタルジーあふれてる “黒電話”の入手法からお手入れの仕方までまとめた同人誌『黒電話で遊ぼう!』
著者さんは内線機として使っているようです。(2017/10/15)

スマートフォンが内線電話に早変わり!?
内線転送、一斉鳴動……スマホの新しい使い方、ビジネスフォンのアプリ化とは?
担当者が外出中で電話対応できない、連絡が遅れるなどといったことが原因で知らぬ間に陥っている機会損失を、クラウド型サービスとスマートフォンの活用で解消する方法がある――ビジネスフォンのアプリ化だ。(2017/2/9)

視線があると集中できない人に便利なやつだこれ! ファイルとしても使える卓上パネルがオフィスで使えそう
半透明で、収納した内線表などがそのまま見られるつくり。(2017/1/11)

新千歳空港で不法侵入事案 女性1人が金属探知機を通過せずクリーンエリアへ、国内線に大きな影響
12時13分ころに事案が発生し、15時10分に国内線の運航が再開しました。(2016/8/5)

中堅・中小企業の電話改革
クラウドでスマホも「内線化」 成功する企業は電話の使い方が違う
PBXの更改タイミングで電話システム全体を見直す企業が増えている。スマホの有効利用やビジネス環境の多様化など検討すべき点は多い。PBX環境を整えるには負荷の大きい中堅・中小企業にとっても解決策が必要だ。(2015/7/24)

BYODなスマホからセキュアに社内システムに接続させる方法――戸田建設の場合
BCP対策としてGoogle Appsを導入していたものの、フィーチャーフォンによる外内線一体化の検討により貸与スマホを終了することになった戸田建設。BYODによるセキュアなアクセス環境をどのように構築したのか?(2015/3/9)

ホワイトペーパー:
日本郵便がクラウド型PBXとナビダイヤルで得た想定外のメリットとは?
日本郵便は、資金管理業務集約に伴い、受付窓口を一本化。支店への内線転送の仕組みが必要になったことから、交換機不要で内線転送可能なクラウド型PBXを採用する。この導入で日本郵便が得たメリットはコスト削減だけではなかった。(2015/1/20)

Publickey 新野氏が聞く
“組織のワークスタイル”を変革する「スマホの内線化」とは
クラウドの利用が広がる中、最近では企業内電話をクラウド化し、コスト削減や働き方の改革を推進する動きがある。従来型のPBXが抱える課題、クラウド化によるビジネスメリットとは。Publickey 新野氏がその正体に迫った。(2015/1/8)

ユーザー企業導入事例:
加賀電子、社内コミュニケーション基盤を刷新 固定電話2割削減、富士通システムで構築
外出先で内線受け、スマホでも──。加賀電子が新本社移転を機に、新コミュニケーション基盤を構築。社員が最適なコミュニケーション手段を選択できる環境を整えた。システム構築は富士通が担った。(2014/10/20)

社内にPBX装置を置かずに多様な内線機能を:
PBXも「as a Service」で、NTT Comが提供開始
NTTコミュニケーションズは2014年4月1日、グループ応答や保留転送、コールピックアップなども含めた企業向け内線電話機能をクラウド側で提供する「Arcstar Smart PBX」の提供を開始した。(2014/4/1)

ソフトバンクテレコム、ANAグループにiPhone 5s/5cを9000台納入――利便性やコスト削減を支援
ソフトバンクテレコムは、全日本空輸および関連グループ各社へiPhone 5s/5cを9000台納入。内線ネットワークシステム「ホワイトオフィス」を活用し、利便性の向上やコスト削減などを支援する。(2014/3/31)

外出先でもスマホを社内電話のように使えるサービス、NECが提供
NECは、社内外を問わずスマートフォンで内線通話を可能にする「UNIVERGE どこでも内線サービス」を提供する。(2014/2/4)

ウィルコムの「イエデンワ2」「PORTUS for Biz WX02S-H」がクラウドPBXに対応
ウィルコムの「イエデンワ2」と「PORTUS for Biz」がクラウドPBX(構内交換機)サービスの「agile Cloud PBX」および「BIZTEL」に対応。導入企業内の内線通話が可能となった。(2013/9/18)

イエデンワも企業の内線電話に――クラウド型FMCサービス「BIZTEL」がウィルコム端末に対応
PBX装置を設置することなく、携帯やスマホを内線電話として使えるようにするリンクのクラウド型FMCサービスが、ウィルコム端末に対応。固定電話のようなPHS「イエデンワ」も内線電話として利用できる。(2013/3/1)

PBX機能をクラウドで――スマホが内線電話になるドコモの「オフィスリンク」に新機能
PBX不要でスマホが全国で使える内線電話に――。NTTドコモが同社の全国型内線サービス「オフィスリンク」に、仮想PBXタイプを追加した。(2012/6/4)

KDDI、クラウド型PBXサービスを開始――6月下旬から
KDDIが6月下旬から、クラウド型PBXサービス「KDDI 仮想PBXサービス」を開始。PBXをオフィスに設置することなく内線機能を利用でき、運用コストも低減できる。(2012/3/21)

KDDI、「OFFICE FREEDOM」の新規受付終了――対応端末の販売も終了へ
KDDIが、au携帯電話を内線電話として使えるようにする企業向けソリューション「OFFICE FREEDOM」の新規受付を終了する。(2012/2/28)

日立製作所、IP-PBXの新製品を発表 スマホ対応を強化
電話回線・IP網に対応するIP-PBX「NETTOWER CX-01」を日立製作所が発表。Android端末で社内外から内線通話を利用できるようにした。(2012/1/19)

法人用途に特化したシンプルなストレート端末「WX01J」
ウィルコムの「WX01J」は、PBXやモバイル内線ソリューション「W-VPN」に対応する法人向け端末。Webブラウザやカメラは搭載しないシンプルな仕様となっている。(2011/9/21)

スマホやPCが“どこでも内線・外線”になるIP電話サービス「BeePo」
ネオシードは、会社/自宅/出先など場所を選ばず外線連携の内線電話網が構築できるASP型のIP電話/PBXサービス「BeePo(ビーポ)」を提供開始した。(2011/8/5)

Android端末を企業の内線電話に――エス・アンド・アイの「uniConnect II for Android」
エス・アンド・アイが、Android端末を内線電話として利用可能にする発信専用ダイヤラーアプリ「uniConnect II for Android」をリリースした。(2011/7/22)

Android端末が保留・転送できる内線電話に――ソフトフロントの「SF Excellent VoIP」
ソフトフロントが、Android端末を保留・転送機能付きの内線電話として利用可能にするVoIPアプリケーションをリリースする。(2011/7/20)

iPadを利用した受付案内システム「WelcomePad」
生活産業研究所が、iPadを活用した受付案内システムをリリース。内線番号や来訪者向け案内機能、コマーシャル表示機能などを備える。(2011/7/5)

社員間の連絡を“内線Cメール”でより柔軟に――FMCサービス「KDDI ビジネスコールダイレクト」に新機能
携帯/固定電話を問わず内線番号で通話できる法人向けFMCサービス「KDDI ビジネスコールダイレクト」に「内線Cメール機能」が加わる。“定額のモバイル内線利用”の利便性をテキストメールにも広げ、より柔軟な社員間の連絡を実現する。(2011/6/8)

災害時に社員の安否が分かる――スマホ内線ソリューション「uniConnect II」に確認機能
スマートフォンを内線電話として利用できる「uniConnect II」に、6月から3G回線のパケット通信を利用した安否確認機能が搭載される。(2011/6/1)

スマートフォンを内線端末として利用できる「スマートIPフォン」
アイルネットは、スマートフォンを内線端末として利用できるクラウド電話システム「スマートIPフォン」を5月中旬より提供する。(2011/5/10)

PBXの設置なしでiPhoneをビジネスフォンに――リンクの「BIZTEL for iPhone」
PBXの設置なしに携帯電話をビジネスフォンとして利用可能にするBIZTELがiPhoneに対応。iPhoneを代表着信や保留、内線、転送などに対応する電話機として利用できるようになる。(2011/4/21)

知ってるつもり? IP電話AtoZ(3)
スマートデバイスで再注目の「無線LAN+IP電話」内線システム
今回はIP電話の可能性を広げる「FMC」と、iPhoneなどスマートデバイスが企業導入をリードする無線IP電話を解説する。(2011/2/17)

IP電話で覚えのない国際通話料金の請求に注意 IP-PBXに不正アクセス
IP電話加入者に覚えのない国際通話料金が請求されるケースが起きているとして、NTT東西などが注意を呼びかけている。IP-PBXを設置している場合に、外部からアクセスして内線端末になりすまされるケースが見つかっている。(2010/11/24)

総通話の4分の1が“無料の内線”に GMOのコスト削減に貢献したドコモの内線ソリューション
「端末価格が高い」「導入コストがかさむ」などの理由で、企業への普及がなかなか進まない携帯を活用した内線ソリューション。ドコモの「オフィスリンク」は、こうした課題の解消を目指した内線ソリューションだ。導入したGMOインターネットのコスト削減に貢献したこのサービスはどのようなものなのか。(2010/10/22)

携帯と内線の同時呼出に対応――CTI無人受付システム「商売繁盛III A-un 千客万来」
受付に設置されたタッチパネル端末から担当者の携帯電話と内線電話を同時に呼び出し――。レッツがCTI無人受付システム「商売繁盛III A-un 千客万来」を11月に発売する。(2010/10/5)

Android端末を企業の内線電話に 「uniConnectダイヤラー」
iPhoneを企業の内線電話として利用可能にするuniConnectが、Android端末に対応した。(2010/7/29)

NEWS
ケアコムと富士通、重要イベントをリアルタイムで端末へ通知するUC連携ソリューション
ケアコム、富士通は、電子カルテシステムとIP電話システムを連携させ、重要イベントをWi-Fi内線端末へ通知するシステムをイベント出展した。カルテ情報の参照や指示の承認もWi-Fi端末から行い、業務の効率化を図る。(2010/7/22)

ウィルコムとNEC、W-VPNとUNIVERGEを連携して販売──「FMC拡販推進プロジェクト」
ウィルコムとNECが、両社が持つモバイル内線ソリューション「W-VPN」とモバイルソリューション「UNIVERGE」を連携して販売する「FMC拡販推進プロジェクト」をスタートした。(2009/9/17)

JAXA、ウィルコムの内線ソリューションを採用――2000台のPHSを導入
宇宙航空研究開発機構が、ウィルコムの内線ソリューション「W-VPN」を採用。2000台のPHSを導入する。(2009/7/21)

JAXA、PHS利用の内線電話サービスを2000台規模で導入
JAXAは、PHS端末1台で内線と外線通話を利用できるウィルコムのサービスを導入する。(2009/7/21)

「E05SH」を内線電話機に――KDDI、構内PHSカードを7月14日に発売
出先でケータイ、社内で内線――。KDDIが、法人向け携帯電話「E05SH」を社内で内線電話として使えるようにする構内PHSカードを7月14日に発売する。(2009/7/9)

わが社のコスト削減:
内線電話を社外に持ち出す――通話料を下げるPHSの新たな利用
PHSで内線通話ができるサービスをウィルコムが始めたのに続き、携帯電話各社も同様のサービスを今年から始める。通話料金の削減と業務効率の改善がメリットというが実際の効果はどうか。ウィルコムとユーザー企業に聞いた。(2009/4/23)

モバイルソリューションと内線サービスが成長を牽引――KDDI 山本泰英氏に聞く法人戦略
「不況だからこそ、潜在ニーズはむしろ顕在化しやすい」――KDDIの法人部隊を率いる山本泰英氏は、法人向けモバイルソリューションやFMC分野は、「今だからこそ成長のチャンスが大きい」と見る。(2009/4/2)

5分で分かる、先週のモバイル事情――2月28日〜3月6日
TCAが2月の携帯・PHS契約数を発表。ドコモとソフトバンクが10万強の純増を記録した。ソフトバンクは、法人向け内線ソリューション「ホワイトオフィス」の申し込み受付を開始。ウィルコムはFOMA網を使った「WILLCOM CORE 3G」の提供を開始する。(2009/3/9)

月額980円から:
ソフトバンク、固定と携帯の内線定額サービスを開始
ソフトバンクモバイルとソフトバンクテレコムは、定額料金で携帯電話および固定電話間の内線通話ができるサービスを始めた。(2009/3/2)

携帯を企業の内線電話に――ソフトバンク、ホワイトオフィスの受付開始
ケータイを固定の内線電話として利用可能に――。ソフトバンクモバイルとソフトバンクテレコムが、法人向けサービス「ホワイトオフィス」の申し込み受付を開始した。(2009/3/2)

1月17日〜1月23日:
5分で分かる、先週のモバイル事情
ウィルコムがおサイフケータイ対応の春モデル2機種と新料金プランを発表した。KDDIは法人向けの新戦略と内線ソリューションを披露。1月23日には決算を発表し、端末販売台数の減少に伴って営業収益を2000億円下方修正した。(2009/1/26)

法人顧客に“オンリーワン”サービスを――KDDI、法人ソリューションの新戦略
携帯キャリア各社が法人向けサービスを強化する中、KDDIが法人ソリューションの新戦略を発表。顧客のニーズをくんで最適化した提案ができる体制を整えるとし、柔軟な組み合わせが可能な内線ソリューションを発表した。(2009/1/25)

日本IBMもユーザーに:
KDDIが新サービス、モバイルを中核とするITベンダーへ
KDDIは、企業向け内線サービスと新端末、アプリケーションフレームワークを発表。法人市場では、通信事業者の枠の留まらないITベンダーとしての存在を目指すと表明した。(2009/1/21)

固定と携帯をまとめて内線にする「KDDI ビジネスコールダイレクト」 4月15日提供開始
KDDIは1月21日、同一法人名義で契約したKDDI電話とau携帯電話間で、内線番号による定額通話を提供する「KDDI ビジネスコールダイレクト」を4月15日からスタートすると発表した。(2009/1/21)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。