ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「服飾ブランド」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「服飾ブランド」に関する情報が集まったページです。

妊娠中の板野友美、藤井サチらの“ベビーシャワー”のお祝いが幸せしかない 「嬉しぃぃぃぃ」「私たち笑いすぎ」
5月10日に妊娠と安定期に入ったことを発表。(2021/6/23)

スムージーとかじゃないんだ 仲里依紗、「夢をぶち壊す」“女優メシ”のリアルな実態に親近感がとまらない
おなか空いてくる。(2021/6/15)

スピン経済の歩き方:
ネットフリックス通販参入が、「日本のコンテンツ産業衰退」を早めるワケ
米ネットフリックスがECサイト「Netflix.shop」をスタートした。身近な話ではないので、「それが何か?」と思われたかもしれないが、筆者の窪田氏はこのことによって「日本のコンテンツ産業が衰退するのではないか」と予測する。どういう意味かというと……。(2021/6/16)

テニス界のデータ活用【後編】
「世界的テニスプレイヤー」兼「経営者」の流儀 勝ちをつかむデータの力とは?
テニスのグランドスラムで7度優勝のビーナス・ウィリアムズ選手は、自分のファッションブランドを持つ一人の経営者でもある。アナリティクスの愛好家としても知られる彼女は、なぜデータの力を信じるのか。(2021/6/14)

NetflixがECサイト「Netflix.shop」を米国でオープン 新進アーティストとアニメやドラマのコラボ商品を展開
米Netflixは6月10日(現地時間)、独自のECサイト「Netflix.shop」を米国でオープンした。同社が配信するアニメやドラマと、アーティストやアパレルブランドがコラボした限定グッズを販売。(2021/6/11)

【実物レビュー】「美人百花」7月号のふろくは「JILL by JILLSTUART」のレディなバニティポーチ しっかり自立&収納できる高見えアイテムです
キルティング生地とリボンがかわいい!(2021/6/11)

店内を取材:
初の融合店「ニトリホームズ」オープン ロゴの色をオレンジにした理由は?
ニトリホールディングスが、「島忠」との初の融合型店舗「ニトリホームズ 宮原店」をオープンした。どのような店舗なのだろうか(2021/6/11)

セリーナ・ウィリアムズの3歳娘、ママとおそろいウェアでラケット構える姿に反響 「未来のチャンピオンだ」
オリンピアちゃん「カモーン!」。(2021/6/10)

働き方の「今」を知る:
技能実習生は今も「低賃金・重労働」の担い手なのか? 「夕張メロン問題」から考える
夕張メロンの減産がニュースになり、その理由が「技能実習生不足」ということから大きな話題を呼んだ。「低賃金・重労働」を押し付けられ、過酷な事情を耳にすることも多い同制度だが、実情はどうなっているのか。(2021/6/10)

「すっぴんなのに美人すぎる」「赤ちゃんみたい」 藤田ニコル、ツヤツヤ美肌な“リアル寝る前”ショットに反響
これは努力のたまもの。(2021/6/7)

ほぼ週刊インフォグラフィックス:
キャッシュレス化が進む世界でも「現金払い」が大好きな国ランキング
スマホ決済が百花繚乱(りょうらん)の今日、日本のペイメントはやや他国とは違った進化を遂げつつあるようです。(2021/5/28)

Heatherが身長150センチ前後の“小柄向け”新ラインをスタート 「丈で悩まない」ワンピースやパンツを展開
スタッフやユーザーの悩みを受けて開発。(2021/5/27)

「PAUL & JOE」とGiRLS by PEACH JOHNのコラボコレクション 猫やクリザンテームをレースで表現したガーリーなランジェリー
気分が上がりそうなかわいいデザイン。(2021/5/25)

ダイレクトな人々 第7回:
体重100kg超でも品の良い着こなしを 大柄な男性向けファッションブランド「carorie」がこだわったこと
話題のD2Cブランドとそこで生まれるコミュニケーション、ブランドの仕掛け人の思想について考察するこの連載。第7回は異色のメンズアパレルブランド「carorie」のオーナーである小林稜さんに取材しました。(2021/5/25)

ストリートファッションに身を包んだ75歳 孫の勧めでおしゃれに目覚めたおじいちゃんがステキ
服もポーズも完璧すぎる。(2021/5/15)

【実物レビュー】Sweet6月号のふろくは「SNIDEL HOME」のエコバッグ&ポーチ! 花柄&猫刺繍が大人かわいいデザインです
ピンクカラーもかわいい!(2021/5/13)

shopDisneyにミッキー&ミニーの「トロピカル・ハイダウェイ」シリーズが登場 南国の植物をあしらったウェア&雑貨でリゾート気分を味わえそう
室内外で活躍しそうなアイテムばかり。(2021/5/12)

「オーラヤバイね!」「遺伝子引き継いでる」 SHIHO、9歳娘・サランとの“親子初共演”ショットに反響
日本での活躍も楽しみ。(2021/5/11)

美がハンパないな! 山下智久、18歳ポートレートが不変のカッコよさで黄色い声飛ぶ「いつ見ても全盛期!」
昔はかわいい、今はセクシーだわ。(2021/5/10)

「体重が10kg違いますが、今の自分も好きです」 アンミカ、“ヴィダルサスーンカット”よく似合う20代の写真公開
これがパリコレの頭身!(2021/5/8)

「モチーフは織部焼」「オーダーから約3年半」 前澤友作、エルメスとコラボした限定モデル「ロールスロイス・ファントム・オリベ」の完成をTwitterで報告
ハイブランドとハイブランドのコラボレーション。(2021/4/29)

「センスのない私には永久保存版」 イラストレーターが伝授する“ファッションの色の合わせ方”が「勉強になる」と話題に
勉強になる。(2021/4/26)

「全然変わってなくてびっくり」 石田ゆり子&一色紗英、“20年ぶりの再会”ショットが年齢不詳な美しさ
本当に変わらない。(2021/4/24)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
有名ブランドの服を“激安”で売る「オフプライスストア」が増殖中 背景にバーバリーの焼却事件
売れ残った有名ブランドの洋服や靴を激安で販売する「オフプライスストア」が増えている。大手アパレルのワールドやゲオグループなどが参戦。単に安く売るのではなく、ある特徴を備えているという。(2021/4/19)

タイムアウト東京のオススメ:
レストラン併設のグッチが銀座並木通りにオープン
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2021/4/20)

スピン経済の歩き方:
飲食店は“大荒れ”なのに、なぜニトリはファミレスに参入したのか
ニトリがファミレス事業に進出した。店名は「ニトリダイニング みんなのグリル」。、「お、ねだん以上。」のメニューが並んでいるわけだが、なぜ飲食店に逆風が吹き荒れているタイミングで出店したのか。背景にあるのは……。(2021/4/18)

他分野に広がる可能性も:
カゴメ“英断”の波紋 新疆ウイグル自治区産トマトの使用停止
中国政府による人権弾圧が国際問題になっている新疆ウイグル自治区について、大手食品メーカーのカゴメが、同地区で生産されたトマトの加工品を製品に使用しないことを決めた。(2021/4/17)

三浦翔平&桐谷美玲夫妻、“領域展開”ペアルック 「夫婦で匂わせしないでください!!」とうれしい悲鳴
家庭内領域展開。(2021/4/17)

PR:コロナ禍で逆風の小売業界 リアル店舗の価値を再創造するecbeingを活用した「ユニファイドコマース」がカギに
(2021/4/13)

キャリアSNS「YOUTRUST」 登録ユーザー数が5万人突破
2018年4月にサービス開始。20年12月末のユーザー数は3万人と、ここ数カ月で急速に伸びている。(2021/4/14)

「懐かしすぎて泣いた」「あれからもう20年」 “学校のPC室でフラッシュ倉庫を見ていた”世代に刺さるイラストが話題に
懐かしすぎて目から汁が……。(2021/4/10)

推し活女子に人気の「本人不在の誕生日会」 SPINNSのティアラやバルーンで自分だけのパーティーを盛り上げたい
推し活女子におすすめ!(2021/4/6)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
平城京や自由が丘で「踏切除却」! 鉄道、街はどうなる?
2021年3月25日、奈良県、奈良市、近鉄が「平城宮遺跡内を通過する近鉄奈良線の移設」に合意した。また東京都目黒区自由が丘地区の都市再生計画が始動。改良したい踏切があっても、今までは国土交通大臣の指定を待つしかなかったが、4月1日から「踏切道改良促進法等の一部を改正する法律」が施行され、自治体側から提案できる。(2021/4/2)

長男もビックリ! 仲里依紗、アパレルブランド「RE.」の立ち上げを発表 「109の店員にはなれなかったけど夢がかなった」
みんな仲里依紗になれるぞ!(2021/3/31)

キルスティン・ダンスト、ふっくらおなかで第2子妊娠発表 まるで“マリー・アントワネット”なソフィア・コッポラワールドさく裂
ソフィア・コッポラからミューズへの愛が溢れている。(2021/3/31)

「日本文化を馬鹿にしている」 ヴァレンティノの広告、着物の帯の上を歩いていると批判 「帯ではない」と釈明し謝罪
当該のコンテンツは「日本の文化に敬意を込めて作成されたもの」と説明しています。(2021/3/31)

家電メーカー進化論:
日本進出7年で売上200億突破のアンカー・ジャパン、“成功の裏側”と多ブランド戦略の意図
Ankerグループは2011年創業。13年設立の日本法人は初年度売り上げ約9億円、18年には200億円超と急成長を遂げ、今やモバイルバッテリーの代名詞ブランドとなった。また家電、オーディオデバイス、モバイルプロジェクターなど、次々と新ブランドを展開。急成長の秘密と多ブランド展開の戦略と展望を、猿渡歩COOに聞いた。(2021/3/31)

映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』は興収60億円を突破 海外で人気の「エヴァグッズ」1位は?
映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の興行収入が60億円を突破。アニメ「エヴァンゲリオン」シリーズのオフィシャルグッズストアであるEVANGELION STOREで、海外ユーザーに人気だった商品のランキング。1位は?(2021/3/30)

ダイレクトな人々 第6回:
「衣服ロス」が社会問題化する中、セミオーダーの服作りで支持されるアパレルブランド「&her」
話題のD2Cブランドとそこで生まれるコミュニケーション、ブランドの仕掛け人の思想について考察するこの連載。第6回は身長に合わせた着丈の調整などを行う、セミオーダーのアパレルブランド「&her」のオーナー、関れいみさんを取り上げます。(2021/3/30)

「エヴァ×アナスイというよりエヴァVSアナスイ」 ANNA SUIとエヴァンゲリオンのコラボ第2弾がさながらセカンドインパクト
「強さ」を感じる。(2021/3/28)

マイクつきのルームウェアで「おうちジャイアンリサイタル」を開こう 「CIAOPANIC TYPY」にドラえもんデザインのアイテムがやってきた
親子でおそろいにできるアイテムも。(2021/3/26)

韓国発のプリクラ機「人生4カット」って知ってる? シンプルでおしゃれな最新機種が「SPINNS」に導入されます
ロゴ入りのコラボアイテムも発売されます。(2021/3/25)

佐藤健、32歳バースデーに「るろ剣」公式が祝福 ファンからも“たけるん愛”あふれる「こんなに推せたのは健さんだけ」「ずっと大好き」
すてきな1年になりますように!(2021/3/21)

進む化粧品業界のDX化:
ZOZOGLASSの予約数は50万件 大手ファッションECが続々コスメ事業に参入する狙い
ZOZOTOWNは3月18日、コスメ専門モール「ZOZOCOSME(ゾゾコスメ)」をオープンした。ZOZOはこれまでも化粧品を取り扱ってきたが、モール開設で一気にブランド数を増やし、500ブランド以上をそろえる。(2021/3/19)

メルカリ、ユニクロ製品の転売対策に本腰 ファーストリテイリングと発売時期などを共有
メルカリと「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングと包括連携協定を締結。新商品の発売時期などを事前に共有し、高額転売への対策に取り組む。(2021/3/18)

木下優樹菜さん、ゴリゴリのヤンキーファッションでモデル活動 “最強の一般人”宣言に「引退したんじゃ無かったっけ?」の声も
タピオカ店とのトラブルが元で、2020年に芸能界を引退していました。(2021/3/17)

niko and...のコスメライン「tiny tiny」第2弾発売 ミニサイズのコスメでファッションに合わせたメイクに着替えたい
春らしいカラーとピンクのパッケージがかわいい。(2021/3/16)

「最強親子」「息子さんかっこいい!」 窪塚洋介、イケメン長男・愛流との“親子初共演”ショットに反響
共演増えていくのかな。(2021/3/15)

axes femmeが初の「ミュシャ」コラボアイテムを発売 絵柄をそのままプリントしたスカートやトートバッグ
繊細な絵をそのままよお洋服に。(2021/3/12)

15年間の研究を経て量産へ:
世界初! 人工合成タンパク質素材を開発した「Spiber」の今
山形県に拠点を置く、次世代バイオ素材を開発している「Spiber(スパイバー)」をご存じだろうか。同社が開発したブリュード・プロテインは、石油に頼らない循環型の新素材であることから、“素材革命”として世界中から注目を浴びているのだ。同社の取締役兼代表執行役に、今後の展望などを聞いた。(2021/3/3)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。