ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

「フジテレビジョン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「フジテレビジョン」に関する情報が集まったページです。

2019年夏ドラマのダークホース「ルパンの娘」にフジテレビの本気を見た ぶっ飛びドラマにマッチする深キョンがすごすぎる
開始5分で嫌な予感が消えた。(2019/7/18)

「どう言葉を発したらいいのか」 フジテレビ内田嶺衣奈アナ、母校「カリタス小学校」殺傷事件に追悼コメント
内田さん「子供たちが守られ安心して笑えるよう」。(2019/5/31)

「視聴率No.1宣言」をする真意:
フジ『ザ・ノンフィクション』プロデューサーが明かす「人殺しの息子と呼ばれて…」制作の裏側
フジテレビ系のドキュメンタリー番組『ザ・ノンフィクション』のチーフ・プロデューサーの張江泰之氏が、2017年10月に放送した「人殺しの息子と呼ばれて…」の取材アプローチについて講演した。(2019/5/23)

フジの動画配信「FOD」好調 オリジナルドラマが大ヒット
フジテレビはインターネットで展開している動画配信サービス「FOD(フジテレビオンデマンド)」で、プロ野球のライブ配信やオリジナル作品の投入など戦略をさらに強化する。スマートフォン向けアプリのダウンロード数が累計1000万件を突破するなど好調で、会員数の上積みを狙う。(2019/4/10)

“今日、何着ればいい?”の参考に 街行く人の服装をAIがリアルタイム判定――「めざましテレビ」でAI天気の試験放映を開始
日本気象協会、フジテレビ、スペクティは、フジテレビの朝の情報番組「めざましテレビ」の天気コーナーで、AIを活用した服装情報を提供する実証実験を開始。天気カメラの映像から、コートの着用率など、街行く人の服装をAIが判定する。(2019/4/5)

女子アナスペシャルだ! 高橋真麻、結婚祝いにミタパン、ショーパンら人気アナ6人がサプライズで集結
フジテレビアナウンス室の絆。(2019/3/14)

フジテレビ、BSフジの看板番組をサイマル配信 スマホやPCでリアルタイム視聴
フジテレビジョンは、テレビ放送と同時にIP配信するIPサイマル放送を開始する。BSフジの看板番組「BSフジLIVEプライムニュース」を「FNN.jp」で無料配信。(2019/3/1)

春高バレーを“AR観戦” KDDIとフジテレビ、5G時代を見すえ
「春の高校バレー」の準決勝・決勝戦で、来場客のスマートフォンを使って新たな観戦体験を楽しめる「AR観戦」の取り組みを行う。スマホのカメラでとらえた会場の様子に、現在のスコアやテキスト解説を重ねて表示できるほか、コートエンドなどマルチアングルから観戦することもできる。(2019/1/11)

あなたの一家が「サザエさん」に登場! アニメ50周年を記念して、全国28家族が実名で磯野家と共演できる企画スタート
FNS(フジテレビ系)各局から1組ずつ選出されます。(2019/1/6)

放送50周年を記念:
フジテレビ、初期の「サザエさん」配信へ 声優は大山のぶ代さん、永井一郎さんら
フジテレビが「サザエさん」の1969〜70年放送分をデジタル化し、「FOD」「Amazon Prime Video」で26日午前0時から配信する。現在とは異なる作風や、大山のぶ代さん(カツオ)、永井一郎さん(波平)、麻生美代子さん(フネ)など、当時の声優陣による演技を楽しめる。(2018/12/25)

「RIZIN.14」をVRならではの臨場感と迫力で! 360度パノラマ動画アプリで観戦――フジテレビとソフトバンクが2019年1月11日から配信
フジテレビとソフトバンクは、2018年12月31日に行われる総合格闘技大会「RIZIN.14」のVR映像を2019年1月11日から配信する。試合会場内4カ所から撮影した迫力あるVR映像を、360度パノラマ動画に対応するパノラマVRアプリで楽しめる。観戦チケットとVRゴーグルのセットも販売する。(2018/12/25)

新米ママ頑張れ! 元フジテレビアナ本田朋子、出産5日目で子育ての大変さ実感し「一歩ずつ一歩ずつ」
先輩ママたちからのアドバイスが温かい。(2018/11/7)

元モー娘。吉澤ひとみさん、飲酒運転ひき逃げで逮捕の報道にネット衝撃 2017年9月には衝突事故
フジテレビ系「プライムニュース イブニング」などが報道。(2018/9/6)

9月7日に札幌で開催予定だったサッカー国際親善試合が中止に
フジテレビ系列でのテレビ放送も予定されていました。(2018/9/6)

フジテレビ、中国動画サイトYoukuと協業 ドラマなど配信
フジテレビジョンは、中国Alibaba傘下の動画配信プラットフォーム「Youku」と戦略的パートナーシップを締結。Youkuを通じてドラマなどを配信する。(2018/7/27)

ガチャピンがYouTuberに UUUMのマネジメントでデビュー
フジテレビの人気キャラクター「ガチャピン」がUUUMとマネジメント契約を結んでYouTuberデビュー。(2018/7/18)

フジテレビ「Mr.サンデー」、総社市の爆発事故として別の映像を紹介していたと謝罪
現場取材で爆発の瞬間を撮影したという人から提供を受けた映像でした。(2018/7/12)

フジテレビ「Mr.サンデー」“独自入手”の爆発映像が物議 「天津爆発事故では」「誤報?」と指摘相次ぐ
フジテレビを取材しました。(2018/7/10)

セキュリティ向上と働き方改革を実現
フジテレビのCisco TrustSec導入から1年 何が変わったのか 「ワークスタイルにも変化が」
フジテレビは基幹ネットワークを刷新し、ユーザーベースでアクセスを制御する「Cisco TrustSec」を導入した。この技術は同社にどのような効果をもたらしたのか。安全な移行のために取った対策とは。(2018/7/13)

アニメ「イングレス」のNetflixでの10月世界公開に合わせ、ゲーム「Ingress Prime」始動へ
フジテレビジョン制作のアニメ「イングレス」が10月にNetflixで世界配信される。これに合わせ、ゲームのIngressの大幅アップデート「Ingress Prime」も10月に実施するとNianticのジョン・ハンケCEOがVirietyに語った。(2018/7/9)

『約束のネバーランド』テレビアニメ化! 2019年1月からフジテレビ「ノイタミナ」にて
アニメ化決定!(2018/5/28)

フジテレビ、「ノイタミナ」以来14年ぶりに大型深夜アニメ枠「+Ultra」を立ち上げ “破格な製作費”で世界に通ずる作品を目指す
どんな作品が見られるか楽しみ。(2018/3/8)

「Ingress」アニメ化 フジテレビの深夜枠「Plus Ultra」で
フジテレビが、位置情報ゲーム「Ingress」を題材にしたテレビアニメを10月から放送する。新設する深夜アニメ枠「Plus Ultra」の第1弾。(2018/3/8)

「何も決まっていない」:
フジの長寿番組「ポンキッキーズ」3月打ち切り? ネットに動揺の声
BSフジの子ども向け番組「ポンキッキーズ」が3月いっぱいで打ち切られると、一部が報道。フジテレビの大規模な番組再編の一環という。ネットでは動揺する声も。(2018/2/13)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
プロレスって本気の戦いですか? 失礼な話である
2月4日に放送された『ワイドナショー』(フジテレビ)で、社会学者の古市憲寿氏が「プロレスって本気の戦いなんですか?」と発言した。プロレスの多くの試合は事前に用意されたシナリオ通りに進行しているので、リングに上がるレスラーも「本気」ではないのか。いや……。(2018/2/9)

フジテレビの恋愛リアリティー番組が放送中止 パラオで法令違反
当該の放送回はオンデマンドの配信もなしに。(2017/11/26)

フジテレビのチケット販売サイトで不正ログイン
会員の情報が第三者に閲覧された可能性があります。(2017/11/11)

フジテレビの看板番組「おかげでした」と「めちゃイケ」が来年終了と報道 フジ「現時点で申し上げられることはない」
視聴率の不振が理由とされています。(2017/11/3)

フジテレビ、「保毛尾田保毛男」騒動で謝罪文 「認識が極めて不十分」
「とんねるずのみなさんのおかげでした」のキャラ「保毛尾田保毛男」が「男性同性愛者を嘲笑している」などと批判を受けたことについて、フジテレビが謝罪文を公表した。(2017/10/16)

「認識が極めて不十分であったことを深く反省」 フジテレビ「保毛尾田保毛男」騒動について公式サイトで謝罪
「ホモ」という言葉が男性同性愛者に対する蔑称であるとの指摘があったとのこと。(2017/10/16)

フジテレビ、基幹ネットワークを「Cisco TrustSec」で刷新 5000台の通信を動的制御
フジテレビが「Cisco TrustSec」テクノロジーを活用し、基幹ネットワークを刷新。ユーザーベースの通信制御で業務効率化とセキュリティ強化を図る。(2017/10/2)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
だから、総合格闘技「RIZIN」の視聴率は低迷した
フジテレビが放送した総合格闘技イベント「RIZIN」の視聴率が6.3%にとどまった。フジテレビは「健闘した」とアピールしたが、本当にこの数字に満足しているのだろうか。視聴率が低迷した原因は、やはり……。(2017/8/4)

アイドルと一緒にダンス&自撮り 5Gを活用したARアプリ「JidorAR」の体験参加募集
フジテレビは、NTTドコモが商用サービス目指す第5世代移動通信方式(5G)を活用したコンテンツ「JidorAR」の体験参加を募集。3Dスキャンした自分のアバターをARで合成し、その場にいなくても自撮りを可能とする。(2017/7/13)

「パラッパラッパー」のショートアニメ「PJベリーのもぐもぐむにゃむにゃ」、シーズン2放送決定
フジテレビ「#ハイ_ポール」枠内に再び。(2017/7/10)

フジテレビ「映っちゃったGP」、鳥取城跡の心霊現象紹介VTRの事実誤認を謝罪 鳥取県知事がコメント
二の丸のトイレは霊が映るため鏡を外してある→実際は壊れたので外しただけなど。(2017/6/23)

フジテレビ、都県別にメッセージ異なるCM 地上デジタル放送初
関東1都6県で都県ごとに異なるメッセージを出す「エリアメッセージCM」を、フジテレビが放送する。地上デジタル放送では初という。(2017/6/15)

フジテレビ、実在しない「ガリガリ君火星ヤシ味」の画像を紹介し謝罪 広報「ネットのを勘違いして使用した」
フジテレビ広報部、画像の製作者、赤城乳業に取材しました。(2017/6/7)

ピクサー映画「カーズ」2作がフジテレビで連続放送 最新作「クロスロード」を見る前におさらいだぁ
「カーズ」は7月14日20時、「カーズ2」は7月16日19時から。週末に一気見!(2017/6/6)

「100年に1度の引退の決意」――宮崎駿監督風の“創作ツイート”真に受けて紹介 フジ「ワイドナショー」が謝罪
フジテレビ系の「ワイドナショー」が、宮崎駿監督の引退発言について、「真偽を確認しないまま放送した」として謝罪した。(2017/5/29)

フジテレビ、「ワイドナショー」宮崎駿監督の引退宣言について「真偽を確認しないまま放送」と謝罪
ネットでは「ワイドナショー」がネタツイートに釣られたのではないかと指摘が相次いでいました。(2017/5/29)

フジテレビ「ワイドナショー」で宮崎駿監督の“架空”引退宣言報道か ネットで指摘相次ぐ
数年前に話題になったネタツイートに釣られたのでは、とする指摘が相次いでいます。(2017/5/29)

“いま”が分かるビジネス塾:
番組制作費を削減し続けるフジに未来はあるのか
フジテレビは人気番組を制作することで業績を回復させようと試みてきた。しかし、2〜3年前くらいからそれも難しくなってきたのだ。収益低下に歯止めがかからず、コンテンツビジネスの核心部分である番組制作費の削減に手を染めてしまったからである。(2017/5/24)

フジテレビ「月は自転しない」で視聴者からツッコミ殺到 「スタッフの確認不足から生じたミス」と謝罪
「公転と自転の周期が一致しているため」というのが正しい説明で、自転していないわけではありません。(2017/4/6)

テレ朝・フジテレビなど民放15社、ネット動画配信会社と提携
ネット動画配信サービスを手掛ける「JOCDN」が、民放15社とIIJを引き受け先とする第三者割当増資を実施。(2017/4/3)

AIで映像制作に「革命」が起きる――フジテレビとマイクロソフトが連携、その狙いは?
AI分野でフジテレビと日本マイクロソフトが連携することを発表。フジテレビの動画投稿サイトに新機能を追加していくという。意外な組み合わせにも思える両社だが、3年前から協力しており、タッグを組む確固たるメリットを互いに感じているようだ。(2017/3/30)

クリエイターの世界発信支援:
フジテレビと日本MS、AIで協業 自動翻訳で動画に字幕
フジテレビと日本マイクロソフトが、AI分野で協業を発表。フジテレビの動画配信プラットフォーム「DREAM FACTORY」にAIの音声認識技術と自動翻訳技術を導入する。(2017/3/29)

フジテレビ、動画投稿サイトに“自動字幕AI”導入 「ピコ太郎のような世界的スターを」
マイクロソフトのAI技術「Cognitve Services」を、フジテレビ動画投稿サイト「DREAM FACTORY」が導入。動画の音声を自動でテキスト化し、翻訳して字幕を付けられるようにする。(2017/3/29)

「あいのり」がWeb配信番組として復活! ラブワゴンに乗る参加者も募集
NetflixとFOD(フジテレビオンデマンド)がWeb配信番組「あいのりREBOOT」(仮)として制作します。(2017/3/1)

映画「虐殺器官」の公開を記念して、「屍者の帝国」「ハーモニー」がテレビ初放送決定! 中村悠一によるプロモーション映像も放送
「屍者の帝国」が1月28日26時20分から、「ハーモニー」が2月4日26時20分から、それぞれフジテレビで放送予定。(2017/1/17)

動画配信だけではない:
なぜフジテレビの「FOD」は急成長中なのか?
海外プレイヤーが参入するなど、競争が激化する日本の動画配信サービス市場。そうした中でフジテレビが運営する「FOD」が好調だ。その理由とは……。(2017/1/16)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。