ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「福島県」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「福島県」に関する情報が集まったページです。

「ペナルティ」ワッキー、26年ぶりのヘアチェンジで人生“初パーマ” 俳優風に変身し「イケメンがバレちゃったね」
これはドラマ出演のオファーが来ちゃいそう。(2021/3/8)

「シン・エヴァ」上映館で「特務機関NERV防災アプリ」の動画広告
「シン・エヴァンゲリオン劇場版」の上映前に「特務機関NERV防災アプリ」の防災啓発動画を上映。12日から。(2021/3/5)

自治体職員の負担も減らす:
コロナ下の地震や台風…… 避難所の“たらい回し”を防げ! 混雑状況を可視化するIT企業の挑戦
感染防止のため、避難所の定員を少なくする自治体が増えている一方、災害時に定員オーバーの避難所を“たらい回し”にされる危険性が高まっている。IT企業のバカンは自社サービスを提供して、課題解決を目指す。(2021/3/3)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
米国大寒波で試練が続く半導体生産
(2021/3/1)

秋のビーナスライン360°パノラマ、磐梯山を眺めながら国道49号ドライブ YouTube新着ピックアップ「きょうの車載動画」
YouTubeで公開された最新の車載動画を紹介するコーナーです。(2021/2/25)

生き残ったお酒は「震度6強を乗り越えた勇者たち」――地震被害の“道の駅”に「たくましい」「勇気をくれる」と称賛 担当者に思いを聞いた
「道の駅 国見 あつかしの郷」の“勇者たち”が話題になっています。(2021/2/25)

「びっくりしたニャ……」 地震に驚いた猫ちゃんの“教科書通りのリアクション”が守ってあげたくなるかわいさ
怖かったねえ。(2021/2/25)

東北新幹線が全線運転を再開 「ありがとう」「早期の復旧おつかれさまでした」感謝の声
予定通りに10日で復旧。ネットにも感謝の声たくさん。(2021/2/24)

デジタル防災を始めよう:
【番外編】今すぐ備える防災アイテム いざというときのために、これだけは用意しておこう
2月13日の地震で不安を覚えた人は多かったのではないだろうか。ではどんな準備をしたらいいのか、まずは防災アイテムをそろえておこう。(2021/2/24)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
東北新幹線運休で本領を発揮した快速列車たち 鉄道の“責任”と“誇り”が見える
2月13日の地震の影響で東北新幹線が一部運休。JR東日本はすぐに代替手段を準備した。引退間近の185系を臨時快速に使用するシーンも。悪天候の中で運行した「ひたち」では、受験生への配慮が話題になった。10年前の東日本大震災の時のように、責任感や誇りが見えた。(2021/2/19)

「伝説になる名列車だ」「鉄道員の魂を感じ取った」 8時間遅れで東京着、常磐線特急「ひたち22号」感動物語
東北新幹線と東北本線、常磐線には「深いきずな」がありました。(2021/2/17)

製造マネジメントニュース:
トヨタが地震の影響で稼働調整、9工場14ラインで(追記あり)
トヨタ自動車は2021年2月16日、2月13日に福島県沖で発生した地震の影響により、国内の生産拠点で稼働調整を行うと発表した。(2021/2/17)

品質不正問題:
4931件は顧客の管理値外、11万件以上で不正検査を行った曙ブレーキの調査結果
曙ブレーキは2021年2月16日、同社の国内製造子会社で製造する自動車用ブレーキ製品における検査結果の改ざんや不適切な数値記載における、調査結果と再発防止策について発表した。不正検査は約20年にわたって行われ、対象製品に関係する全検査報告数の19万2213件数の内、半数以上となる11万4271件で不適切な行為が確認されるなど、組織として常態化していた問題点が指摘されている。(2021/2/17)

国内4工場を縮小:
曙ブレーキ、生産拠点の早期退職に223人応募 募集人数を上回る
曙ブレーキ工業は、2020年12月〜21年2月に実施した早期退職者募集に223人が応募したと発表。国内生産拠点再編の一環。募集人数の180人を上回った。(2021/2/17)

福島県沖地震で操業を一時停止:
ルネサス那珂工場、前工程の生産を再開
ルネサス エレクトロニクス(以下、ルネサス)は2021年2月15日、同年2月13日に発生した福島県沖地震の影響について第2報を発表した。それによると、一時停止していた那珂工場(茨城県)において15日にウエハー出荷を再開し、クリーンルーム内での半導体前工程生産も、本日(2月16日)から再開する。【追記あり】(2021/2/16)

電気自動車:
駆動用バッテリーのリユースへ中古車事業者も参入、リーフの電池は鉄道設備に
電気自動車(EV)などの駆動用リチウムイオンバッテリーのリユースに向けた取り組みが活発化してきた。日産自動車と住友商事の共同出資会社であるフォーアールエナジーは、鉄道の踏切保安装置の電源に日産「リーフ」から取り出した再生バッテリーを試験導入する。また、中古車のインターネットオークションを手掛けるオークネットは投光器やライトなどLED製品を手掛けるMIRAI-LABOとともに、使用済みの駆動用バッテリーの再生、流通に取り組む。(2021/2/16)

タイムアウト東京のオススメ:
復興する福島をアートで彩る「フタバアートディストリクト」が進行中
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2021/2/16)

東北新幹線、山形新幹線、秋田新幹線の一部区間で運転見合わせ 全線復旧に10日前後
架線柱や橋脚に大きな被害。(2021/2/15)

食品だけの販売再開も:
イオン、福島県沖の地震による店舗の休業情報を発表 マツキヨやツルハも
2月13日に発生した福島県沖の地震で小売りチェーンに被害が生じた。イオン、マツキヨHD、ツルハHDが店舗の休業状況などを公開している。(2021/2/15)

藤あや子、愛猫・マル&オレオが初めての強い地震に「ビクビクしてました」 オレオは警戒心から“イカ耳”に
怖かったんだね……。(2021/2/15)

舞台「フラガール」、乃木坂46・樋口日奈主演で再演決定 「バトンを受け取ったのね」「積み重ねてきた努力の結果」と歓喜の声
ひなちま、おめでとう!(2021/2/14)

通信各社が災害用伝言板を提供 東北地方の地震を受けて
福島県沖を震源とする地震の影響で、携帯キャリア各社が「災害用伝言板」「災害用音声お届けサービス」を提供している。NTT東日本とNTT西日本は「災害用伝言ダイヤル」を提供中。手持ちの携帯電話で安否情報の登録や検索ができる。(2021/2/14)

関東、東北地方の広い範囲で停電発生 関東約85万軒、東北約9万軒が停電中
信号機などが停止している場合もあるため注意が必要です。(2021/2/14)

大手キャリア各社が災害用伝言板を提供 福島・宮城の地震受け
(2021/2/13)

福島・宮城で震度6強 震源は福島県沖、マグニチュードは7.3
震度6強を観測したのは宮城県南部、福島県中通り、福島県浜通り。(2021/2/13)

月刊乗り鉄話題(2021年2月版):
乗り鉄が厳選、鉄道好きに勧めたい「Kindle Unlimitedで読める鉄道漫画」11選
読み始めたら止まらなくなる作品たくさん……!(2021/2/12)

医療機器ニュース:
電池交換なしで、長期間のモニタリングが可能な放射線線量計を開発
産業技術総合研究所は、放射線量の推移がその場で確認できる、IoT対応の小型放射線線量計を開発した。BLEを用いた省電力無線通信技術により、電池交換なしで連続2年以上動作し、多数の線量計をモニタリングできる。(2021/2/12)

宮城県は東北6県で最弱? 東北地方の寒さと雪を“四天王”風に表現したイラストで分かる格差がすごい
青森の圧倒的ラスボス感。(2021/2/9)

幸楽苑、「パン」を売る 新商品「餃子ドッグ」2月11日から一部店舗で販売
ゴディバはカレーパン作るし幸楽苑は餃子ドッグ作る。(2021/2/9)

今度はピカチュウとイーブイ、同時にゲットだぜ! セブン-イレブンで「ポケモン東京ばな奈」2月20日より順次発売
どっちもおいしそう。(2021/2/8)

製造マネジメントニュース:
パナソニックが太陽電池生産を終息、中国GSソーラーとの破談から半年で決定
パナソニック ライフソリューションズ(LS)社がマレーシア工場と島根工場における太陽電池の生産を2021年度中に終息すると発表。これにより太陽電池の生産から撤退し、これまで進めてきた事業構造改革を完了させる。なお、国内外で太陽電池の販売は継続するという。(2021/2/2)

太陽光:
パナソニックが太陽電池生産から撤退、国内外でのパネル販売は継続
パナソニックが太陽電池生産から撤退すると発表。マレーシア工場および島根工場における住宅・産業向けすべての太陽電池モジュールの生産を2021年度中に終了する。(2021/2/1)

新たに研究開発機能も:
三陽商会、国内工場2社を統合 スーツやコートの需要縮小、効率化図る
三陽商会は2月1日付で、自社工場を運営する子会社のサンヨーソーイング(青森県)とサンヨー・インダストリー(福島県)を統合する。ビジネス用スーツやコートの需要縮小が理由。新たに研究開発機能を持たせた生産拠点とし、生産体制の効率化を図る。(2021/1/27)

反響は:
パソナグループの南部代表に聞く、淡路島移転で何を目指すのか
東京から兵庫・淡路島への本社機能の一部移転を決めたパソナグループ。東京勤務の約1800人のうち、約1200人を令和6年5月までに移動させる計画だ。コロナで働き方で変わるなか、目指すものは何か。(2021/1/27)

スピン経済の歩き方:
「出勤者7割削減」なんて無理な呼びかけは、やめたほうがいい理由
政府や自治体が喉を枯らして「出勤者7割削減」を呼びかけている。しかし、筆者の窪田氏は「『出勤者7割削減』の呼びかけもやめたほうがいい」と考える。なぜかというと……。(2021/1/26)

蓄電・発電機器:
水素100%で発電するエンジン、三菱重工らが安定燃焼の手法を確立
三菱重工エンジン&ターボチャージャ(MHIET)が水素を燃料とするエンジンについて、水素利用率100%で安定燃焼できる条件を見出したと発表。今回の成果を生かし、1MW級水素エンジンの実用化を目指す方針だ。(2021/1/22)

JR東海の在来線には大きな変化なし:
目玉は「終電繰り上げ」だけ? ダイヤ改正で読み解くJRの“真意”
2021年3月実施予定のダイヤ改正の概要が明らかになった。最終列車の繰り上げが大きく取り上げられているが、筆者は別のところに注目しているという(2021/1/22)

コロナ禍で疲弊:
飲食店にとって一番の問題は? 大手が行き詰まると
新型コロナウイルスの感染拡大で再び緊急事態宣言が発令されるなか、外食産業は規模の大小を問わず危機的状況に置かれている。業界団体である日本フードサービス協会の赤塚保正会長に、取り組みを聞いた。(2021/1/21)

FAインタビュー:
「見学できるスマートファクトリー」を福島県に建設、Team Cross FAの狙いとは
2020年12月3日、Team Cross FAの幹事企業であるロボコム・アンド・エフエイコムが福島県南相馬市に、省人化や省エネルギー化を実現する仕組みを備えたスマートファクトリーを建設中だ。同工場は希望者向けに場内見学を可能な範囲で受け付けている。Team Cross FAの天野眞也氏に建設の狙いなどを聞いた。(2021/1/20)

災害時にEV無償貸与 宮城・山元町と宮城三菱自販が協定
宮城県山元町が、大規模災害時に電気自動車を無償貸与する協定を宮城三菱自動車販売と締結した。災害時の停電やガソリン不足時でも、家電への充電や職員の「足」となる。(2021/1/18)

2020年の旅行業の倒産は26件 コロナ禍にもかかわらず過去20年間で2番目の低水準
東京商工リサーチが2020年1〜12月の「旅行業の倒産動向」調査を発表。(2021/1/13)

2020年の宿泊業の倒産は118件 前年比1.5倍増で約半数が新型コロナ関連
東京商工リサーチが2020年1〜12月の「宿泊業の倒産動向」調査を発表。100件代は7年ぶり。(2021/1/13)

ガリットチュウ福島、高校卒アルの爽やかイケメンに反響相次ぐ 「めちゃくちゃ可愛い」「モテそう」「ジャニーズ行けたね」
ビフォーアフターも話題に。(2021/1/12)

きっかけ食堂、コロナ禍もオンライン交流で東北との縁つなぐ
2020年12月11日、Web会議ツールを使った「きっかけ食堂」が開店した。東日本大震災の被災地や復興を考えるため、東北の食材や地酒を提供する酒場だ。オンライン開催にすることで被災地の生産者らをゲストに招いて親交を深めることもできた。(2021/1/12)

秋田駅「特製牛めし」(1000円)〜関根屋創業当時からのロングセラー駅弁!
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! 秋田駅「特製牛めし」(1000円)です。(2021/1/11)

ドローンで空に旗を掲げる実験 プロモーションや避難誘導での活用見込む
日鉄ソリューションズが、さまざまなサイズの旗を装着したドローンを飛ばし、空中に旗を掲げる実験を行った。イベントのプロモーションや災害時の避難誘導などでの活用を見込む。(2021/1/6)

どう見ても縁起物な「百式だるま」予約受付開始 配色がニュータイプすぎる「Zガンだるま」も
ご利益ありそう。(2020/12/25)

AIがクマやイノシシ撃退 野生動物を音と光で追い払うシステム、開発のきっかけは?
会津大学が発表した、AI技術でクマやイノシシを追い払う「野生動物検出システム」。開発に至った経緯や仕組みを聞いた。(2020/12/23)

米沢駅「栗めし弁当」(850円)〜秋の板谷峠越えのお供は、懐かしさ満点の駅弁!
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! 米沢駅「栗めし弁当」です。(2020/12/22)

米沢駅「ビビンバ牛肉どまん中」(1500円)〜混ぜご飯のようにイロイロな色が楽しい! 秋どまん中の板谷峠越え
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! 米沢駅「ビビンバ牛肉どまん中」です。(2020/12/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。