ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「福島県」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「福島県」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

エネルギー管理:
電力需給の状況は冬により一層厳しく、足下の状況と対策の見通しは
2022年6月に関東を中心に発生した電力需給の逼迫。今夏のみならず、冬もより一層厳しい状況になる見通しだ。この夏と冬の電力需給の見通し、そして対策の状況などをまとめた。(2022/7/6)

スピン経済の歩き方:
「KDDIの会見、やらなくてよかったんじゃね」問題 どう考えるべきか
KDDIの大規模な通信障害を受けて、興味深い問題が持ち上がっている。原因がよく分かっていない状況の中で、「会見を開く必要はあったのか」という指摘がある一方で、「早ければ早いに越したことはない」という意見もある。果たして、どちらが“正しい”対応なのだろうか。(2022/7/5)

珍サイダー:
ポツンと自販機が人気のワケ 人通りが少ない場所になぜ?
果物畑が広がる福島市郊外の農道。民家もほとんどない道路沿いに、自動販売機が1台、ポツンと置かれている。売られているのは瓶入りのサイダー。中には全国の?ご当地もの?がずらりと並んでいる。人通りがほとんどない場所になぜ? その謎に迫った。(2022/7/2)

ゴージャス松野、パートナーの生体腎移植ドナーとなるため休業 「ゴージャス松野は不死鳥です。必ずリングに戻ってきます」
無事成功しますように。(2022/6/29)

ドローン:
ドローン自動衝突回避システムの実証実験を実施、NEXCO東日本
NEXCO東日本は、FaroStarとともに、福島県南相馬市に位置するサービスエリア「セデッテかしま」の東側にある森林で、南相馬市の協力を受け、ドローンの自動衝突回避システムの実証実験を実施した。実証実験は、将来の無人航空機やドローンの活用を視野に、こういった機体の安全な飛行の確保を目的としている。なお、2021年9月より募集を開始していたアクセラレータープログラム「ドラぷらイノベーションラボ」で採択された企業との実証実験となる。(2022/6/29)

野村総研、「テレビ消せばエアコンの1.7倍の節電効果」レポートに注意喚起 「11年前とは家電の性能が異なる」
野村総合研究所(野村総研)が11年前にまとめた「テレビ消せばエアコンの1.7倍の節電効果」と記載したレポート内容がTwitterで注目を集めている。これに対し野村総研は「当時と今では家電の性能が異なる。参考程度にとどめてほしい」と注意を呼び掛けている。(2022/6/28)

「空飛ぶクルマ」のテトラ・アビエーション、米で販売体制増強 整備拠点を新設、要員倍増へ
1人乗りの電動航空機を開発するテトラ・アビエーションの中井佑社長は27日、都内で記者会見し、来年春の機体の初納品に合わせて、販売市場と想定する米国に整備拠点を来年3月までに新設すると明らかにした。(2022/6/28)

ボディー系や情報系の電源回路向け:
自動車向け巻線メタル系パワーインダクターを量産
太陽誘電は、自動車向け巻線メタル系パワーインダクター「MCOIL LCEN」シリーズを商品化、「LCENA2016MKTR24M0NK」など2サイズ13アイテムの量産を始めた。自動車のボディー系や情報系の電源回路向けチョークコイルの用途に向ける。(2022/6/28)

電力需給ひっ迫注意報、28日も継続
資源エネルギー庁は27日、東京電力管内の電力需給が厳しくなる見込みとして翌28日も「電力需給ひっ迫注意報」を継続すると発表した。(2022/6/27)

マウナヴィレッジ:
ハワイアンズのグランピング施設が生まれ変わる、どのように?
常磐興産が運営するスパリゾートハワイアンズのグランピング施設「マウナヴィレッジ」は7月1日に、エリアを拡張してリニューアルオープンする。(2022/6/27)

山田花子、9歳長男に怒られながら気付く「同じ身長やん…」  背丈並んだほっこり親子ショットに反響
子どもの成長は早い。(2022/6/26)

「第4のメガバンク」構想の行方は:
“限界地銀“を食い物に? SBI「地方創生トライアングル戦略」の中身の薄さ
SBIホールディングスの北尾吉孝社長が5月の決算発表の席上、新生買収の大きな目的でもある“限界地銀”再生策としての「地方創生トライアングル戦略」を公表した。内容とともに、浮き彫りになったSBIの思惑を考察する。(2022/6/25)

圧倒的疾走感……! 山形新幹線開業30周年グッズのテーマがとっても昭和テイスト
御朱印帳や掛け軸タペストリーがいい感じ。(2022/6/24)

「SFプロトタイピング」で“未来のイノベーション”を起こせ!:
富士山が噴火!? その時、日本は――“災害DXベンチャー”がSFで描く未来 無人航空機が果たす役割とは
もし富士山が噴火したら――こんな想定のSF小説があります。これはSFをビジネスに活用する「SFプロトタイピング」の実践例です。自治体の災害対策をテクノロジーで支援するテラ・ラボの事例を紹介します。(2022/6/24)

プロジェクト:
福島県で発電規模1990kWのバイオマス発電設備の運転を開始、奥村組
平田バイオエナジーは、福島県石川郡平田村で開発を進めていたバイオマス発電設備「福島平田村バイオマスパワー1号」の運転を2022年5月29日に開始した。(2022/6/23)

4年目の正念場:
コロナ後も富裕層つかめるか 白馬・北尾根高原のグランピング
長野県の白馬八方尾根リゾートにある標高約1200メートルの高原を独占するグランピング施設「スノーピーク フィールドスイート白馬・北尾根高原」が6月、4年目のシーズンを迎えた。新型コロナウイルス禍の中、海外旅行の代替として追い風に乗って着実に成長したが……(2022/6/22)

今日のリサーチ:
ビジネスパーソンの約8割が「リスキリング」を知らない――HubSpot Japan調査
あまり知られていないリスキリングですが、取り組んだ企業はメリットを感じているようです。(2022/6/22)

ロボット:
4足歩行ロボとドローンに搭載した3次元計測システムの有効性を確認、大林組
大林組は、東京大学大学院工学系研究科とともに、福島県南相馬市の福島ロボットテストフィールドで、自律4足歩行ロボットとUAVを用いたトンネル断面3次元計測の実証実験を実施し、複数の断面計測を連続的かつ効率的に行えることを確かめた。今回の実証実験は、国土交通省が推進する「建設現場の生産性を飛躍的に向上するための革新的技術の導入・活用に関するプロジェクト」の一環で実施した。(2022/6/22)

家庭の節電にポイント付与、政府方針
政府は21日、官邸で行った「物価・賃金・生活総合対策本部」の初会合で一般家庭の節電に応じてポイントを付与する制度を作る方針を明らかにした。(2022/6/21)

東北新幹線は開業40周年に 記念グッズ続々発売、昭和感あふれるグッズテーマもなんだかすごいぞ!
映画のポスターっぽい。(2022/6/22)

7月1日から:
スパリゾートハワイアンズと東京サマーランドがコラボ 「すべりゾート共同宣言」で夏レジャー発信
常磐興産が運営するスパリゾートハワイアンズ(福島県いわき市)と、東京サマーランド(東京都あきる野市)は、7月1日からコラボレーション企画を実施する。コラボは、2021年の夏に続き2度目となる。(2022/6/20)

俺たちが「牛乳を注ぐ女」だ 絵画の世界に入ってなりきったり大暴れできる体験型展示が楽しそう
牛乳をそこら辺にぶちまける女。(2022/6/19)

クリエイターの仕事場:
見た目はミニマル、中身はマキシマム――登録者数16万人のガジェットYouTuber「トバログ」さんのデスク
クリエイターの作業環境から、人となりが見えてくる。新連載「クリエイータズデスク」では、クリエイターの机に焦点を当て、こだわりを訪ねていく。初回は「トバログ」管理人の鳥羽恒彰さん。(2022/6/17)

カーボンニュートラルを見据え:
トヨタが仕掛ける 次世代パワートレインの「全方位」戦略
トヨタ自動車は現在、プリウスに代表されるハイブリッド車などを販売している。これから本格化するカーボンニュートラル(CN)の時代を見据え、BEVのみならず、水素エンジン車などを全方位で準備している。CNという山の登り方はさまざまだ。(2022/6/16)

PayPayの「あなたのまちを応援プロジェクト」、8月以降のキャンペーンを発表
PayPayは、地方自治体と共同で実施している「あなたのまちを応援プロジェクト」へ8月以降に参加する自治体を発表した。新たに13の共同キャンペーンを実施し、335の自治体での実施が決定した。(2022/6/16)

26年度グランドオープン:
福島駅前に新ランドマーク、野村不動産が2025年に竣工予定
野村不動産は、JR東北新幹線・東北本線「福島」駅前で進める再開発事業の変更計画が、福島県から認可されたと発表した。26年度グランドオープンを目指し、福島駅前に新ランドマークの建設を進める。(2022/6/13)

秋田「秋田牛と岩手黒豚とあきたこまちのお弁当」(1400円):
25周年の秋田新幹線「こまち」で味わいたい、秋田×岩手のコラボ駅弁がおいしそう
赤い車体と艶やかな名前で人気の「秋田新幹線 こまち」は開業25周年、20周年記念駅弁も登場しています!(2022/6/12)

展示方法に新たな潮流:
水族館が鮮魚店に? “ホタテの刺身”を水槽前に展示 狙いを聞いた
魚が泳ぐ水槽の前に、魚料理の食品サンプルを展示――。青森県青森市にある浅虫水族館のユニークな展示方法がSNSで話題を呼んでいる。鑑賞が目的の水族館で、食欲を誘う魚料理の展示はご法度では……と思いきや、そういうことでもないという。いったい、どんな経緯から食品サンプルの展示を始めたのか。担当者に狙いを聞いた。(2022/6/12)

東電、ポイント付与で家庭の節電を後押し 
東京電力エナジーパートナーは8日、ポイント付与などのインセンティブにより家庭の節電を後押しする「TEPCO 省エネプログラム 2022」の参加受付を始めた。(2022/6/9)

【新潮流】SaaS×Fintechを理解するための3つのポイント
Fintechの流れがBtoBビジネスでも急速に拡大しつつある。背景にはクラウド型のソフトウェアである「SaaS」の成長が大きい。なぜ、FintechとSaaSは融合が進み、ビジネス拡大の可能性を秘めているのか。(2022/6/10)

政府、夏の節電を要請 「12年度以降で最も厳しい」
政府は7日、今年の夏と冬は電力需給が極めて厳しい状況にあるとして、企業や家庭に節電を呼び掛けると発表した。数値目標のない節電協力要請は2015年以来7年ぶり。(2022/6/7)

まるで竜神様! 田んぼに突如現れたつむじ風が神秘的 「生きてるみたい」「昔の人はこれで妖怪を空想したんだろうな」
本当に水面を竜が渡っているかのような動き。(2022/6/4)

「バーチャルPayPayドーム」で野球観戦 スマホ×メタバースの可能性と課題
ソフトバンクと福岡ソフトバンクホークスは、スマホとメタバース/ARを活用した新たな野球観戦サービスを開発。5月27日より提供を開始した。福岡PayPayドームからレポートする。(2022/6/2)

モビリティサービス:
トヨタとイオン東北が移動販売事業、双葉町と浪江町の買い物を便利に
福島県双葉町・浪江町とイオン東北、トヨタ自動車は2022年5月31日、「特定復興再生拠点区域等における水素燃料電池自動車を活用した移動販売事業に関する基本協定」を締結したと発表した。(2022/5/31)

アニプレックスがアニメ制作の新会社 集英社など3社と共同で
アニプレックスとグループ会社であるCloverWorksは、アニメ制作会社のウィットスタジオ(東京都武蔵野市)と集英社の4社共同出資で、株式会社JOENを設立したと発表した。(2022/5/30)

3つ首の赤べこ「ケルベコス」が福島県で本物の“張り子”になって登場! ゆらゆら動く様子に癒される……
「張り子ケルベコス」誕生の経緯を聞きました。(2022/5/31)

自動車業界の1週間を振り返る:
EVの急速充電、V2H、日本の電源構成……東京電力から自動車業界へのメッセージ
日曜日ですね。1週間おつかれさまでした。暑くなってきましたね。今週は「人とくるまのテクノロジー展 2022 YOKOHAMA」(2022年5月25〜27日、パシフィコ横浜)が開催されていたので、横浜に足を運んだ方も多いのでしょうか。(2022/5/29)

かわいいだけじゃない!:
「ネコですが、立派な社員」 3匹の“役職ネコ”が、会津鉄道に与えたチャンス
2007年1月、和歌山電鐵線貴志駅に、日本の民営鉄道初のネコの駅長として「たま駅長」が誕生したことをきっかけに、全国各地で同様の動きが出ている。会津鉄道の芦ノ牧温泉駅でも、現在は3匹のネコが働いている。ネコが地方の鉄道ビジネスにもたらした変化とは。担当者に話を聞いた。(2022/5/28)

自動車メーカー生産動向:
自動車メーカー好業績の裏で、伸び悩んだ生産台数
2021年度の自動車産業は、半導体不足や部品供給網の混乱などに振り回された1年だった。日系乗用車メーカーの2021年度の業績はおしなべて好決算だったものの、円安の追い風による部分が大きく、生産台数は伸び悩んだメーカーも少なくない。(2022/5/27)

禍々しい136体の妖怪像が話題 学芸員が「なんのために作れられたのか不明」「類例は見つからず」という造形物が謎すぎる
「有識者による活発な意見交換に期待」。(2022/5/27)

山岳トンネル工事:
西松建設が自動化セントルの現場実証を完了、覆工班6人を2〜4人に削減可能
西松建設は、福島県の南湖トンネルで、岐阜工業と共同開発した「自動化セントル」を初導入し、施工実証を完了した。自動化セントルは、制御盤でのボタン操作のみで、セントルのセットから覆工コンクリートの打込み、脱型・移動までの基本作業を行え、これまで6人で行っていた一連の作業を2〜4人で実施できることが分かっている。今後、中国地方で施工中のトンネル現場にも導入する予定だ。(2022/5/27)

プラマイデジタル:
AI桜鯛に養殖クラウド、進む「スマート養殖」 海・川がなくても可能な「陸上養殖」の時代が到来
漁業が強い日本だが、実は海面養殖に適した場所は限られている。それに対し閉鎖循環式の陸上養殖であれば、ICTを活用したスマート化が容易だ。(2022/5/26)

産業動向:
ミライト・ホールディングスが統合しミライト・ワンに、目標は2030年度に売上高1兆円
通信建設会社のミライト・ホールディングスは、2022年7月にミライト・ホールディングス、ミライト、ミライトテクノロジーズの3社を統合し、ミライト・ワンを設立することを公表した。ミライト・ワンでは、2030年に向けたビジョンの「MIRAIT ONE Group Vision 2030」に沿って、「人間中心経営」「事業成長加速」「利益性トップクラス」「データインサイト マネジメント」「ESG経営基盤強化」といった5つのチャレンジを行う。(2022/5/25)

大阪メトロ、次世代移動「MaaS」前進 バス→車いす→病院など アプリで一括予約目指す
鉄道やバスなどあらゆる交通手段を連携させる次世代移動サービス「MaaS」の導入に向けた取り組みが進んでいる。(2022/5/24)

昭和末期に製造:
小さな蒸気機関車が走り続けている、運営は綱渡り
福島県伊達市で、昭和末期に製造された小さな蒸気機関車が走り続けている。毎年春から秋までの期間限定で走るSL列車は、公共交通の鉄道ではなく遊園地などの乗り物扱い。鉄道ファンが殺到することはないものの……。(2022/5/21)

カントリーマアム×ミルキーのコラボパンがファミマ限定で突如出現 「カロリー爆弾」「やりたい放題」と好評の嵐
ビスケット生地もばっちり再現。(2022/5/20)

導入事例:
大規模土工事の無人化に向け福島県の盛土工事で建機の遠隔操作などの実証開始、大林組
大林組は、福島県相馬郡飯舘村で施工中の「令和2・3・4・5年度飯舘村長泥地区環境再生事業盛土等工事」で、建設機械の遠隔操作、自動・自律運転による盛土工事の現場実証をスタートした。(2022/5/20)

あの会社のこの商品:
シリーズ10万台も売れた! 「おりょうりケトル ちょいなべ」誕生のきっかけは?
パッと見たところ電気ケトルなのに調理も可能なモノが、この数年間でいろいろ登場している。先鞭をつけたのは、シロカの「おりょうりケトル ちょいなべ」。調理家電で新ジャンルを確立したこの商品は、なぜ生まれたのか? 同社の開発担当者とマーケティング担当者に話を聞いた。(2022/5/20)

快適・高品質な会議を実現するスピーカーフォンを紹介:
PR:MAXHUBで解決! 岸博幸氏が指摘する会議の「ムダ」とは?
リモート化で、これまでの働き方が抱えていた「ムダ」にメスが入る一方、いまだ多くのムダが残るのが「会議」。いったいなぜ、会議のムダはなくならないのか。会議の本質やコミュニケーションをよりよくするためのヒントを岸博幸氏に聞いた。(2022/5/20)

秘境路線がついに復活! JR只見線、10月1日に全線で運転再開 豪雨被害から11年
長かった……!(2022/5/19)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。