ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「G-SHOCK」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「G-SHOCK」に関する情報が集まったページです。

PR:G-SHOCKの思想が光る「GM-B2100」 八角形ベゼルの2100シリーズ、新作はフルメタルモデル 磨き上げた外装と機能 魅力は?
カシオのG-SHOCKが新たな進化を遂げた。人気モデル「2100シリーズ」の新作フルメタルモデル「GM-B2100」は、フルメタルシリーズで最薄を実現している。手に取ると、磨き抜かれたその魅力が伝わってきた。(2022/7/29)

八角形ベゼル:
カシオ計算機、G-SHOCKの新作を発表 特徴は?
カシオ計算機は、G-SHOCKの新製品「GM-B2100」を8月12日に発売する。カラーがシルバー、ブラック、ローズゴールドの3モデルあり、希望小売価格はシルバーが7万1500円、ブラックとローズゴールドが8万300円。7月29日に予約を開始する。(2022/7/28)

カエルやモグラなど:
“Master of G”歴代キャラクターが集結! G-SHOCKの新作が登場
カシオ計算機は7月8日、G-SHOCKの新製品として、陸・空・海の過酷な現場での使用を想定した「DW-5600GU-7」を発売する。(2022/6/15)

イルカやクジラが現れる:
イルカ・クジラが描く虹をモチーフ G-SHOCKとBABY-G、6月発売
カシオ計算機はアイサーチ・ジャパンとコラボして、イルカ・クジラが描く虹をモチーフにしたG-SHOCK「GWX-8904K」とBABY-G「BGR-3000UK」を6月17日に発売する。(2022/5/17)

5月14日に:
G-SHOCKの新作「MTG-B3000」を公開 12万1000円から
カシオ計算機は5月14日に、G-SHOCKの新製品「MTG-B3000」を発売する。メタルと樹脂の特長を融合させたMT-Gシリーズの新製品となる。(2022/3/15)

PR:素材と仕上げで“極み“を目指したG-SHOCK「MRG-B5000」 美しさと耐久性を両立させた秘策とは?
初代G-SHOCKの角型デザインを踏襲し、最上級ライン「MR-G」として昇華した「MRG-B5000」。開発テーマの“極”とは何か。開発陣のこだわりを読み解く。(2022/3/1)

マットな黒を目指したフルメタルG-SHOCK、3月発売
カシオ計算機は初代「G-SHOCK」の角型フォルムを継承したフルメタルモデルに「GMW-B5000MB」を追加する。様々な表面処理を組み合わせてシックな風合いを生み出した。(2022/2/25)

3月11日発売:
カシオ計算機、G-SHOCKの新作「GMW-B5000MB」を発表 初号機のフォルムをフルメタル化
カシオ計算機は3月11日に、G-SHOCKの新製品「GMW-B5000MB」を発売する。初号機のフォルムをフルメタル化した「GMW-B5000」がベースになっている。(2022/2/24)

PR:マットな質感を追求 スクエアG-SHOCKの新顔「GMW-B5000MB」が見せる“大人の風格”
それにしてもカッコよくなったものだ。初代G-SHOCKの意匠を継承するスクエアG-SHOCK「GMW-B5000MB」はフルメタルのベゼルに凝った加工を施して質感を追求した。写真で見比べるとよく分かる。(2022/2/24)

製造IT導入事例:
190万通りのカスタマイズを支える統合BOM、カシオがMY G-SHOCKで新導入
エクサは2022年1月12日、カシオ計算機の時計ブランド「G-SHOCK」のカスタマイズサービス「MY G-SHOCK」において、BOM/BOPを生成ルールで管理する統合BOMソリューション「SPBOM」の導入を発表した。My G-SHOCKに用いる部品の構成や組み合せを生成するエンジンとして活用する。(2022/1/17)

4年に及ぶ地道な交渉:
カシオの“G-SHOCK携帯”、9年ぶりの新機種 復活の狙いと舞台裏をKDDIに聞いた
2000年代、アウトドアファンを中心に根強い人気を誇ったカシオのタフネス携帯「G'zOne」シリーズ。カシオの事業撤退もあり、その歴史に終止符を打っていたが、KDDIは12月、9年ぶりに新機種を発売した。復活の狙いと舞台裏を担当者に聞いた。(2021/12/30)

サプライチェーン改革:
オリジナルG-SHOCK作成サービスを実現したカシオのサプライチェーンDX
キナクシスは2021年12月1日、サプライチェーンマネジメントのデジタル化をテーマとしたイベント「BIG IDEAS in Supply Chain|JAPAN」をオンラインで開催した。本稿では当日のプログラムから、カシオ計算機が展開する時計ブランド「G-SHOCK」のカスタマイズサービス「MY G-SHOCK」を支えるDXを解説したセミナーを抜粋して紹介する。(2021/12/6)

価格は1万5400円から:
約190万通り! “G-SHOCK”のカスタマイズサービス「MY G-SHOCK」がスタート
カシオ計算機は“G-SHOCK”のスクエアデザイン5600シリーズをベースに、パーツを組み合わせて自分好みの“G-SHOCK”が作れるカスタマイズサービス「MY G-SHOCK」を10月20日から開始する。全部で約190万通りのバリエーションがあるという。(2021/10/15)

「G-SHOCK」初のカスタマイズサービス、20日開始 準備のためにカシオ社内をDX化
カシオ計算機は14日、好きな色のパーツを組み合わせて「G-SHOCK」を作れるカスタマイズサービス「MY G-SHOCK」を発表した。20日の午後2時からカシオのWebサイトで提供する。(2021/10/14)

初代「G-SHOCK」などのレストアサービス、カシオが期間限定で
カシオ計算機は5日、1983年に発売した初代G-SHOCK「DW-5000C」など8機種を対象としたレストアサービスの受け付けを始めた。(2021/10/5)

3分インタビュー:
カシオの“チプカシ”が大集合 「カシコレ」が登場したワケ
カシオ計算機の腕時計といえば「G-SHOCK」を想像する人が多いかもしれないが、低価格帯のモデルをまとめた「CASIO Collection」が登場したことをご存じだろうか。それにしても、なぜCASIO Collectionをつくったのか。生みの親に話を聞いたところ……。(2021/9/26)

矢野渉の「金属魂」特別編:
PR:都会の夕暮れを映す“紫色のG-SHOCK” 珍しい配色はあえて困難に挑戦した証だった
東京の黄昏時(たそがれどき)をイメージした「G-SHOCK」が僕のスタジオにやってくることになった。到着した「GMW-B5000PB」はすべてが常識破りだった。(2021/8/30)

紫色のメタル「G-SHOCK」登場 新開発のIP処理で“黄昏時の東京”表現
カシオ計算機は18日、新開発のバープルIP(イオンプレーティング)処理などで「黄昏(たそがれ)時の東京」を表現した“G-SHOCK”「GMW-B5000PB」を発表した。(2021/8/18)

PR:「G-SHOCKである」と主張するスマートウォッチ、「GSW-H1000」の真価
カシオ計算機が満を持して「G-SHOCK」ブランドのスマートウォッチ「G-SQUAD PRO GSW-H1000」を発売した。製品に触れてみると、時間をかけて作り込まれた製品だと感じる。(2021/6/21)

カシオ「G-SHOCK」に角型ケースのワークアウト用モデル 「初号機のデザインを継承」
カシオ計算機はランニングなどのワークアウトに適した“G-SHOCK”「GBD-200」を7月16日に発売する。スポーツラインの「G-SQUAD」で初めて角型ケースを採用した。(2021/6/15)

Google「Wear OS」を搭載した初の「G-SHOCK」、5月発売
カシオ計算機が米Googleのスマートウォッチ向けOS「Wear OS by Google」を採用した初めての「G-SHOCK」(GSW-H1000)を5月に発売。「PRO TREK」に続きスマートウォッチ拡充。(2021/4/1)

矢野渉の「金属魂」特別編:
PR:“鳳凰”と呼ばれる時計──虹色の魔法を使う幻想の「G-SHOCK」
見る写真によって色が大きく異なる“鳳凰”。これが表面処理のマジックだと分かったのは、届いた製品を撮影台に置いた時だった。(2021/3/29)

カシオの人事トランスフォーム(後編):
“ガチガチに縛る”時代の終焉 カシオ計算機が「全社員の副業」「シニア世代の兼業」を解禁したワケ
「G-SHOCK」でおなじみのカシオ計算機が、全社員に対する副業と50歳以上の兼業を解禁。その狙いを、カシオ計算機人事部長の吉岡俊幸氏と人事部の桐山英之氏に聞いた。(2021/3/10)

虹色に輝くG-SHOCK登場 モチーフは「鳳凰」
カシオ計算機は伝説の鳥「鳳凰」をモチーフにデザインした耐衝撃ウォッチ「MTG-B2000PH」を5月に発売する。「G-SHOCK」としては「月虹」「火山雷」に続く3つめのレインボーIPモデル。(2021/3/1)

“骨盤”でランナーの弱点を見抜くサービス カシオとアシックスが3月に開始 専用「G-SHOCK」も
カシオ計算機とアシックスはランナー向けのコーチングサービス「Runmetrix」を3月に始める。腰に装着したモーションセンサーと専用の「G-SHOCK」でランニング中の姿勢を分析、フォーム改善に役立てる。(2021/1/27)

PR:30年を経てフルメタル化 G-SHOCK初のアナログモデル「AW-500」の軌跡
G-SHOCK初のアナログモデル「AW-500」が発売されたのは1989年。30年を経てAW-500をフルメタルで復刻した「AWM-500」が登場した。(2020/12/14)

PR:スマホで「G-SHOCK」をカッコよく撮る方法 「MTG-B2000」はモデルとしても有能だった
新しい時計を手にしたら、そしてすごくカッコよかったらつい写真に撮ってついシェアしたくなるというもの。今回は最新のG-SHOCK「MTG-B2000」を被写体として野趣あふれる写真撮影に挑戦した。スマホで。(2020/9/30)

八村塁選手デザインのG-SHOCK "8"にちなんだオリジナル仕様
プロバスケットボールプレイヤー八村塁選手がデザインを監修した「G-SHOCK」の新モデルが8月8日に発売。価格は6万8200円(税込)。(2020/7/29)

PR:G-SHOCK「フロッグマン」、初のアナログモデルがいま登場した理由
ダイバーなど海のプロフェッショナルが支持するG-SHOCK「FROGMAN」(フロッグマン)。27年の歴史の中で初めてのアナログモデル「GWF-A1000」が登場した。(2020/6/26)

G-SHOCKに「ONE PIECE」「ドラゴンボールZ」コラボモデル
カシオ計算機は、人気アニメ「ONE PIECE」「ドラゴンボールZ」とコラボレーションした「G-SHOCK」を発売する。どちらもベースモデルは「GA-110」。(2020/6/17)

組み込み採用事例:
G-SHOCKの新製品に採用された環境発電用組み込みコントローラー
ルネサス エレクトロニクスの環境発電用組み込みコントローラー「RE」ファミリーが、カシオ計算機「G-SHOCK」の新製品「GBD-H1000」のメインコントローラーに採用された。腕時計の多機能化と低消費電力化の両立に貢献する。(2020/4/10)

G-SHOCKに心拍計・GPS機能搭載の新モデル 健康チェックやトレーニングに対応 5万5000円
カシオ計算機が心拍計とGPS機能を搭載した「G-SHOCK」を4月24日に発売する。価格は5万5000円(税込)。(2020/2/26)

「smartNeji」が目指すもの:
G-SHOCK級のタフネスさを備えた“IoTねじ”が三重苦に直面する現代社会を救う!?
NejiLawとカシオ計算機が共同開発を進めている“IoTねじ”、「smartNeji」とは一体どのようなものなのか。NejiLaw 代表取締役社長で発明家でもある道脇裕氏、そしてカシオ計算機に、smartNeji開発の背景とその狙いについて話を聞いた。(2020/2/4)

コーチは「G-SHOCK」、アシックスとカシオがランナー向けフォーム改善サービス
カシオ計算機とアシックスがウェアラブルデバイスを用いたランナー向けの新サービスを提供する。“走り”の可視化とカスタマイズされたコーチングを目指す。(2020/1/30)

「G-SHOCK」と緊急消防援助隊がコラボ 「隊員の熱い思いとプライドの象徴を宿した」
カシオ計算機が緊急消防援助隊とコラボした「G-SHOCK」を6月に発売する。価格は5万円(税別)。(2020/1/8)

PR:最新G-SHOCK「MTG-B1000XBD」を“分解”してみた そして分かったタフさの秘密と開発者のこだわり
(2019/12/27)

幸福を呼ぶかもしれない耐衝撃ウォッチ、「G-SHOCK」から「MANEKINEKO」
福を呼ぶ招き猫をモチーフにした「G-SHOCK」が登場。ライトを点灯するとウォッチフェイスに招き猫の姿が浮かび上がるモデルも。(2019/12/19)

「トランスフォーマー」×「G-SHOCK」第2弾はマスターネメシスプライム 11月18日から予約抽選販売
ブラック&ブルーグリーンのデザインがかっこいい。(2019/11/18)

カシオ「G-SHOCK」とトランスフォーマーのコラボ商品、第2弾が登場
カシオ計算機とタカラトミーが、腕時計の「G-SHOCK」と変形ロボット「トランスフォーマー」を合体させたコラボレーション商品を発売する。第2弾では、闇に落ちた戦士「マスターネメシスプライム」をモチーフにした。価格は3万円(税別)で、12月7日に発売。(2019/11/7)

「G-SHOCK」技術を生かした「IoTねじ」登場 締め付け強度を測定、インフラ設備の“ゆるみ”を検知
カシオ計算機と工業品メーカーのNejiLawが、締め付けの強度を取得できるIoTセンサーを備えたねじ「SmartNeji」を共同開発すると発表。「G-SHOCK」の開発で培った耐衝撃性、耐振動性を電子回路に応用。インフラ施設など、多様な構造物の強度測定に使用できるという。(2019/11/6)

新たに26件を登録:
「G-SHOCK」「ポータブルCDプレーヤー」「電子オルガン」などが未来技術遺産に
国立科学博物館が「重要科学技術史資料」(愛称:未来技術遺産)を新たに26件登録したと発表。中には腕時計の「G-SHOCK」や世界初の「ポータブルCDプレーヤー」などがある。(2019/9/4)

国立科学博物館の「未来技術遺産」が発表 G-SHOCK、CDプレーヤー、シンセサイザー、など26件が選定
暮らしを変えた重要な存在として、多分野の技術や製品が評価されています。(2019/9/3)

水曜インタビュー劇場(ピカピカ公演):
生産計画2倍! 初のフルメタル「G-SHOCK」は、どのようにして生まれたのか
G-SHOCK初のフルメタル仕様モデル「GMW-B5000」が売れている。2018年4月に発売したところ、すぐに店頭から姿を消して、生産計画を2倍に。G-SHOCKシリーズでこれまでになかったモデルは、どのようにして生まれたのか。担当者に話を聞いたところ……。(2019/7/31)

カシオが「G-SHOCKスマート」に本気 20年度に発売、売上100億円目指す
カシオ計算機は「G-SHOCK」ブランドのスマートウォッチ、通称「G-SHOCKスマート」を2020年度に投入する。「堅牢性を軸としたスマートウォッチのデファクトスタンダードを獲得する」と意気込む。(2019/5/15)

PR:G-SHOCKのデザインを変えた大変革 「カーボンコアガード構造」とは?
カシオ計算機の耐衝撃ウォッチ「G-SHOCK」に大きな変化が起きようとしている。「GRAVITYMASTER」(グラビティマスター)の新製品「GWR-B1000」は、新しい「カーボンコアガード構造」を採用。耐衝撃性を維持しながら従来のイメージを覆す「ボタンガードレスデザイン」を実現している。(2019/3/27)

カシオ、新しい耐衝撃構造の「G-SHOCK」発売 ボタンガードが不要に
カシオ計算機が新しい「カーボンコアガード構造」を採用した“GRAVITYMASTER”を発売。従来のイメージを覆す、ボタンガードのないデザインとなった。(2019/2/27)

矢野渉の「金属魂」特別編:
PR:金属をまとった「G-SHOCK」――懐古と先進と
35年の歳月を経て登場した初代「G-SHOCK」の金属バージョン「GMW-B5000」。そして最新技術で新しい耐衝撃構造を実現したクロノグラフ「MTG-B1000D」。趣きの異なる2つの腕時計をカメラマンの目線で探ると新しい魅力が見えてきた。(2018/11/29)

「G-SHOCK」とコラボしたトランスフォーマーが誕生 “至高の時計”と共鳴合体するアツい展開……!
G-SHOCKとの合体が無類の防御力を誇るトランスフォーマーを生み出す……!(2018/11/17)

カシオ「G-SHOCK」とトランスフォーマーが合体 35周年でコラボ
カシオ「G-SHOCK」とトランスフォーマーの変形ロボットが一体化したコレボ商品が登場。両製品の35周年を記念したもの。(2018/11/16)

胸に時計を装着:
G-SHOCKとトランスフォーマーがコラボ 腕時計と「オプティマス」が変形合体
G-SHOCK・トランスフォーマーがコラボ。「オプティマスプライム」のフィギュアと合体できる腕時計を12月8日に発売する。希望小売価格はセットで税別2万9000円。(2018/11/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。