ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

「本社」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「本社」に関する情報が集まったページです。

製造業がサービス業となる日:
PR:製造業の「モノ」から「コト」へのサービス化、その準備に必要なものとは?
IoTなどによるデジタル変革が、製造業のビジネスモデルに大きな変化をもたらそうとしている。特に「モノ」から「コト」へのサービス化に大きな注目が集まるが、日本の製造業ではその前提となるデータ基盤などの準備は十分だといえない状況である。この領域を積極的に支援するのが、スウェーデンに本社を擁する基幹システムベンダーIFSだ。「モノ」から「コト」への変革に必要なものには何があるのか、同社に聞いた。(2019/11/13)

『ポプテピピック』でさんざん破壊された竹書房本社ビル、買収されて本当に破壊!? 竹書房「たいへん結構な金額で買って頂けました」
さぁ皆さんご一緒に。「竹書房ゥァア゛ーッ」(2019/11/16)

Xiaomi日本参入へ 本社担当者を緊急インタビュー 日本市場でも「コスパ重視」
中国のXiaomi(シャオミ)が日本のスマートフォン市場に進出する。来日したXiaomi担当者に、1億800万画素カメラ搭載スマホや日本市場について聞いた。日本でも「コストパフォーマンスの高いものを提供した」という。(2019/11/15)

メカ設計ニュース:
樹脂加工品の確実短納期を実現、「meviy」のFA切削サービスで樹脂材の提供開始
ミスミグループ本社は、3Dデータのみで機械加工品を調達できるサービス「meviy」のFA切削プレートサービスにおいて、樹脂材の取り扱いを開始した。(2019/11/7)

製造マネジメント インタビュー:
グーグルからパナソニックへ、松岡陽子氏の原動力は「人の生活を助けたい」
パナソニックのフェローに、グーグル(Google)米国本社のバイスプレジデントで、スマートホーム製品「Google Nest」のCTOを務めた松岡陽子氏が就任する。松岡氏はパナソニックにどのような影響を与えるのだろうか。同社が開催した会見で松岡氏は、期待される役割など報道陣からの質問に答えた。(2019/11/1)

DXを支える富士通のテクノロジー:
「世界初」高速化&精度劣化監視の新AI技術
富士通研究所は2019年10月25日、川崎市中原区の本社で行われた富士通の研究開発戦略説明会で、AI運用時の精度劣化を監視し、再学習なしに自動修復できる「High Durability Learning」と、AI処理を最大10倍高速化できる「Content-Aware Computing」という2つの新技術を発表した。同社によるといずれも世界初の技術という。(2019/10/31)

売上高、営業利益ともに分野では過去最高:
ソニー、イメージセンサー絶好調で長崎に新工場建設
ソニーは2019年10月30日、本社(東京都港区)で行った2019年3月期(2019年度)第2四半期(7〜9月)の連結業績発表で、長崎の拠点にイメージセンサーの製造棟を新設することが決定した、と明かした。2019年12月着工、2021年4月の量産開始を予定している。(2019/10/30)

人工知能ニュース:
グーグルの量子超越性を静観する富士通、実用性重視のAI技術で2つの「世界初」
富士通研究所は2019年10月25日、川崎市中原区内にある本社で会見を開き、研究開発戦略を説明するとともに新開発のAI技術を2つ発表した。これら2つのAI技術は「実用性」を大きな目的として開発されている。(2019/10/29)

パナソニックが自動運転車の乗り合いサービス、本社内でスタート システム外販へ
パナソニックは17日、大阪府門真市の本社構内で、社員が利用する自動運転車の乗り合いサービスを始めたと発表した。約1万4千人が勤務する構内を周回させ、社員の移動負担を減らして生産性を上げる。(2019/10/18)

モビリティサービス:
パナソニックが46万m2の本社敷地で自動運転シャトル、目指すは人中心の街づくり
パナソニックは2019年10月17日、東京都内で説明会を開き、社長直轄の組織「モビリティソリューションズ」の取り組みを発表した。自動車部品を手がける「オートモーティブ社」とは別の部門で、低速で短距離の生活圏の移動にフォーカスしたモビリティサービスを開発する。車両の自社開発にはこだわらない。(2019/10/18)

CEATEC 2019:
部品調達のDXを実現する「meviy」がさらに進化――新領域、そして海外展開へ
ミスミグループ本社は「CEATEC 2019」(2019年10月15〜18日、千葉県・幕張メッセ)に出展し、3Dデータのみで機械加工品の調達が行えるサービス「meviy(メヴィー)」を訴求。会期初日(同年10月15日)に記者説明会を開催し、meviyの新たな展開について発表した。(2019/10/17)

プロジェクト:
三菱地所レジデンスなど3社、ノリタケ本社工場跡地でマンション開発
三菱地所レジデンス、三菱商事都市開発、野村不動産の3社は、名古屋市にあるノリタケカンパニーリミテドの本社工場跡地でファミリー向け分譲マンションの着工を発表した。(2019/10/10)

京アニ放火殺、入院中の20代女性が死亡 犠牲者36人に
京都市伏見区のアニメ制作会社「京都アニメーション」(京アニ、本社・京都府宇治市)の第1スタジオで起きた放火殺人事件で、京都府警は5日、入院していた20代の同社社員の女性が新たに死亡したと発表した。この事件による犠牲者は36人になった。(2019/10/7)

スマートオフィス:
東急不動産が新本社で実証実験、働き方改革を実現するオフィスを検証
東急不動産ホールディングスと東急不動産は、2019年8月14日から営業を開始した東京都渋谷区のオフィスビル「渋谷ソラスタ」内の新本社で、顔認証での入退館やアロマを用いた会議など、先進的な取り組みを進めている。同年10月1日からは、生産性向上に寄与する5つの実証実験を行い、優れたワークプレースを探求する。(2019/10/3)

The Future of 5G Workshop:
2020年にはミッドレンジの5Gスマホも登場? Qualcommが5Gの技術動向を説明
Qualcommは米サンディエゴにある同社の本社で「The Future of 5G Workshop」を開催。5Gの現状とユースケースを中心としたこれからの展望について説明した。カギを握るのがミリ波。同社はミリ波に対応したアンテナモジュールを開発し、スマホでミリ波を利用できる技術を確立した。(2019/10/1)

日産、横浜のグローバル本社ギャラリーに「ヘリテージゾーン」オープン うっとり見入る歴史的旧車珍車ズラリ【写真60枚】
値段がつけられなさそうな歴史的マシンから、あの伝説車までズラーリ。(2019/9/28)

Amazon、無線イヤフォン「Echo Buds」や新型「Echo Dot」など15の新ハードウェア発表
Amazonが本社キャンパスで発表イベントを開催し、Alexa搭載無線イヤフォンやメガネ型端末、「Echo」と「Echo Dot」の新モデル、ハイエンドの「Echo Studio」、Alexa対応オーブンレンジなど15の新製品を発表した。(2019/9/26)

“ハイドア”の先駆者に聞く「シュリンクする住宅市場で生き残るには」:
なぜドアメーカーが受注依存型のビジネスモデルから脱し、売上100億円を達成できたか?
ここ数年、建具の市場で人気の高い、天井までの高さがある“ハイドア”。アイカ工業、パナソニック、LIXILといったメーカーも、次々と高さのあるドアを開発し、ハイドアのマーケットは拡大を続けている。戦前から神奈川県横浜市に本社を置く、神谷コーポレーショングループは大手メーカーに先立つこと、2005年に主力製品となるオリジナルブランド「フルハイトドア」を立ち上げ、業績を10年で約7倍にするなど、この分野の第一人者ともいえる確固たる地位を築いている。次の戦略では、ARサービスやIoTドアなど、これまでにないハイドアの提案も視野に入れる。(2019/9/26)

組み込み開発ニュース:
クアルコム社長「5Gは電力と同じになる」、TDKとの合弁企業買収の狙いも説明
クアルコム ジャパンは、東京都内でクアルコム(Qualcomm)米国本社の社長を務めるクリスティアーノ・アモン氏の来日会見を開催した。(2019/9/24)

ビール2億本分の“巨大ジョッキ”:
30周年のアサヒビール本社 異彩を放つビルはなぜできた?
東京・隅田川のほとりに建つ、ビールジョッキの形をした「アサヒグループ本社ビル」と、巨大なオブジェが載った「ホール棟」。創業100周年記念として建設されてから30年。今もランドマークとして親しまれている。この目立つビルに込められた意味とは?(2019/9/20)

建設テックで変わる解体業界:
解体工事の“多重下請け構造”を解消!施主と業者をLINEでダイレクトマッチング
愛知・名古屋に本社を置くベンチャー企業クラッソーネは、「豊かな暮らしで人々を笑顔に」をミッションに掲げ、“解体工事”に特化したB2C向けのマッチングサービスを展開している。 9期目となる2019年度は、ベンチャーキャピタル(VC)から資金調達を行い、ITを建設分野に応用する技術革新「建設テック(CON-TECH)」を目指し、スマートフォンのLINE上でユーザーと解体工事会社をダイレクトにマッチングさせ、業界の多重下請け構造を解消する新サービスの準備を進めている。(2019/9/17)

組み込み開発ニュース:
ラズパイとコンテナを使ったOTAが容易に、GitHubがCI/CD機能を提供
ギットハブ・ジャパンは、米国本社のGitHubが2019年8月8日にβ版を発表した新機能「GitHub Actions」について説明。最大の特徴は、CI/CD機能の搭載で、Linux、macOS、Windowsなど任意のプラットフォーム上での開発からテスト、デプロイまでのプロセスを容易に自動化できるとしている。(2019/9/5)

スマートファクトリー:
工場への5G導入でファナックと日立が組む理由、完全無線通信化も視野に
ファナック、日立製作所、NTTドコモは、5Gを活用した製造現場の高度化に向けた共同検討を開始することで合意した。ファナックは本社工場、日立は大みか事業所で、5Gの電波伝搬測定と伝送実験を順次開始する。現在、工場やプラント内の通信ネットワークは基本的に有線でつながっているが、これらを完全無線通信化することも視野に入れている。(2019/9/4)

本社勤務の従業員から:
営業や接待にオンデマンドバス 乗降は”仮想バス停” 住友商事、MaaS参入にらみ実証実験
住友商事が社員の移動にオンデマンドバスを導入。本社勤務の従業員が対象。千代田区、中央区、港区付近に仮想バス停を設置し運行。最終的には事業化しMaaSへの参入を狙う。(2019/8/30)

メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2019:
建機と接触事故を防ぐ、フランス生まれの人とモノを見分けるステレオカメラ
建設機械との接触事故は、高所からの「墜落・転落」、「土砂崩落」と並び、建設業の3大災害に挙がるほど多発している。福井県に本社を置く、エウレカは、建設現場の安全性を向上させる視認支援装置を海外から持ち込み、販売代理店となって国内の市場に多数、提供している。(2019/8/30)

次期社長は?:
日本マイクロソフト社長の働き方――平野氏単独インタビュー(後編)
日本マイクロソフトの社長を退任する平野拓也氏は、9月1日からMicrosoft本社でその手腕を振るうことになる。単独インタビューの後編では、今後の展望や次期社長について話を聞いた。(2019/8/29)

メカ設計ニュース:
板金部品の出荷納期を最短1日に短縮するプラットフォーム
ミスミグループ本社は、3D CADデータのみで機械加工品を調達するプラットフォーム「meviy」において、板金部品の出荷納期を従来の3日から最短1日へ短縮するサービスを開始した。(2019/8/23)

「正社員が働きやすい都道府県ランキング」 1位は愛知県
トヨタなど大企業が本社を構えています。(2019/8/22)

京アニ事件1カ月(上):
不可解な敵意 男を凶行に駆り立てたものは 京アニ事件、容疑者の生い立ちからひも解く
「お金持ちになりたい」。友人も多く、柔道教室に通っていた小学生は、約30年後の夏、京都市伏見区のアニメ制作会社「京都アニメーション」(京アニ、本社・京都府宇治市)第1スタジオにガソリンをまいて火を放ち、35人を殺害した。(2019/8/20)

マシーナリーともコラム:
祝・ツインスティックついに完成! マシーナリーとも子、タニタ本社で「バーチャロン」のプロデューサーに会うの巻
ついに完成した「バーチャロン」用ツインスティックを触りに、マシーナリーとも子とタニタ本社へ突撃してきました。(2019/9/9)

クルマよりカッコいいロボットトラクター クボタ、ヤンマー、井関そろい踏み
ロボット技術や情報通信技術(ICT)を駆使して農作業の効率化を図る「スマート農業」が実用段階を迎えた。大阪に本社を置く農機大手のクボタやヤンマーなどが自動運転技術を搭載した最新機種を相次いで市場に投入している。(2019/8/13)

インバウンド特需なし 苦境の地方百貨店また閉店
またひとつ地方の百貨店が姿を消す。岡山市に本社を置く天満屋は「広島アルパーク店」の営業を来年1月31日に終了することを決めた。背景に……。(2019/8/7)

社員の職場復帰をサポート:
ヤマハが企業内保育園「おとのいえ」開設 音楽教室のノウハウも活用
ヤマハが企業主導型保育園「おとのいえ」を8月28日に本社事業所内(静岡県浜松市)にオープンすると発表した。(2019/8/6)

京アニ放火、犯行直前に「聖地巡礼」の謎 出没ルート検証
京都市伏見区のアニメ制作会社「京都アニメーション」(京アニ、本社・京都府宇治市)の第1スタジオ放火殺人事件で、青葉真司容疑者(41)=殺人容疑などで逮捕状=が事件前、宇治市を舞台にした京アニ作品「響け!ユーフォニアム」ゆかりの場所を移動していたとの情報がある。こうした行為はファンの間で「聖地巡礼」と呼ばれるが、本当に青葉容疑者も犯行直前に聖地をめぐっていたのだろうか。現地でその行動の謎を探った。(2019/8/5)

「それでも描き続けるしかない」京アニ創業者の兄エール
長屋の一角で始めたアニメ制作の下請けから、世界で評価される制作会社に成長した「京都アニメーション」(京アニ、本社・京都府宇治市)。放火殺人事件という未曽有の危機に見舞われたが、京アニ創業者の兄、杉山卓(たく)さん(82)=浜松市=は「それでも描き続けるしかない」と復活にエールを送る。(2019/8/2)

ASUS JAPANが8月20日に新製品を発表 「ZenFone 6」登場か
ASUS JAPANが8月20日にスマートフォンとノートPCの新製品発表会を開催する。当日は本社からジョニー・シー会長が来日する。スマートフォンは「ZenFone 6」が発表される可能性が高い。(2019/8/1)

求められる京アニ被害者支援 態勢の拡充必要か 
35人が死亡し、33人が負傷した京都市伏見区のアニメ制作会社「京都アニメーション」(本社・京都府宇治市)の第1スタジオ放火殺人事件は今後、被害者やその家族に対する息の長い支援が必要となってくる。京都府や民間の支援団体が支援態勢の準備を進めているが、大幅な態勢の拡充が求められる。(2019/7/30)

製造マネジメントニュース:
日産が海外で2022年までに1万2500人削減、小型車やダットサンの工場が対象に
日産自動車は2019年7月25日、横浜市の本社で記者会見を開き、2019年4〜6月期(2020年3月期第1四半期)の決算と2022年に向けた事業改革の最新状況を発表した。(2019/7/26)

“全部入り”スマホ「ZenFone 6」開発ストーリー 「万人向けの電話機を作りたいわけではない」
ASUSの新たなフラグシップスマホ「ZenFone 6」は、フリップ式のカメラを搭載した、意欲的なモデルだ。単にスペックが高いだけでなく、他のハイエンド機では省かれがちな仕様もきっちりサポートしている。そんなZenFone 6の狙いについて、ASUS本社で聞いた。(2019/7/23)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
スバルが生まれ変わるために  その2
北米での取材の途中、いくら議論しても結論は出なかった。そこで帰国後、スバル本社でもう一度取材を行う。しかし、本社に出向いても、結局のところスバル側に投げてあった「戦略があるかないか、あるなら具体的な戦略を教えて欲しい」という質問には明確な回答はなかった。スバルは変わらなくてはならないことをすでに十分分かっているはずだ。しかしながらその変革を実現していく組織改造が、まだ始まっていないのだと思う。(2019/7/23)

ニコニコ本社とニコファーレ、7月末で営業終了 池袋の新スタジオ「ハレスタ」に機能集約
ドワンゴが池袋のアンテナショップ「ニコニコ本社」と六本木のライブハウス「ニコファーレ」の営業を7月末で終了する。両施設の役割は、11月にオープンする新スタジオ「ハレスタ」に引き継ぐ。(2019/7/22)

「ニコニコ本社」「nicofarre(ニコファーレ)」が7月末で営業終了へ 今後は新スタジオ「ハレスタ」に拠点集約
いろんな思い出がありました……。(2019/7/22)

松本人志「このままじゃ吉本はだめ」、東野幸治「いつからそんなに(吉本は)偉そうになったのか」と涙 岡本社長もVTR出演のワイドナショー緊急生放送を詳細レポート
ワイドナショー生放送の様子を詳しく紹介。(2019/7/21)

鈴木淳也のWindowsフロントライン:
AIやビッグデータとともに進化する「Microsoft Teams」の今 一歩先行くオフィス環境
Office製品には欠かせないコラボレーションツールの「Microsoft Teams」だが、さまざまな改良が加えられているという。米Microsoft本社で話を聞いた。(2019/7/19)

自動運転技術:
高精度地図に「年間1万6000円」、日産プロパイロット2.0の市販は2019年9月
日産自動車は2019年7月16日、横浜市の本社で記者会見を開き、「スカイライン」の新モデルを発表した。2019年9月に発売する。車両のエンブレムは、これまでのインフィニティブランドのバッチから日産ブランドに戻した。(2019/7/17)

産業動向:
技研ヨーロッパがオランダ本社を増築、欧州でインフラ案件獲得を目指す
技研製作所グループは、海外売り上げ比率を全体の7割と掲げ、欧州市場での受注拡大を目的に、オランダで新工場と事務所棟を新設する。欧州の拠点強化を図り、独自の圧入技術を用いた構造物を急速に構築できるインプラント工法を武器に、オランダで年13億ユーロの投資が計画されている堤防補強工事などの受注を目指す。(2019/7/16)

車載情報機器:
カーオーディオの重量が5分の1に、フォルシアの内装とクラリオンの音響技術で
フォルシア クラリオン エレクトロニクス(以下クラリオン)は2019年7月8日、埼玉県さいたま市の本社で記者説明会を開き、フォルシアグループの一員としての取り組みを紹介した。(2019/7/12)

工場ニュース:
マルチステーションマシニングセルの生産を佐久事業所に移管、増産開始へ
シチズンマシナリーは、マルチステーションマシニングセル「MC20」の生産を本社軽井沢工場から佐久事業所に移管し、組み立てエリアを拡大する。2021年度の年間生産100台に向けて、同製品の増産を開始する。(2019/7/8)

新たな価値を打ち出す:
PR:シンバイオティクスってなに? 「シンバイオティクス ヤクルト W」の開発秘話に迫る
コンビニやスーパーなどで「シンバイオティクス ヤクルト W」をよく目にするようになってきた。ところで、この「シンバイオティクス」って、どういう意味なのか。ヤクルト本社で商品開発に携わる担当者に話を聞いたところ……。(2019/7/5)

サイロ化ネットワークの課題をどう解決?
本社とグループ会社の間にある「ネットワークの壁」を壊すには
グループ会社の増加やシステムの変更時には、ネットワークの変更が必要となる。だが機器の新規導入やネットワーク設定といった作業負荷の高さが問題だった。30社以上の子会社ネットワークを統合した事例からその解決方法を探る。(2019/7/8)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。