ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ホットプレート」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ホットプレート」に関する情報が集まったページです。

ミッフィー×BRUNOのブルーナカラーのキッチン雑貨 ミッフィーのパンケーキやホットサンドが作れるプレートがかわいすぎる
おうち時間がたのしくなりそう。(2021/7/16)

箱根に:
楽天が初の天然温泉付き宿泊施設をオープン、特徴は?
楽天グループの民泊事業会社、楽天LIFULL STAYは初の全客室天然温泉付き宿泊施設「Rakuten STAY VILLA 箱根仙石原」北館をオープンする。(2021/7/14)

あの会社のこの商品:
山善の焼肉グリル「XGRILL」が売れている、人気の秘密は?
家の中で焼き肉をやるのは、理解が得られにくい。やはり、においの問題が大きいが、山善はこの課題に正面から向き合い、解決策となる商品を開発。それが現在、想定を上回るペースで売れている。(2021/7/11)

Wired, Weird:
プレヒーターを自作! もっと簡単に表面実装部品を外す方法
以前、300Wヒートガンを使用して表面実装部品を取り外す方法を紹介した。ただ、ヒートガンは連続使用するといろいろ不具合が生じる欠点があった。そこで、プレヒーターを自作して、ヒートガンの使用時間を短縮するように試みた。今回は、その様子を報告していこう。(2021/7/7)

象印マホービン、12月〜5月期の純利益は51%増 背景に巣ごもり需要の拡大
象印マホービンが発表した、20年12月〜21年5月の連結決算、巣ごもり需要の拡大で調理家電が伸び、純利益は前期比51.3%増の30億円だった。(2021/6/30)

上半期は「クリティカルヒット」:
「ASMRスイーツ」に「ブリアナ・ギガンテ」 10代女性が注目しているアイテムや芸能人は?
芸能人・インフルエンサーでは「INI(アイエヌアイ)」、「フォーエイト(48)」などが選出された。(2021/6/30)

Excel世界大会も登場、今改めて考える「eスポーツとは何か」
Excelの技を競う世界大会が「eスポーツ」として開かれる。改めてeスポーツの定義について、西田宗千佳さんが考えた。(2021/6/28)

研究開発の最前線:
消費期限では分からない食品の“本当の品質”、日立がインク技術で見える化
日立製作所は、周辺の温度変化による品質劣化の状態を、企業や消費者に分かりやすく“見える化”する商品品質判定システムを開発した。製造日から一律に設定される消費期限では分からない食品の“本当の品質”を示すことで、社会課題となっている食品ロスの削減への貢献を目指す。(2021/5/12)

ワーケーション生活の達人夫婦に聞く「ワーケーションのはじめかた」:
第3回 ワーケーションに必要な「モノ」、後悔しないワーケーション生活のコツ
何を用意しておけばいいの……? ワーケーションを快適にする「モノ」は何か、達人に聞きました。(2021/5/1)

「ドラクエIII」の“何でもありRTA”がついに夢の5分台に突入 時代はホットプレートの向こう側へ
「ドクターマリオ」「星のカービィ」「ファイナルファンタジー」の3神器を使った新チャートが注目。(2021/4/7)

デジタル防災を始めよう:
長期化するライフライン停止で問題なのは“電気以外”だ
電気は意外に早く復旧する。それ以外のライフラインをどうするかが課題だ。(2021/3/31)

Uber Eatsが家電デリバリーを開始 イヤフォンからビールサーバまで200点の商品をお届け
便利かも。(2021/3/25)

PR:春キャンプをもっとゆるく 高出力のポータブル電源「Ace1500」で肉を焼く
キャンプの楽しみは何といってもご飯だ。火の扱いに気をつけなければならないが、そうした心配を減らし、キャンプの楽しみ方を広げてくれるポータブル電源がJackery Japan(ジャクリジャパン)から登場した。(2021/3/25)

「食の進化は止まらない」 カップ容器でそのまま作れる「日清 お好み焼セット」がボウル要らずで便利と話題、開発経緯を聞いた
洗い物の手間を削減。(2021/2/10)

コロナ禍をチャンスに:
業績好調のアイリスオーヤマ マスクで見せた「一点突破全面展開」と「時流適応経営」の秘密
アイリスオーヤマの業績が好調。その強さの秘密は「時流適応型経営」にある。マスクの生産も話題になったが、ここにも重要な戦略が隠れているという。(2021/1/29)

「エレベーター付きの鍋」ってどういうこと!? スープから自動で具材を引き上げる「電動昇降グリル鍋」発売
一見すると意味不明なギミックですが、目当ての具を取りやすいメリットが。(2021/1/13)

22年には売上高1兆円を目指す:
マスクだけで200億円! アイリス、売上高は過去最高の6900億円
アイリスオーヤマは1月7日、同社を含むグループの2020年度決算の速報値を発表。グループ29社全体の売上高は、過去最高の6,900億円(前年比38%増)、経常利益9.0%で増収増益となる見込みだ。アイリスオーヤマ単体での売上高も過去最高の2185億円(同36%増)、経常利益は2.2倍の270億円となった。コロナ禍で好調となった背景には何が(2021/1/12)

「ドラクエ3」RTAで見事世界記録が誕生し「ホットプレート」がトレンドに 解説「これがホットプレートの力です」→ そして焼肉へ…
どこから突っ込んでいいのか分からないけどおめでとうございます!(2020/12/28)

家族でお好み焼きを焼いていて気付いた「幸せは今ここにあるもの」 マタニティブルーが和らぐエッセイ漫画
考えるものが違うと幸福度も違う。(2020/12/16)

車内で家電が使える! AC100Vコンセントがあるクルマ5選
停電時やキャンプなどで役立ちます。(2020/9/22)

アフターコロナ 仕事はこう変わる:
レシピ競争から脱却! 味の素が「体験」「共感」を発信する意味
コロナ禍で“家での体験”が見直される中、味の素は7月に情報サイト「味の素パーク」をリニューアル。レシピページの閲覧は増えていたが、“食の体験”を打ち出すサイトに変えた。その背景には、ブランドへの共感を生むことに加え、デジタル活用で潜在ニーズを探る狙いがある。(2020/8/28)

藤本美貴、夫・庄司智春が退院できず「寂しい毎日」 3人育児に心配の声あがる
早くよくなりますように。(2020/8/25)

【“おばけ探知機”開発者の本当にあった怖い話】第7夜「焼死したおじいさんの事故物件調査・後編」
おそらく日本唯一の“市販のおばけ探知機”を作った方にお聞きしました。(2020/8/28)

PR:カップヌードルで“たこ焼”が作れてしまうだと!? U.F.O.やどん兵衛をアレンジして縁日屋台ごっこしてみた!
カップ麺に少しの材料を足すだけで、いろいろできちゃいます。(2020/8/5)

池田純のBizスポーツ:
ベイスターズ初代球団社長が語る、コロナ時代に必要な「変える力」とプロ野球生き残りの道
新型コロナウイルスの影響で窮地に立たされるプロスポーツビジネス。「コロナの時代」を見据えた経営に必要なものとは? 親会社や前例にとらわれない「変える力」こそ必要だと、埼玉ブロンコスオーナー/横浜DeNAベイスターズ初代球団社長、池田純氏が解説する(2020/5/21)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
新型コロナが商機に、需要は意外なところにある
マイナス面ばかり見てしまいますが、新たな状況が意外な需要を生んでいるのかも……。(2020/5/12)

缶詰3.4倍、うどん3倍、ベーキングパウダーも 巣ごもり消費の売れ筋を「Yahoo!ショッピング」が発表
ECサイトの「Yahoo!ショッピング」が公開した注文数ベースの「売れ筋食品」調査によると、缶詰やカップうどんなどの保存食が昨年同時期に比べて3倍以上に伸びたという。ホットプレートやベーキングパウダーなど巣ごもり消費とみられる商材も。(2020/4/15)

「BRUNO」のおしゃれなキッチン用品がガシャポンに! ふたの開閉やスイッチボタンの「オン」もできる
ガシャポン限定の「GOLD」のホットプレートも(目玉焼きパーツ付き)!(2020/4/9)

理化学研究所:
超薄型有機太陽電池の寿命15倍&高効率化を実現
理化学研究所は2020年3月10日、従来の15倍の寿命を実現する高効率な超薄型有機太陽電池の開発に成功した、と発表した。ウェアラブル機器やソフトロボット用のセンサー、アクチュエータなどに向けた軽量で柔軟な電源としての応用が期待される。(2020/3/10)

低温の熱源に置くだけ:
自然冷却で実用できる有機熱電モジュールを展示、世界初
産業技術総合研究所(産総研)は「第19回国際ナノテクノロジー総合展・技術会議」(2020年1月29〜31日/東京ビッグサイト)で、「世界で初めて開発した」(同所)とする自然冷却で実用可能な有機熱電モジュールを展示した。(2020/2/14)

「すげぇ!」「便利」 “ティッシュと水だけ”でホットプレートの汚れが落ちるお手入れ法が簡単だと話題に
とりあえず今夜は肉を焼こう。(2020/1/11)

Francfrancの2020年“HAPPY BOX”は「BEAUTY」と「PARTY」 クレンジングブラシとホットプレートがそれぞれ入った福袋
他の中身は開けてからのお楽しみ。(2019/12/24)

あの会社のこの商品:
2万台以上売れた「焼きペヤングメーカー」が、できるまでのこと
関東でカップ焼きそばといえば「ペヤング ソース焼きそば」。絶大な人気を誇るペヤングを焼いてつくる調理家電「焼きペヤングメーカー」をご存じだろうか。大阪に本社を構えるライソンという会社がつくったものだが、開発秘話を聞いたところ……。(2019/11/25)

圧倒的不審者の工房:
ひたすら豆腐を固くして砥石で研ぎまくる → 簡単に野菜を切断する鋭利な「豆腐包丁」が完成
豆腐も煮れば締まる → 豆腐も圧倒的不審者にかかれば包丁になる。(2019/10/12)

水曜インタビュー劇場(コーヒー公演):
えっ、家が喫茶店になる? 自宅焙煎ができる「ホームロースター」が面白い
調理家電で、またひとつユニークな商品が登場した。コーヒーの焙煎機だ。大阪の家電メーカー「ライソン」がクラウドファンディングで公開したところ、3200台以上が売れた。家電量販店などであまり目にしない商品は、どのようにして開発されたのか。同社の社長に聞いたところ……。(2019/7/10)

水曜インタビュー劇場(ふわふわ公演):
えっ、炊飯器じゃないの? 三菱電機の高級トースターが面白い
三菱電機が高級トースターを投入する。この市場を見ると、バルミューダ、アラジン、シャープなどたくさんの商品が並んでいるが、三菱のトースターはどのような特徴があるのか? パッと見たところ、小さな炊飯器のように……。(2019/4/17)

目覚める時間に合わせて自動調理してくれる 東大生が作った朝食ロボットが米イベントに出展
アーム型のロボットがいろいろ動いて朝食を用意します。(2019/3/10)

冷めたピザを親の仇より憎むあなたに 最後まで熱々で食べられる神のプレートが登場
冷めた食べ物。それは人類の発展に貢献してきた「火」に対する冒涜である。(2019/2/26)

あの会社のこの商品:
ちょっとした工夫で“ホクホク”! 家庭用「焼き芋メーカー」の開発秘話
特定の料理づくりに特化した調理家電は便利な半面、汎用性に乏しく、買っても次第に使われなくなる恐れがある。しかし、工夫すれば日常使いできる汎用性を持たせることができ、ヒットにつなげることが可能だ。そのことを示したのがドウシシャの「焼き芋メーカー Bake Free」である。(2019/1/25)

カップ焼きそばを焼くホットプレート「焼きペヤングメーカー」誕生 ペヤングのまるか食品が監修
ペヤング焼きそばに最適化された温度調整、水の計量器などこだわり満載。(2018/11/27)

「焼きペヤング」作るホットプレートでクラウドファンディング まるか食品監修
カップ焼きそばの「ペヤングソースやきそば」を焼くためのホットプレートが登場。クラウドファンディングで商品化を進める。(2018/11/27)

焼いた「銅」の酸化膜による美しい色変化に反響 「知らなかった」「こんなに綺麗なのか」
銅のイメージが変わりそう。(2018/11/11)

一人焼肉勢「うおおおおおおおおお!!」 アツアツをいただけるお1人様サイズの「卓上ひとり焼肉プレート」
小さいので仕舞うのも出すのも楽そうです。(2018/10/28)

ポップでかわいい 気軽に持ち出せるカセットボンベ対応のガスストーブがアラジンより登場
冬でもキャンプしたい人に朗報。(2018/9/22)

太陽光:
ペロブスカイト太陽電池、スズ系で効率7%と「再現性」を両立
京都大学と大阪大学の研究グループは、高品質で再現性に優れるスズ系ペロブスカイト半導体膜の成膜法を開発。この手法により、光電変換効率が7%を上回るペロブスカイト太陽電池の作製が可能となるという。(2018/9/14)

再現性良く高品質の成膜法を開発:
ペロブスカイト太陽電池、スズ系で変換効率7%以上に
京都大学と大阪大学の研究グループは、高品質で再現性に優れるスズ系ペロブスカイト半導体膜の成膜法を開発した。光電変換効率が7%を上回るペロブスカイト太陽電池の作製が可能となる。(2018/9/12)

“凄腕”スタッフは40倍売る:
メーカーから依頼殺到 お客が思わず引き寄せられる試食販売の世界
試食販売というと「商品を持ってただ立っている人」をイメージする読者も多いかもしれない。しかし、売り方を工夫して普通のスタッフの40倍売る“凄腕”がおり、試食販売の高い効果に注目する企業が増えているという。知られざる試食販売の世界とは?(2018/7/13)

「不審者感が凄い」「頭隠すと山田孝之みたい」 あばれる君、びっしり伸びた無精ひげ姿に賛否の声
ほとばしる怪しい人感。(2018/5/11)

衣服へ熱で貼り付け、薄型の太陽電池 理研と東レが開発
理研と東レが、耐熱性と高いエネルギー変換効率を両立した超薄型の有機太陽電池を開発した。耐熱性を生かし、熱を加えながら衣服へ貼り付けできる。(2018/4/17)

ソフトロボット実現へ:
ゆっくり歩き、速く走る「ロボット結晶」を開発
早稲田大学の研究グループらは、歩いたり走ったりして移動することができる「ロボット結晶」を開発した。その推進力を発生させるメカニズムも明らかにした。(2018/2/13)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。