ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

「セブン-イレブン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「セブン-イレブン」に関する情報が集まったページです。

LINE Pay、12月に「クーポン祭」開催 加盟店での買い物を割引 コンビニ3社など対象
LINE Payが新たなキャンペーン「年末感謝クーポン祭」を行うと発表。「LINE Pay」での買い物代金を割り引くクーポンを全ユーザーに付与する。開催期間は12月1日〜31日。クーポンはセブン-イレブン、ファミリーマートなどの加盟店で利用できる。(2019/11/26)

知る人ぞ知る独立系コンビニ「オレボ」の生き残り戦略
 セブン−イレブン、ファミリーマート、ローソンの3大チェーンに集約が進み、生き残り競争が激しくなっているコンビニエンスストア業界。その中で福井県の独立系コンビニ「オレンジBOX(通称オレボ)」は、早くから店内調理した総菜を収益の柱にし存在感を強めてきた。40〜50席のイートインスペースを設けるなど大手にはまねのできない戦略も打ち出し、独自の路線で前進している。(2019/11/14)

セブン-イレブン、時短営業を本格化 11月から8店舗が深夜休業に本移行
「昔は24時間営業のコンビニがいっぱいあってなあ」「おじいちゃんてば」みたいな時代になるのかも。(2019/10/21)

セブンが「レジなし店舗」実験 NTTデータが協力、運営の課題など検証
セブン-イレブン・ジャパンが、レジなし店舗の実証実験を始める。NTTデータが用意する模擬店舗で購買体験や店舗運営の課題を検証する。一般の客は利用できない。(2019/10/16)

スピン経済の歩き方:
セブン「1000店閉店、移転」はドミナント戦略の限界か
セブン-イレブンが2019年下期以降、1000店舗を閉店・移転すると発表した。街中にコンビニがあふれているので、「そりゃあそうだろう。ちょっと減らしたほうがいいよ」と思われたもしれないが、筆者の窪田氏は違う見方をしている。それは……。(2019/10/16)

セブン-イレブン、約1000店で計画休業 首都圏と東海を中心に「お客様、オーナー様、従業員の安全を最優先に」
(2019/10/11)

セブン-イレブン、1000店舗を閉店・移転へ リストラ断行でイトーヨーカドー、そごう・西武も閉店加速
セブン&アイが事業構造改革を断行します。(2019/10/10)

「au PAY」の登録者数が600万人を突破
KDDIは、10月5日にスマホ決済サービス「au PAY」の登録者数が600万人を突破したと発表。セブン-イレブンでの利用開始を記念した「セブン-イレブン最大20%ポイント還元キャンペーン」や「セブン銀行ATMチャージキャンペーン」を実施している。(2019/10/7)

メルカリの梱包材、セブン-イレブンで発売
フリマアプリ「メルカリ」で販売した商品を梱包できるオリジナルの梱包材が、全国のセブン-イレブンで発売された。(2019/10/3)

セブン-イレブンで「楽天ペイ」導入キャンペーン、711円以上(税込)の購入で150ポイント還元
楽天ペイメントは、10月1日から「『セブン‐イレブン』で楽天ペイを使おう!導入記念キャンペーン」を開催。「楽天ペイ(アプリ決済)」を利用してセブン‐イレブンで711円(税込)支払うと、漏れなく「楽天スーパーポイント」を150ポイント付与する。【画像差し替え】(2019/9/27)

セブン、再エネ100%店舗の実証実験開始 まずは神奈川県内の10店で
 セブン−イレブン・ジャパンは26日、自社の一部店舗で、運営に必要な電力の全量を再生可能エネルギーから調達する実証実験を順次始めると発表した。店舗に設置した太陽光パネルと蓄電池などを組み合わせ、必要な電力量をまかなう。二酸化炭素(CO2)の排出量削減により、持続可能なコンビニ運営を目指す。(2019/9/27)

自然エネルギー:
セブンが“再エネ100%”でコンビニ運営、卒FIT太陽光やEVの蓄電池も活用
セブン-イレブン・ジャパンが神奈川県内のコンビニ10店舗において、運営に必要な電力を全て再生可能エネルギーとする実証実験を開始。太陽光発電、蓄電池、卒FIT電力の調達などを組み合わせて再エネ由来100%の店舗運営を実現する計画だ。(2019/9/27)

au PAYで「セブン-イレブン最大20%ポイント還元キャンペーン」開催 チャージでau WALLET 残高もプレゼント
KDDIは10月1日からスマホ決済サービス「au PAY」において「セブン-イレブン最大20%ポイント還元キャンペーン」を開催。セブン銀行ATMからau WALLET 残高チャージで1万円相当のプレゼントも行う。(2019/9/25)

セブン−イレブン、基本商品の質向上でスーパーとの価格競争を回避
 コンビニエンスストア最大手のセブン−イレブン・ジャパンは18日、秋冬商品の戦略説明会を都内で開いた。消費税率引き上げで外食機会の減少と内食(自宅での食事)増加の流れが予測される中、冷蔵総菜や麺類など基本商品の品質を向上させる。また、セブン&アイグループ共通のプライベートブランド(PB)の高価格帯を拡充する。(2019/9/18)

独自の説明文を掲載する店も:
セブンの「支払い額が増える」問題 店舗にある告知文が分かりにくかった
セブン-イレブンが消費税の計算方法を変更した。買い物の方法によっては支払総額が増えるケースもある。事前の告知が十分でなかったと広報担当者は反省の弁を述べた。(2019/9/18)

セブン-イレブン店舗オーナーが本部を「おでん無断発注」で告発 → どんな問題があるのか弁護士に聞いてみた
セブン-イレブン店舗のオーナー5人が、「本部社員がおでんなどの商品を無断で発注した」として公正取引委員会に申告書を提出しました。(2019/9/18)

セブン-イレブン、10月から「au PAY」「d払い」など4種のスマホ決済を導入
セブン-イレブンが10月から、「au PAY」「d払い」「ゆうちょPay」「楽天ペイ」を導入する。すでに「PayPay」「メルペイ」などに対応しており、10月以降に利用できるスマホ決済サービスは計9種類になる。同チェーン限定のキャンペーンなども行っていくという。(2019/9/9)

セブン-イレブンが「楽天ペイ」「d払い」など4社の決済サービスを導入 10月1日から
10月1日から、全国のセブン-イレブン2万1034店舗で「au PAY」「d払い」「ゆうちょPay」「楽天ペイ(アプリ決済)」が使えるようになる。スマートフォンの画面に表示されるバーコードを店員に読み取ってもらうことで支払いが可能。セブン‐イレブンによる大々的なキャンペーンは予定していない。(2019/9/9)

ヤマト「宅急便をスマホで送る」開始 送り状作成から決済までワンストップ、コンビニ発送も
ヤマト運輸は、宅急便の送り状作成から配送料の決済までスマートフォンで完結できる新サービス「宅急便をスマホで送る」を9月3日にスタートした。まずヤマト直営店で受け付け、今後、全国のセブン-イレブンやファミリーマート店頭にサービスを拡大していく予定だ。(2019/9/3)

時短のセブン店主が日曜定休通告 本部「休業なら契約解除」
自主的に24時間営業を短縮したセブン−イレブン東大阪南上小阪店のオーナー、松本実敏さん(57)が、9月から日曜日を定休日にするとセブン−イレブン・ジャパン本部に通告したことが23日、分かった。本部側は日曜に休業した時点で契約を解除すると書面で回答(2019/8/24)

セブン-イレブンの食材で作る「わらび餅ドリンク」がぷるもちうまい! 黒糖わらび+アイスカフェラテ=ひんやり和スイーツ
300円足らずで作れます。(2019/8/19)

セブンが加盟店にクオカード1万円 7pay問題のおわび
セブン&アイ・ホールディングス(HD)が独自開発したスマートフォン決済サービス「7pay(セブンペイ)」を9月末で終了することを受け、セブン−イレブン・ジャパンが、全国の加盟店に1万円相当のクオカードを配る方針を決めたことが15日、分かった。今月中にも実施する。(2019/8/16)

セブンが加盟店にクオカード1万円 7pay問題のおわび
「7pay(セブンペイ)」を9月末で終了することを受け、セブン−イレブン・ジャパンが、全国の加盟店に1万円相当のクオカードを配る方針を決めたことが15日、分かった。今月中にも実施する。(2019/8/16)

無料送金アプリ「pring」がセブン銀行ATMでの現金チャージに対応
無料送金アプリ「pring」が、セブン銀行ATMからの現金チャージに対応。全国の「セブン-イレブン」などに設置されている2万5000台以上のセブン銀行ATMから、入金手数料無料でチャージできるようになる。(2019/8/13)

「セブン-イレブンのゴミ箱」を忠実に再現したニッチすぎるカプセルトイが話題に 「笑った」「誰得!?」と困惑の声
謎のクオリティーの高さよ。(2019/9/2)

PayPay、メルペイ、LINE Payの合同キャンペーン第2弾 セブン-イレブンで毎週100円を還元
PayPay、メルペイ、LINE Payがセブン-イレブン合同キャンペーンの第2弾を開催。コード決済で101円(税込み)以上の支払いをすると、毎週100円相当が還元される。還元タイミングは各社によって異なる。(2019/7/23)

チョコミン党に朗報 「ブラックサンダーチョコミントアイス」 7月23日セブン-イレブンに登場
楽しみすぎる。(2019/7/17)

ついに! 沖縄県にセブン-イレブンが初オープン 「サーターアンダギー」「じゅーしーおむすび」など限定商品がズラリ
全都道府県にセブン-イレブンが出店したことに。(2019/7/11)

ダイエー対抗策:
「イオン」空白県 福井なぜ?
大手コンビニのセブン-イレブンが7月11日に沖縄県に出店し、47都道府県制覇を果たす。大手全国チェーンは津々浦々に出店するイメージだが、小売り最大手のイオンは福井県内に店がない。その秘密は……(2019/7/11)

セブン-イレブン、7月11日に沖縄県で14店舗を同時オープン 47都道府県への進出完了
セブン-イレブンが7月11日に沖縄県で店舗を出店します。(2019/7/10)

7pay不正使用、詐欺未遂容疑で中国籍の男2人逮捕 電子たばこ20万円分購入しようとした疑い
 コンビニ大手のセブン−イレブンで使用できるスマートフォン決済「7pay(セブンペイ)」を不正使用し、電子たばこを購入しようとしたとして、警視庁新宿署が詐欺未遂の疑いで、20代の中国籍の男2人を逮捕したことが4日、捜査関係者への取材で分かった。(2019/7/5)

セブンペイで不正利用被害、900人で5500万円
セブン&アイ・ホールディングスは4日、セブン−イレブンで使えるスマートフォン決済「7pay」で第三者の不正アクセスによる支払いの被害があったと疑われる人数と金額が、同日午前6時までで、約900人の計約5500万円に上ると発表した。(2019/7/4)

「7pay」で不正利用の被害、原因は「調査中」 クレカからのチャージを停止
セブン-イレブンのコード決済「7pay」で不正利用が発覚。一部のアカウントが第三者にアクセスされるとユーザーから申告があった。セブン・ペイは、ログインIDやパスワードの管理を注意するよう呼び掛けている。(2019/7/3)

コンビニ2社の独自決済サービス、初日は使えない状態が続く 「想定以上のアクセス」で ファミペイとセブンペイ
セブン-イレブン・ジャパンとファミリーマートが、それぞれ7月1日から独自の決済サービスをスタート。いずれもアクセスが集中し、決済アプリが使いづらい状態が続いている。(2019/7/1)

PayPay、LINE Pay、メルペイが共同企画 セブンで20%還元
競合3社が共同キャンペーンを実施する。セブン-イレブンで7月11日から21日まで、PayPay、LINE Pay、メルペイのすべてで20%還元キャンペーンを実施。上限額は各サービスごとに1000円分。(2019/6/24)

LINE Pay・PayPay・メルペイ、セブンで最大20%還元 7月から合同キャンペーン
LINE Pay、PayPay、メルペイは、全国のセブン-イレブンで、支払額の最大20%を還元するキャンペーンを7月11〜21日に実施する。(2019/6/24)

PayPay、LINE Pay、メルペイが3社合同でセブン-イレブン20%還元キャンペーン
第1弾を7月に、第2弾を8月に予定しているとのこと。(2019/6/24)

出先で困ったときの頼れる味方 セブン-イレブンで買えるコスメ「パラドゥ」の新作カラーパレット&リップが有能そう
お値段も手ごろなのがありがたい。(2019/6/19)

メルペイがセブン、ファミマで70%還元 「あと払い」の利用促進
メルペイがゴールデンウィークに引き続き、大型還元キャンペーンを実施する。上限還元額は2000円相当だが、還元率は50%。さらにセブン−イレブンとファミリーマートでは70%を還元する。「メルペイあと払い」が対象。(2019/6/14)

メルペイ、「50%ポイント還元」第2弾開始 セブンカフェなどを「11円で買える」キャンペーンも
ゴールデンウイークに行ったキャンペーンの好評を受けて第2弾を開始。セブン-イレブンとファミリーマートでは70%還元に。(2019/6/14)

「ファミチキ」11円、「からあげクン」16円 メルペイがコンビニクーポン配布
メルペイは4日から、セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソンで、メルペイ決済時に使えるクーポンを配布する。「ファミチキ」が11円、「からあげクン」が16円で購入できる。(2019/6/4)

セブン-イレブンが7月1日から「7pay」に対応 「PayPay」など5社のコード決済も受け入れ開始
セブン‐イレブン・ジャパンが、セブン&アイグループ独自のコード決済サービス「7pay」に対応。同時に「PayPay」「メルペイ」「LINE Pay」「Alipay」「WeChat Pay」も利用可能とする。(2019/5/21)

セブン-イレブン、「7pay」を7月1日に開始 PayPay、メルペイ、LINE Pay支払いも可能に
独自サービスに加え、5社のバーコード決済にも対応します。(2019/5/21)

セブン-イレブン、コード決済に対応 PayPayやLINE Payなど5社と独自の「7Pay」
全国のセブン-イレブン店舗で7月1日から、バーコード決済サービスに対応する。独自の「7pay」(セブンペイ)に加え、「PayPay」「メルペイ」「LINE Pay」の国内3社、「アリペイ」(Alipay)、「WeChat Pay」の海外2社を加えた5社のサービスが利用できるようになる。(2019/5/21)

セブン-イレブン、消費期限が近い弁当など実質値下げ検討
(2019/5/20)

セブン-イレブンにAppleコーナー 純正iPhoneイヤフォンなど、5月22日から
セブン‐イレブンは5月22日から、Apple純正iPhoneアクセサリーの販売を順次開始する。(2019/5/16)

セブンでヤフオク発送受付 「ヤフネコ!パック」に対応
「ヤフオク!」で落札された商品を、「宅急便」や「ネコポス」を使って簡単に配送できる「ヤフネコ!パック」が5月8日から、全国のセブン-イレブン店舗で発送できるようになった。(2019/5/8)

メルペイ、GWに50%還元キャンペーン セブン-イレブンなら70%還元に
メルペイは、4月26日から5月6日まで加盟店での支払い時に支払額の50%相当がポイント還元されるキャンペーンを実施。セブン-イレブン店頭での支払いの場合は70%相当となる。ポイント還元の上限は、還元率にかかわらず合計2500ポイントまで。(2019/4/26)

メルペイ、GW限定で「最大70%還元」実施 
メルペイが4月26日〜5月6日に、決済金額の最大70%をポイントとして還元するキャンペーンを実施。付与の上限は累計2500ポイントまで。還元率は、決済した店舗がセブン-イレブンの場合は70%、その他加盟店の場合は50%。(2019/4/26)

メルカリ、メルペイ利用で最大70%還元 GW中
登録者が100万人を突破したメルペイが、積極的なキャンペーンに打って出る。GW期間中に限定し、支払額の50%を還元。さらにセブン-イレブンでの利用はなんと70%の還元だ。(2019/4/26)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。