ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「情報システム部門」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
情報システム部 − @IT情報マネジメント

3つの主要な能力が今後どうなるか:
2022年以降の重要な展望をGartnerが発表、IT部門とユーザーに影響大
Gartnerは、2022年以降に向けた重要な戦略的展望を発表した。企業とITリーダーが近年学んだ教訓のうち、「人間中心志向」「レジリエンスの獲得競争」「期待を上回る結果を出す能力」という3つの側面を考慮に入れている。(2021/10/21)

「等身大のCIO」ガートナー 浅田徹の企業訪問記:
変化の激しい現在、多様性を認めることが競争力を高める重要なカギ――SUBARU IT戦略本部 情報システム部長 辻裕里氏
2025年に向け、「モノをつくる会社から笑顔をつくる会社へ」というビジョンを推進するSUBARU。自動車・航空宇宙の両事業で着実なる持続的成長への足場を固めている。(2021/9/21)

パンデミックで加速したブラッドフォード大学のテレワーク導入【後編】
オンライン教育の仕組みはある、でも学生のPCがない その時、大学のIT幹部は何をしたか
ロックダウンの兆候を察知し、迅速にテレワーク用システムを構築したブラッドフォード大学には、まだ課題があった。それは職員や学生のデバイスの調達だ。同校のIT部門はどのように解決したのか。(2021/9/9)

パンデミックで加速したブラッドフォード大学のテレワーク導入【前編】
学生1万人の大学がテレワーク用システムを10日で構築、IT幹部に聞くその舞台裏
教育機関も新型コロナウイルスのパンデミックの影響を受けた。英国のブラッドフォード大学はロックダウンの兆候を察知し、テレワーク用システムの整備を加速させた。同校のIT部門幹部に、そのいきさつを聞いた。(2021/9/2)

変わらない運用管理に終止符を:
PR:なぜ進まない? IT部門がDX推進できない3つの理由とは
不確実性の高まる時代だからこそ、ビジネスを支えるITシステムには、より一層の「変化への対応力」が求められている。しかし、属人化した手作業中心の運用業務のままではITの俊敏性も柔軟性も得られず、安定運用すらままならない。ではどうすればよいのか。時間も工数もかからない運用業務の変革法を聞いた。(2021/9/1)

「理想のITサポートデスク」の作り方:
PR:問い合わせに追われるIT部門に「業務標準化」と「DX」はできないのか
多様な働き方を支えるICTが高度化、複雑化する中でIT部門がシステムの管理とユーザーからの問い合わせに追われるケースは多い。企業はDXを進めるために、サポート業務の負荷を落とさなければならない。(2021/8/24)

大規模なクラウド移行がきっかけに:
“以前はベンダー任せだった”システム開発を1年でほぼ内製化 エディオン、大転換に戸惑う現場を導いた戦略とは
柔軟なシステムの変更に自社で対処する力を付けようと、内製化を考える企業は多いはずだ。だが、これまで開発の大半を外注していた企業が内製に振り切ることは簡単ではない。そんな力業に挑んだのが、全国規模で家電販売チェーンを展開するエディオンだ。「そんなことが本当にできるのか」と戸惑うIT部門のメンバーを説得し、実際に内製化を進めたというリーダーはどのような戦略をとったのか。クラウド化の過程と併せて聞いた。(2021/8/18)

ニューノーマル時代のIT管理のあるべき姿
テレワークで増大したヘルプデスク業務をノーコードで効率化する方法
テレワークの常態化によって情報システム部門のヘルプデスク業務が増大し、難易度が上がった。これまで同様のサービスレベルでITサービス管理を実施するために何をしたらよいか。プロが語った。(2021/7/14)

「積年の運用課題」の真因とは:
PR:デジタルシフト時代、IT部門/子会社が「運用」で価値を発揮する方法
DXの潮流が高まり、ビジネスとITが一体となっているにもかかわらず、複雑化したシステムやコスト増大、人材不足といった課題を引きずっている企業は多い。問題の真因と抜本的な解決法を聞く。(2021/7/16)

IT部門の人材不足がセキュリティリスクを増加させる:
「コロナがなかったとしても人材不足に悩んでいる」 Ivantiがサイバー攻撃に関する実態調査
Ivantiはサイバー攻撃に関する実態調査の結果を発表した。従業員がテレワークで働くことにセキュリティ上の不安を感じている日本のIT担当者の割合は92%で、IT部門の人材不足に悩まされたことがある日本のIT担当者の割合は79%だった。(2021/7/15)

国税庁OBの税理士が解説
知っておきたい「電子帳簿保存法」大改正と今からでも間に合う対処法
2022年1月から施行される改正電子帳簿保存法によって、企業規模を問わずにバックオフィス業務のデジタル化が進む見込みだ。専門家によれば、IT部門の効果的な対応によって短期間でも将来にわたる有効な体制を構築できるという。(2021/7/15)

"IT部門は御用聞き"なんて言わせない 旧態依然の組織文化を変革する3つのポイント
旧態依然の組織文化から脱却するためにIT部門ができることは何だろうか。ガートナーのアナリストが組織文化の変革を実現する3つのポイントを語った。(2021/7/13)

サードパーティーcookie廃止がIT部門にもたらす影響【第4回】
ファーストパーティーデータ強化で“脱サードパーティーcookie”する5つの方法
サードパーティーcookie廃止に備え、IT部門はデータ管理を見直しつつファーストパーティーデータを増強する必要がある。具体的に考えられる5つの方法を紹介する。(2021/7/1)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
情報セキュリティ委員会、CSIRT、SOCがワンチームで対応するのが情報セキュリティの肝――ラック、ダイドーグループHD 喜多羅滋夫氏
企業の情報システム部門には、テレワークなどの新しい働き方の支援が求められている。その一方で、情報保護が避けてとおれない課題である。企業におけるセキュリティガバナンスへのアプローチを紹介する。(2021/6/29)

特集:ゼロトラスト/SASEが問うIT部門の役割(1):
「内から外へ」を背景に広がるSASE、次の一手とは?
企業システムを守る境界防御には限界がある。拠点オフィスやリモートユーザー、パートナーがさまざまな場所からクラウドにアクセスする使い方が一般化したからだ。そこで脚光を浴びているのがSASEやゼロトラストセキュリティだ。自社の従業員、さらには顧客がセキュアにアクセスできる仕組みを実現できるという。IT部門が現在のセキュリティを改善する際、まずはどこから着手して、何を目指せばよいのだろうか。ガートナーのアナリストに聞いた。(2021/6/25)

サードパーティーcookie廃止がIT部門にもたらす影響【第3回】
“脱サードパーティーcookie”に向けてIT部門が準備すべき2つのこと
サードパーティーcookieの廃止をスムーズに進めるために、IT部門はどのような準備をすればよいのか。主要な2点を説明する。(2021/6/24)

「情報システム部門の改革」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2021/6/21)

コミュニケーションツールを複数併用する際のチップス【後編】
コミュニケーションツールをどうしても統一できない企業がツール乱立を防ぐ方法
円滑な共同作業のために、複数のコミュニケーションツールを併用することを許容するのも一つの考え方だ。互換性の確保やツール間連携など、従業員の生産性を高めるためにIT部門が貢献できることをまとめた。(2021/6/16)

管理者が負荷なくリスクを把握できる方法とは
ゼロトラストを見据えて考える、テレワーク時代に必要なエンドポイント対策
PCなどのエンドポイントが、自宅やサテライトオフィスなど目が届かない場所にあるテレワーク環境では、情報システム部門の管理が及ばなくなりつつある。ゼロトラストセキュリティの実現も見据えた、リスクの可視化と対策方法を考える。(2021/6/14)

コミュニケーションツールを複数併用する際のチップス【中編】
コミュニケーションツールを1つにしたい人、自由に選びたい人、それぞれの事情
複数のコミュニケーションツールを使い分けるにせよ、統一するにせよ、どちらにも運用管理の限界がある。IT部門と従業員で優先したいニーズが異なる中、ツールの利用方針をどう立てればよいのか。(2021/6/9)

日本ヒューレット・パッカード合同会社提供ホワイトペーパー
データセンターを収入源に変革、IT部門のアイデア活用を促進する次世代インフラ
アプリケーションの機能や管理次第で組織の利益が左右される今、IT部門にはビジネスのコア部分をサポートし、アイデアを利益にするという役割が求められている。そうした中で必要になる考え方と、それを実現するためのインフラ技術とは?(2021/8/2)

コミュニケーションツールを複数併用する際のチップス【前編】
なぜコミュニケーションツールは統一できないのか 放置したら起きる“災厄”は
大抵の企業はなし崩しで複数のコミュニケーションツールを併用している。IT部門が事態を黙認して管理しないままでいると、いずれ「バベルの塔」の神話のような大混乱が起きる。(2021/6/2)

開発の属人化、ブラックボックス化も解決:
PR:事業部門を巻き込んだシステム開発を実現する「ローコード開発ツール」とは
企業が自社戦略実現のためにデジタルトランスフォーメーション(DX)を進める際、システム開発の内製化が課題になる場合が少なくない。事業部門と情報システム部門間で思い描くビジョンを一致させた上でシステム化、継続した業務プロセスの見直しを行うべきだ。しかし、認識を合わせる手段が乏しく、見直しの活動を継続できないことも少なくない。結局レガシー文化を引きずったまま、ブラックボックス化が進む恐れがある。ローコード開発ツールを利用すれば、事業部門と情報システム部門間の共通認識を深め、互いに役割分担したシステム開発が可能になり、開発工数の削減と継続した業務プロセス改善体制を実現できるという。(2021/6/1)

特選プレミアムコンテンツガイド
「サーバが落ちました」をいら立たせずに伝える方法
システム障害を解決するスピードよりも、IT部門がそれをどう説明するかの方が、ユーザーにとって大きな意味を持つことがある。IT部門のヘルプデスクはユーザーの苦情をどう受け止め、どのように対処すればよいのか。(2021/5/27)

いま必要なデータプラットフォームの形とは
DX推進の壁を乗り越えるためのポイントはデータの“検索性”と“アクセス性”
業務の迅速な遂行、安定的かつ効率的なシステム運用など、事業部門/IT部門双方のDXを推進する上で欠かせないデータ。だがクラウド活用でデータが散在する中で、その活用は困難になりつつある。いま求められるデータ活用基盤の要件とは?(2021/5/14)

長谷川秀樹の「IT酒場放浪記」 武闘派CIOの仕事論【前編】:
日清食品をデジタル化した“武闘派CIO”が退職──今振り返る、日本企業のちょっと不思議な働き方
元メルカリCIO長谷川秀樹氏が、IT改革者と語る「IT酒場放浪記」。今回のゲストは、3月末に日清食品を退職し独立した喜多羅滋夫氏と、CIO Lounge 友岡賢二氏。「武闘派CIO」を名乗り、変化の時代にもがくIT部門の先頭で背中を見せてきた3人が、仕事論について語り合う。(2021/5/6)

「大企業より中小企業がITを使いこなせる時代」
“伝説のCIO”岡田章二氏が語るDXに必要な経営者の覚悟
「ユニクロ」「GU」を展開するファーストリテイリングで長年にわたりIT部門責任者を務め、同社のグローバル企業への成長をシステム面から支えた岡田章二氏に中小企業のDXにおける課題とチャンスを聞いた。(2021/5/6)

他国と比較して国内企業はテレワーク対応に苦慮 レノボ、労働環境に関する調査を発表
レノボは、COVID-19の影響によるIT部門の業務内容や労働環境の変化に関する調査結果を発表した。同調査結果から、国内企業がテレワークなどの新たな労働環境への対応に苦慮している姿が明らかになった。(2021/4/22)

「情報システム部門の改革」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2021/4/23)

大学のIT導入を成功させる5つの方法【後編】
大学のIT部門は「1つのIT製品で全てをまかなう」にこだわり過ぎてはいけない
学生と教職員のニーズを同時に満たし、規模に応じたシステムの運用や構築をするために、大学のT部門は何をすればよいのか。テネシー大学の事例を基に、そのヒントを探る。(2021/4/21)

IT革命 2.0〜DX動向調査からのインサイトを探る:
DX推進の担当部門に変化のきざしも、実情は推進とはほど遠い
2020年の調査によると、DX推進の主幹部門はIT部門以外の組織が担う傾向が顕著になりました。しかし、その実情を調べてみると、情報システム担当者が経験してきたIT施策の「苦い経験」に似た状況が見えてきました。(2021/4/19)

リクルート5万人のテレワーク/VDI環境大解剖(3):
コロナ禍、ある社内IT部門の短くて長い戦い――テレワーク急増に対するVDI増強、4本の矢と課題
リクルートにおけるVDIの導入、運用、コロナ対応、そして今後のICT環境を紹介する連載。今回は、コロナ禍にどのように対応して、乗り切っていったのか、4つの施策を中心にお伝えする。(2021/4/27)

大学のIT導入を成功させる5つの方法【前編】
大学のIT部門が「学生や学部からの反感」を買わないIT調達のこつとは?
さまざまな立場の人が関わる大学で、エンドユーザー全員のニーズを過不足なく満たすIT戦略を策定することは困難だ。ニーズに折り合いを付け、IT製品の導入を成功させるために必要なこととは。(2021/4/12)

富士通株式会社、富士通Japan株式会社提供Webキャスト:
Windows Serverだけで始められるHCI、導入の容易さだけではないメリットとは?
情報システム部門を悩ませる人手不足を解消し、最新技術を取り入れていくには、ITインフラ運用管理の効率化が欠かせない。その実現策となるHCIの中でも、Windows Serverを利用したアプローチが注目を集めている。その理由は何だろうか。(2021/4/6)

TechTargetジャパン読者アンケート
【お知らせ】RDBMSに関するアンケート
本アンケートは、情報システム部などIT製品・サービスの導入に関与する方を対象に「RDBMS」についてお伺いします。(2021/3/19)

日本モノづくりワールド:
横河電機が進める2つのDX、グローバル最適化やIT変革を推進
日本ものづくりワールド(2021年2月3〜5日、千葉県・幕張メッセ)の特別講演として、横河電機 執行役員(CIO)デジタル戦略本部長 兼 デジタルエンタープライズ事業本部DXプラットフォームセンター長の舩生幸宏氏が「横河電機のグローバルIT戦略〜DX推進に貢献出来るIT部門への変革〜」をテーマに講演した。(2021/3/26)

Sansanは人事とIT戦略をどうつないだか:
PR:IT部門が積極的に関わるべき「人事システムの大問題」と解決法
勤怠や給与、評価、採用など人事業務ごとに個別システムを使うことで貴重な人材情報が分散し、人材やビジネスの成長に活用できていない企業は多い。Sansanの人事システム改善事例から解決法やIT部門と人事部門の望ましい協調体制を考える。(2021/3/18)

Sansanは人事とIT戦略をどうつないだか
IT部門が積極的に関わるべき「人事システムの大問題」と解決法
勤怠や給与、評価、採用など人事業務ごとに個別システムを使うことで貴重な人材情報が分散し、人材やビジネスの成長に活用できていない企業は多い。Sansanの人事システム改善事例から解決法やIT部門と人事部門の望ましい協調体制を考える。(2021/3/18)

システムの分断が招く組織の分断:
PR:企業成長の足かせとなる「人事システムの分断」問題、企業が見直すべき課題
人事業務のIT環境は都度のポイントソリューションが導入されがちで、個々のシステムが分散しやすく、経営戦略に基づく包括的な人事戦略を実行しにくい。人事情報を一元的に管理し、ビジネス成長につなげるには全社IT部門の知見が必要だ。(2021/3/12)

業務の中に潜む「複数の従業員情報」とは:
マスターデータはどれ? IT部門が知らぬ間にサイロ化する人事システムの改善策
専門性の高い事業部門や管理部門では、個別にポイントソリューションを導入することでサイロ化が進みがちだが、中でも厄介なのが人事まわりのシステムだ。データの一貫性が損なわれることで、どんなリスクが生まれるのか。(2021/3/12)

「テレワークセキュリティ」6つの対策【後編】
危ないテレワークを防ぐ「仮想デスクトップ」「ゼロトラスト」「従業員教育」
2021年のIT部門にとって、テレワーク時のセキュリティ対策は率先して取り組む必要のある課題だ。6つの主なセキュリティ戦略の中から3つを紹介する。(2021/3/5)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
働き方改革の成否を分ける「3つの難問」 いまIT部門が解決すべき課題とは?
近年、働き方改革が大きな進展を見せる一方で、多くのIT部門が新たな働き方がもたらす、IT運用負荷の高さやセキュリティの難しさを実感している。従業員の不満を解消しつつ、大小さまざまな課題を一挙に解決するIT環境の在り方とは?(2021/3/1)

レッドハット伊藤氏とマイクロソフト寺田氏が語るクラウドネイティブ(1):
「絶対止めないで」「来週要件変わるかも」――急速に変化するビジネス要求に応じるための4カ条
レッドハットでソリューションアーキテクトを務める伊藤智博氏とMicrosoftでクラウドアドボケイトを務める寺田佳央氏が第3回にわたってクラウドネイティブを語る本連載。第1回はIT部門が変化の激しいビジネス要求に応えられるためどう組織を変化させるべきか。(2021/2/26)

パッチ適用を巡る諸問題【前編】
「迅速なパッチ適用」を妨げる事業部門
各種ソフトウェアのパッチを適用することはセキュリティリスクを低減させるが、システムが稼働しなくなるというリスクを内包している。技術的な課題を解決したIT部門は、さらに事業部門との問題も解決しなければならない。(2021/2/25)

「テレワークセキュリティ」6つの対策【前編】
テレワーク安全策「認証」「ネットワーク可視化」「自宅用ゲートウェイ」とは?
テレワーク時のセキュリティ対策は、IT部門の筆頭の懸念へと急浮上した。テレワーカーにセキュリティ対策を徹底させるために取り組むべき6つの対策のうち、3つを取り上げる。(2021/2/16)

株式会社日本HP、アルファテック・ソリューションズ株式会社提供ホワイトペーパー:
PC調達から返却まで効率化、サブスク型PCライフサイクル管理サービスとは
多岐にわたるPCの管理業務を担うIT部門。IT人材不足の組織では、その負担の大きさのため、PCのアップデートや故障対応などに手が回らないこともあるようだ。そこで注目されるのが、月額利用型のPCライフサイクルマネジメントサービスだ。(2021/2/10)

セキュリティ担当者の独り言:
システム復旧には時間がかかる 現場担当者が考える再開に向けた4つの基準
セキュリティインシデントにおいてその対応はもちろんのこと、CSIRTやIT部門など現場担当者の頭を悩ませるのがシステム再開のタイミングだ。なぜシステムの再開には時間がかかってしまうのだろうか。(2021/2/10)

特集:クラウドを用いて「SASE」で統合 セキュリティとネットワーク(1):
「SASE」(サッシー)の効果はテレワークのトラフィック改善だけではない――DX実践にも欠かせない
ガートナーが2019年に提唱したセキュリティフレームワーク「SASE」(サッシー)では、ネットワークとセキュリティを包括的に扱うことを目指している。クラウドを利用してネットワークトラフィックの負荷分散ができることはもちろん、「従業員が快適に仕事をする環境を整える」という情報システム部門本来のミッションを果たしやすくするものだという。ユーザー企業が自社のネットワークをSASE対応にするメリットは何か、どうすればSASE対応にできるのか、SASEサービスを選択する際に注目すべきポイントは何だろうか。(2021/2/5)

ヴイエムウェア株式会社提供Webキャスト
標的は新ユーザーに新ビジネス、東証の挑戦を支えたアジャイルな開発手法とは
東京証券取引所が、新たな金融システムの開発に当たって取り入れた手法が「リーンアジャイル」だ。その習得のために、同社はIT部門だけでなく業務部門もアジャイル先進企業に常駐させたという。その手法はどんな効果をもたらしたのか。(2021/2/2)

ITインフラに求められる“変革”とは
テレワークの継続を阻む3大課題 セキュリティ 、BCP、運用効率化の一挙解消策は
新型コロナウイルス感染症の影響でテレワークが急速に普及した一方、継続的な運用を実現するには、セキュリティ 対策や災害対策、IT部門の運用負荷軽減といった難題をクリアしなくてはならない。こうした中、求められるITインフラの形とは?(2021/2/5)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。