ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「東京オリンピック」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「東京オリンピック」に関する情報が集まったページです。

飛び込み代表選手、大統領見守る式典で盛大にすべってプールにドボン! SNSやニュースで拡散され「実際のところうれしい」
メンタル激強。(2024/4/9)

日本とも対戦した南アフリカ代表サッカー選手、銃撃され逝去 所属クラブが発表「早すぎる悲劇的な訃報」
謹んでお悔やみ申し上げます。(2024/4/5)

60年前の電卓を見てきた 初号機からマウスと合体した“変態”モデルまで、キヤノン電卓勢ぞろい
世の中で最初に浸透したデジタルガジェットといえば電卓だろう。そんな電卓を作り続けているメーカーの1社がキヤノンだ。2024年10月で発売から60年を迎えるにあたり、メディア向けに説明会を開催。初号機が見られるというので、品川の本社まで出向いてみた。(2024/3/16)

【これドコ?】写真から場所を当ててみよう!
行ったことがない人でも名前は知っている有名な場所。(2024/3/5)

メカ設計メルマガ 編集後記:
初めての「顔パス」でストレスを回避できた話
3連休初日の混雑した空港で初体験した感想です。(2024/3/5)

大谷翔平が結婚発表→185センチ長身選手が「結婚相手説」を否定…… 「もしかして…と」「えー!違ったの!」
自身のXで否定しています。(2024/3/1)

「本人かと思った」「めっちゃ似てる」 日本破った卓球中国代表監督、チョコプラ松尾との「激似ぶり」に騒然
東京五輪でも「激似」話題に。(2024/2/26)

宮武和多哉の「乗りもの」から読み解く:
臨海部と東京駅を“ボーン”とつなぐ「新地下鉄」 なぜ運営が「りんかい線」事業者に?
(2024/2/15)

スピン経済の歩き方:
ワークマン「職人を軽視してる」批判は気にしなくていい、これだけの理由
「#ワークマン女子」などが好調なワークマンが、既存顧客である職人から叩かれているようだ。しかし同社としてはまったく気にする必要ないと考える。理由は……。(2024/2/14)

競泳・池江璃花子、白血病発覚から“5年経過”で思いつづる 完全寛解まで残り8カ月で「あと少し、何事もありませんように」
もう少し。(2024/2/9)

彦摩呂、ジムで“大物美女アスリート”とバッタリ遭遇 五輪メダリストの裏表ない神対応に「更に大ファンになりました」
「か、か、佳純ちゃんや〜!!」(2024/2/8)

宮武和多哉の「乗りもの」から読み解く:
東京BRTは巨大タワマン街「晴海フラッグ」の足になれるか 立ちはだかる4つの課題
(2024/2/5)

初心者ママの不安、デジタルでこう解決せよ 佐賀県の「子育てDX」
デジタルを活用した子育て支援の取り組みに力を入れる佐賀県では、県オリジナルの機能を追加したアプリを導入するなど、デジタル活用が盛んだ。佐賀県の子育てDXは何がすごいのか――県庁に取材した。(2024/1/31)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
「真冬の5合目に電車で行ける」 富士登山鉄道に賛否両論
2013年に世界文化遺産に登録された富士山。登録時に指摘された課題の解決策のひとつとして、山梨県はLRT方式による「富士登山鉄道構想」を推進している。対して富士吉田市は電気バスを推している。それぞれのメリット・デメリット、そして観光地として、世界遺産としての富士山について考えてみたい。(2024/1/27)

データに隠された真実:
「駅別マンション価格」を可視化したら、住みたい街が見えてきた
首都圏、特に東京23区では不動産価格の高騰が止まりません。「駅を変えれば、町を変えれば何とかなるのでは?」という希望をかなえるべく、中古マンションの価格を可視化してみました。(2024/1/23)

3Dプリント材料、この10年程度の進化(1):
環デザインとマテリアルドリブン・リサーチ
本連載では活用事例が増えつつある3Dプリント材料の基礎や最新の動向と活用事例について紹介します。第1回では3Dプリントの活用が広がった流れや材料の変遷、著者が手掛けた3Dプリントの活用事例について説明します。(2024/1/22)

平野紫耀、セレブ集結のショーで“五輪金メダリスト”と2ショット サマになる“初パリ”姿に「やっぱり世界の紫耀」「いけめんすぎ」
名だたるセレブが勢ぞろい。(2024/1/18)

電子ブックレット(メカ設計):
深くて面白い“スポーツ×科学・テクノロジー”の世界
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、スポーツの世界における謎の解明や選手のパフォーマンスを向上させる製品開発など、シミュレーションや計測技術の活用とスポーツの関係性にフォーカスした記事をまとめた「深くて面白い“スポーツ×科学・テクノロジー”の世界」をお送りします。(2024/1/18)

山浦恒央の“くみこみ”な話(173):
イチから全部作ってみよう(4)要求仕様フェーズに潜むさまざまな罠
ECサイトを題材にソフトウェア開発の全工程を学ぶ新シリーズ「イチから全部作ってみよう」がスタート。シリーズ第4回は、前回に引き続き、要求仕様フェーズの問題点を解説します。(2024/1/18)

井上尚弥の強さに迫った書籍『怪物に出会った日』 異例の“発売前重版”の舞台裏
「怪物」の異名を持つ井上尚弥選手と闘い、敗れたボクサーから話を聞くことで、井上選手の強さに迫ったスポーツノンフィクション『怪物に出会った日〜井上尚弥と闘うということ』。発売前に異例の重版が決まり、発売1カ月で4刷3万3000部とヒットを飛ばしている。その背景には、約1年かけて取り組んだSNS戦略があった。(2023/12/23)

磯部孝のアパレル最前線:
三陽商会「バーバリーショック」から復活? 7期ぶり黒字の裏側
三陽商会の2023年2月期連結業績は、売上高が582億円(会計基準変更前の前期は386億円)、営業損益が22億円の黒字(同10億円の赤字)、純損益が21億円の黒字(同6億6100万円の黒字)となった。本業のもうけ=営業損益が黒字になるのは7期ぶりで、「バーバリー」のライセンス事業を失って以来初となる。(2023/12/22)

簡単診断チャートですぐに見つかる:
メカ設計者が今読むべき電子ブックレットはこれだ!
簡単な質問に答えるだけで、あなたにぴったりな電子ブックレットが見つかります!(2023/12/19)

働き方の「今」を知る:
土木建設にタクシー運転手──きつくても「人が集まり辞めない」企業の秘密とは?
人手不足が深刻化している。特に土木建設やタクシー業界など「きつい」イメージのある職種では採用に苦心する企業が多い。しかし、そんな中でも人が集まり辞めない会社がある。その背景には、どんな秘密が隠されているのか──?(2023/12/14)

プロジェクト:
HARUMI FLAG、板状マンション2690戸が完成 2024年に入居開始
東京オリンピック・パラリンピック(東京2020大会)の跡地で整備が進む大型複合開発「HARUMI FLAG(ハルミフラッグ)」で、中層の分譲マンション(板状棟、2690戸)が2023年11月に竣工し、報道陣に公開した。2024年1月から入居が始まる。(2023/12/12)

3番線にお客さまが入ります 線路の上を利用者が歩く豊洲駅の風景が不思議 「線路の上を歩く背徳感がすごい」
混雑緩和のため、本来は線路がある場所を簡易的な床で埋めて1つのでかいホームに。(2023/12/8)

イメージが悪化した「不祥事ランキング2023」 1位「ビッグモーター不正請求」、2位「ジャニーズ事務所性加害問題」
今年もいろいろありました。(2023/12/1)

新しい「音楽の聖地」になれるか 横浜みなとみらいに“規格外”のアリーナが生まれたワケ
9月29日、みなとみらい21地区に2万席超、世界最大級の音楽に特化した「Kアリーナ横浜」が開業した。音響の良さ、どの席からもアーティストを正面から見られる扇形、千鳥配置の客席設定、座っていて疲れないファブリックシートなどについては報道されている。しかし、Kアリーナにはそれ以外にもいくつか画期的な点がある。(2023/11/30)

東京五輪女子体操の金メダリスト、腎臓病で“体重20キロ増” 治療法ないままパリ目指す20歳にエール殺到
モン系アメリカ人初の金メダリストとなったスニサ・リー。(2023/11/21)

ここで過去8代の「ヤン坊」「マー坊」を振り返ってみましょう
大きなものから小さなものまで動かす力の会社として知られるヤンマーは16日、次世代の「ヤン坊」「マー坊」を決める一般投票を始めました。(2023/11/17)

モノレールの未来:
「上野動物園モノレール」は、なぜ廃止が決定したのか
2024年7月までに廃止することを公表した上野動物園のモノレール。なぜ廃止に至ったのか。その歴史や存在意義を振り返ってみたい。(2023/11/9)

Go AbekawaのGo Global!〜Paul McMahon(後):
日本人は「なぜこのコードを書いているのか」をおろそかにしがち
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回もTokyoDevを運営する、Paul McMahon(ポール・マクマホン)さんにお話を伺う。多くの企業と国際的なソフトウェアデベロッパーをつないできた同氏が語る「日本企業が海外のソフトウェアデベロッパーを欲しがる理由」とは。(2023/10/17)

NEWS Weekly Top10:
“龍神”復活! 男子バレーがトレンドを席巻する日がついに来た
「龍神NIPPON」こと男子バレー日本代表がワールドカップでスロベニアにストレートで勝利し、パリオリンピックの切符を取った。Xは歓喜にわき、「男子バレー」「龍神NIPPON」「パリ五輪」「藤井さん」など関連ワードがトレンドを席巻した。(2023/10/10)

東京五輪選手村跡地に「ららテラス HARUMI FLAG」オープン、特徴は?
三井不動産は、商業施設「三井ショッピングパーク ららテラス HARUMI FLAG」を2024年3月にグランドオープンする。中央区晴海のHARUMI FLAGエリア内に。(2023/10/10)

がん逝去の藤井直伸さん、バレー男子代表がパリ五輪出場の喜び分かち合う “3番”のユニフォーム姿で「共に行こう!」
関田誠大選手が藤井さんのユニ2023フォーム姿に。(2023/10/9)

ジャニーズ性加害問題 注目される「広告主」の今後の対応
(2023/9/27)

黒人少女スルー表彰式に体操女王が苦言 少女へ送ったメッセージに反響「あなたこそ真のヒーロー」「すばらしいロールモデル」
当事者は故意ではなかったと釈明。(2023/9/26)

「インボイス制度」に反対するオンライン署名、賛同が50万筆を突破 Change.org日本版で過去最多に
「インボイス制度を考えるフリーランスの会」が発信する署名に50万筆を超える賛同が集まりました。(2023/9/24)

経済の「雑学」:
なぜ東京モノレールは「浜松町」発なの? 東京や新橋ではない理由
羽田空港へつながる東京モノレールだが、当初は新橋駅を始発とする計画もあった。なぜ現在の浜松町駅となったのか。(2023/9/21)

”やんばる”の取り組みを追う:
沖縄・名護は「素通り観光」をどう克服? 「新テーマパーク計画」ともう一つの秘策
沖縄県名護市では、スマートシティ化を推進する上での基本計画となる「名護モデルマスタープラン」を22年度に策定。23年1月には一般社団法人「名護スマートシティ推進協議会」(以下、推進協議会)が設立され、同年5月には市と包括連携協定を結び、具体的な取り組み内容の検討が始まっている。その具体的な中身とは――。(2023/9/12)

「ボールに頭を打たれて引退しなさい」 WBC日本代表・伊藤大海、“誹謗中傷コメント”に抗議「絶対に許しません」
怒りをあらわに。(2023/9/11)

エンタメ×ビジネスを科学する:
W杯の快挙で注目急上昇 バスケは「国民的スポーツ興行」になるか?
FIBAバスケットボールワールドカップ2023の日本代表の快挙が話題だ。48年ぶりの自力出場となる、パリ五輪への出場権を獲得した。国内ではBリーグも盛り上がりつつあるなか、バスケは野球やサッカーと並ぶ「国民的スポーツ興行」になるか。(2023/9/8)

バスケW杯、テレ朝中継は「うるさすぎ」? 熱血ぶり賛否「実況に愛がある」「耐えられんかった」
広がる賛否の声。(2023/9/3)

森カンナ、バスケ日本代表・馬場雄大とのおちゃめな結婚式ショットを披露 W杯出場の夫に「とにかく楽しんで!」
楽しんで撮ったことが伝わる良い写真。(2023/8/25)

五輪出場の女子体操選手、“スパイダーウーマン”さながらの連続バク転に大絶賛 「まさに本物だ」「CG要らずですな!!!!」
格好よすぎる。(2023/8/16)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
「最長50年」の住宅ローン 若者をねらう新プランが危ない4つのワケ
住信SBIネット銀行が50年にわたる返済期間を設定した住宅ローンを発表し、注目が集まった。しかしこのプラン、いくら月ごとの支払いが安くなるといっても、もろ手を上げて受け入れることは難しそうだ。筆者は4つの懸念点を抱いている。(2023/8/10)

元バレー女子日本代表の石井優希、現役引退から1カ月で結婚発表 “真面目で熱心な彼”との二人三脚誓う
おめでとうございます!(2023/8/8)

「見えないWeb攻撃」──情報漏えい対策の盲点:
“サイバー兵器”と化すDDoSやWeb攻撃 背景にはウクライナ・東アジア情勢などの緊張
ロシアのウクライナ侵攻や徐々に緊迫度を増す東アジア情勢などの地政学的なリスクの高まりは、引き続きサイバー攻撃のアタックサーフェス(攻撃対象領域)と攻撃の手法に変化をもたらしている。改めて企業や組織が取るべき対策を具体的に示す。(2023/8/9)

阿部詩、新しいヘアスタイルが「めちゃくちゃかわいい」と好評 茶髪ワンレンで国内外のファンを魅了
お似合いです!(2023/7/30)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
中外製薬とオムロン、異業種2社の出会いはどこで生まれたのか
出会いは突然に……なんてね。(2023/7/27)

小寺信良のIT大作戦:
動き出した「地デジ4K化」 技術的には行けそう、でも募る“ソレじゃない”感
家電業界や放送業界が「4K」で湧いたのは、2015年頃の事だった。まだコンテンツもないのに多数の4Kテレビが市場に登場した。多くの人は、漠然と近い将来テレビ放送が4K化すると思っていたはずである。だが実際には放送帯域の問題から地上波の4K化は見送られ、CSおよびBSのみという事になった。(2023/7/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。