ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

「矢野経済研究所」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

製造マネジメントニュース:
LiB主要四部材の世界市場は成長鈍化、2023年は前年比100.8%の伸長
矢野経済研究所は、リチウムイオン電池の主要四部材の世界市場に関する調査結果を発表した。2023年の同市場は886億2661万9000ドルで、部材メーカーは今後、時間軸と対象エリアの視点を広げた最適戦略の構築が求められる。(2024/4/19)

スポーツ用品の2023年国内市場規模、前年比で微増 けん引した分野は?
矢野経済研究所が調査結果を発表した。(2024/4/18)

製造マネジメントニュース:
国内のプラスチックリサイクル市場、2023年の再生樹脂需要量は51万5000t
矢野経済研究所は、国内のプラスチックリサイクル市場に関する調査結果を発表した。需要量や回収状況などを分析し、2023年の国内における再生樹脂需要量を51万5000tと推計している。(2024/4/8)

パチンコホール、営業利益が大幅減 設備投資が重荷に
矢野経済研究所が、パチンコホール運営企業117社を対象に調査した業界動向を発表した。(2024/4/4)

国内宝飾品市場が好調 株高や新型コロナの5類移行が背景に
矢野経済研究所は、国内宝飾品市場について調査を実施し、2023年の市場規模実績値と24年予測値を公表した。23年の小売市場規模は前年比102.3%の1兆462億円だった。(2024/3/28)

組み込み開発ニュース:
2033年までに1兆円超、ワイヤレス給電の市場成長予測を発表
矢野経済研究所は、2024年のワイヤレス給電市場に関して調査し、製品セグメント別の動向、参入企業動向、将来展望を発表した。2033年の非放射型ワイヤレス給電世界市場は1兆円を超えると予測する。(2024/3/15)

医療機器ニュース:
医療器材物流アウトソーシング市場、2022年度は1250億円で堅調に推移
矢野経済研究所は、国内の医薬品、医療器材物流アウトソーシング市場に関する調査結果を発表した。同市場は堅調に推移しており、2022年度の市場規模は前年度比6.8%増の1250億円だった。(2024/3/14)

製造ITニュース:
ローカル5G市場は2030年度に558億円まで成長 矢野経済研究所が予測
矢野経済研究所は、2030年度のローカル5Gソリューション市場ついて、事業者売上高ベースでに558億円に達するとの予測を発表した。(2024/3/12)

2022年度の時計市場、前年度比で122%超で推移 その要因は?
国内の時計市場はここ数年、右肩上がりに成長している。矢野経済研究所が発表した調査結果によると、2022年の市場規模は前年比122.1%の8714億円だった。(2024/3/5)

2023年の国内スポーツアパレル市場は6131.1億円 好調だったカテゴリーは?
矢野経済研究所が調査結果を発表した。2024年の予測も明らかにしている。(2024/3/5)

2022年度のおもちゃ市場、前年度比で好調 特に伸びた商品は?
矢野経済研究所が調査結果を発表した。(2024/3/2)

ロボット開発ニュース:
ドローンと配送ロボットを活用した国内物流市場は2030年度に198億円へ
矢野経済研究所は、ドローンおよび配送ロボットを活用した国内の物流市場に関する調査結果を発表した。同市場規模を2025年度に23億2000万円、2030年度に198億3000万円になると予測している。(2024/2/22)

EVに求める航続距離と充電時間は:
日米欧中におけるEVの消費者ニーズを調査
矢野経済研究所は、「日米欧中におけるEV(電気自動車)の消費者ニーズ」についてアンケート調査を行い、その結果をまとめた。この中から、「EVのイメージ」や「消費者が求めるEVの航続距離と充電時間」に関する調査結果を公表した。(2024/2/20)

医療機器ニュース:
2023年の国内DTx市場の調査結果を発表、76製品が開発中と推計
矢野経済研究所は、国内のDTx市場に関する調査結果を発表した。2023年11月時点で研究、開発が開始されている国産DTx製品数は推計76で、2020年代後半には数十まで拡大すると予測する。(2024/2/13)

車載ソフトウェア:
国内の車載ソフトウェア市場は2030年に1兆9000億円へ
矢野経済研究所は、ソフトウェア開発ベンダーが手掛ける国内車載ソフトウェア市場の調査結果を発表した。2030年までの車載ソフトウェア市場規模および制御系と車載IT系の構成比を予測している。(2024/2/6)

製造マネジメントニュース:
2023年のカーボンナノチューブ世界出荷量は前年比1.5倍に、車載LiB需要がけん引
矢野経済研究所は、カーボンナノチューブの世界市場に関する調査結果を発表した。2023年の同市場規模は、韓国のLiBメーカーによる多層CNTの採用が増加し、メーカー出荷量で2022年比50.4%増の1万986tを見込む。(2024/2/5)

リサイクルニュース:
2023年の国内プラスチックリサイクル量は690万t、ほぼ横ばいに推移
矢野経済研究所は、プラスチックリサイクル市場に関する調査結果を発表した。2023年の国内プラスチックリサイクル量を690万tと見込み、今後、ほぼ横ばいに推移すると予測している。(2024/1/31)

2023年は前年比150.4%の1万トン超:
CNT世界市場、車載LiB向けなどで2028年に5万トン超へ
矢野経済研究所は、カーボンナノチューブ(CNT)の世界市場を調査し、2023年は前年比150.4%の1万986トン(メーカー出荷量ベース)になる見込みだと発表した。車載用リチウムイオン電池(LiB)向けなどで、2028年には5万トン超の規模に拡大すると予測した。(2024/1/30)

製造マネジメントニュース:
2025年の有機トランジスタ世界市場は1800億円に、2045年には10.9倍に成長
矢野経済研究所は、次世代有機デバイスの世界市場を調査し、有機トランジスタにおける世界市場規模の予想を発表した。2025年の同市場は1800億円に拡大し、2045年には2025年対比で10.9倍となる1兆9690億円の成長を見込む。(2024/1/17)

製造マネジメントニュース:
2023年の偏光板世界生産量、前年比14.3%増の5億6465万m2
矢野経済研究所は、2023年下期の偏光板および部材フィルムの世界市場に関する調査報告を発表した。2023年の偏光板世界生産量は、前年比14.3%増の5億6465万m2になると予測している。(2024/1/12)

2035年には3614GWhの予測も:
車載用LiB世界市場、2025年に約1000GWh規模へ
車載用リチウムイオン電池(LiB)の世界市場は、2025年に容量ベースで約1000GWhとなる。矢野経済研究所が予測した。(2024/1/9)

自然エネルギー:
国内バイオマス発電の導入動向、「木質」は鈍化も「メタン発酵」が増加の見通し
矢野経済研究所は2023年12月、国内のバイオマスエネルギー市場を調査に関する調査結果を公表した。(2023/12/26)

脱炭素:
省エネ対策で最終消費量も減少か、エネルギー市場の2050年度予測
矢野経済研究所は、国内のエネルギー供給事業の市場規模予測を発表した。カーボンニュートラルに向けた省エネ対策によりエネルギー量ベースの市場規模は減少していく一方、エネルギー平均単価は上昇するとの見通しを示している。(2023/12/13)

最もお金と時間を使うのは“どのオタク”? アニメ、VTuber、アイドルなど30分野を分析 矢野経済研調べ
最もお金や時間をかけるのは、どのジャンルの「オタク」か──矢野経済研究所はそんなオタクに関する調査結果を発表した。(2023/12/5)

恒例オタク調査:
アニメ、漫画、鉄道……お金と時間を最も使うオタクは?
アニメ、漫画、鉄道、アイドル――。世にはさまざまなカルチャーに強いこだわりを持ち愛好する「オタク」が存在する。「オタ活」に最もお金と時間を使っているのは、どのジャンルのオタクなのか。矢野経済研究所が調査した。(2023/12/1)

メタバースニュース:
2022年度のメタバース国内市場は1377億円に、2027年度は2兆円超を予測
矢野経済研究所は、国内のメタバース市場を調査し、市場概況、メタバース事業者の動向を発表した。2022年度の国内市場規模は前年度比173.6%の1377億円と推計し、2027年度には2兆円を超えると予測する。(2023/9/27)

NEWS
2027年度に“2兆円超え”のメタバース市場 リードする技術と課題は?
矢野経済研究所の調査によると、国内のメタバース市場は2023年度に前年度比207.0%増の2851億円まで成長する見込みだという。メタバース市場に参入する事業者の動きとは。(2023/9/22)

脱炭素:
国内化学産業の“川上”のGHG排出量は2030年度に5969万tと予測
矢野経済研究所は、化学産業のカーボンニュートラルに向けた動向調査の結果を発表した。2030年度の温室効果ガスの排出量は5969万tと予測され、2025年度の予測と比較して2052万tの減少が見込まれる。(2023/9/14)

製造マネジメントニュース:
リチウムイオン電池のリユース世界市場、2023年に4104MWhと推計
矢野経済研究所は、リチウムイオン電池のリユースとリサイクルに関する世界市場動向の調査結果を発表した。2023年の世界の車載用LiB廃棄、回収重量は23万3800tと推計され、市場はリサイクルブームにあるという。(2023/9/13)

製造マネジメントニュース:
2022年の高機能フィルム出荷数量は前年比30%減少、2025年に回復見込み
矢野経済研究所は、高機能フィルム市場に関する調査の結果をまとめたレポートを発表した。2022年の高機能フィルム出荷数量は、前年比20〜30%減となった。(2023/9/6)

ダイヤモンドの開発も活発に:
WBG半導体単結晶の市場が急成長、2030年に3176億円
矢野経済研究所はSiC(炭化ケイ素)などのワイドバンドギャップ(WBG)半導体単結晶の世界市場に関する調査結果を発表した。2023年の世界市場は前年比47.1%増の268億8500万円になる予測だ。市場は拡大を続け、2030年には3176億1200万円に達する見込みだという。(2023/8/31)

製造マネジメントニュース:
2023年の国内PP市場は前年比3.4%増の225万8500tへ
矢野経済研究所は、国内ポリプロピレン市場に関する調査の結果をまとめたレポート発表した。2023年のポリプロピレン出荷量は前年比3.4%増を見込む。(2023/9/1)

製造マネジメントニュース:
ワイドバンドギャップ半導体単結晶の市場規模は2030年に17倍に成長
矢野経済研究所は、世界のワイドバンドギャップ半導体単結晶市場を調査したレポートで、2030年のワイドバンドギャップ半導体単結晶世界市場を3176億1200万円になると予測した。(2023/8/29)

日本と韓国、台湾メーカーを調査:
高機能フィルム市場、2025年には21年水準へ回復
矢野経済研究所は、日本と韓国、台湾における高機能フィルム市場を調査し、2025年までの需要(メーカー出荷数量)予測を発表した。2022年に大きく落ち込んだ需要が、2021年レベルまで回復するのは2024〜2025年となる見通し。(2023/8/23)

製造ITニュース:
国内PLM市場規模、2022年は市場が回復して2941億円に
矢野経済研究所は、2022年の国内PLM市場規模推移と予測に関する調査結果を発表した。2022年の同市場規模は、システムメーカー出荷金額ベースで前年比5.2%増の2940億5900万円となった。(2023/8/18)

アナリストの“ちょっと寄り道” 調査データの裏側を覗こう:
「なぜ、わが社は『データ活用人材』を採用できないのか」 調査データの“裏側”を覗く
今回から矢野経済研究所の山口泰裕氏の新連載をお届けする。データドリブン経営が謳われる中で、データ分析人材を確保することは必須だが、「売り手市場」に手をこまねいている企業も多いのではないか。調査データの“裏側”に潜む実態とは。(2023/7/28)

VTuber市場、23年度には800億円に到達見込み 「同人誌」や「TCG」と同規模に 矢野経済研調べ
2023年度のVTuber市場は800億円に到達する見込み──矢野経済研究所は、そんな調査結果を発表した。これは、同じオタク・サブカルチャーである「同人誌」や「トレーディングカードゲーム」と同規模であるという。(2023/7/26)

製造マネジメントニュース:
2030年の物流業界成長には自動運転と倉庫、物流システムの統一が不可欠に
矢野経済研究所は、物流事業者に対して実施した、2030年の物流業界に関する調査結果の概要を発表した。物流業界の健全な成長には、無人運行手段の導入や倉庫の完全自動化、再生可能エネルギーの利活用などが必要になる。(2023/7/14)

製造マネジメントニュース:
偏光板の2023年世界市場、大型TV向け需要がけん引し前年比7.9%増と予測
矢野経済研究所は、ディスプレイに使用される偏光板と部材フィルムの世界市場調査の結果を発表した。偏光板の2023年世界生産量は、面積効果の大きい大型テレビ向けの需要が市場をけん引し、前年比7.9%増となる見込みだ。(2023/6/14)

医療機器ニュース:
国内の診断診療支援AIシステム市場を調査、医療へのAI利活用は普及期へ
矢野経済研究所は、国内の診断、診療支援AIシステム市場に関する調査結果を公表した。医療分野におけるAIの利活用は黎明期から普及期に転換しつつあり、その市場規模について、2027年には165億円に拡大すると予測している。(2023/6/8)

SiCパワー半導体が17.4%を占める:
パワー半導体市場、2030年に約370億ドル規模へ
パワー半導体の世界市場は、2022年見込みの238億9000万米ドルに対し、2030年は369億8000万米ドル規模に達する見通しである。このうち、SiC(炭化ケイ素)パワー半導体が17.4%を占める。矢野経済研究所が予測した。(2023/5/25)

「未来の乗り物」が当たり前に:
空飛ぶクルマ市場、2050年に180兆円超へ
矢野経済研究所が空飛ぶクルマ市場の現状と将来展望に関する調査結果を発表した。市場規模は2025年に608億円、2050年に180兆円超に成長するとみている。(2023/5/17)

製造業のデジタルツイン活用、どう進む? 矢野経済研究所が予測
矢野経済研究所の予測によると、国内製造業では、IoT活用による設備保全の高度化/次世代型メンテナンスの導入が進展し、2023年度の工場デジタル化市場規模は1.7兆円超となる見通しだ。特に注目されるのは、モノづくりと親和性の高いCPS/デジタルツインの活用促進だ。(2023/4/28)

リサイクルニュース:
2022年のBottle to Bottle用リサイクルPET樹脂の国内供給能力は26.7万t
矢野経済研究所は、PETボトルリサイクルの国内市場に関する調査結果を発表した。2022年のB to B用リサイクルPET樹脂の国内供給能力は、26.7万tに拡大する見込みで、今後は使用済みPETボトルの確保が課題となる。(2023/4/27)

材料技術:
2023年のセルロースナノファイバー世界生産量は85t、需要確保が課題
矢野経済研究所は、CNFの世界市場に関する調査結果を発表し、2023年の世界生産量を前年比106.3%の85tと予測した。CNFは期待されていた分野での採用が進まず、耐衝撃性の向上や特異性能による価値訴求など、今後の需要確保が課題となる。(2023/4/19)

矢野経済研究所が世界市場を調査:
セルロースナノファイバー、2025年に75億円規模へ
矢野経済研究所は、セルロースナノファイバー(CNF)世界市場を調査し、生産量および出荷金額の予測を発表した。(2023/4/7)

医療機器ニュース:
コロナ禍前の水準に回復、医用画像関連システム市場に関する調査結果
矢野経済研究所は、国内の医用画像関連システム市場に関する調査結果を公表した。2021年度の事業者売上高ベースの市場規模は、前年度比6.9%増の600億6200万円と推計され、大幅減少となった2020年度から回復した。(2023/3/22)

VTuberファンの3割は週3時間以上見る 矢野経済研究所調べ 20時間以上も「一定数」
矢野経済研究所は20日、VTuberファンの30%は週に3時間以上、関連動画を視聴しているとする調査結果を発表した。同時に実施したVTuber事務所の認知度調査では「にじさんじ」「ホロライブ」が圧倒的だった。(2023/3/20)

「システム基盤にパブリッククラウド採用」2年で加速 矢野経済研究所が調査
財務会計など、業務アプリのシステム基盤としてパブリッククラウドを採用する企業はどれくらい増えているのか──矢野経済研究所が調査。財務・会計システムなど5カテゴリーでクラウドの利用率を調べたところ、いずれも前回調査より伸長していた。(2023/3/6)

国内の市場は:
リーガルテックのサービスが増えた 背景に3つのトレンド
矢野経済研究所の調査によると、リーガルテック市場は、2016年から23年まで年率9.8%で成長を続け、23年には353億円にまで成長すると予想されている。あまり聞き慣れない市場かもしれないが、なぜ伸びているのか。その背景に迫ったところ……。(2023/2/9)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。