連載
» 2004年01月23日 17時23分 公開

Mobile&Movie 第97回:彼女が死んじゃった。「携帯巡りの旅をします」

映画の中の名脇役として登場する“モバイル製品”を紹介する「Mobile&Movie」。今回ご紹介するのは、彼女が死んだ理由を残された携帯電話から探っていくテレビドラマ「彼女が死んじゃった。」。残された変幻自在ケータイ「P505iS」を手がかりに不思議な旅が始まります。

[本田亜友子,ITmedia]

作品名彼女が死んじゃった。
演出佐藤東弥・吉野洋・猪股隆一
制作年・製作国2004年 日本テレビ系列ドラマ

 以前、「Mobile&Movie」番外編として携帯電話が活躍するテレビドラマ「リモート」(2002年10月の記事参照)を取り上げたことがありますが、多くのドラマ作品の中で、携帯電話は重要な役割を担っているようです。

 今回ご紹介するのは、日本テレビ系列で土曜日の21時から放映中の「彼女が死んじゃった。」。“死んじゃった彼女”が残した携帯電話を巡る、不思議な旅の物語です。

 主人公の安西ハジメは、江の島のクルーザーの中で暮らしている軟派なオトコ。ダンサーの仕事をしていますが、気晴らしに女の子をナンパする毎日。ある夜、知り合った娘を連れてホテルへ来たところ、待合室で別のカップルと鉢合わせします。気まずい沈黙の中、流れてきたBGMをハミングし始めるハジメ。カップルの女、石井ゆかりも同時に唄い出し、二人は意気投合します。互いの相手が眠ってしまったのをいいことに、ハジメとゆかりはホテルを飛び出します。

 ハジメがゆかりを連れて来たのは、クルーザーのキャビン。ロマンチックな場所に喜ぶゆかりと、ゆかりの奔放さに惹かれたハジメ。二人は一夜をともにして朝を迎えます。朝もやの中、目覚めたゆかりは、ハジメに携帯電話の番号を尋ねます。

「私を見つけて、探して」

 謎の言葉をつぶやきながら、ゆかりもハジメの携帯に登録します。

 ゆかりと明るく別れたハジメでしたが、「所詮一夜かぎりのガールフレンド」と電話することもなく、いつものようにナンパを繰り返す日々が過ぎていきました。そんなハジメの前に、突然ひとりの少女が現われます。金魚鉢を姉から渡すように頼まれたという少女に、ハジメは身に覚えがないと首をかしげますが、その可愛い少女が「石井ゆかりの妹の玲子」だと名乗ったことで、思い出します。しかし、金魚をもらう筋合いはないと、ハジメは断わります。

「お姉ちゃんに電話してよ」

「かけても出ません」

 と、顔を曇らせる玲子。そこにもうひとり、眼鏡をかけた真面目そうな男が登場します。ゆかりの婚約者だったと名乗る吉川は、こう告げたのです。

「やはりご存知なかったんですね。ゆかりは三日前に亡くなりました」

 玲子からデジタルカメラで撮影した葬儀の写真を見せられても、ハジメは状況を理解できません。自殺だったと聞かされ、さらにハジメは困惑します。あんなに明るく別れたのに。あんなにいい女だったのに。

「携帯巡りの旅をします」

 吉川の言葉に驚くハジメ。自殺の原因が思い当たらない吉川は、残されたゆかりの携帯電話が唯一の手がかりだと言うのです。

「携帯には、持ち主のすべてがメモリされています。この携帯に登録されたメモリ196人全員を訪ねれば、きっと原因がわかります」

 熱く語る吉川。

「一人目が、アンザイハジメさんだったんです」

 玲子も“携帯巡りの旅”に行くと知り、ハジメはゆかりの昔の恋人だったふりをして、一緒に連れて行ってほしいと頼みます。もちろんハジメは、ゆかりの自殺の原因を探るより、玲子と仲良くなるのが目的。ゆかりの残した携帯電話、NTTドコモの「P505iS」(2003年11月の記事参照)片手に、ハジメ、玲子、吉川の“携帯巡りの旅”が始まりました。これから三人は、どんなメモリダイヤルの相手と出会っていくのでしょう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう