ニュース
» 2004年07月26日 15時38分 公開

アステル沖縄、DDIポケットと提携で撤退を回避

DDIポケットとアステル沖縄は、2005年1月をめどに沖縄県内でPHS事業を共同展開することで合意した。沖縄では、アステルユーザー向けサービスが存続することになる。

[杉浦正武,ITmedia]

 DDIポケットとアステル沖縄は、2005年1月をめどに沖縄県内でPHS事業を共同展開することで合意した。アステルグループは各地で撤退が続いているが(5月19日の記事参照)、沖縄ではアステルユーザー向けサービスが存続する。

 DDIポケットのネットワーク、および課金システムを利用する。「県内で同等のエリアを確保し、全国的にはこれまでにないエリア拡大を実現する」(アステル沖縄)。料金面では、DDIポケットが全国で提供している料金メニューに加え、アステル沖縄独自の料金メニューも一部を除いて提供される。

 ネットワークの変更を伴うため、ユーザーの端末は変更する必要があるが、電話番号は継続して利用可能。詳細は未定だが、DDIの端末を提供する可能性が高いという。

 「ユーザーの希望を聞いた上で、共同サービス開始前に端末を送付することになるのでは」(DDIポケット広報)。具体的な共同事業のあり方は、今後の協議を踏まえて決定する。

なぜ、沖縄は残ったのか

 アステルグループでは、前述のとおりPHSサービスの廃止を打ち出す事業者が多い。しかし「アステル沖縄は沖縄の『地場産業』という意識が強く、事業を大切にしている」(DDIポケット)こともあって、サービス続行にこぎつけた。

 DDIポケットとアステルグループが提携した例としては、ほかに鷹山が挙げられる。こちらはDDIポケットとローミング契約を結び、全国サービスを維持している(5月26日の記事参照)。

 もっとも、“共同事業”という言葉が示すとおり、DDIポケットとアステル沖縄の関係は、鷹山の場合とは多少異なるようだ。

 「DDIポケットも九州でPHSを展開しているが、沖縄に限定するとユーザー数は約8000人。これに対し、アステル沖縄は4万6000人の加入者を抱える」(DDIポケット)

 自社と比較して多くのユーザーを抱えるアステル沖縄と組むことは、DDIポケットとしてもメリットがあると判断した。沖縄側の意志もあって、提携合意に至ったようだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう