ニュース
» 2004年08月18日 16時18分 公開

携帯出荷6カ月マイナスも、400万台超え──JEITA

国内の携帯電話出荷台数は相変わらず冴えないが、3カ月ぶりに400万台を超えた。PHSは対前年比マイナスが続く。

[斎藤健二,ITmedia]

 電子情報技術産業協会(JEITA)は8月18日、移動電話の2004年6月国内出荷実績を発表した。携帯電話、PHSを合わせた国内出荷数量は405万4000台で、前年同月比は83.1%となった。

 携帯電話の出荷台数は、401万3000台。対前年同月比では、83.1%で6カ月連続の前年割れとなった。ただし、台数自体は3カ月ぶりに400万台を回復した。

 PHSは4万1000台で、対前年同月比30.7%とこちらも8カ月連続のマイナスを記録している。

携帯・自動車電話の出荷台数推移
公衆用PHSの出荷台数推移

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー