速報
» 2004年09月14日 09時17分 公開

MSと英携帯メーカーSendoの訴訟が決着

「Microsoftによる破産工作」に関して米Microsoftと英携帯電話機メーカーSendoで争われていた訴訟で、和解が成立した。

[ITmedia]

 米Microsoftと英携帯電話機メーカーSendoは9月13日、両社の間で争っていた訴訟で和解が成立したと発表した。米英の両国で争っていたすべての訴訟を終結させる。和解条件に基づき、MicrosoftはSendoへの出資を引き上げる。そのほかの条件や和解金は公表していない。

 Sendo相談役のロバート・ポックネル氏は、今回の和解によってSendoが自社の知的財産保護に取り組む姿勢が裏付けられたとコメント。「この行動が過去のものになった今、当社は今後の発展と成長に注力できる」と述べている。

 Microsoft副社長のトム・バート氏は「この問題が解決したことを喜ばしく思う。革新的な製品を携帯電話利用者にもたらすために、今後も喜んで電話機メーカーと協力していきたい」

 Sendoは2002年12月、企業秘密の乱用、不正競争、詐欺的行為でMicrosoftを提訴。「MicrosoftがSendoを破産に追い込むための『秘密計画』に従事していた」と主張していた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう