ニュース
» 2004年10月01日 18時11分 公開

ローソンで盗難、ドコモユーザー363人分の個人情報が流出

ドコモは、ローソン銀座8丁目店の盗難事件で、ユーザーの名前や住所が記載された払込取扱票と受領証兼金融機関控、計363枚が被害にあったと発表した。

[ITmedia]

 ドコモは、ローソン銀座8丁目店の盗難事件で、ユーザーの名前や住所、請求金額が記載された「払込取扱票」と「受領証兼金融機関控」計363枚が被害にあったと発表した。これらの書類には、「携帯電話番号は含まれていない」(ドコモ)という。

 ローソン銀座8丁目店は、9月26日の17時5分頃に盗難被害にあい、ユーザーが料金を支払った際に店舗の控えとなる払込取扱票と受領証兼金融機関控も盗まれた。

 ドコモとローソンは現在、対応を協議中。決まり次第、当該ユーザーに知らせるという。

 ローソン銀座8丁目店で料金を支払ったユーザーの相談は、ローソンカスタマーセンター(0120-07-3963、9時〜21時まで受付)で受け付けている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう