トップ10
» 2004年10月07日 23時35分 公開

CEATECから見えた「来年のキラーアプリ」とは?Mobile Weekly Top10

CEATEC JAPAN 2004が開幕。例年、各キャリアやメーカーが「1年後にどうなるか」を見据えた展示を行うイベントだが、そこで見えたものは?

[杉浦正武,ITmedia]

 先週の上位は、ドコモのムーバ新端末が独占。中でも、折りたたみながら16.7ミリの薄さを実現した「prosolid」と、preminiの新バージョン「premini-S」が人気を集めたようだ。

 これらの端末を含め、先端技術が数多く披露されているのが海浜幕張で開催中の「CEATEC JAPAN 2004」。コンシューマエレクトロニクスの大規模な展示会だが、各キャリア・メーカーとも約1年後を見据えた技術や製品を投入してくる。

 そのCEATECで見えてきた来年のトレンドは、やはり「1セグメント放送」だろう。2005年末にも始まるといわれているこのサービス、約1年後に始まるとあって、関連した展示も多かった。

 端末メーカーがこぞって1セグ端末のデモを行っていたほか、H.264の技術をアピールするブースも多数見られた。富士通では「いかにも映像視聴用」といった“横長液晶”のコンセプトモデルを展示していた(10月5日の記事参照)

 ドコモとKDDIは、燃料電池のコーナーを設置(10月5日の記事参照)。ここでもKDDIが「「地上デジタル放送開始が、1つのきっかけ」と明言している。映像視聴に耐える電池の持ちを実現させるべく、開発を進めている状況だ。

 昨年のトレンドは、“ケータイのデジカメ化”。そこで展示されていた技術が今年の端末に反映されている。来年の今頃は、今年の技術が乗った端末を手に「その次」に思いをめぐらせているのだろう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう