ニュース
» 2005年04月05日 14時42分 公開

ソフトバンク、1.7GHz/W-CDMAで実験局免許申請

ソフトバンクは、総務省にW-CDMAの実験局免許を申請した。帯域は1.7GHz帯を利用。EricssonやNortelも実験に参加する。

[ITmedia]

 ソフトバンクは、総務省に携帯電話の実験局免許を申請した。1.7GHz帯を利用し、通信方式にはW-CDMAを採用する。

 同社はかつて、CDMA2000とTD-CDMAの実験局免許を取得して実験を行っていた(2004年12月27日の記事参照)。その後、FDD方式のCDMA技術で携帯参入を表明。今回はCDMA2000ではなく、W-CDMAでの申請となった。

 同社はTD-CDMAの実験も平行して進めている(4月4日の記事参照)。しかし、「W-CDMAは音声サービス用。TD-CDMAは高速データ通信向け」(ソフトバンク広報)と目的を分ける。

 実験は、免許が下り次第6月にも開始する予定。期間は1年。「スウェーデンのEricssonや加Nortel、そのほかの企業も実験に参加する」(同社)としており、これら企業とソフトバンクとの連携が予想される。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう

アクセストップ10