ニュース
» 2005年04月14日 14時51分 公開

トヨタ、「G-BOOK ALPHA」発表〜通信にEV-DO

トヨタはテレマティクスサービスの新版「G-BOOK ALPHA」を発表した。新開発の専用通信機「G-BOOK ALPHA専用DCM」にはKDDIのEV-DOを採用。

[ITmedia]

 トヨタ自動車は、同社が展開しているテレマティクスサービス「G-BOOK」の新版「G-BOOK ALPHA」を発表した。今後、G-BOOK ALPHA対応ナビゲーションシステム搭載車向けにサービスを提供する。

 事故や急病時に緊急車両の手配を要請する「ヘルプネット」を標準装備。カーオーディオシステムも強化され、暗号化された音楽データをハードディスクに保存可能な著作権物保護システム「G-DRM」を組み込んだオンデマンドカーオーディオを採用した。

 これまでのCDMA2000 1xから新たにCDMA2000 1x EV-DOを搭載した専用通信機「G-BOOK ALPHA専用DCM」を採用。通信速度が向上したほか、車載マイクとスピーカーによる音声通話に対応した。

プラン 新車初年度 継続・中途契約
携帯電話利用(通信費ユーザー負担) 無料 3600円/年
DCM利用(パケット使い放題) 無料 1万2000円/年
DCM利用+ハンズフリー自動車電話(auあり) 無料 1万8000円/年
DCM利用+ハンズフリー自動車電話(auなし) 2万1000円 3万3000円/年

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう